また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1083202 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

雲取山(三峰神社〜白岩山〜雲取山荘〜白岩山〜妙法ヶ岳〜三峰神社)

日程 2017年03月11日(土) 〜 2017年03月12日(日)
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
橋本〜東飯能\670
東飯能〜西武秩父〜三峰口\850
西武秩父〜東飯能\410
東飯能〜橋本\670
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間15分
休憩
25分
合計
5時間40分
S三峯神社バス停10:1011:40霧藻ヶ峰11:5013:00前白岩山の肩13:15前白岩山13:45白岩小屋13:5514:20白岩山15:15大ダワ15:2015:50雲取山荘
2日目
山行
7時間5分
休憩
1時間35分
合計
8時間40分
雲取山荘05:2505:55雲取山06:2006:45雲取山荘07:0007:25大ダワ07:3008:20芋ノ木ドッケ08:3009:00白岩山09:20白岩小屋09:3509:55前白岩山10:10前白岩山の肩10:40お清平10:5011:10霧藻ヶ峰11:1511:55奥宮分岐13:00妙法ヶ岳13:1014:05三峯神社バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

10年ぶりの三峯神社からスタート
2017年03月11日 00:01撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10年ぶりの三峯神社からスタート
雲取山頂の御影石の山名表示
2017年03月11日 20:09撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山頂の御影石の山名表示
1
雲海から昇る太陽ですが・・・
2017年03月11日 19:44撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海から昇る太陽ですが・・・
奥秩父稜線と奥に南アルプス
2017年03月11日 19:48撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父稜線と奥に南アルプス
富士山と大菩薩連嶺
2017年03月11日 20:01撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と大菩薩連嶺
お世話になった雲取山荘
2017年03月11日 20:53撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になった雲取山荘
1
行きにいい写真撮れなかったので下りの順でポイントを。まず大ダワ
2017年03月11日 21:16撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きにいい写真撮れなかったので下りの順でポイントを。まず大ダワ
芋木ノドッケへの登り口
2017年03月11日 21:44撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芋木ノドッケへの登り口
特に目立つ表示がない芋木ノドッケ山頂
2017年03月11日 22:13撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に目立つ表示がない芋木ノドッケ山頂
巻道への分岐
2017年03月11日 22:42撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道への分岐
白岩小屋から奥秩父稜線の展望
2017年03月11日 23:12撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩小屋から奥秩父稜線の展望
小屋前一面凍っていた霧藻ヶ峰
2017年03月12日 00:59撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前一面凍っていた霧藻ヶ峰
妙法ヶ岳山頂の奥宮
2017年03月12日 02:50撮影 by PENTAX K100D , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙法ヶ岳山頂の奥宮

感想/記録

パートナーから誘われ、標高年を迎えた雲取山に1泊で行ってきました。
1泊前提のため若干遅めのスタート。東飯能から三峰口直通の電車で9:17三峰口合流です。
三峯神社の駐車場は半分弱の入りでしょうか。10ねんぶりの雲取、また今年初の本格登山で若干緊張があってのんびりスタート。最初はゆるく登っていきます。1300mを越えるくらいから雪が目立ってきて、霧藻の山頂はなぜかかなり広く氷が張っていました。お清平までの下りは雪なしでしたが、そこから前白岩への登りは一面雪で、ここからアイゼンつけます。前白岩の肩までは急な登りが続き、そこからゆるくアップダウン。なかなか小屋につかない。30分以上ぶつぶつ言いながら歩いてやっと小屋。そこから大ダワまではゆるく下りです。芋木ノドッケの巻道は急斜面を削った道に積もった雪が凍りかけていて結構こわい。最後、大ダワからゆるく30分ほど登ってやっと小屋到着です。
久しぶりの小屋食、100点ではないでしょうがご飯もお替りできたしまずまずでした。18:00夕食が終わるともうやることもなく、早めに床に就きます。これが部屋が寒いのですが、真ん中に炬燵があり、そこに足を入れて寝ると結構暖かく眠ることができました。
朝はなかなかの天気。5:00の朝食が済み、日の出前に山頂へ向かいます。すっかり雪だらけになった稜線をゆるく登っていくと山頂、丁度太陽が雲海から顔を出したところでした。
快晴で展望は抜群。また頂上の新しい山名表示が立派なものになっていたのと、「二千十七年記念」というでかい標柱。後者の方はすこし悪ノリし過ぎと思いましたけどね。
下り、大ダワから芋木ノドッケ山頂を目指します。これが意外に人通っていないようで、山頂まではまず問題ありませんが、そこから白岩方面の下りが特に雪があると若干迷いやすいと思いました。
また、帰り元気もあるので妙法を目指したのですが、上側の分岐を妙法へ向かっていく場合、1350の目立つピークの若干手前から右斜面へ降りていくので、これは要注意です。
妙法への道も一部凍っていて危ないところもありましたが、山頂はかなり立派な祠があり苦労したかいがあったと感じます。
天候に恵まれ、2017年良いスタートが切れました。
訪問者数:455人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 雲海 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ