また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1083721 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳 飛騨沢滑降

日程 2017年03月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
バスターミナル手前の駐車場利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間1分
休憩
1時間10分
合計
12時間11分
S新穂高温泉バス停01:1601:20新穂高温泉駅01:2101:39小鍋谷ゲート02:18穂高平小屋02:1903:02白出小屋04:07滝谷避難小屋04:10藤木レリーフ05:00槍平小屋06:54飛騨沢千丈乗越分岐06:5608:27飛騨乗越08:4208:56槍ヶ岳山荘08:5809:25槍ヶ岳09:5110:17槍ヶ岳山荘10:1910:36飛騨乗越10:5511:09飛騨沢千丈乗越分岐11:20槍平小屋11:2111:31藤木レリーフ12:52白出小屋13:02穂高平小屋13:13小鍋谷ゲート13:21新穂高温泉駅13:2213:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白出沢出合より少し先から川原歩行可能でした。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

AM1:20新穂高出発
2017年03月12日 01:17撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
AM1:20新穂高出発
1
林道はスキーとツボ足のトレースあり
2017年03月12日 01:39撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道はスキーとツボ足のトレースあり
6時前ヘッドランプOFF
2017年03月12日 05:54撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時前ヘッドランプOFF
2
乗鞍に朝日が差し込む
2017年03月12日 06:07撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍に朝日が差し込む
3
飛騨沢は寒くて長い
2017年03月12日 07:08撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢は寒くて長い
3
笠ヶ岳を振り返る
2017年03月12日 07:08撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳を振り返る
3
何度も振り返ってしまう笠ヶ岳
2017年03月12日 08:15撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も振り返ってしまう笠ヶ岳
1
ようやく飛騨沢に日の光が!
2017年03月12日 08:24撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく飛騨沢に日の光が!
1
飛騨乗越まであと少しのところでクトー装着
2017年03月12日 08:24撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨乗越まであと少しのところでクトー装着
1
出発から約7時間、飛騨乗越到着
2017年03月12日 08:30撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から約7時間、飛騨乗越到着
1
いざ穂先へ!
2017年03月12日 08:31撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ穂先へ!
1
ここからアイゼン歩行開始
2017年03月12日 08:42撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからアイゼン歩行開始
1
岩と雪の世界へ
2017年03月12日 09:00撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と雪の世界へ
3
山頂まであと少し
2017年03月12日 09:12撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し
楽しい穂先アタック
2017年03月12日 09:12撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい穂先アタック
最後のはしご
2017年03月12日 09:23撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のはしご
3
山頂から肩の小屋と笠ヶ岳
2017年03月12日 09:23撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から肩の小屋と笠ヶ岳
2
この日一番乗り?
2017年03月12日 09:34撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日一番乗り?
4
笠ヶ岳を眺めながら寝転がる
2017年03月12日 09:42撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳を眺めながら寝転がる
1
撮っていただきました。
2017年03月12日 09:50撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮っていただきました。
4
雪壁下降中
前爪しかかかりません。
カメラのストラップが写ってしまいましたが気にしてる余裕なし
2017年03月12日 10:11撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪壁下降中
前爪しかかかりません。
カメラのストラップが写ってしまいましたが気にしてる余裕なし
1
雪と氷は安定していました
2017年03月12日 10:11撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と氷は安定していました
肩の小屋へ降りて一息
2017年03月12日 10:15撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋へ降りて一息
思わず見とれてしまう景色
2017年03月12日 10:23撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思わず見とれてしまう景色
1
飛騨沢、この無木立大斜面を滑ります
2017年03月12日 10:59撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨沢、この無木立大斜面を滑ります
3
滑ってきた飛騨沢を振り返る。
最高でした。
2017年03月12日 11:16撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ってきた飛騨沢を振り返る。
最高でした。
4
槍平小屋は完全に埋没
2017年03月12日 11:21撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍平小屋は完全に埋没
1
キャンプしたくなる広い槍平
2017年03月12日 11:22撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプしたくなる広い槍平
2
帰りの右俣林道
2017年03月12日 13:01撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの右俣林道
1
新穂高到着
往復12時間、燃え尽きました
2017年03月12日 13:33撮影 by TG-630 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高到着
往復12時間、燃え尽きました
6

感想/記録
by taka32

数年前、無雪期の槍ヶ岳を日帰りした際いつかはスキーでやってみたいと思っていました。
AM1時20分頃、一睡もできないままに新穂高出発。
ツボ足とスキーのトレースをありがたく使用し、先は長いのでペースが上がりすぎないように気を付けながら進みます。
槍平で休憩中の先行3人パーティーに追いつきますが話を聞くとここまでラッセルで来られたようです。
自分もラッセルに加勢しないと申し訳ないと思いましたが休憩中に引き離されてからはなかなか追いつけません。かなり強力なパーティのようです。
飛騨乗越直前で雪がカチカチになってきたのでクトーを装着。
飛騨乗越に到達すると岩陰にスキーをデポしてここからはアイゼンで穂先を目指します。
岩と雪のミックス斜面をアイゼンの前爪とダブルウィペットを打ち込みながら慎重に進み9時25分、出発から約8時間かけてようやく山頂に立ちました。
風はほとんどなくさえぎる物のない感動的な絶景が広がります。
白い世界を眺めながらパンを食べてコーヒーを飲む、なんと贅沢な時間でしょうか。
ほどなく登頂された3人パーティの方と写真を撮りあって山頂を後にします。
飛騨乗越まで戻ったらスキーを履いていよいよ憧れの飛騨沢大滑降です。
モナカとパウダーの中間くらいの雪質でしたが少しスピードを上げるとかなり快適に滑ることができました。途中、調子に乗って滑っていると登ってくるパーティーの目の前で大転倒!かなり恥ずかしい構図でした。
槍平まではあっという間でしたがこのあたりから徐々に踏ん張りが効かなくなってきて、とうとう滝谷通過あたりで完全に足が終わってしまいました。
林道への登り返しの頃には眠気も追い打ちをかけかなりふらついた状態で立ちごけを繰り返すこと数回。
白出沢出合からは林道ジェットココースターに乗っかりどうにか新穂高に到着しました。
猛烈に疲れましたが最高に楽しいBIGDAYとなりました。
訪問者数:817人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/1/30
投稿数: 671
2017/3/14 19:59
 さすがですね!
徹夜スタートで12時間1day北アって、、超人の世界の話だと思ってました。。
やはりtaka32さんもそっちの方デシタカ。。
良い子の私には到底真似出来ませんね・・

それにしても飛騨沢気持ち良さそうです。
久しくシュプールを描く山行をしていないのでとても羨ましいです。

今年は雪も多いからしばらくシーズン楽しめそうですね!
・・って行ってたらすぐ終わってしまいそう。。
登録日: 2013/8/29
投稿数: 18
2017/3/15 1:30
 Re: さすがですね!
コメントありがとうございます。
子供を風呂に入れてから関西を出発するとこうなってしまいます
Mahitoさんこそ何度か雪の槍に登頂されてますよねえ。冬の槍は今回初めてなので僕なんてまだまだです。
1dayの方が荷が軽いので僕にあっているような・・っていうよりだんだん重荷に耐えられなくなってきました
同じ槍でも無雪期1dayのほうが足のダメージ、疲労ともに大きく正直きつく感じました。
やっぱりスキーの機動力は素晴らしいですねー。雪山を自由に翔る魔法の翼です。
たしかに今年は雪が多いので僕もまだ行ってみたいルートはたくさんありますがどうでしょうかねー。
なにしろ妻の山行許可が最大の核心部なもんで
なので一回一回の登山を感謝を込めてありがたく行かせてせていただいてます

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ