また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1078161 全員に公開 ハイキング丹沢

同角山稜へ。水晶平からユーシン尾根、経角沢

日程 2017年03月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
寄大橋渡って左側の駐車スペースにとめました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎雨山峠〜雨山橋
山肌を通る経路が一部崩落していますが、通行は可能です。

◎臼ヶ岳南尾根からユーシン沢に降るルート
水晶平から鹿柵沿いに西に進むと南西に下りる尾根が現れる。時折テープがある。全体的に傾斜は緩い。

◎ユーシン沢1040mからユーシン尾根に登るルート
尾根の先端部分から木の根を両手で掴みながら登ります。尾根に乘ってしまえば危険な場所はありません。地形図では登り切った所にがけマークがありますが、通行に問題はありません。景色が良い場所でした。

◎ユーシン尾根
P1338と金山谷ノ頭の鞍部に小さなキレットがあります。両サイド切り立っていて足場がないので跨いで半分通過し、左に片足降ろして両手でキレットを掴みながら通過しました。

◎金山谷ノ頭から経角沢
1300m付近で尾根が分かれています。
1280〜1240付近は急斜面で支尾根が多く本尾根に乘るのに苦労しそうです。経角沢への降り口は急斜面になっているので少し手前で左側(東側)へ下った方が良さそうです。

◎経角沢
倒木で巻いていた滝は倒木がなくなり通行できる状態です。

◎同角山稜
同角ノ頭からユーシンまでの登山道は赤実線ですが静かなルートで、白ザレの鎖場、大キレット、長い鉄ハシゴ、大岩など変化に富んだ山歩きが楽しめます。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

今週も寄大橋から
2017年03月05日 06:09撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今週も寄大橋から
2
正面が鍋割山、左の窪みが鍋割峠
2017年03月05日 06:34撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が鍋割山、左の窪みが鍋割峠
1
今日は雨山峠へ
2017年03月05日 07:13撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は雨山峠へ
2
宙づり道標
2017年03月05日 07:37撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宙づり道標
1
久々の雨山ルート。静かでいいな!(g)
2017年03月05日 07:46撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々の雨山ルート。静かでいいな!(g)
4
奥野幸道の「丹沢今昔」P129の写真を真似てみたのですが・・
2017年03月05日 07:51撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥野幸道の「丹沢今昔」P129の写真を真似てみたのですが・・
5
崩落個所
ぎりぎり通れます
2017年03月05日 08:01撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落個所
ぎりぎり通れます
3
見事な桟道
2017年03月05日 08:09撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な桟道
1
ユーシンロッジ入口
2017年03月05日 08:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジ入口
1
西丹沢ユーシンの森
2017年03月05日 08:25撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢ユーシンの森
2
トイレは3月末まで工事で使えません
2017年03月05日 08:26撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレは3月末まで工事で使えません
2
ユーシンロッジ
2017年03月05日 08:26撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジ
2
獣の寝床?
2017年03月05日 09:13撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獣の寝床?
2
青空で気持ちいいね(g)
2017年03月05日 09:37撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空で気持ちいいね(g)
2
水晶平からユーシン沢に降る
2017年03月05日 10:02撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶平からユーシン沢に降る
3
ユーシン沢に降りる
2017年03月05日 10:10撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシン沢に降りる
1
水がきれい(g)
2017年03月05日 10:18撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水がきれい(g)
2
ユーシン沢と檜洞の間にあるユーシン尾根に支尾根から取付く。最初の取付きは木の根っこを両手で掴みながら登る。
2017年03月05日 10:14撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシン沢と檜洞の間にあるユーシン尾根に支尾根から取付く。最初の取付きは木の根っこを両手で掴みながら登る。
4
でっかいサルノコシカケ
ここまでくれば安心。
2017年03月05日 10:16撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でっかいサルノコシカケ
ここまでくれば安心。
1
地形図の標高1250m付近にある「崖」マークは崩落地とは思えない、日本庭園のような感じになってました。
2017年03月05日 10:40撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図の標高1250m付近にある「崖」マークは崩落地とは思えない、日本庭園のような感じになってました。
4
実際に行ってみると、ただの白ザレ地帯でズルズル滑ります。
2017年03月05日 10:50撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実際に行ってみると、ただの白ザレ地帯でズルズル滑ります。
2
上から見ると素晴らしい気色が広がっていた。
正面は塔ノ岳〜鍋割山までの稜線
2017年03月05日 10:46撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見ると素晴らしい気色が広がっていた。
正面は塔ノ岳〜鍋割山までの稜線
4
これから登る同角ノ頭
どこから見てもカッコいい山容
2017年03月05日 11:00撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る同角ノ頭
どこから見てもカッコいい山容
3
頭だけ見えてた(g)
2017年03月05日 11:20撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭だけ見えてた(g)
1
キレットになってる場所。
両サイド切れ落ちてるので、半分跨いで通過
ここはホント怖かった〜(g)
2017年03月05日 11:20撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレットになってる場所。
両サイド切れ落ちてるので、半分跨いで通過
ここはホント怖かった〜(g)
8
主脈の登山道を歩く人が見えました!
この日はこの人以外登山者を見かけなかった。
2017年03月05日 11:27撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主脈の登山道を歩く人が見えました!
この日はこの人以外登山者を見かけなかった。
2
金山谷ノ頭
主稜登山道には向かわず、経角沢に降る
2017年03月05日 11:31撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山谷ノ頭
主稜登山道には向かわず、経角沢に降る
1
右斜面は雪たっぷり。左は全くなし
2017年03月05日 11:46撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右斜面は雪たっぷり。左は全くなし
1250m付近は急斜面で支尾根が多く、本尾根に乘るのが大変
2017年03月05日 12:00撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1250m付近は急斜面で支尾根が多く、本尾根に乘るのが大変
1
尾根の先端(下降口)
先端が5mくらいの崖になってるので、ロープ使って降りました。
2017年03月05日 12:15撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の先端(下降口)
先端が5mくらいの崖になってるので、ロープ使って降りました。
isは無理やり降ります。
2017年03月05日 12:14撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
isは無理やり降ります。
ロープは使います。
2017年03月05日 12:17撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープは使います。
4
goeは手前の東側から簡単に降りてきました。
こちらが正解の様です。
2017年03月05日 12:20撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
goeは手前の東側から簡単に降りてきました。
こちらが正解の様です。
経角沢を歩き、中ノ沢乗越に向かう。
2017年03月05日 12:17撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経角沢を歩き、中ノ沢乗越に向かう。
2
あ、カモシカだ!
嬉しすぎてテンション↑↑↑(g)
2017年03月05日 12:33撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、カモシカだ!
嬉しすぎてテンション↑↑↑(g)
7
「若いカモシカだったね」
とisに言ったけど理解されず(g)
2017年03月05日 12:35撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「若いカモシカだったね」
とisに言ったけど理解されず(g)
4
倒木で巻いていた滝は倒木が流されていて遡上可能になっていた。
2017年03月05日 12:34撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木で巻いていた滝は倒木が流されていて遡上可能になっていた。
2
岩が凍っているので注意
2017年03月05日 12:37撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が凍っているので注意
雪が残った沢もいいね〜(g)
2017年03月05日 12:43撮影 by PENTAX MX-1 , PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が残った沢もいいね〜(g)
2
上流は雪が深かった
2017年03月05日 12:54撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流は雪が深かった
中ノ沢乗越(檜洞乗越)
登山道に合流
2017年03月05日 12:58撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ沢乗越(檜洞乗越)
登山道に合流
1
同角ノ頭の北斜面は雪がたっぷり
2017年03月05日 13:18撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同角ノ頭の北斜面は雪がたっぷり
1
少し下った所から見た蛭ヶ岳と主脈
2017年03月05日 13:37撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下った所から見た蛭ヶ岳と主脈
3
ザンザ洞キレット
2017年03月05日 13:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザンザ洞キレット
2
大石山の鎖場
2017年03月05日 14:18撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石山の鎖場
1
大石に乘って
2017年03月05日 14:36撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石に乘って
1
亀の頭みたいな「大石」
2017年03月05日 14:38撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀の頭みたいな「大石」
4
ユーシンロッジに降ってきた。
あとは来た道を戻るだけ
2017年03月05日 14:59撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジに降ってきた。
あとは来た道を戻るだけ
バランスを取りながら渡る。
足の疲れで朝よりも難しかった(g)

お疲れ様でした。
2017年03月05日 16:49撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バランスを取りながら渡る。
足の疲れで朝よりも難しかった(g)

お疲れ様でした。
4

感想/記録

ユーシン尾根(金山谷乗越から南に派生する尾根)はまだ歩いていなかった。古い登山地図にはしっかり登山道として表記されていて、今では廃道となったルート。このルートを歩くためには、ユーシンロッジからの経路が崩落したためユーシン沢を遡上し、幾つかの滝を超えなければならない。自分は濡れるのが嫌なので、何とか濡れずにユーシン尾根に登ることはできないものか・・・と考えた結果、臼ヶ岳南尾根の水晶平から沢に降り登り返すルートを思いついたのです。ただ、地図検索したところユーシン沢から尾根に登るルートを誰も歩いた形跡がない。上部にある「崖」マークが影響しているのか?色々と不安もあったが、ダメだったら引き返せばいいや、と思い実行。
実際にその「崖」が見えて来ると、崩落してからだいぶ時間がたっている為、植物も生えていて、白い石が輝いて見える。まるで日本庭園の様に美しい(遠目では・・)。近くに行くと、この地域特有のただの白ザレ地帯でしたが、塔ノ岳方面の景色が素晴らしかった。

感想/記録

今回は歩いたことのないルートを絡めてほしい!とisにお願いしました。
久しぶりに訪問した雨山ルートもやっぱりいいな〜と再認識でき、
地形図を見ながら登ったり下りたり(今回下りは難しかった〜)新たな発見もできて、
静かな同角山稜もまた良いコースで◎
朝、寄の登山口にある掲示板に「カモシカがひなたぼっこしてます」と目にしました。まさか経角沢歩いていて遭遇するとは(*^^*)3年ぶりぐらいかな?!
かなり疲れましたが楽しい一日でした。
訪問者数:621人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/30
投稿数: 2057
2017/3/7 21:01
 檜洞
麓は春山の感じなのに
経角沢辺りはまだ冬の装いに驚きました🎵
goeさんが怖がるキレット
遥か下まで切れ落ちているのでしょうね❗
以前はなかったのですが、年毎に丹沢は変化していきますね。
登録日: 2012/11/15
投稿数: 553
2017/3/9 14:28
 Re: 檜洞
kazikaさん、コメントありがとうございます。
「もう雪ないでしょう」と話してチェーンスパイク持っていかなかったんです
こんなに残雪あるとは驚きでした〜
でも、沢沿いの雪って雰囲気がイイですね(*^^*)
キレットにも驚愕 右足側は跨いで進んでも足元がサラサラ崩れてました・・・
ドキドキでしたよ〜
登録日: 2007/9/15
投稿数: 3503
2017/3/9 17:01
 面白いルート取り
isさん、goechanさん、こんにちは。

暫くレコが無いので心配していましたが、最近はまたレコがアップされだしたので安心しました。お二人のレコが減ったせいか、最近はバリルートのレコが減った様な気がします。

このルート取り、沢あり尾根有で僕好みです ユーシン沢からユーシン尾根に登る区間は歩いた事が無いので、久しぶりに寄から明後日歩いてみます。1月に捻挫してから癖になって、下りが遅くなったのでちょっとルート取りに不安がありますが。。。
登録日: 2013/5/28
投稿数: 80
2017/3/9 19:28
 こんにちは!
昨年ロッジから歩いたのですが良いルートを見つけられませんでした
高巻きと無理な突破を繰り返して水に入らず済んだものの、昔の地図ではどのように登山道がついていたのかとても興味があります!
登録日: 2012/11/15
投稿数: 553
2017/3/10 9:08
 Re: 面白いルート取り
Futaroさん、コメントありがとうございます。
お好みのコースと言っていただいて良かったです
実は、結構気に入ったのでまた歩いてみたいなぁ!な〜んて思ったりしてます(*^^*)
Futaroさんはもう一つ登り下りプラスしちゃうんじゃないですか?!
今回の道中、isから「以前Futaroさんここ下りてるよ」と聞きました。
私には絶対無理〜ですが
登録日: 2012/11/15
投稿数: 553
2017/3/10 9:58
 Re: こんにちは!
kamuiさん、コメントありがとうございます。
以前歩かれたとのことで、興味深くレコ拝見しました。
今回私たちが歩いたルートも玄倉拠点にしても取り付きまでのアプローチが長くて色々と
考えてしまいますね
キレットも残ってましたが、右側はより崩れていた感じでした。本当にいつまでもつか、
ですね
登録日: 2012/11/6
投稿数: 1237
2017/3/11 20:40
 コメントありがとうございます。
kazikaさん、こんばんは。
経角沢は全く陽が当たらないので雪がそのまま残っている感じでした。ツボ足でなかなか進みません。
小キレットは以前は無かったのですか?

Futaroさん、こんばんは。
寒さと引っ越し後の忙しさで山に行けませんでしたが、暖かくなってきたので雪のない尾根を選んで歩いています。
尾根から谷に下りてすぐに尾根に乘るルートはFutaroさん大好きですよね。以前石小屋沢ノ頭から檜洞に500m降りて、すぐにユーシン尾根を登った山行は驚きでした

kamuiさん、こんばんは。
檜洞の旧登山道は途中までは踏み跡あるし古い道標などの残ってますが、荒廃して歩けませんよね 。水に濡れずに歩くのも大変ですよ いつか時間があればゆっくり探索したいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ