また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1179570 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

天気が崩れる前に 宝剣岳 木曽駒ヶ岳

日程 2017年06月24日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ 昼から曇り・ガス
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
往路
駒ヶ岳ロープウェイ菅の台駐車場6:30到着時は40台ぐらいでした。
7:05に菅の平駐車場始発の臨時バスが出ました。
駒ヶ岳ロープウェイの始発は満員でした。
復路
14:25のロープウェイはいっぱいで並んでいた列の後ろは乗りきれず、1本後を待ちました。バスは臨時便が出ていたようです。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
1時間10分
合計
5時間55分
S千畳敷駅08:2009:20乗越浄土09:25宝剣山荘09:3010:00宝剣岳10:0510:25宝剣山荘10:4011:00中岳11:0511:15(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘11:40木曽駒ヶ岳12:0012:10頂上木曽小屋12:10(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘13:10宝剣山荘13:3013:35乗越浄土14:15千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
千畳敷は乗越浄土手前まで残雪の上を歩く。乗越浄土までの後半部分は雪が腐っている上に斜度があるが、登りはステップが切ってあるのでチェーンスパイクやつぼ足の人もいた。下りはつぼ足、チェーンスパイク、軽アイゼンの人たちは苦労していたようだった。私たちは12本爪(妻は10本爪)アイゼンとピッケルだったのでおもしろいようにかなりのスピードで下山してこられた。
宝剣岳は鎖場が山頂すぐ下まで続き、高度感がある。慎重に上り下りをすれば問題ないが、足もとが切れ落ちている岩場を登る場所もあるので高所が苦手な人は苦しいかもしれない。
頂上木曽小屋〜中岳鞍部の巻き道はまだ整備が行き届いていないようで少し荒れ気味。(細いけれど通れる)
中岳鞍部〜天狗荘間の巻き道は岩場を上り下りする難所が何カ所かある。
その他周辺情報トイレは「千畳敷駅」と宝剣山荘内(200円)宝剣山荘は休憩300円
天狗荘 駒ヶ岳頂上山荘 頂上木曽小屋はまだ営業をしていなかった。
帰りは「家族旅行村 こぶしの湯」バス・ロープウェイの半券で4人まで50円引き
ただ、私たちが行ったときは男湯の岩風呂が修理中で入れなかったので510円だった。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック アイゼン(前歯があるもの) ピッケル ヘルメット
共同装備 予備靴ひも ライター 地図(地形図) コンパス 予備電池 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー ツェルト ナイフ カメラ 水2ℓ

写真

菅の台駐車場
2017年06月24日 06:30撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅の台駐車場
6:30すぎでこのぐらい
2017年06月24日 06:30撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:30すぎでこのぐらい
千畳敷カールはまだ雪がたっぷり。
2017年06月24日 08:05撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷カールはまだ雪がたっぷり。
2
乗越浄土へ登っていく人たちが見えます。
2017年06月24日 08:26撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越浄土へ登っていく人たちが見えます。
2
千畳敷の駅&ホテルを振り返って この辺りは斜度はあまりありません。
2017年06月24日 08:27撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千畳敷の駅&ホテルを振り返って この辺りは斜度はあまりありません。
1
ここから斜度が増します。
2017年06月24日 08:30撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから斜度が増します。
1
登ります。
2017年06月24日 08:30撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ります。
2
だんだん斜度がきつくなります。
2017年06月24日 08:50撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん斜度がきつくなります。
1
乗越浄土に近くなるとこんな斜度
2017年06月24日 09:00撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越浄土に近くなるとこんな斜度
5
宝剣岳が見えます
2017年06月24日 09:15撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳が見えます
乗越浄土に到着!
2017年06月24日 09:20撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越浄土に到着!
1
天狗荘の向こうに中岳 更に奥に木曽駒ヶ岳
2017年06月24日 09:22撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗荘の向こうに中岳 更に奥に木曽駒ヶ岳
1
宝剣山荘(青い屋根)はすぐそこです
2017年06月24日 09:22撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣山荘(青い屋根)はすぐそこです
宝剣山荘到着
2017年06月24日 09:24撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣山荘到着
宝剣岳へ向かいます。
2017年06月24日 09:36撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳へ向かいます。
キバナシャクナゲが咲き誇っていました
2017年06月24日 09:43撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲが咲き誇っていました
2
岩場を登ります
2017年06月24日 09:49撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を登ります
1
宝剣岳山頂から木曽駒ヶ岳を眺めて
2017年06月24日 10:00撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳山頂から木曽駒ヶ岳を眺めて
1
宝剣岳山頂から空木岳・南駒ヶ岳
2017年06月24日 10:00撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳山頂から空木岳・南駒ヶ岳
1
宝剣岳山頂から三ノ沢岳
2017年06月24日 10:01撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳山頂から三ノ沢岳
2
宝剣岳山頂から千畳敷カールを見おろしました。
2017年06月24日 10:04撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳山頂から千畳敷カールを見おろしました。
2
山頂には小さな祠が置かれていました。
2017年06月24日 10:05撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には小さな祠が置かれていました。
2
慎重に下山します
2017年06月24日 10:08撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に下山します
2
中岳を目指します
2017年06月24日 10:43撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳を目指します
1
宝剣岳を振り返ります。
2017年06月24日 10:45撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳を振り返ります。
1
ミヤマキンバイがあちらこちらに咲いていました。
2017年06月24日 10:47撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイがあちらこちらに咲いていました。
1
中岳から宝剣岳 赤い屋根は天狗荘 青は宝剣山荘 ガスがかかりはじめてきました。
2017年06月24日 11:00撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳から宝剣岳 赤い屋根は天狗荘 青は宝剣山荘 ガスがかかりはじめてきました。
1
中岳を下って木曽駒ヶ岳に向かいます。小屋は頂上山荘。
2017年06月24日 11:03撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳を下って木曽駒ヶ岳に向かいます。小屋は頂上山荘。
オヤマノエンドウもたくさん咲いています。
2017年06月24日 11:13撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウもたくさん咲いています。
2
木曽駒ヶ岳山頂に到着
2017年06月24日 11:41撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳山頂に到着
2
標示が風雪雨で見えにくくなっています。
2017年06月24日 11:41撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標示が風雪雨で見えにくくなっています。
1
山頂は広い。
2017年06月24日 11:43撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は広い。
雲がだいぶかかってきました。
2017年06月24日 11:45撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がだいぶかかってきました。
頂上木曽小屋へ下ります。右は木曽前岳。
2017年06月24日 12:02撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上木曽小屋へ下ります。右は木曽前岳。
木曽小屋から駒ヶ岳を巻いて中岳の鞍部へ向かいます。
2017年06月24日 12:09撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽小屋から駒ヶ岳を巻いて中岳の鞍部へ向かいます。
中岳の鞍部からは右の巻き道を進みます。
2017年06月24日 12:20撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳の鞍部からは右の巻き道を進みます。
オヤマノエンドウの中に黄色のミヤマキンバイ きれいです。
2017年06月24日 12:33撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウの中に黄色のミヤマキンバイ きれいです。
1
イワウメ?
2017年06月24日 12:34撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウメ?
中岳の巻き道
2017年06月24日 12:38撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳の巻き道
1
ハクサンイチゲとミヤマキンバイ
2017年06月24日 12:43撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲとミヤマキンバイ
1
岩場を上り下りします
2017年06月24日 12:49撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を上り下りします
ガスに覆われます。
2017年06月24日 12:49撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスに覆われます。
天狗荘まで戻ってきました。
2017年06月24日 13:01撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗荘まで戻ってきました。
乗越浄土からカールへ下山。
2017年06月24日 13:36撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越浄土からカールへ下山。
残雪の中を下ります
2017年06月24日 13:58撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪の中を下ります
2
ホテル千畳敷まで戻ってきました。振り返って歩いた道を見上げます。
2017年06月24日 14:27撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテル千畳敷まで戻ってきました。振り返って歩いた道を見上げます。
2

感想/記録

 25日(日)から雨の予報だったので、24日(土)の午前中を狙って残雪の中央アルプスへ妻と二人で出かけました。千畳敷カールの様子を確認して、アイゼン・ピッケルにするか、軽アイゼンにするかそれともチェーンスパイクにするか迷いましたが、ヤマレコの記録も参考にさせていただきながら、結局前歯のある12本爪アイゼン(妻は10本爪)とピッケルを用意しました。ただ、カールから上は残雪を歩くことはなさそうなので、12本爪アイゼンが付く底の堅い冬季用の靴では稜線歩きがつらいかなとも思いながら・・・
 朝6:30に菅の台駐車場に入ると30〜40台ぐらいはすでに駐車していました。バスは7:15に駅方面から来るはずなのですが、バス停で待っている登山者の数を見てでしょう、バスターミナル始発の臨時便を10分前に出してくれました。このバスは、しらび平まで急カーブが多いので、立って乗ることはできません。全員が座らなければならないので、利用者が多いと乗り切れないのです。
 しらび平駅発一番のロープウェイは満員でした。
 千畳敷駅に着くとカールはまだ雪の中。アイゼンを着けて歩き始めます。カールの登りになるまでは斜度が無いのでアイゼンが無くても大丈夫なのですが、途中で付ける場所に苦労しそうなので最初から付けました。軽アイゼン、チェーンスパイクの人たちもいました。つぼ足の人もいたかもしれません、トレースがしっかりとしていてステップが切ってあるのでわりと登りやすいです。ただ、斜度が急になってからチェーンスパイクの人に尋ねたら「滑って登りにくい」とは言っていました。雪が腐っていて12本爪でも歯がかまないところがあるのです。
 私はピッケルを使いましたが妻はストックで登り切りました。
 乗越浄土からの道にはほぼ雪はありません。
 宝剣山荘前に荷物をデポして宝剣岳を目指します。
 バスターミナルでもいっしょだった数名の若者の集団が、やたらにテンションが高く、大声で話し合っているので「むむむ・・・自分たちに聞こえるぐらいの声で話せばいいのになあ・・・」と思いながら宝剣岳へ進みます。この方たちは後から宝剣岳山頂でも会いました。
 宝剣岳へは岩場・鎖場が続きます。足の下は切り立った崖というところも通過するので高所が苦手な人には気の毒です。幸い私も妻もこういう所は好きなので楽しんで登りました。山頂は狭く、岩場なのでのんびりとはできません。遠くの山々は雲やガスで見えませんでしたが、空木岳や南駒ヶ岳、三ノ沢岳、駒ヶ岳が美しく見えました。
 下山して荷物を持って中岳を越えて駒ヶ岳に向かいます。キバナシャクナゲ、ミヤマキンバイが美しく咲いています。中岳あたりからは紫のオヤマノエンドウ、ハクサンイチゲ、アオノツガザクラ、イワウメなども見ることができました。
 中岳、駒ヶ岳はなだらかな稜線歩きです。こんな所を歩いていると、夏山用の底が少しやわらかいシューズの方が歩きやすいなあと思いながら登りました。
 駒ヶ岳山頂で昼食をとり、木曽小屋へ下山、巻き道を中岳の鞍部へ戻りました。この頃から曇ってきて、ガスも出始めました。「午前中勝負!」ということで宝剣岳に最初に登っておいたのはよかったです。
 中岳も巻き道をすすみましたが、ここは岩場もあって、「難所有 積雪期通行止」の標示がありました。
 乗越浄土からカールの下山はアイゼン・ピッケルが大活躍。他の方たちが難渋している圈▲好謄奪廚寮擇辰討覆ぜ侈未鬚なりのスピードで降りてきました。悩んだけれどやっぱり、アイゼン・ピッケルを持ってきてよかったと思いました。
 計画ではものすごくゆっくりの計画を立て、17:00最終のロープウェイに間に合うように16:30過ぎに千畳敷駅に戻ってくるつもりでしたが、2時間以上早く戻ってくることができました。
 北アルプスや富士山、南アルプスなどは見えなかったけれど、雪と岩と気持ちのよい稜線歩き、そして咲き始めた花々を堪能することができました。
 
訪問者数:1034人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ