また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1183888 全員に公開 沢登り日高山脈

シュウレルカシュペ沢遡行→イドンナップ岳

日程 2017年07月01日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

3:25 出発
5:45 Co780三股
7:35 夏道合流(〜7:45)
8:30 新冠富士
10:05 イドンナップ岳(〜10:25)
15:40 売山のコル
17:55 下山
コース状況/
危険箇所等
新冠林道は、バラスト細かく割れており、たいへん走行しやすい。シュウレル林道は、入渓口手前まで刈り払いされており驚いた。てっきり廃道になっていると思っていた。

ルートは、Co780三股〜Co1050二股までの核心部で雪渓がやや残っている。水量はそこまで多くなかった印象。アイゼンを持って行ったが、今回は使用せずに登ることができた。Co1050二股を左に行くと、早く夏道へ出られる。藪漕ぎもほとんどないので、とてもラクできる。
夏道はここ数年整備が入っていないらしく、下部は笹・上部はハイマツ漕ぎ。マダニとても多い。率直な感想として、夏道よりも沢から行った方がストレスなく登れそう…。

全体を通して、ヒグマの痕跡がとても濃い山だった。掘り返し・糞とても多く、藪のガサガサ音も今回2度聞こえた。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

ヘッドライトを点けて入渓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッドライトを点けて入渓。
2
しばらく荒れた渓相が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく荒れた渓相が続く。
1
左手に巨岩の迫る小滝を越えると、Co780三股へ至る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に巨岩の迫る小滝を越えると、Co780三股へ至る。
ここから核心部。小滝が連続して出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから核心部。小滝が連続して出てくる。
1
中途半端に雪渓の残る、いやらしい滝も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中途半端に雪渓の残る、いやらしい滝も。
2
雪渓を崩さないよう、慎重に越えて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を崩さないよう、慎重に越えて行く。
6
どこまでも滝の連続。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも滝の連続。
2
トンネルはささっと通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルはささっと通過。
2
高度感のある登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感のある登り。
2
Co1050二股の手前は左岸側だけ広い雪渓に覆われていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Co1050二股の手前は左岸側だけ広い雪渓に覆われていた。
2
二股を左へ。足場が脆くて怖かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股を左へ。足場が脆くて怖かった。
2
ほとんど藪漕ぎせず、夏道に合流。意外とあっけなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど藪漕ぎせず、夏道に合流。意外とあっけなかった。
4
沢装備をデポして進むことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢装備をデポして進むことに。
1
ウコンウツギ。(ピンボケになっちゃった笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウコンウツギ。(ピンボケになっちゃった笑)
シラネアオイ。花いっぱいだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイ。花いっぱいだった。
1
新冠富士へ向けて、ハイマツを漕いで行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新冠富士へ向けて、ハイマツを漕いで行く。
4
小休止。まだ先は長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休止。まだ先は長い。
5
キレッキレの稜線を進み、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレッキレの稜線を進み、
1
本峰への稜線。落ちたらひとたまりもないな…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本峰への稜線。落ちたらひとたまりもないな…。
チングルマとエゾノツガザクラ。お花畑が見事だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマとエゾノツガザクラ。お花畑が見事だった。
2
いよいよラストの急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよラストの急登。
2
山頂標識は近々、新冠山岳会の皆様がリニューアルしてくださるらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識は近々、新冠山岳会の皆様がリニューアルしてくださるらしい。
19
雪の残る源頭を望む。ものすごい高度感!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の残る源頭を望む。ものすごい高度感!
7
新冠富士まで戻って、辿って来た稜線と日高の主稜線を一望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新冠富士まで戻って、辿って来た稜線と日高の主稜線を一望。
1
クリオネ型の新冠湖。あそこから登って来たのか…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クリオネ型の新冠湖。あそこから登って来たのか…。
6
尾根から大きく高度を下げ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から大きく高度を下げ、
復路は売山のコルまで夏道利用。笹トラバースは地獄だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路は売山のコルまで夏道利用。笹トラバースは地獄だった。
7
売山のコルから南へ進路を取り、シュウレルカシュペ沢に合流を試みる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
売山のコルから南へ進路を取り、シュウレルカシュペ沢に合流を試みる。
1
天然水をたっぷりいただいた。乾いた体に染み渡っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天然水をたっぷりいただいた。乾いた体に染み渡っていく。
1
本流と合流した後は、林道も間近。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流と合流した後は、林道も間近。
1
無事に帰還!長かったー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に帰還!長かったー。
5
湖に注ぐシュウレルカシュペ沢。エメラルドブルーが綺麗だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖に注ぐシュウレルカシュペ沢。エメラルドブルーが綺麗だった。
2
帰りは「とねっこの湯」へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは「とねっこの湯」へ。
3

感想/記録

「夏山ガイド」に載っているなかで、最も遠い山として巷で有名?なイドンナップ岳を、沢から目指してみました。決して面白みに富んだ沢ではありませんでしたが、日高の奥深い雰囲気にどっぷり浸かることができ、登頂できたときはなかなかの達成感でした。

往路はややハイペースで、復路はかなりスローペースで歩いたので、もし今後行かれる方がいたら(いるかな…?)、参考にしてください。
訪問者数:522人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ