また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1114837 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂高岳

日程 2017年03月11日(土) 〜 2017年03月12日(日)
メンバー
天候3月11日土曜日 曇り&ガス
3月12日日曜日 晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉 冬季無料駐車場 4時頃に到着しましたが、残り10台くらいでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間48分
休憩
1時間2分
合計
3時間50分
S西穂高口(千石平)10:1010:35旧ボッカ道分岐11:05西穂山荘11:3011:53西穂丸山12:0012:40西穂独標13:1013:50西穂丸山14:00西穂山荘
2日目
山行
3時間20分
休憩
3時間15分
合計
6時間35分
西穂山荘06:0006:20西穂丸山06:45西穂独標07:1007:25ピラミッドピーク07:3508:05西穂高岳08:2508:50ピラミッドピーク09:00西穂独標09:0509:30西穂丸山10:00西穂山荘12:1512:35西穂高口(千石平)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
独標から先へ行く時の独標の下り。トレースがあるかないか、また雪の状態(固め or やわらかめ)で、全然違ってくると思います。ピラミッドピークから、西穂へ行く時の下り。ここも要注意です。
その他周辺情報ホテル穂高 日帰り温泉 
いつもは、中崎山荘ばかりだったので、たまにはホテル穂高で。ちょっと高いですが、空いていてゆったりできました。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

3/11 9:30 新穂高温泉は晴天です。
2017年03月11日 07:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3/11 9:30 新穂高温泉は晴天です。
11:50 丸山 曇ってきた
2017年03月11日 11:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:50 丸山 曇ってきた
ガスガス
2017年03月11日 12:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスガス
本日の目標は独標まで。このまま登っても展望は望めない。。。。
2017年03月11日 12:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の目標は独標まで。このまま登っても展望は望めない。。。。
12:40 独標直下、最後の登り
2017年03月11日 12:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:40 独標直下、最後の登り
結局、独標の2つ先まで行くことになった
2017年03月11日 12:57撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、独標の2つ先まで行くことになった
ちょっとだけ晴れてきた
2017年03月11日 13:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ晴れてきた
ここは落ち着いて
2017年03月11日 13:05撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは落ち着いて
独標には多くの人が
2017年03月11日 13:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標には多くの人が
13:40 朝よりは天候回復
2017年03月11日 13:48撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:40 朝よりは天候回復
14:00 山荘に戻ってきました
2017年03月11日 14:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:00 山荘に戻ってきました
雲海と夕日 とても綺麗
2017年03月11日 18:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海と夕日 とても綺麗
3/12 いい天気
2017年03月12日 05:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3/12 いい天気
6:00 スタート
2017年03月12日 06:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:00 スタート
6:09 朝日
2017年03月12日 06:09撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:09 朝日
丸山へ登る人々
2017年03月12日 06:18撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山へ登る人々
6:38 日が昇る
2017年03月12日 06:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:38 日が昇る
6:53 独標着
2017年03月12日 06:53撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:53 独標着
昨日は見えなかった吊尾根
2017年03月12日 07:26撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日は見えなかった吊尾根
西穂直下
2017年03月12日 08:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂直下
8:19  西穂高岳
2017年03月12日 08:19撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:19  西穂高岳
8:25 下山開始
2017年03月12日 08:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:25 下山開始
9:00 独標着
2017年03月12日 09:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:00 独標着
10:00 山荘着
2017年03月12日 10:54撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00 山荘着
13:10 駐車場着
2017年03月12日 13:16撮影 by SO-01H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:10 駐車場着

感想/記録

3月11日 

0:10 東京目黒を出発。

2月の赤岳は、行者小屋で敗退。翌週もう一度赤岳。今度は頂上まであと15分のところで敗退。3月初旬に唐松岳。ホワイトアウトで山荘まであと少しのところで敗退。と、一度も頂上を踏めていませんでした。この週末が今年最後のチャンスということで、3名で西穂高岳に行きました。5時には新穂高温泉無料駐車場に到着しました。まだ余裕がありましたが6時には満車でした。我々は山荘に一泊し翌日に山頂アタックの予定だったので、朝一のロープウェイにも乗らずゆっくりしてました。

9:30にロープウェイに乗り10:10スタート。山荘で少し休憩し、とりあえず独標を本日の目的地としました。天気は曇り。展望もほとんど期待できず、明日もこんな天気ならこの先へ行く意味が無い!という意見も。まぁ今日は下見dayだったので、とりあえず独標の2つ先のピークまで行きました。トレースはバッチリで気温も高く、今年の冬山山行の中では一番ラクでした。

14時には山荘に戻りラーメンを食べてまったりしてました。夕方の雲海がとても綺麗でした。

20:30時には就寝しましたが、一睡もできず。。。。

3月12日

5:00 起床 
6:00 山荘出発 天気は最高! 全くガスってませんでした。これなら山頂でもよく見えると思います。雪も締まっておりとても歩きやすく、トレースもバッチリでした。

6:45 独標着 昨日見れなかった風景がバッチリでした。独標までは危険な所はありません。西穂方面へ下る時は結構急です。

7:25 ピラミッドピーク ここで、Uターンしようと思ったんですが、登ってこられる方が大勢いたので、先へ進むことにしました。PPの最初の下りも注意が必要と思います。

8:05 西穂高岳山頂 ついに、今年初のピークハント!やっぱ、天気が全てです。過去3回の山行の中で最も気温が高く風も無く、歩きやすかったです。距離が短いのも良かったです。PP以降は1箇所トラバースの所がかなり細いのでここも注意が必要です。トレースがばっちりで、登り部分は階段状に踏み跡があり、安心して登り降りができました。景色も抜群で昨日見えなかった吊尾根や槍ヶ岳も見えました。それに、奥穂へ向かってのトレースもありました。氷と岩のミックス状態で奥穂まで行くって、スゴイ人がいるんですね。。。。。

8:25 下山開始

10:00 山荘着
ようやく、水分補給とおにぎりを食べました。本日はお腹が減りませんでした。

11:40 山荘出発
昨日の登りはアイゼンを使いませんでしたが、下りは使うことにしました。この判断が後で役に立ちました。

みんなでワイワイ言いながらシリセードのビデオを撮ったりしながら、「山荘まであと400m」の看板だったと思うんですが、なんと山荘にメットとゴーグルを忘れた事に気がついたんです。

「もう一度ここを登るのか。。。。」

ってか、ボクが戻ると、予定していたロープウェイを1本乗り過ごすことになっちゃうし、みんなも待たせちゃうし。。。。

すると仲間が、「リュックを預かるから行って来い!」 と。

ここから、走りたいんですが走れない。早歩きでもいっぱいいっぱい。

12:15  山荘でメットとゴーグルを取り、下りは走りました。多分、夏だとこのスピードは出せませんが、雪にアイゼンだと転ばずに降りることができました。

12:35 ロープウェイ着  一番驚いていたのが仲間でした。(笑)結局予定していたロープウェイに乗ることができました。
しかし、この最後の登り降りが一番きつかった〜。雪道をトレランって、まさか自分がやるとは。。。。まぁでも、今回の山行は思い出に残る山行でした。
訪問者数:75人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ