また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1200145 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

至仏山〜笠ヶ岳周回 雨と泥を歩むとお花畑だった・・・

日程 2017年07月17日(月) [日帰り]
メンバー
天候雨のち曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸倉第一駐車場暦日千円。マイカー規制のため鳩待まで乗合バス片道980円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間32分
休憩
1時間56分
合計
10時間28分
S鳩待峠05:1706:10山ノ鼻06:1708:48至仏山09:0709:45小至仏山09:5410:24オヤマ沢田代11:10小笠11:52笠ヶ岳13:0613:39小笠13:4114:36オヤマ沢田代14:4014:58原見岩14:5915:45鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
降雨での行動のため慎重に歩いた。shilokoさんのペースに合わせゆっくりです。
コース状況/
危険箇所等
 鳩待峠〜山ノ鼻、木道が非常に滑りやすい。木道からの転落注意。
尾瀬の負傷事故の約50%が鳩待峠〜山ノ鼻で起きている。詳細は下記URLにて。
https://www.oze-fnd.or.jp/wp4/wp-content/uploads/2015/04/6b7a3dadbd4e9c0e9e3bed83fe402f0a.pdf
研究見本園にニッコウキスゲ、ハクサンチドリ、トキソウなど。

 山ノ鼻〜至仏山〜小至仏山、降雨で木階段、蛇紋岩が滑りやすい。
ハクサンイチゲ、イワカガミ、シナノキンバイ、オゼソウ、ジョウシュウアズマギクハクサンシャクナゲなど
 
 オヤマ沢田代〜笠ヶ岳、斜面にある残雪の雪解け水により沢状態の所や泥水箇所あり。非常に汚れ滑りやすい。長靴の方もいらっしゃった。
ゴゼンタチバナ、マイヅルソウ、アカモノ、ギンリョウソウ、チングルマなど
その他周辺情報上毛かるた「せ」仙境尾瀬沼花の原「た」滝は吹き割り片品渓谷


沼田ICそばに太助饅頭もあるので、「ぬ」沼田城下の塩原太助(ФωФ)♪(し)
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

雨が降る鳩待峠に、四股を踏むshilokoさん。
土俵入りだそうだ・・・何を奉納するのだろう?
2017年07月17日 05:19撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が降る鳩待峠に、四股を踏むshilokoさん。
土俵入りだそうだ・・・何を奉納するのだろう?
2
クマ避けの鐘を鳴らすshilokoさん。この後転倒し、木道から派手に一回転して滑り落ちることとなる。

親子連れの方に大丈夫ですか?と声をかけていただき恐縮です。ありがとうございました(し)。
2017年07月17日 05:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマ避けの鐘を鳴らすshilokoさん。この後転倒し、木道から派手に一回転して滑り落ちることとなる。

親子連れの方に大丈夫ですか?と声をかけていただき恐縮です。ありがとうございました(し)。
5
花後の水芭蕉と樹林帯に囲まれて緑一色。濡れた木道は危険。
2017年07月17日 05:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花後の水芭蕉と樹林帯に囲まれて緑一色。濡れた木道は危険。
1
ショウキラン。風が強くブレブレご容赦。
2017年07月17日 06:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウキラン。風が強くブレブレご容赦。
5
川上川を渡る。小雨になったが風がやや強い。
2017年07月17日 06:08撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川上川を渡る。小雨になったが風がやや強い。
研究見本園。池塘にヒツジグサ、ニッコウキスゲ、ガスの至仏山。
2017年07月17日 06:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
研究見本園。池塘にヒツジグサ、ニッコウキスゲ、ガスの至仏山。
1
朝日に輝くニッコウキスゲ。
2017年07月17日 06:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に輝くニッコウキスゲ。
5
池塘に流れる雲。
2017年07月17日 06:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘に流れる雲。
2
雨上がりの虹。5月に訪れた時は環水平アークを見られた。
2017年07月17日 06:25撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨上がりの虹。5月に訪れた時は環水平アークを見られた。
1
サワラン。
2017年07月17日 06:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サワラン。
3
ミヤマダイモンジソウ。
2017年07月17日 06:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイモンジソウ。
1
花びらが短く、下の2個は極端に長くならない。
2017年07月17日 06:49撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花びらが短く、下の2個は極端に長くならない。
4
未だレンゲツツジ。
2017年07月17日 06:51撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未だレンゲツツジ。
3
尾瀬ヶ原、池塘と湿原。標高を上げるとガスと小雨に。急登と濡れた蛇紋岩でさらに滑りやすく、条件は最悪。
2017年07月17日 07:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原、池塘と湿原。標高を上げるとガスと小雨に。急登と濡れた蛇紋岩でさらに滑りやすく、条件は最悪。
1
ミネウスユキソウ。
2017年07月17日 07:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ。
3
タカネシオガマ。
2017年07月17日 08:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネシオガマ。
3
小雨降る木道を歩むshilokoさん。蛇紋岩に苦戦。
2017年07月17日 08:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雨降る木道を歩むshilokoさん。蛇紋岩に苦戦。
1
ジョウシュウアズマギク。
2017年07月17日 08:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジョウシュウアズマギク。
2
オトギリソウ。
2017年07月17日 08:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトギリソウ。
2
クルマユリ。
2017年07月17日 08:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリ。
2
ホソバヒナウスユキソウ、タカネシオガマ。一面のお花畑であろう高天ヶ原は、ガスに隠され幻想的に。
2017年07月17日 08:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバヒナウスユキソウ、タカネシオガマ。一面のお花畑であろう高天ヶ原は、ガスに隠され幻想的に。
1
タカネシオガマ。至る所に群生している。
2017年07月17日 08:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネシオガマ。至る所に群生している。
1
ホソバヒナウスユキソウ。至仏山、谷川岳に生育し、葉が細長いのが特徴。
2017年07月17日 08:35撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバヒナウスユキソウ。至仏山、谷川岳に生育し、葉が細長いのが特徴。
4
ツリガネニンジン。
2017年07月17日 08:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン。
2
ヒメシャクナゲ。小さな可愛らしい花。
2017年07月17日 08:38撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメシャクナゲ。小さな可愛らしい花。
4
ハクサンイチゲ。
2017年07月17日 08:39撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。
2
シヨウジョウバカマ。
2017年07月17日 08:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シヨウジョウバカマ。
3
残雪を歩むshilokoさん。気温15℃。最悪条件の急斜面を征してビクトリーロードへ。
2017年07月17日 08:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪を歩むshilokoさん。気温15℃。最悪条件の急斜面を征してビクトリーロードへ。
4
至仏山山頂、標高2228m。ガスで景観ゼロ。タカネシオガマのようなshilokoさんと、推理が適当な金田一耕助。

ちょっと体格のいいのっぽさんのようでもありますネ(し)。
2017年07月17日 08:57撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山山頂、標高2228m。ガスで景観ゼロ。タカネシオガマのようなshilokoさんと、推理が適当な金田一耕助。

ちょっと体格のいいのっぽさんのようでもありますネ(し)。
15
ムラサキタカネアオヤギソウ。
2017年07月17日 09:22撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキタカネアオヤギソウ。
2
ホソバヒナウスユキソウ。花言葉は「高貴な純潔」
2017年07月17日 09:22撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバヒナウスユキソウ。花言葉は「高貴な純潔」
5
小至仏山。分水嶺、不気味にガスが通り抜けていく。風が冷たく半袖では寒い、体感温度は7℃程度。
2017年07月17日 09:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小至仏山。分水嶺、不気味にガスが通り抜けていく。風が冷たく半袖では寒い、体感温度は7℃程度。
小至仏山にはハクサンシャクナゲの群生。
2017年07月17日 09:41撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小至仏山にはハクサンシャクナゲの群生。
タカネバラ。
2017年07月17日 09:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネバラ。
3
小至仏山山頂、標高2162m。
2017年07月17日 09:52撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小至仏山山頂、標高2162m。
1
小至仏山山頂から下りるとお花畑。
2017年07月17日 10:00撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小至仏山山頂から下りるとお花畑。
シナノキンバイ。大輪。
2017年07月17日 09:58撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ。大輪。
4
ハクサンイチゲ。
2017年07月17日 09:58撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。
4
チングルマ、ハクサンイチゲ、オゼソウ。
2017年07月17日 10:00撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ、ハクサンイチゲ、オゼソウ。
2
クモイカリソウ。
2017年07月17日 10:00撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クモイカリソウ。
4
オゼソウ。日本固有種。
2017年07月17日 10:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オゼソウ。日本固有種。
5
ウラジロヨウラク。雨露が景色を映す。
2017年07月17日 10:03撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク。雨露が景色を映す。
6
落花したばかりのチングルマ。
2017年07月17日 10:04撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落花したばかりのチングルマ。
2
斜面にはお花畑。チングルマ、ハクサンイチゲ、オゼソウ、クモイカリソウなど。
2017年07月17日 10:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面にはお花畑。チングルマ、ハクサンイチゲ、オゼソウ、クモイカリソウなど。
1
木階段脇には残雪。ガスに包まれ幻想的に。
2017年07月17日 10:07撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木階段脇には残雪。ガスに包まれ幻想的に。
1
シナノキンバイ。ダブルで。
2017年07月17日 10:10撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ。ダブルで。
2
ハクサンイチゲ、シナノキンバイ、shilokoさん。
2017年07月17日 10:11撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ、シナノキンバイ、shilokoさん。
2
ハクサンイチゲ。大株。
2017年07月17日 10:13撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。大株。
1
ハクサンコザクラ。
2017年07月17日 10:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラ。
6
花と共に尾瀬ヶ原を見渡す。ワル沢。
2017年07月17日 10:15撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花と共に尾瀬ヶ原を見渡す。ワル沢。
お花畑の撮影に余念がないshilokoさん。TG-5が発売されたね。
2017年07月17日 10:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑の撮影に余念がないshilokoさん。TG-5が発売されたね。
1
ゴゼンタチバナ。
2017年07月17日 10:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ。
悪沢岳分岐。ひと気が無くなり静かに。道が降雨と雪解水によりどろどろ、ぐちゃぐちゃ、べちょべちょ(shilokoさん談)に汚れた。
♪行こう♪行こ♪泥の道へ〜
♪行こう♪行こう♪泥の山へへ🎤(←フリクニフリクラ風)(し)。
2017年07月17日 10:26撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳分岐。ひと気が無くなり静かに。道が降雨と雪解水によりどろどろ、ぐちゃぐちゃ、べちょべちょ(shilokoさん談)に汚れた。
♪行こう♪行こ♪泥の道へ〜
♪行こう♪行こう♪泥の山へへ🎤(←フリクニフリクラ風)(し)。
1
オヤマ沢田代の池塘。
2017年07月17日 10:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマ沢田代の池塘。
1
アカモノ。
2017年07月17日 10:28撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノ。
4
悪沢岳。景観なし山頂標のみ。
2017年07月17日 10:35撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳。景観なし山頂標のみ。
泥ロードがさらに続く。お腹が空き、悪路で靴が汚れ、登り返しのためshilokoさんは機嫌が悪く無口に。
2017年07月17日 10:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥ロードがさらに続く。お腹が空き、悪路で靴が汚れ、登り返しのためshilokoさんは機嫌が悪く無口に。
イワナシ。
2017年07月17日 10:39撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナシ。
5
アカモノを下から見る。
2017年07月17日 10:44撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノを下から見る。
1
タテヤマリンドウ。
2017年07月17日 10:45撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ。
3
薄紫の花びらが美しい。
2017年07月17日 10:45撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄紫の花びらが美しい。
7
残雪の雪解け水が登山道を沢にしている。足首まで埋まり非常に滑りやすい。shilokoさんは更に靴が汚れ、転倒しそうになり不機嫌Max状態に。
2017年07月17日 13:45撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪の雪解け水が登山道を沢にしている。足首まで埋まり非常に滑りやすい。shilokoさんは更に靴が汚れ、転倒しそうになり不機嫌Max状態に。
1
振り返る歩いてきた稜線、至仏山、小至仏山、悪沢岳、小笠。燧ケ岳はガスの中。
2017年07月17日 11:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る歩いてきた稜線、至仏山、小至仏山、悪沢岳、小笠。燧ケ岳はガスの中。
残雪を乗り越え笠ヶ岳の下に。裾野一面に広がるお花畑。機嫌の悪さが吹き飛んだshilokoさん。
2017年07月17日 11:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪を乗り越え笠ヶ岳の下に。裾野一面に広がるお花畑。機嫌の悪さが吹き飛んだshilokoさん。
2
イワイチョウ。岩銀杏。
2017年07月17日 11:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワイチョウ。岩銀杏。
3
ハクサンシャクナゲ。葉の付け根が緩やかなのが特徴。アズマシャクナゲは葉の裏が茶色。
2017年07月17日 11:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ。葉の付け根が緩やかなのが特徴。アズマシャクナゲは葉の裏が茶色。
2
イブキジャコウソウ。葉が匂う。
2017年07月17日 11:43撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ。葉が匂う。
6
ミネウスユキソウ。
2017年07月17日 11:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ。
1
ミヤマムラサキ。一面に咲く。
2017年07月17日 11:52撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマムラサキ。一面に咲く。
4
山頂手前ではニッコウキスゲが出迎える。
2017年07月17日 11:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前ではニッコウキスゲが出迎える。
5
笠ヶ岳山頂、標高2057m。
♪ぐろ〰のパンツはいいパンツ♪
つよいゾ〜つよいゾ🎤(←フリクニフリクラ風) (し)。
2017年07月17日 11:59撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳山頂、標高2057m。
♪ぐろ〰のパンツはいいパンツ♪
つよいゾ〜つよいゾ🎤(←フリクニフリクラ風) (し)。
11
山頂北方面。ならまた湖。谷川〜平ヶ岳は見えず。
2017年07月17日 12:00撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂北方面。ならまた湖。谷川〜平ヶ岳は見えず。
山頂南方面。日光白根山、男体山、下には片藤沼。
2017年07月17日 12:00撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂南方面。日光白根山、男体山、下には片藤沼。
山頂東方面。至仏山、小至仏山、悪沢岳、小笠。ここまで歩いてきた道。
2017年07月17日 12:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂東方面。至仏山、小至仏山、悪沢岳、小笠。ここまで歩いてきた道。
山頂で昼食。もつっ子とトウモロコシを持つshilokoさん。露岩を背にする。
2017年07月17日 12:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で昼食。もつっ子とトウモロコシを持つshilokoさん。露岩を背にする。
2
今日はニンジン、ネギ、豆腐を入れる。〆はうどんで。
2017年07月17日 12:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はニンジン、ネギ、豆腐を入れる。〆はうどんで。
3
もつっ子を召し上がるshilokoさん。疲れたのだろう、座ったきりで動かない。
2017年07月17日 12:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もつっ子を召し上がるshilokoさん。疲れたのだろう、座ったきりで動かない。
3
武尊山に噴煙のような雲。
2017年07月17日 12:39撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊山に噴煙のような雲。
2
ならまた湖、ダム。
2017年07月17日 12:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ならまた湖、ダム。
2
タカネナデシコ。
2017年07月17日 12:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ。
5
イワシモツケ。
2017年07月17日 12:57撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワシモツケ。
3
ミヤマウイキョウ。
2017年07月17日 13:15撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマウイキョウ。
1
オオキバボウシ?
2017年07月17日 13:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオキバボウシ?
1
津奈木、坤六峠方面。
2017年07月17日 13:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
津奈木、坤六峠方面。
1
至仏山、小至仏山、燧ヶ岳とお花畑を見ながら歩く。
2017年07月17日 13:19撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山、小至仏山、燧ヶ岳とお花畑を見ながら歩く。
2
ハクサンイチゲ、イワカガミ。
2017年07月17日 13:20撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ、イワカガミ。
3
今日は寝転ばずに大きく腕を広げるshilokoさん。
2017年07月17日 13:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は寝転ばずに大きく腕を広げるshilokoさん。
1
小笠手前から笠ヶ岳。北面が平らな斜面。
2017年07月17日 13:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小笠手前から笠ヶ岳。北面が平らな斜面。
チングルマに見送られて。
2017年07月17日 13:38撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマに見送られて。
雲が南下し晴れてきた。登り返しでバテバテのshilokoさん。また無口に・・・
2017年07月17日 13:39撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が南下し晴れてきた。登り返しでバテバテのshilokoさん。また無口に・・・
1
ヒメシャクナゲ。
2017年07月17日 13:39撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメシャクナゲ。
4
花後のチングルマ。
2017年07月17日 13:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花後のチングルマ。
アサギマダラ。2000kmを移動する渡り蝶。
2017年07月17日 13:50撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサギマダラ。2000kmを移動する渡り蝶。
7
優雅にひらひらと舞い、すぅ〜と留まる。
2017年07月17日 13:52撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
優雅にひらひらと舞い、すぅ〜と留まる。
3
ギンリョウソウ。純白だ。
2017年07月17日 14:12撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ。純白だ。
2
ツマトリソウ。
2017年07月17日 14:18撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ。
3
ロープのある急岩場手前の稜線にて。
2017年07月17日 14:19撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープのある急岩場手前の稜線にて。
イワカガミが道の両脇を彩る。
2017年07月17日 14:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミが道の両脇を彩る。
1
夏空とハクサンシャクナゲ。
2017年07月17日 14:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏空とハクサンシャクナゲ。
1
陽光を透かして薄桃色が美しい。
2017年07月17日 14:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽光を透かして薄桃色が美しい。
4
オヤマ沢田代。ワタスゲと池塘、湿原。
2017年07月17日 14:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマ沢田代。ワタスゲと池塘、湿原。
1
ワタスゲ。雨で乾ききっていない。
2017年07月17日 14:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワタスゲ。雨で乾ききっていない。
3
風でゆらゆら揺れるワタスゲ。
2017年07月17日 14:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風でゆらゆら揺れるワタスゲ。
5
サンカヨウ。花びらが透き通る花。
2017年07月17日 14:53撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウ。花びらが透き通る花。
2
鳩待峠へ下っていく。尾瀬ヶ原、燧ヶ岳。
2017年07月17日 14:59撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠へ下っていく。尾瀬ヶ原、燧ヶ岳。
雨と泥の中を歩いてきた。とても尾瀬へ行ったと思えない足元。私の靴は原色を留めない土色に。
2017年07月17日 15:26撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨と泥の中を歩いてきた。とても尾瀬へ行ったと思えない足元。私の靴は原色を留めない土色に。
2
鳩待峠に到着。
2017年07月17日 15:48撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠に到着。
4
無事に帰路へ。
2017年07月17日 16:03撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に帰路へ。
1

感想/記録

 海の日に山へ。尾瀬へ。
前日の子持山から予定通り至仏山、笠ヶ岳へ花見に。

 戸倉駐車場から4時40分始発の乗合バスで鳩待峠へ。
戸倉は曇りだったが鳩待峠は雨。ただこの雨は7時には止む予報。
傘差して運動靴で歩く人も見られるのが尾瀬。
ソールが柔らかい靴の方が木道のグリップが良い。

 鳩待峠〜山ノ鼻までの木道が非常に滑りやすい。ましてや今日は降雨。
shilokoさんも派手に転倒し木道から転がり落ちた。怪我がなくて何より。
橋を渡る前に小雨となり暑いのでレインウェアを脱ぎTシャツに。途中で荒縄を靴に巻いた。効果はほどほど。

 研究見本園でニッコウキスゲなどを見た後、登山口木階段へ。
高天ヶ原までの急登は、樹林帯内の木階段に始まり、森林限界を超えると滑りやすい蛇紋岩。今日は降雨で更に悪条件。山頂付近からはガスに覆われた。景観が無いので足元の花をよく観察できた。

 ミヤマダイモンジソウ、タカネシオガマ、ハクサンイチゲ、イワカガミ、ジョウシュウアズマギク、ハクサンシャクナゲ、タカネバラなどが咲いている。
晴れていたら尾瀬ヶ原を背景に色が映えて美しいだろう。高天ヶ原辺りから気温が下がり長袖に着替える。ホソバヒナウスユキソウ、タカネシオガマの群生があたり一面。西黒尾根でも良く見る。

 2時間半で山頂に到着。悪天候の割には予定通り。
ガスで景観がなく記念撮影して小至仏山へ向かう。露岩の荒々しいガレた脇を行く。
分水嶺なので西側からの風が冷たくガスが飛んでいく。シャクナゲの群生が現れると小至仏山も近い。

 小至仏山を下ると露岩にお花畑が現れる。ワル沢への斜面がお花畑。
ハクサンイチゲ、チングルマ、シナノキンバイ、オゼソウなどが岩に花開いている。
暫し観賞し残雪もある木階段を下っていく。

 オヤマ沢田代の悪沢岳分岐を西へ。ひと気がなくなり静か。
登山道にをイワカガミ、ゴゼンタチバナ、アカモノが彩る。
最も彩るのは泥だ。降雨後、雪解け水で泥水が多く、靴、ゲーターなど泥だらけ。
端を歩かず豪快に真ん中を突き進む。下山後洗えば良いだけのこと。いちいち避けていると面倒。

 景観のない悪沢岳を過ぎると静かな樹林帯の泥上を歩んでいく。熊がよく出没するそうだが一度お目に掛かってみたいのが本音。熊だけは見たことがない。遠目で結構だが。小笠のピークを素通りし笠ヶ岳へ向かうと、残雪から流れた水が登山道を流れ沢になっている。ここが一番最悪の道。両脇は笹で迂回すると茎で滑る。

 shilokoさんは、お腹が空き、足元が泥で汚れ滑り、非常に歩きにくく、ましてや登りとなる小笠からは不機嫌MAX状態。一言もしゃべらない顔も険しい。登りと下りでこれだけ違う表情を見せるので分かり易くてよい。君子危うきに近寄らず。

 残雪を過ぎるとお花畑が待っていた。
アズマシャクナゲ、イワシモツケ、ミネウスユキソウ、タカネシオガマなどが咲いている。一度西へ向かい北東へ登り返すと山頂。露岩とガレた歩きにくい道。
ミヤマムラサキ、イワシモツケの群生を見ながら登って行く。ニッコウキスゲとカワラナデシコが出迎えてくれると山頂。二名いらっしゃった。

 山頂でちょうどお昼となり、昨日贖った永井食堂「もつっ子」を食らう。
ネギ、豆腐、ニンジンを入れ、〆には高山製麺のオール群馬うどん。うまい。
ビールを飲み、昼食を召し上がったshilokoさんは嘘のように上機嫌で饒舌に。

 3時間あれば余裕で鳩待まで着くので、下山はさらにじっくり花観賞。
相変わらず登り返しでバテバテのshilokoさん。また黙ってしまう。
後ろを振り返りながら美しい笠ヶ岳を眺める。

 悪沢岳分岐からオヤマ沢田代へ。池塘とワタスゲを眺める人が多い。
尾瀬らしい雰囲気。真っ黒な足で木道と木階段を下りていく。ガスも無くなり晴れ渡る。下界は暑い。前橋はさらに平熱並みに暑かったそうだ。

 鳩待峠に着くと記念撮影しトイレ前の足洗い場へ。地汚地洗、念入りに洗う。
私のような愚か者は違う意味で足を洗った方が良いのだが・・・
戸倉への乗合バスはプリウスαのタクシー。相変わらず車に乗ると寝てしまうshilokoさん。隣席の方にご迷惑をおかけしたようで。袖振り合うも他生の縁でお許しを。
私は過ぎゆく夏の景色をぼんやり眺めていた。

感想/記録

昨年、県庁で開催された尾瀬の写真展を見に行ったとき、尾瀬保護財団の方から笠ヶ岳のムシトリスミレのお話を聞いて、
ぜひ行きたいなぁと7月上旬に照準を合わせて連れていっていただきました。

朝は雨なのはわかっていましたが、まさかの山の鼻へ向かう途中で木道からキレイに転落(恥)。
おWCに貼り紙がありましたが、骨折や捻挫などのけがの多くが鳩待峠〜山ノ鼻 で起きているそうです(汗)。

転んだおかげで蛇紋岩は注意して登れました。

ムシトリスミレには会えませんでしたが、未だ咲いているハクサンイチゲはじめ春のお花と初夏のお花がたーくさん♪

笠ヶ岳への登り返しはしんどかったですが、いぐことができてよかったです(o^・^o)。


帰りのタクシーでうっかり寝てしまい、美しい女の人に寄りかかってしまいました(汗)。
優しく許していただきありがとうございます、
ほんとスミマセン(ФωФ;)💧💧
訪問者数:446人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/5/14
投稿数: 905
2017/7/20 10:21
 一週間違うと花も変わりますね
growmonoさん、shilokoさん

海の日に至仏山に行くと言ってましたが、まぁロングで歩かれましたね。
私は山ノ鼻には下りませんでしたが一旦、山ノ鼻に下った方が花を存分に楽しめたことと思います。
1週間違うと花の種類の変わるのですね。私が行った時はまだオヤマ沢田代でワタスゲが咲いていませんでした。
この季節の尾瀬、毎週通いたいくらいです。バス台、駐車代が掛かるからちょっと無理ですが
登録日: 2013/11/18
投稿数: 312
2017/7/20 12:50
 川の流れのように・・・
 こんにちは、yasubeさん。
コメントお寄せ頂きありがとうございます。
また今回の山行は、先日のyasubeさんのレコを参考にさせて頂きました。

 花の移ろいは、そのまま季節の移ろいですね。花鳥風月。
山ノ鼻〜高天ヶ原、至仏山〜オヤマ沢田代は蛇紋岩に生息する固有種が見られ良かったです。オゼソウは地味で分かりにくいですよね。

 オヤマ沢田代〜笠ヶ岳は、泥で汚れましたが訪れて良かったです。
yasubeさんが行かれた時よりピークは下がりましたが、多々咲いていました。
笠ヶ岳山頂までのミヤマムラサキ、イワシモツケの群生がきれいでした。

 尾瀬の短い夏に、花を咲かせる植物、行動する動物。
毎週通いたい気持ち同意できますね。
富士見下なら無料ですけど、鳩町通りを除き、富士見峠までの登りが結構きついので、それなりの代償があります。今年に行く計画を立ててますが・・・
登録日: 2016/3/2
投稿数: 154
2017/7/22 20:12
 Re: 一週間違うと花も変わりますね
yasubeさんこんばんは、
かなりの遅い返信すみません。

以前からいぎたいと思っていた花の時期の至仏山ですが、
yasubeさんのレコを見て背中を押された気持ちで行ってまいりました♪

なんかもう、すごいたくさん咲いていて感動いたしました(o^・^o)
頑張って笠ヶ岳まで行ってみてよかったです。とっても静かでしたしw

笠ヶ岳の標高は2,057mなので、2057年には登山者で賑わうのでしょうか?
あと40年後・・・たぶん三途の川を渡っていそうですがw、
生きてて元気なうちは山を楽しみたいです〜(*´-`)
登録日: 2013/6/10
投稿数: 216
2017/7/25 4:22
 shilokoさん、大丈夫ですか?
growmonoさん、shilokoさん、おはようございます。

鳩待峠〜山ノ鼻間の木道で滑って転倒し、木道から派手に一回転して滑り落ちても、なお至仏に、さらに笠まで行くとは素晴らしい気迫です。そうはいってもかなり痛かったでしょうから今後慎重に歩を進めてください。かくいう自分も数十年前、晩秋に朝日岳〜雪倉岳の間の木道を歩いていたら急に霜げた箇所で滑りこけて、手痛い思いをしながらどうにか蓮華温泉に生還した苦い記憶が蘇ります。

hareharawaiより
登録日: 2016/3/2
投稿数: 154
2017/7/25 23:01
 Re: shilokoさん、大丈夫ですか?
こんばんは、
ご心配いただきましてありがとうございます。

幸い脛の軽い打ち身で済みました。
早い段階で転んだので、よい教訓になりましてその後は、慎重に歩くことができました。
もし無理そうでしたらわたしは引き返して鳩待峠でソフトクリーム→コーラ→カレーを堪能しつつ、CLの帰りを待っていたことでしょうw

雪倉岳や蓮華温泉、素敵そうです。
しばし検索しておりました。
・・・経験豊富なハレハラさん、ほんとに色々経験なさってるのですね💧

まだ見ぬ絶景の地を想像して夢を膨らませる日々でございます(ФωФ)♪

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ