また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1088293 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根〜七丈小屋泊)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2017年03月18日(土) ~ 2017年03月19日(日)
メンバー
天候3/18 晴時々曇
3/19 晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白川渓谷駐車場(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間50分
休憩
26分
合計
7時間16分
S尾白川渓谷駐車場07:3407:39竹宇駒ヶ岳神社07:4410:08笹の平分岐11:53刃渡り11:5412:23刀利天狗12:2413:28五合目小屋跡13:30屏風小屋跡13:4914:50七丈小屋
2日目
山行
7時間25分
休憩
55分
合計
8時間20分
七丈小屋07:1708:20八合目御来迎場08:2109:19駒ヶ岳神社本宮09:2009:24甲斐駒ヶ岳09:3009:36駒ヶ岳神社本宮10:26八合目御来迎場10:57七丈小屋11:1211:57屏風小屋跡12:1612:26五合目小屋跡12:2713:08刀利天狗13:0913:21刃渡り14:08笹の平分岐14:1915:31竹宇駒ヶ岳神社15:37尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

バナナで腹ごしらえ
2017年03月18日 07:14撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バナナで腹ごしらえ
6
武宇駒ケ岳神社
2017年03月18日 07:55撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武宇駒ケ岳神社
凍結箇所。チェーンアイゼンで対応。
2017年03月18日 08:56撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結箇所。チェーンアイゼンで対応。
刃渡り。ここで展望が開けます。
2017年03月18日 12:13撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り。ここで展望が開けます。
3
鳳凰山
2017年03月18日 12:11撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰山
3
富士山
2017年03月18日 12:11撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山
5
八ヶ岳
2017年03月18日 12:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳
2
梯子の連続
2017年03月18日 12:38撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子の連続
要所にはロープ
2017年03月18日 12:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要所にはロープ
五合目小屋跡へ橋を渡る手前に展望いい場所あり。皆さんお昼してました。

2017年03月18日 13:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目小屋跡へ橋を渡る手前に展望いい場所あり。皆さんお昼してました。

五合目小屋跡
広場あり。ここも休憩ポイント。
2017年03月18日 13:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目小屋跡
広場あり。ここも休憩ポイント。
1
七丈第一小屋に到着
2017年03月18日 14:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈第一小屋に到着
1
昔の写真
2017年03月18日 16:21撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔の写真
3
ビールを小屋で調達。
白州はサントリー白州工場横のセブンイレブンでで調達。
2017年03月18日 16:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビールを小屋で調達。
白州はサントリー白州工場横のセブンイレブンでで調達。
8
第二小屋横から甲斐駒頂上を目指します。
2017年03月19日 07:29撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二小屋横から甲斐駒頂上を目指します。
3
テン場
2017年03月19日 07:36撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場
4
鳳凰山、オベリスクが良く見える。
2017年03月19日 07:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰山、オベリスクが良く見える。
3
樹林帯だが木が少ないので風が強い
2017年03月19日 07:46撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯だが木が少ないので風が強い
3
すぐ稜線にでた。風が強かった。
2017年03月19日 08:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ稜線にでた。風が強かった。
4
八合目御来迎場
2017年03月19日 08:27撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目御来迎場
4
頂上が見えてきた。
2017年03月19日 08:29撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が見えてきた。
3
ここが正念場
2017年03月19日 08:43撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが正念場
3
九合目
2017年03月19日 08:54撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目
1
二本の剣が刺さった御宝岩
2017年03月19日 08:59撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本の剣が刺さった御宝岩
7
頂上に接近。テンションUP!
2017年03月19日 09:29撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に接近。テンションUP!
1
記念の一枚。展望最高です。
2017年03月19日 09:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念の一枚。展望最高です。
16
鳳凰山
2017年03月19日 09:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰山
1
仙丈ヶ岳
2017年03月19日 09:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳
9
小屋に戻ってきました。デポしていた荷物を回収。
2017年03月19日 11:10撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に戻ってきました。デポしていた荷物を回収。
五合目付近
2017年03月19日 12:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目付近
1
刃渡り
2017年03月19日 13:27撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り
笹ノ平。ここから駐車場まであと約1時間半。
2017年03月19日 14:18撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ノ平。ここから駐車場まであと約1時間半。
1
駒ケ岳神社まで戻ってきました
2017年03月19日 15:40撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ岳神社まで戻ってきました
4

感想/記録




(動画の終盤、寒さで電池が切れて止まってしまいました。あとでポケットにカメラ入れて温めたら電池復活しました。)

前日は道の駅はくしゅうで車中泊、2時に寝て6時半起床。
朝飯にカップの大盛焼きそばで腹ごしらえし、さらに駐車場に移動してバナナと豆乳バナナで腹を万全の状態にして出発。

小屋までは梯子や鎖・ロープが連続する箇所があるが、雪に埋まってなく掴める状態なので安心して登ることができた。
ただ五合目小屋跡上の梯子は鎖やロープが無いので要注意だった。

七丈第二小屋は満員だったため、第一小屋に泊まることになった。
第一小屋の入口が雪がふさがっていたため小屋番さんが急いで雪かきをして開けてくれた。すこし雪かきを手伝った。ここまで人が来るとは予想外だったそうだ。
第一小屋には私を含めて6名宿泊。
冬季は食事がでないため自炊。
ストーブが一晩中ついていたので暖かく休む事ができた。

明日は暗いうちから出発してもガスがまだ晴れてないだろうから陽が明けてからの出発でもいいだろうと小屋番さんのアドバイスで、皆ゆっくり目の7時頃に出発した。
お蔭様で頂上に着くころに風が弱まり、この日最高の展望を拝むことができた。

二本の剣の手前に急峻なルンゼがある。傾斜60度程。
ここが核心部。特に下りは慎重に確実に降りた。
万が一滑り落ちたら奈落の底です。

頂上からの展望は北岳、仙丈が間近に見える圧巻の大迫力。
残念ながら富士山と八ヶ岳はモヤで見えなかったが、前日見えたのでそれは良しということで。

下山し、登山口の甲斐駒神社で無事のお礼を言って帰路についた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1073人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ