また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1154851 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大峰山・七面山原登(神仙平から)

日程 2017年05月27日(土) 〜 2017年05月28日(日)
メンバー
 kei23776(CL)
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
南阪奈道路➝葛城IC➝R168➝大塔温泉夢の湯手前R235に入る➝大塔惣谷付近幕営
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間55分
休憩
19分
合計
9時間14分
S駐車可07:0508:17七面山登山口08:2509:46林道終点10:07神仙平13:29七面山 西峰13:4014:46七面尾の鞍部15:07七面山登山口16:06駐車可16:19ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
林道ゲート7:00→8:20七面山登山口→10:15神仙平→11:20船ノ峠→1楊枝のノ森→13:30七面山西峰→14:30七面山鞍部→15:05七面山登山口➝16:10駐車場
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

写真

林道の崩落が激しいです。
2017年05月28日 07:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の崩落が激しいです。
神仙平の到着。
2017年05月28日 10:17撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神仙平の到着。
2
七面山の南壁。
2017年05月28日 11:57撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七面山の南壁。
3
シロヤシオ
2017年05月28日 13:06撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオ
アケボノツツジ
2017年05月28日 13:31撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケボノツツジ
シャクナゲ
2017年05月28日 14:02撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
アカヤシオ
2017年05月28日 14:05撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオ

感想/記録

5/27(土)の夜に出発し篠原宇井線の途中で幕営。5/28(日)朝5時に起床し6時に出発。車で1時間ほど行き七面山に入る林道ゲートに到着。道中落石が多く、タイヤのバーストに注意が必要です。
ゲート手前の広場に車を止めて身支度を整え七面山へ、はじめに渡渉があり靴を濡らさないよう裸足で渡るか、サンダルで渡るかと思案していましたが、水量は踝ほどで靴を履いたまま渡ることができました。
今回は交代でルートファインディングしながら進んでいきます。七面山登山口まで長い林道が続きますが、途中雪解けと共に落石してきたと思われる岩がごろごろ転がっており、道も崩落していて、上部を巻いて通過する場面もありました。ショートカットのため、林道から林に入り、激下りもあり、登山口に着くだけでかなりのスリルを味わいました。
七面山登山口から登山道には入らず林道を進み、カラハツソウ谷が終わるあたりから林に入って行きます。ここから私が先頭を行きます。踏みあとはなく、あちこちに倒れた大木に前をふさがれ、避けるために大回りします。道がないので先に合わせておいたコンパスを頼りに進んでいきますが、どうも違うようで・・・、SLとKさんにサポート頂きながら神仙平を目指します。
林が開けて草原の様な見晴らしの良いところに出る予定ですが、なかなか目的地が見つからず、Kさんに先を偵察してもらい、林から抜けることができ神仙平に到着しました。そこには素晴らしい景色が広がっており、周りの山も見渡せ、足元にはふかふかの苔が生えていて、歩くのが気持ちいいです。
ここから稜線まではかなりの急登でした。稜線に出ると風が気持ち良く、八経ヶ岳まで見渡せて最高です。次に楊枝ノ森へ向かいます。楊枝ノ森までの間にはシロヤシロが満開でした。楊枝ノ森からは七面山の大岩を見ることができます、雄大というか神秘的というか水墨画にでも描かれそうな岩がそびえ立っています。
大岩を楽しんだあと七面山山頂を目指します。急斜面のトラバースが長く続き、また大木がいくつも倒れており、なかなかしんどい道のりです。山頂手前では今にも崩れ落ちそうな斜面があり、浮き石があったり、木を掴むと抜けそうだったりするので慎重に登って行きました。七面山西峰山頂に着くと先ほど通った神仙平が見えます。ここで記念撮影しました。
下山は一般道を降りました。下りではアケボノツツジにシャクナゲが楽しめました。七面山登山口に着き、ここからさらに1時間ほどで車に到着。前日にはビバークの話まで出ていましたが、良い天気に恵まれ、素晴らしい景色を楽しみ、きれいな花を愛でて、とても楽しい山行になりました。(MOR)
<コース状況>落石注意、林道崩落個所多々あり
訪問者数:355人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ