ヤマレコ

記録ID: 1205984 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳から清水尾根を経て祖母谷温泉へアドベンチャーなルートを堪能

日程 2017年07月21日(金) 〜 2017年07月23日(日)
メンバー
天候21日・・晴れ時々曇り 22日・・早朝はガスがかかるが午後は晴れ 23日・・朝方から雨模様(欅平で5mm/h)
アクセス
利用交通機関
電車タクシー、 車・バイク
・自家用車は八方第二駐車場に駐車(無料)
・駐車場から猿倉までタクシー(3,380円)
・欅平駅から宇奈月駅まではトロッコ電車(1,710円)
・宇奈月温泉駅から新黒部駅まで富山地方鉄道本線で570円+110円(エリア特急料金)
・黒部宇奈月温泉駅から糸魚川駅まで北陸新幹線はくたか号で
 運賃1490円(白馬駅まで)+860円(特急料金)
・糸魚川駅から南小谷駅まで大糸線
・南小谷駅から白馬駅まであずさ号で750円(特急料金)
・白馬駅から八方第二駐車場までタクシーで800円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間0分
休憩
20分
合計
6時間20分
S猿倉荘05:1005:10白馬尻荘06:20白馬尻小屋06:4011:30白馬頂上山荘
2日目
山行
10時間10分
休憩
50分
合計
11時間0分
白馬頂上山荘04:5007:40清水岳直下08:0009:30不帰岳避難小屋10:0015:50祖母谷温泉
3日目
山行
1時間0分
休憩
0分
合計
1時間0分
祖母谷温泉06:0007:00欅平駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
時間は写真の撮影時間を元に記録してますが休み時間も含むの参考程度にしてください。
コース状況/
危険箇所等
・白馬大雪渓は特に危険個所なし。アイゼン(10本)を装着。小雪渓は雪渓切って
 あるがアイゼンを装着。
・白馬頂上山荘〜清水岳は雪渓を6、7箇所トラバースする箇所がある。
 アイゼン装着しないと危険かも。雪渓を渡ったところで何度が少し迷った。
 雷鳥2羽に遭遇。
・清水岳〜不帰岳避難小屋まで2,200m付近でクマ3頭を目撃。登山道には
 クマ糞が多数(7,8か所比較的新しい)。木の皮が剥がされている箇所数か所。
 クマの痕跡があるエリアはホイッスルを吹きながら行動した。
 草むらで唸り声が聞こえたためホイッスルを吹くと大きな塊が草の斜面を
 転がってる音が聞こえた。
・不帰岳避難小屋〜祖母谷温泉まで、藪漕ぎ、倒木の連続、登山道は斜めっていて
 足元不安定、足場の悪い谷筋、沢を数か所渡る。最下部の雪渓は割れていたが
 まだ整備されていないため渡る箇所を特定するのに難儀した。
その他周辺情報・白馬頂上山荘の警備隊に登山道状況を聞いたところまだ登山道未整備のため
 状況が判らないとのことだった。整備は自分が行く日に行う予定とのことで、
 マムシに注意してくださいとアドバイスを貰った(結局マムシは見なかった
 が、クマ目撃)
・祖母谷温泉のテント場と露天風呂はすぐ隣にあり、テント場から歩いて10秒で
 風呂に入れる最高の秘湯。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

備考 お守り代わりにホイッスルとコンパスを首からぶら下げているが、今回はホイッスルのおかげ難を逃れたと思った。そうでなければクマに襲われていた可能性大。

写真

大雪渓の下は割れていた
2017年07月21日 06:20撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓の下は割れていた
1
ところどころ割れている箇所もあった
2017年07月21日 07:10撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ割れている箇所もあった
小雪渓は雪渓を切ってあるが、アイゼンを装着し渡る
2017年07月21日 09:50撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雪渓は雪渓を切ってあるが、アイゼンを装着し渡る
白馬岳山頂はガスが掛かっていた
2017年07月21日 14:07撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂はガスが掛かっていた
テント泊だがここの夕食が美味しいので頂上山荘のバイキングを堪能
2017年07月21日 17:14撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント泊だがここの夕食が美味しいので頂上山荘のバイキングを堪能
1
2日目祖母谷温泉に向け出発。朝日岳直下の雪渓を渡ったところで振り返る
2017年07月22日 05:21撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目祖母谷温泉に向け出発。朝日岳直下の雪渓を渡ったところで振り返る
1
杓子岳方面
2017年07月22日 05:21撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳方面
後ろから見る剱岳
2017年07月22日 05:22撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろから見る剱岳
剱岳が美しい
2017年07月22日 06:26撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳が美しい
1
ふと気づくと雷鳥さんが目の前を歩いてる
2017年07月22日 06:38撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと気づくと雷鳥さんが目の前を歩いてる
1
このルートは人が少ないためコマクサが多数群生している
2017年07月22日 07:15撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートは人が少ないためコマクサが多数群生している
1
清水岳直下で休憩
2017年07月22日 07:40撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水岳直下で休憩
2200m付近で黒い物体が動くのが見えた。双眼鏡で確認すると200m先にクマ発見。距離が離れているので大丈夫と思ったが、下山方向にも2頭のクマがいたためホイッスルを吹いて降りた。クマの写真小さくて判りずらいかな。
2017年07月22日 08:33撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2200m付近で黒い物体が動くのが見えた。双眼鏡で確認すると200m先にクマ発見。距離が離れているので大丈夫と思ったが、下山方向にも2頭のクマがいたためホイッスルを吹いて降りた。クマの写真小さくて判りずらいかな。
1
祖母谷温泉までルートがアドベンチャー、ワイルドすぎて写真を撮る元気なし。なので祖母谷温泉に到着
2017年07月22日 15:54撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖母谷温泉までルートがアドベンチャー、ワイルドすぎて写真を撮る元気なし。なので祖母谷温泉に到着
1
橋を渡ると欅平方面。祖母谷温泉はそのまま真っ直ぐ。
2017年07月22日 15:54撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると欅平方面。祖母谷温泉はそのまま真っ直ぐ。
テント場から露天風呂方向
2017年07月22日 19:02撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場から露天風呂方向
1
男性露天風呂からテント場方向
2017年07月23日 06:12撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男性露天風呂からテント場方向
1
女性用の露天風呂
2017年07月23日 06:16撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女性用の露天風呂
1
橋を渡り祖母谷温泉を撮影
2017年07月23日 06:20撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡り祖母谷温泉を撮影
1
長いトンネルを歩く
2017年07月23日 06:28撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長いトンネルを歩く
欅平に到着9:16始発だが、雨が降り出してきたため早めに出発し7:00到着した。その間、高熱隧道の展示、ビデオが流れていた。以前読んだ小説を思い出した。
2017年07月23日 07:20撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
欅平に到着9:16始発だが、雨が降り出してきたため早めに出発し7:00到着した。その間、高熱隧道の展示、ビデオが流れていた。以前読んだ小説を思い出した。
欅平は誰もいない
2017年07月23日 08:13撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
欅平は誰もいない
トロッコ電車
2017年07月23日 09:56撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロッコ電車
1
はくたか560号
2017年07月23日 11:31撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はくたか560号
2
大糸線
2017年07月23日 12:57撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大糸線
八方第二駐車場に到着し八方の湯で汗を流し帰宅した。
2017年07月23日 14:45撮影 by SHV39, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方第二駐車場に到着し八方の湯で汗を流し帰宅した。
撮影機材:

感想/記録

未整備されていない状態だったため藪漕ぎは覚悟していたが、倒木が多数あり、倒木を跨いだり、くぐるの連続で非常に体力を消耗した。垂直に近いロープ、鎖場が幾つかあり神経を使った、谷筋、沢も複数あり未整備のため薄い踏み跡を頼りに渡った。祖母谷温泉に近い1300m付近にあった雪渓は割れており、どう渡ったらいいか非常に難儀した。クマの痕跡がいくつもありクマ糞も新しいものも多く、非常に危険なエリアを歩いていると恐怖を感じながら無事下山できた。苦労して下山した後の祖母谷温泉に入り至福の時間を過ごすと、下山中はもうこんなルート歩くかと!と思いながらヘトヘトになっていた事を忘れ、また歩きたいと思う自分がいた(^^)/
訪問者数:712人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/22
投稿数: 135
2017/7/24 17:36
 山中、雨に遭わず良かったですね
お疲れ様でした。私も今年行けば8年連続でしたが、足のトラブルで断念しました。でも、リポートを拝見して行った気分にさせていただきました、ありがとうございます。

裏旭の雪渓付近で迷われたのでは?と思いました。雪が多いので、花の時期には少し早かったのでしょうか。それでもコマクサがきれいですね。

不帰避難小屋から先、これでもかと言うくらいのいやな道(斜面?)で、もう来たくないと思いますよね。今年は更にクマの恐怖!遭わなくて良かった。
でも、名剣沢に降り、祖母谷温泉に着くとそんなことはすっかり忘れてしまうお風呂と料理で大満足でしたでしょう、来年もまた行って下さいませ。

本当にお疲れ様でした。しばらくはゆっくりお過ごし下さい。
登録日: 2011/9/4
投稿数: 19
2017/7/24 17:58
 Re: 山中、雨に遭わず良かったですね
jj3bhnさん、足のトラブルは良くなってきましたか?
jj3bhnとご一緒戴いたこのルートの醍醐味が忘れられなく今回はテント背負い祖母谷温泉
を目標に歩きました。K谷さんも1日ずれて行く計画でしたが、仕事都合で断念し八方尾
根まで行って日帰りしたそうです。
裏旭の雪渓付近は仰る通り迷いました。雪渓はアイゼン無しで渡りましたが少々危険だったかな?と思います。残雪が残っている影響で花はやや少なかったように思いました。コマクサは
群生してましたよ。クマは初めて見ました。至る所にクマの糞があり見えないが近くにいるんだろうと思うといつ襲われてもおかしくない状況だったと思います。いやな道は藪漕ぎで足元見えず神経がすり減りました。倒木も多く、跨ぐ潜るが続き体力を大変消耗しました。
あと1時間歩けばゴールという地点でヘトヘトになり足が前に出なくなってしまい、30分近く休憩をとる羽目に。このルートもう行くか!歩きながらずっと思っていましたが、でも温泉に入るとなんかまた行きたくなっちゃいますね。
足は筋肉痛でボロボロですが、なんか心地よさが残ってます。帰りの電車の旅も結構楽しんだりして。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ