また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1189752 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

997 御在所岳:中道で登り、裏道で下山

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、かなり蒸し暑かった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鈴鹿スカイラインの裏道登山口近くの駐車地
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間48分
休憩
52分
合計
7時間40分
Sスタート地点08:5209:14御在所岳裏登山道1合目09:39長石谷登山口09:46中道登山口09:5110:13裏道・中道分岐10:22ロープウェイクロス10:2510:34おばれ石10:55地蔵岩11:07キレット11:25休憩11:4512:36富士見岩12:43朝暘台13:12御在所山 一等三角点13:16御在所岳13:2613:53第一ケルン 裏道登山道九合目14:11国見峠14:1515:05藤内壁出合15:38藤内小屋15:4816:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中道のキレットは滑落に注意、ヘルメット着用の人もチラホラ。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

鈴鹿スカイラインの北谷橋からの四日市方面展望、少し靄っているので伊勢湾ははっきりしません。
2017年07月06日 09:00撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿スカイラインの北谷橋からの四日市方面展望、少し靄っているので伊勢湾ははっきりしません。
北谷橋の西の袂から北へ裏道を辿れますが、今回は裏道は下山路です。登路の中道に向かうため北谷を裏道の一合目まで下って行きます。ここから中道登山口へ。
2017年07月06日 09:14撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北谷橋の西の袂から北へ裏道を辿れますが、今回は裏道は下山路です。登路の中道に向かうため北谷を裏道の一合目まで下って行きます。ここから中道登山口へ。
標識に従って車道を離れて登山道に入ります。
2017年07月06日 09:43撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識に従って車道を離れて登山道に入ります。
やっと中道登山道口に着きました。気を引き締めてスタートです。
2017年07月06日 09:52撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと中道登山道口に着きました。気を引き締めてスタートです。
花崗岩のややザレた斜面を登って行きます。この辺りは段状に掘ってあるので、まだ歩き易いです。
2017年07月06日 09:59撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩のややザレた斜面を登って行きます。この辺りは段状に掘ってあるので、まだ歩き易いです。
支尾根上に出ると御在所岳東面の大きな山容が見えて、テンションアップです。
2017年07月06日 10:06撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支尾根上に出ると御在所岳東面の大きな山容が見えて、テンションアップです。
花崗岩も風化すると滑りやすい砂礫になるので、滑らないように慎重に登ります。
2017年07月06日 10:10撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩も風化すると滑りやすい砂礫になるので、滑らないように慎重に登ります。
主尾根への急登、もう滝のような汗です。
2017年07月06日 10:29撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主尾根への急登、もう滝のような汗です。
主尾根に出るとまず目に飛び込んでくるのは、二枚の巨大な岩が斜めに重なった「おばれ石」です。自然の造形に感動!。
2017年07月06日 10:35撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主尾根に出るとまず目に飛び込んでくるのは、二枚の巨大な岩が斜めに重なった「おばれ石」です。自然の造形に感動!。
2
ロープウェイと並行する主尾根上は、花崗岩の間を縫って行く道で、展望もよくさらにテンションが上がりました。鎌ヶ岳のかっこよい鋭鋒も!。
2017年07月06日 10:45撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイと並行する主尾根上は、花崗岩の間を縫って行く道で、展望もよくさらにテンションが上がりました。鎌ヶ岳のかっこよい鋭鋒も!。
行く手には御在所岳の大きな山容が見えます。
2017年07月06日 10:47撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手には御在所岳の大きな山容が見えます。
1
南側には雲母峰(多分)の右後方に入道ヶ岳らしき山影も。
2017年07月06日 10:52撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側には雲母峰(多分)の右後方に入道ヶ岳らしき山影も。
巨岩が重なり合った上に四角い石が乗った、独特の形の「地蔵岩」の横を通りました。
2017年07月06日 10:57撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩が重なり合った上に四角い石が乗った、独特の形の「地蔵岩」の横を通りました。
1
道に木の根が張りだしている所も。
2017年07月06日 11:03撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道に木の根が張りだしている所も。
さらに登って行きます
2017年07月06日 11:05撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに登って行きます
キレットのトップも直ぐです。その向こうの御在所岳も随分近くなりました。
2017年07月06日 11:06撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレットのトップも直ぐです。その向こうの御在所岳も随分近くなりました。
キレットの下から見上げてますが、下ったルートは右の岩峰の裏側です。
2017年07月06日 11:13撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレットの下から見上げてますが、下ったルートは右の岩峰の裏側です。
1
ここもなかなかの岩登りです、三点確保で慎重に。
2017年07月06日 11:51撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもなかなかの岩登りです、三点確保で慎重に。
1
伊勢湾は靄って見えませんでした。
2017年07月06日 11:54撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊勢湾は靄って見えませんでした。
巨大な岩峰の基部をへつって巻き、下って登り返したところで。やっと余裕がでて、振り返って写真を撮りました。
2017年07月06日 12:21撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な岩峰の基部をへつって巻き、下って登り返したところで。やっと余裕がでて、振り返って写真を撮りました。
国見尾根の向うに釈迦ヶ岳が見えます。
2017年07月06日 12:21撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見尾根の向うに釈迦ヶ岳が見えます。
山頂公園近くの富士見岩から鎌ヶ岳の雄姿がバッチリです。右下に大黒岩も見えます。
2017年07月06日 12:36撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂公園近くの富士見岩から鎌ヶ岳の雄姿がバッチリです。右下に大黒岩も見えます。
2
山頂公園の主な道は舗装路です。急に俗世界に飛び込んだみたい。それもそのはず、山麓から山頂公園へはロープウェイで登れるのですよね(この日はラッキーなことに運休でした)
2017年07月06日 12:40撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂公園の主な道は舗装路です。急に俗世界に飛び込んだみたい。それもそのはず、山麓から山頂公園へはロープウェイで登れるのですよね(この日はラッキーなことに運休でした)
朝陽台から御在所岳が正面に。あのスロープを登るのは暑そうです。
2017年07月06日 12:45撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽台から御在所岳が正面に。あのスロープを登るのは暑そうです。
朝陽台から御在所岳へ行く途中で、国見岳も見えました。
2017年07月06日 12:51撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽台から御在所岳へ行く途中で、国見岳も見えました。
1
朝陽台を振り返りました。
2017年07月06日 13:01撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽台を振り返りました。
1
御在所岳の一等三角点、1209mで最高点ではありません。
2017年07月06日 13:11撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳の一等三角点、1209mで最高点ではありません。
2
三角点をアップ、点名は『御在所山』です。
2017年07月06日 13:11撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点をアップ、点名は『御在所山』です。
三角点のあるピークのすぐ西側のピークが御在所岳の最高点(1212m)、そちらも行きました。
2017年07月06日 13:14撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点のあるピークのすぐ西側のピークが御在所岳の最高点(1212m)、そちらも行きました。
3
P1212からの西側の展望、画像左が雨乞岳、中央右がイブネ、クラシ。
2017年07月06日 13:15撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1212からの西側の展望、画像左が雨乞岳、中央右がイブネ、クラシ。
琵琶湖も微かに見えているような。
2017年07月06日 13:16撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖も微かに見えているような。
少し引き返して、裏道の下山ポイントから国見峠へと下ります。
2017年07月06日 13:53撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し引き返して、裏道の下山ポイントから国見峠へと下ります。
花崗岩の掘れた道を下って行きます。
2017年07月06日 14:04撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩の掘れた道を下って行きます。
国見峠、正面の道を登れば国見岳ですが、今回は東に下って行きます。
2017年07月06日 14:11撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見峠、正面の道を登れば国見岳ですが、今回は東に下って行きます。
北谷の上流は崩れてかなり荒れています。
2017年07月06日 14:27撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北谷の上流は崩れてかなり荒れています。
北谷の左岸を下って行きます。
2017年07月06日 14:39撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北谷の左岸を下って行きます。
籐内壁が見えました。
2017年07月06日 15:04撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
籐内壁が見えました。
大きな石がゴロゴロしして歩きにくい河原を暫く下ります。
2017年07月06日 15:25撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな石がゴロゴロしして歩きにくい河原を暫く下ります。
振り返ると御在所の岸壁が見えました。
2017年07月06日 15:37撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると御在所の岸壁が見えました。
やっと藤内小屋に到着しました。みんなここで一休みしていました。もちろん私も。
2017年07月06日 15:48撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと藤内小屋に到着しました。みんなここで一休みしていました。もちろん私も。
藤内小屋を過ぎると良く踏まれた歩き易い道が多くなりました。
2017年07月06日 15:57撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤内小屋を過ぎると良く踏まれた歩き易い道が多くなりました。
でも、石ころの多い河原は歩きにくい。橋もバランス崩さないように渡ります。
2017年07月06日 16:00撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、石ころの多い河原は歩きにくい。橋もバランス崩さないように渡ります。
やっと日向小屋に来ました。
2017年07月06日 16:12撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと日向小屋に来ました。
日向小屋からは未舗装林道を下ります。
2017年07月06日 16:14撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向小屋からは未舗装林道を下ります。
撮影機材:

感想/記録
by moguG

梅雨の合間の晴れ、2週間ぶりで山へ。19年ぶりの御在所岳です。中道を登って裏道で下山。中道のキレット下降は、バランスが大分悪くなってるので慎重に降りましたが、メチャ怖かった。それに暑くて大汗かきました。でも、とても良い山歩きでした。
訪問者数:241人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ