また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1191782 全員に公開 ハイキング大雪山

銀泉台-大雪高原温泉-層雲峡

日程 2017年07月08日(土) 〜 2017年07月09日(日)
メンバー
アクセス
利用交通機関
バス、 ケーブルカー等
層雲峡バスターミナル → 銀泉台 6:02発 (大雪山赤岳登山バス)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間24分
休憩
47分
合計
7時間11分
S銀泉台06:5907:53駒草平08:43赤岳08:5609:16小泉岳09:1709:24白雲分岐09:57白雲岳10:2910:46白雲分岐11:09白雲岳避難小屋11:1011:59高根ヶ原分岐14:10大雪高原温泉
2日目
山行
8時間6分
休憩
1時間24分
合計
9時間30分
大雪高原温泉04:1206:27緑岳06:3707:31小泉岳07:3207:38白雲分岐08:30北海岳08:5409:04松田岳09:36荒井岳09:39間宮岳分岐09:4709:48間宮岳09:4910:04中岳分岐10:22中岳10:36北鎮岳分岐10:3710:51北鎮岳11:0911:17北鎮岳分岐11:29お鉢平展望台11:3012:00黒岳石室12:1412:35黒岳12:3713:177合目リフト乗り場13:2113:42ロープウェイ黒岳駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤岳までの雪渓はステップが明確でアイゼン無しでも問題ないが、1650mのトラバースは滑落すると止まらなさそう。
三笠新道は、それなりのアイゼンと滑落停止できるものを推奨。下りで使用する場合トラバースに入る個所を見落としやすい。グリセードで下っているとあっという間に通り過ぎます。(というか見過ごしました。)
大雪高原沼めぐりの右回りコースは閉鎖中です。
その他周辺情報大雪高原温泉:落ち着いた雰囲気で良いお湯でした。日帰り入浴は17:00まで。
紅葉のシーズンはとても込み合うそうですが、今回は前日予約で宿泊できました。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイゼン10本爪 ウィペット

写真

赤岳登山口。見えている雪渓をトラバースします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳登山口。見えている雪渓をトラバースします。
白雲平お花畑その1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲平お花畑その1
1
白雲平お花畑その2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲平お花畑その2
白雲岳より旭岳方面、
これを見るためにやって来たんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳より旭岳方面、
これを見るためにやって来たんです。
3
白雲岳避難小屋は毅然と佇んでいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳避難小屋は毅然と佇んでいます。
高根ヶ原より三笠新道方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高根ヶ原より三笠新道方面
三笠新道、最大斜度30度ぐらい?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三笠新道、最大斜度30度ぐらい?
ここまで下りちゃダメです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで下りちゃダメです。
本日のお宿には食事も布団も温泉もついてます、
なんて贅沢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のお宿には食事も布団も温泉もついてます、
なんて贅沢。
2日目。第一花畑は木道が顔を出し始めていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。第一花畑は木道が顔を出し始めていました。
緑岳より南方面。忠別岳、化雲岳、トムラウシが見えてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑岳より南方面。忠別岳、化雲岳、トムラウシが見えてます。
1
小泉岳南面のお花畑その1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小泉岳南面のお花畑その1
小泉岳南面のお花畑その2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小泉岳南面のお花畑その2
遠くに噴煙を上げる十勝岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに噴煙を上げる十勝岳
1
間宮岳より旭岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間宮岳より旭岳。
同ズーム。にぎわってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同ズーム。にぎわってます。
北鎮と抜けるような青空
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎮と抜けるような青空
3
振り返れば歩いてきた御鉢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば歩いてきた御鉢
2
天候に恵まれ、最高の2日間でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候に恵まれ、最高の2日間でした。
1

感想/記録
by malo

週末2日とも晴天の予報だったので、雪渓とお花を楽しむべく大雪へ。
1日目:銀泉台→大雪高原温泉で宿泊して、2日目:大雪高原温泉→層雲峡に戻ってくる計画。

1日目:
三笠新道の下りで途中で右へトラバースして尾根を乗越す所を見落とし、枝沢ボトムまで下ってしまった。時間があったので、いざとなれば登り返す覚悟で沢を下り、沼めぐり右ルートに合流してそのまま下山した。事前に情報収集してないのが悪いのだが、右回りルートは現在閉鎖中なので、さっさと登り返すべきだった。
このため、添付のGPSトラックは参考になりません、ご注意を。

2日目:
三笠新道リベンジと思ったが、ヒグマセンターの受付は7:00から。黒岳まで抜けることを考えると、時間的に厳しいかと判断して緑岳直登コースへ。
結果的には御鉢廻って1:30リフト降り場だったので、三笠経由でも良かったかもしれない。活動終了15:30として御鉢巡りをやめれば間に合うはず(この季節はリフト下り最終が17:30)。そうすれば宿の朝ごはんも食べられた訳だし。

両日ともうだるような暑さででした。雪渓はどんどん溶けて行っています。ルートを外れると踏む抜きのリスクが高そうです。日中はシャーベットですが、万が一に備えてアイゼン等の備えは必要でしょう。
高山植物はそこらかしこで咲き乱れていましたが、一番の見どころは小泉岳南面でした、お花畑が絨毯のようになっていました。
訪問者数:337人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ