ヤマレコ

記録ID: 1203637 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

鳳凰三山(地蔵岳・観音岳・薬師岳)(都内発0泊夜行バス)

日程 2017年07月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇
アクセス
利用交通機関
バス
往:[新宿(22:00)]-(仮眠3.5H)-[広河原(6:15)]南アルプス登山者用直行バス(山梨交通)
復:[夜叉神峠(16:42)]-[甲府(17:56)](山梨交通)
[甲府(19:00)]-[新宿(21:00)](京王バス)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間51分
休憩
1時間30分
合計
9時間21分
S広河原インフォメーションセンター06:2106:36白鳳峠入口08:20白鳳峠09:11高嶺09:1209:44アカヌケ沢の頭10:4311:17鳳凰小屋分岐11:1811:48鳳凰山11:5112:09薬師岳12:19薬師岳小屋12:4212:46砂払岳12:4713:21南御室小屋13:2213:46苺平14:07火事場跡14:33杖立峠14:3415:10夜叉神峠小屋15:13夜叉神峠15:41夜叉神峠登山口15:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
アカヌケ沢ノ頭でデポしてオベリスクに向かった際、GPSを携帯していなかったため、ログが欠落しています。
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし
その他周辺情報夜叉神峠茶屋の日帰り入浴は、翌週から開始という事でした。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター コンパス GPS 筆記用具 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

広河原。
2017年07月08日 06:19撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原。
広河原から見る北岳。
2017年07月08日 06:22撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原から見る北岳。
鳳凰山登山口。
2017年07月08日 06:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰山登山口。
標高500m程はひたすらの急登です。
2017年07月08日 06:52撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高500m程はひたすらの急登です。
ただただ登るのみ。
2017年07月08日 07:26撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただただ登るのみ。
初めて南アルプスに来ましたが、特徴的な層状の模様の石が多いです。
2017年07月08日 07:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて南アルプスに来ましたが、特徴的な層状の模様の石が多いです。
2300m程で森林限界。
2017年07月08日 07:50撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2300m程で森林限界。
白鳳峠?看板が落ちてましたが、
2017年07月08日 08:07撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白鳳峠?看板が落ちてましたが、
こちらが場所的にも本当の白鳳峠でしょう。
2017年07月08日 08:21撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが場所的にも本当の白鳳峠でしょう。
ピンクの花。イワカガミだそう。きれいです。この後も何ヵ所かで見かけます。
2017年07月08日 08:33撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクの花。イワカガミだそう。きれいです。この後も何ヵ所かで見かけます。
地蔵岳と間違えましたが、高嶺でした。
2017年07月08日 08:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳と間違えましたが、高嶺でした。
イワカガミ。
2017年07月08日 08:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
北岳(白峰三山)
2017年07月08日 09:06撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳(白峰三山)
高嶺とガスの向こうに地蔵岳のオベリスク。
2017年07月08日 09:07撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高嶺とガスの向こうに地蔵岳のオベリスク。
仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳と、アサヨ峰。
2017年07月08日 09:08撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳と、アサヨ峰。
仙丈ヶ岳。
2017年07月08日 09:08撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳。
北岳と間ノ岳。
2017年07月08日 09:08撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳と間ノ岳。
白峰三山。
2017年07月08日 09:08撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山。
甲斐駒ヶ岳。このあと高嶺位までが周囲の山の眺望が望める限界でした。
2017年07月08日 09:09撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳。このあと高嶺位までが周囲の山の眺望が望める限界でした。
高嶺。
2017年07月08日 09:11撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高嶺。
高嶺から鳳凰三山方向。ガスが発生し始めてます。
2017年07月08日 09:24撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高嶺から鳳凰三山方向。ガスが発生し始めてます。
所々花崗岩が崩れたような砂浜が登場します。
2017年07月08日 09:28撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々花崗岩が崩れたような砂浜が登場します。
イワカガミ。
2017年07月08日 09:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
北岳も雲がかかり始めました。
2017年07月08日 09:42撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳も雲がかかり始めました。
オベリスクへの分岐。
2017年07月08日 09:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクへの分岐。
オベリスクへの尾根は、両側から雲が沸きやすい地形です。
その為か、何となく地獄感が漂っています。
2017年07月08日 09:46撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクへの尾根は、両側から雲が沸きやすい地形です。
その為か、何となく地獄感が漂っています。
ラスボス感強い地蔵岳オベリスク。
2017年07月08日 09:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラスボス感強い地蔵岳オベリスク。
1
本日最後の晴れ間。
2017年07月08日 09:48撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日最後の晴れ間。
オベリスクへの稜線上の砂浜(賽ノ河原)に並ぶお地蔵様群。砂浜の照り返しが強すぎてだんだんと気分が悪くなります。地獄感。
2017年07月08日 10:11撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクへの稜線上の砂浜(賽ノ河原)に並ぶお地蔵様群。砂浜の照り返しが強すぎてだんだんと気分が悪くなります。地獄感。
オベリスクの根本にニョキニョキと生えている岩石群も、何やらお地蔵様に見えてきます。
2017年07月08日 10:16撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクの根本にニョキニョキと生えている岩石群も、何やらお地蔵様に見えてきます。
1
一瞬の晴れ間。
2017年07月08日 10:27撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬の晴れ間。
青木鉱泉の方に降りていく登山道ですが、ザレた急登で登りは相当大そうです。風も強く視界も悪いです。
2017年07月08日 10:28撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青木鉱泉の方に降りていく登山道ですが、ザレた急登で登りは相当大そうです。風も強く視界も悪いです。
赤抜沢ノ頭という地蔵岳の手前ですが、見た目がかなり派手な針地獄です。
2017年07月08日 10:58撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭という地蔵岳の手前ですが、見た目がかなり派手な針地獄です。
1
赤抜沢ノ頭と地蔵岳。
2017年07月08日 11:02撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤抜沢ノ頭と地蔵岳。
ガスがだいぶ強くなってきました。
2017年07月08日 11:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがだいぶ強くなってきました。
観音岳
2017年07月08日 11:25撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳
ガス間に浮かぶオベリスク。
2017年07月08日 11:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガス間に浮かぶオベリスク。
観音岳山頂。
2017年07月08日 11:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂。
薬師岳。山頂はこの標識の反対側にあり、現在は立ち入り禁止です。
2017年07月08日 12:09撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳。山頂はこの標識の反対側にあり、現在は立ち入り禁止です。
薬師岳山頂。
2017年07月08日 12:23撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂。
シャクナゲ。
2017年07月08日 12:26撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ。
だいぶ待ってもこの程度までしか晴れません。諦めて下山します。
2017年07月08日 12:34撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ待ってもこの程度までしか晴れません。諦めて下山します。
薬師岳山頂付近で水が切れたのですが、薬師岳小屋が改築中で営業しておらず、この南御室小屋でようやく水場にありつくことができました。
2017年07月08日 13:22撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂付近で水が切れたのですが、薬師岳小屋が改築中で営業しておらず、この南御室小屋でようやく水場にありつくことができました。
2300〜2400m付近をひたすら歩き続ける夜叉神峠コース、長く単調です。苺平からようやく下ります。
2017年07月08日 14:34撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2300〜2400m付近をひたすら歩き続ける夜叉神峠コース、長く単調です。苺平からようやく下ります。
夜叉神峠。登山口までは残り30分ほど。
2017年07月08日 15:09撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠。登山口までは残り30分ほど。
撮影機材:

感想/記録

現状の自分の脚ではギリギリと思われる鳳凰三山日帰り登山に挑戦。
青木鉱泉への下山・入浴も検討したが、この時期はバスが運行しておらず断念。
登山口標高と登山時間の確保などを考慮して、広河原→夜叉神峠ルートに決定。
また、自家用車、タクシー等を利用せず最速で広河原に到着するために、山梨交通の直通ツアーを利用。
途中の仮眠施設では、まさかのタオルケットと座布団五枚が支給されての仮眠であったが、夜行バスで鍛えられた睡眠スキルで難なく就寝。
また、翌日のバスは自家用車組も加わって大変混雑するが、ツアー客には座席が約束される仕組みなのでそこは良かった。

広河原は登山客で大変賑わっていたが、大半は北岳か、更にバスを乗り継いで甲斐駒仙丈へ行く人達で、鳳凰三山へ行く人は皆無。

広河原からの登山道は迷いやすいとの事前情報だったが、その頭で登った結果、道迷いは発生しなかった。

白鳳峠までは急登が続くが、上りにくいことはなく、時間をかけず高度をあげられたので良かった。
夜叉神峠側から上っていたならば、稜線上に出るまでにガスに巻かれてしまっていたでしょう。鳳凰三山は上昇気流を生みやすい地形のように思われるので、眺望を重視される日帰りの方は特に広河原からがお奨めです。
白鳳峠から高嶺の間では甲斐仙丈や白峰三山などの南アルプス北側の雄峰を一通り堪能し、地蔵岳に向かうと、その先は明らかにガスガスしています。
ガス間に見せる、オベリスク、賽ノ河原の強すぎる照り返し、赤抜沢ノ頭の刺々しい姿など、地蔵岳周辺は様々に地獄を連想させるモノが多く、そのような意味での非日常感を味わいました。

観音岳・薬師岳へはもうほとんど眺望なく、チャンスがあればもう一度挑戦したいと思います。
最後に、夜叉神峠コースに関しては、とにかく長い。そして眺望はほぼなし。黙々と降り続ける事になります。

夜叉神峠の茶屋で日帰り入浴を目論んでいましたが、どうやら来週から営業らしく、「標高1000mを越えると美味しくなる」という触れ書きの蕎麦をいただきながら帰りのバスを待ちました。

今回、ルートが逆であったら稜線からの眺望は全く望めなかったと思うので、早く高度を上げることの重要性を学んだ山行となりました。
訪問者数:88人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ