また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1172841 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

縞枯山・北横岳(麦草峠駐車場から周回)

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
麦草峠駐車場 5:10 公衆トイレ有り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間54分
休憩
1時間47分
合計
7時間41分
S麦草峠 駐車場05:2205:24麦草ヒュッテ05:2605:29茶水の池05:26大石峠05:50中小場05:5706:15茶臼山06:18茶臼山 展望台06:2506:34茶臼山縞枯山鞍部06:44縞枯山 展望台06:5507:03縞枯山07:0507:18雨池峠07:28雨池山 展望台07:3307:35雨池山07:3707:45雨池山三ツ岳鞍部07:58三ツ岳喫08:0408:09三ツ岳曲08:1308:20三ツ岳景08:2508:45三ツ岳分岐08:50北横岳ヒュッテ08:5309:02北横岳(南峰)09:1009:12北横岳09:2009:30北横岳ヒュッテ09:32七ツ池09:3709:42三ツ岳分岐10:04坪庭第3休憩所(昼食)10:2010:27縞枯山荘10:32雨池峠11:02雨池(湖畔)11:0711:18八柱山分岐11:40八柱山11:4512:04雨池12:1012:57茶水の池13:00麦草峠駐車場 ゴール!G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三ツ岳前後の岩場歩き、転倒・滑落に注意。
その他周辺情報日帰り温泉:石遊の湯 520円
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

麦草峠駐車場。5時10分頃に到着するも、既に車は20台程度あり。ストレッチを入念に行い出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草峠駐車場。5時10分頃に到着するも、既に車は20台程度あり。ストレッチを入念に行い出発!
2
まずは、麦草ヒュッテに寄って、登山届けの提出。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、麦草ヒュッテに寄って、登山届けの提出。
4
登山路に入る。標識の注意書きを確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山路に入る。標識の注意書きを確認。
1
すぐに茶水の池。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに茶水の池。
緩やかな登りを歩くとすぐに大石峠。右は茶臼山へ、左は五辻方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな登りを歩くとすぐに大石峠。右は茶臼山へ、左は五辻方面。
1
登山口からずっとこの様な道。シラビソ林と岩ゴツゴツの登山路。北八ツらしいね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からずっとこの様な道。シラビソ林と岩ゴツゴツの登山路。北八ツらしいね。
1
中小場(後に茶臼山)。岩場の上から今日初の眺望が広がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中小場(後に茶臼山)。岩場の上から今日初の眺望が広がる。
2
正面に東西天狗岳。手前に中山。更に手前に丸山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に東西天狗岳。手前に中山。更に手前に丸山。
3
奥の左から、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の左から、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳。
2
こちらは中央アルプス。中央に木曽駒ヶ岳。左に空木岳か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは中央アルプス。中央に木曽駒ヶ岳。左に空木岳か。
2
縞枯山。30年程前に見た時より、縞枯現象がはっきりしていないなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山。30年程前に見た時より、縞枯現象がはっきりしていないなあ。
3
中小場から更に登って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中小場から更に登って、
茶臼山山頂。ここでh立ち止まらずに、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山山頂。ここでh立ち止まらずに、
1
茶臼山展望台へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山展望台へ。
3
御岳山。左上と右端のレンズ内異物が写り込むなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳山。左上と右端のレンズ内異物が写り込むなあ。
1
穂高と槍ヶ岳、常念岳と大天井岳、燕岳も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高と槍ヶ岳、常念岳と大天井岳、燕岳も。
1
左から、鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から、鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳。
2
手前に東西天狗岳。奥に左から硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳、権現岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に東西天狗岳。奥に左から硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳、権現岳。
2
茶臼山から縞枯山に向かう。枯れたシラビソ林の中を抜ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山から縞枯山に向かう。枯れたシラビソ林の中を抜ける。
4
茶臼山から一旦下って、鞍部より縞枯山に向けて登り返す。途中、縞枯山展望台分岐から、展望台に立ち寄る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山から一旦下って、鞍部より縞枯山に向けて登り返す。途中、縞枯山展望台分岐から、展望台に立ち寄る。
縞枯山の展望台からも眺望が広がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山の展望台からも眺望が広がる。
1
歩いて来た茶臼山を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて来た茶臼山を望む。
2
雲海の上に奥秩父の山々。左に金峰山、中央に国師ヶ岳、左に甲武信ヶ岳だろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の上に奥秩父の山々。左に金峰山、中央に国師ヶ岳、左に甲武信ヶ岳だろうか。
2
これから向かう三ツ岳かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう三ツ岳かな。
展望台から稜線を進み、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から稜線を進み、
2
縞枯山山頂からは、急な下りをかけ降りて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山山頂からは、急な下りをかけ降りて、
正面に雨池山が見えてきたら、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に雨池山が見えてきたら、
1
一日を通して一番多く見かけた花、ミツバオウレン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一日を通して一番多く見かけた花、ミツバオウレン。
2
雨池峠から急登をひと登りすると、雨池山展望台。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池峠から急登をひと登りすると、雨池山展望台。
縞枯山。やっぱり縞枯現象がはっきりしない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山。やっぱり縞枯現象がはっきりしない。
1
北八ヶ岳ロープウェイ駅舎の後に御岳山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳ロープウェイ駅舎の後に御岳山。
3
ピークらしくない雨池山を過ぎ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークらしくない雨池山を過ぎ、
ゆるやかに下って行くと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるやかに下って行くと、
三ツ岳との鞍部へ。ここからは岩場登りとなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳との鞍部へ。ここからは岩場登りとなる。
両手を使い、岩場を登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両手を使い、岩場を登って行く。
1
まずは三ツ岳喫。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは三ツ岳喫。
眼下に雨池。当初白駒池と勘違いしていたのだが、この日何度か顔を合わせた登山者に教えてもらった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に雨池。当初白駒池と勘違いしていたのだが、この日何度か顔を合わせた登山者に教えてもらった。
2
左奥のあろ特徴的な平らな山は荒船山だろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥のあろ特徴的な平らな山は荒船山だろうか。
2
右に三ツ岳曲。左に景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に三ツ岳曲。左に景。
1
曲に向かう。途中鎖場もあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲に向かう。途中鎖場もあり。
ハイマツと奇岩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツと奇岩。
2
曲から景に向かう。岩に書かれた○印を追って歩いて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲から景に向かう。岩に書かれた○印を追って歩いて行く。
1
縞枯山、雨池山と歩いて来た山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山、雨池山と歩いて来た山々。
2
こちらは三ツ岳曲。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは三ツ岳曲。
正面に北横岳と右に蓼科山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に北横岳と右に蓼科山。
2
景からこの急な岩場を下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景からこの急な岩場を下る。
2
下りの途中、岩場から景を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの途中、岩場から景を振り返る。
1
北横岳へ向けて、岩の間に滑落しないように歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳へ向けて、岩の間に滑落しないように歩く。
1
三ツ岳分岐。坪庭からの道と合流する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳分岐。坪庭からの道と合流する。
北横岳ヒュッテ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテ。
2
ヒュッテの掲示板に、熊出没の注意書きが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテの掲示板に、熊出没の注意書きが。
1
北横岳ヒュッテから更にひと登りで、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテから更にひと登りで、
北横岳南峰。360度の眺望を堪能する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳南峰。360度の眺望を堪能する。
1
ここから見る八ヶ岳の全景は、いつも素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから見る八ヶ岳の全景は、いつも素晴らしい。
3
南峰から北峰へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰から北峰へ。
腰を下ろして休憩。登山者はパラパラ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腰を下ろして休憩。登山者はパラパラ。
1
蓼科山と大河原峠、双子山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山と大河原峠、双子山。
3
後立山連峰かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰かな。
1
北横岳で眺望を堪能した後、北横岳ヒュッテまで戻り、七ツ池に立ち寄る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳で眺望を堪能した後、北横岳ヒュッテまで戻り、七ツ池に立ち寄る。
七ツ池も見られるのは2ツのみ。まず最初の池。後の山が水面に移り綺麗だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ池も見られるのは2ツのみ。まず最初の池。後の山が水面に移り綺麗だ。
1
腰を下ろし、景色を眺めながらコーヒーを一杯飲みたい気分になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腰を下ろし、景色を眺めながらコーヒーを一杯飲みたい気分になる。
3
七ツ池から北横ヒュッテに戻り、坪庭まで下る。目前に広がる坪庭。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ池から北横ヒュッテに戻り、坪庭まで下る。目前に広がる坪庭。
1
足元にはコメバツガザクラ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にはコメバツガザクラ。
1
三ツ岳。右から喫、曲、景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳。右から喫、曲、景。
1
坪庭第3休憩所で少し早い昼食。朝食が4時頃だったので、お腹がすいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭第3休憩所で少し早い昼食。朝食が4時頃だったので、お腹がすいた。
1
北横岳を眺めながら、おにぎりを頬張る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳を眺めながら、おにぎりを頬張る。
1
昼食後は坪庭から雨池峠に向かう。笹原の中の木道が快適だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食後は坪庭から雨池峠に向かう。笹原の中の木道が快適だ。
道端のコバイケイソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端のコバイケイソウ。
笹原の中に縞枯山荘が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の中に縞枯山荘が見えてきた。
趣のある縞枯山荘には、登山者が数名。立ち寄らずに先に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
趣のある縞枯山荘には、登山者が数名。立ち寄らずに先に進む。
3
沢?沿いの木道。雨池峠まであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢?沿いの木道。雨池峠まであと少し。
雨池峠に戻って来た。ここからは雨池に向かって下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池峠に戻って来た。ここからは雨池に向かって下り。
1
やはり同じような道。シラビソ林に岩ゴツゴツ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり同じような道。シラビソ林に岩ゴツゴツ!
コイワカガミ。山中では蕾の花が多かったが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワカガミ。山中では蕾の花が多かったが。
1
ここで一旦大河原林道に出る。林道を少し辿って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで一旦大河原林道に出る。林道を少し辿って、
途中からまた登山路へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中からまた登山路へ。
雨池の湖畔に出て来た。数名の登山者、カメラマンが居る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池の湖畔に出て来た。数名の登山者、カメラマンが居る。
2
湖畔沿いに歩いて、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖畔沿いに歩いて、
1
八柱山への分岐で。今日最後のピークを目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八柱山への分岐で。今日最後のピークを目指す。
途中池?水溜り?を横目に、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中池?水溜り?を横目に、
熊の出そうな雰囲気の中をひと登りして、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の出そうな雰囲気の中をひと登りして、
1
八柱山山頂。鉄塔のある山頂で休憩。本来なら富士山が見えるはずなのだが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八柱山山頂。鉄塔のある山頂で休憩。本来なら富士山が見えるはずなのだが。
2
山頂は辺り一面に、シロバナノヘビイチゴが群生して、可憐な花を咲かせており、迂闊に腰を下ろせない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は辺り一面に、シロバナノヘビイチゴが群生して、可憐な花を咲かせており、迂闊に腰を下ろせない。
2
八柱山からは分岐まで一気に駆け下りて、雨池に戻って来る。
池畔には、女性登山者グループが2組。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八柱山からは分岐まで一気に駆け下りて、雨池に戻って来る。
池畔には、女性登山者グループが2組。
1
雨池を後にして、この標識の前から、麦草峠へ戻る道に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池を後にして、この標識の前から、麦草峠へ戻る道に入る。
快適な木道を歩き、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な木道を歩き、
2
大河原林道に出てから、少し林道を辿り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原林道に出てから、少し林道を辿り、
再度登山路に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度登山路に入る。
所々、木道を歩き、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々、木道を歩き、
苔むした岩混じりの道を登り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした岩混じりの道を登り、
1
白く輝く花は、コミヤマカタバミ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く輝く花は、コミヤマカタバミ。
3
目前が開けてくると茶水の池。地獄谷への分岐を見逃した。まあいいか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目前が開けてくると茶水の池。地獄谷への分岐を見逃した。まあいいか。
1
茶水の池からは、すぐに麦草峠駐車場へゴール!駐車場には数十台の車がギッシリと停まっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶水の池からは、すぐに麦草峠駐車場へゴール!駐車場には数十台の車がギッシリと停まっていた。
2

感想/記録

今日は北八ヶ岳を周遊。
麦草峠から縞枯山、三ツ岳、北横岳、八柱山と周回して来る。
池あり、岩場あり、苔むしたシラビソ林ありで、眺望も素晴らしく、変化に富んだコースである。
出発地点を麦草峠(2,120m)にしたので、標高差があまりなく、脚への負担も少ない。楽して楽しめるコースはいいね!

早朝5時過ぎには、麦草峠の駐車場は20数台程。一杯かなと思っていたのだけど、下山した時に駐車場を見てびっくり。その2〜3倍は停まっていた。
ここは、縞枯山・北横岳方面と、ニュウ・高見石・天狗岳方面への両方の登山口になっているので、人気があるのだろう。

麦草峠登山口から始まった今日のコースは、天候も良く、眺望も良く、木々の緑は爽やかで、小さな花達も可憐に咲き、最高に楽しい山歩きとなった。
北横岳と坪庭周辺のみ、人気の山だけあって登山者は多かったが、他は登山者もまばらで、先週の様に団体に出くわすこともなく、静かな雰囲気を楽しめた。

三ツ岳から北横岳にかけての登山路は、昨年積雪期にも歩いているが、適度に積雪のある時の方が断然歩き易いと感じた。
また、高山植物の花の時期には少し早いようで、まだ咲いている種類は少なかったようだ。

それでも、今日も安全に山歩きを楽しむ事が出来た。
ありがとうございます!!

訪問者数:589人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ