ヤマレコ

記録ID: 1212147 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

<大雪渓>白馬岳<花の街道>朝日岳<五輪尾根>

日程 2017年07月26日(水) 〜 2017年07月28日(金)
メンバー , その他メンバー1人
天候第1日 曇り
第2日 曇り
第3日 雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路(26日)
白馬八方バスターミナルを6:00のバスで登山口の猿倉へ
帰路(29日)
蓮華温泉ロッジを8:15のバスで平岩駅へ出て、大糸線を白馬駅へ戻る
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間40分
休憩
1時間10分
合計
8時間50分
S猿倉荘06:3006:30猿倉登山口駐車場07:40白馬尻荘08:0012:20小雪渓・プレート12:4014:30白馬岳頂上宿舎15:0015:20白馬山荘
2日目
山行
9時間50分
休憩
1時間20分
合計
11時間10分
白馬山荘04:1004:30白馬岳04:4005:10三国境05:2007:40雪倉岳避難小屋07:5008:40雪倉岳08:5011:50水平道分岐12:1013:20朝日岳13:4015:20朝日小屋
3日目
山行
11時間0分
休憩
1時間20分
合計
12時間20分
朝日小屋04:4005:40朝日岳05:5007:00吹上のコル07:3013:10白高地沢橋13:4016:20アヤメ平16:3017:00蓮華温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
白馬岳から朝日岳にかけては花に見とれて歩き、朝日岳から蓮華温泉までは足を引きずりながら歩いているのでコースタイムは参考にならない。
コース状況/
危険箇所等
猿倉〜白馬山荘
大雪渓では落石とクレパスに注意

白馬山荘〜朝日小屋
幾つか雪渓を横切るが、軽アイゼン(6本歯)を付ければ問題は無い

朝日小屋〜蓮華温泉ロッジ
朝日岳から吹上ノコルに向かい最初の雪渓で滑落してしまい、幸い歩くことができたので相方と共にゆっくりと下山して事なきを得たが、後で思い起こすと大事故につながる所だった。
考えられない滑落で参考にもならないだろうが、反省の意味も込めて詳細を<感想>で残したい。

過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

猿倉荘 6:20
ここで登山届を提出
2017年07月26日 06:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉荘 6:20
ここで登山届を提出
1
綺麗なトイレだ
2017年07月26日 06:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗なトイレだ
キヌガサソウの群落
2017年07月26日 07:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キヌガサソウの群落
5
白馬尻小屋 7:40
2017年07月26日 07:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋 7:40
1
シーズンの土日はこのテラスがテントで埋まる
2017年07月26日 07:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シーズンの土日はこのテラスがテントで埋まる
1
冷気漂う、大雪渓!
2017年07月26日 07:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷気漂う、大雪渓!
1
今年は雪が多く残っているらしい
2017年07月26日 08:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は雪が多く残っているらしい
1
あちらこちらに
クレパスがあるのは初めてだ
2017年07月26日 08:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちらこちらに
クレパスがあるのは初めてだ
4
霧で視界は無いが
涼しくて登るには快適
2017年07月26日 09:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧で視界は無いが
涼しくて登るには快適
3
このロープより上には登らせず、アイゼンを脱ぎ右崖より少し危険な巻道で登る
2017年07月26日 10:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このロープより上には登らせず、アイゼンを脱ぎ右崖より少し危険な巻道で登る
一瞬 霧が晴れる
杓子岳方面
2017年07月26日 10:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬 霧が晴れる
杓子岳方面
3
雪渓を見下ろす
2017年07月26日 10:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を見下ろす
5
小雪渓プレート
2017年07月26日 12:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雪渓プレート
3
皆さんが付けているので
念のため軽アイゼンを付ける
転がれば止まりそうにない👼
2017年07月26日 12:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さんが付けているので
念のため軽アイゼンを付ける
転がれば止まりそうにない👼
1
お花畑
2017年07月26日 13:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑
1
ここから直ぐそこに見えている
頂上宿舎までが長い〜
2017年07月26日 14:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから直ぐそこに見えている
頂上宿舎までが長い〜
3
杓子岳
2017年07月26日 14:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳
4
白馬山荘 15:20
やっと到着 山頂は明日の通り道
何度も来ているので今日は🍻
2017年07月26日 15:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘 15:20
やっと到着 山頂は明日の通り道
何度も来ているので今日は🍻
4
頂上宿舎を見下ろす
背後に丸山
2017年07月26日 16:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上宿舎を見下ろす
背後に丸山
2
翌日
白馬岳 4:30
2017年07月27日 04:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日
白馬岳 4:30
生憎 山頂は霧の中
2017年07月27日 04:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生憎 山頂は霧の中
三国境
2017年07月27日 05:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境
白馬岳方面
2017年07月27日 05:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳方面
ウルップソウ
2017年07月27日 05:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウルップソウ
3
イワカガミ・ハクサンイチゲ
2017年07月27日 05:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ・ハクサンイチゲ
2
チシマギキョウ
2017年07月27日 05:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チシマギキョウ
2
ヨツバシオガマ
2017年07月27日 05:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
2
雪渓が多くある
2017年07月27日 06:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓が多くある
雪倉岳
2017年07月27日 07:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳
2
タカネバラ
2017年07月27日 07:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネバラ
3
タカネナゼヒコ
2017年07月27日 07:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナゼヒコ
2
雪倉岳避難小屋
2017年07月27日 07:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳避難小屋
1
雪倉岳山頂
2017年07月27日 08:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳山頂
1
歩いてきた行程を振り返る
晴れていれば凄いだろうな!
2017年07月27日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた行程を振り返る
晴れていれば凄いだろうな!
5
マツムシソウ
2017年07月27日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マツムシソウ
1
朝日岳が僅かに覗く
2017年07月27日 09:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳が僅かに覗く
2
水平道分岐
例年この時期は開通しているらしいが、今年は雪が多くこの状況だ
2017年07月27日 12:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水平道分岐
例年この時期は開通しているらしいが、今年は雪が多くこの状況だ
ハクサンコザクラ
2017年07月27日 13:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラ
2
仕方なく朝日岳経由で小屋を目指すが、ここの登りが長い〜〜
2017年07月27日 14:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仕方なく朝日岳経由で小屋を目指すが、ここの登りが長い〜〜
朝日岳山頂
やっと着いた
2017年07月27日 14:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂
やっと着いた
2
朝日小屋が見えてきた
2017年07月27日 15:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日小屋が見えてきた
1
日本一の小屋飯
美味しい朝日小屋の夕食
2017年07月27日 16:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本一の小屋飯
美味しい朝日小屋の夕食
8
翌日 5:50
カッパを着て雨の中を
朝日岳に登り返す
2017年07月28日 05:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日 5:50
カッパを着て雨の中を
朝日岳に登り返す
1
吹上のコル
この前の雪渓で事故を起こし
足を引きずりながらの下山となる
2017年07月28日 06:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹上のコル
この前の雪渓で事故を起こし
足を引きずりながらの下山となる
白高地沢を渡る
高い位置に6年前より立派な橋が架かっていた
2017年07月28日 13:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白高地沢を渡る
高い位置に6年前より立派な橋が架かっていた
1
アヤメ平
2017年07月28日 16:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平
蓮華温泉ロッジ
2017年07月29日 07:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉ロッジ
1

感想/記録

 今年3回目の登山は少しハードになるが白馬岳から雪倉岳・朝日岳を経て栂見新道を通り日本海の親不知まで歩くことにした。
同コースは6年前にも計画したが朝日小屋の女主人に栂見新道に入るのを止められたのと、丁度バス道が崩れたために蓮華温泉がガラガラに空いているとの情報があり露天風呂に入りに蓮華温泉に行くことにした経緯がある。
<2011.7.22>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-388993.html

 第1日目の大雪渓登りでは後半かなりへばり、白馬岳山頂は明日の朝にしてスカイプラザで生ビールを飲んで英気を養うことにした。
第2日目も雪倉岳から水平道分岐までがやけに長く、さらに朝日岳の登りではへばり時間がかかった。
 足もパンパンに張ってきているので栂見新道で日暮れ前に山小屋に到着できず相方に迷惑をかける羽目になりそうなので、栂見新道へは相方一人で行ってもらい蓮華温泉に下りることした。

 第3日目は朝から雨で5時前にカッパで山小屋を出る。
朝日岳山頂では先行者が二人出発するところだ、吹上ノコルに向かい最初の雪渓で後に聞いたら巻道が有ったらしいが二人とも霧で判らず先行者も見えず、踏み跡があったのでノーアイゼンで緩やかな下りに入ってしまった。
ダブルストックの私が相方を追い抜き進むが先が見えず、既に傾斜が急になっていてザックを置いてアイゼンを吐くことができず、戻ることも当然できない。
右に左にアイスバーンを避けて歩きやすい方に進みようやく終わりが見えたところが一段と急傾斜に落ち込んでいて、一瞬ここで滑落したら前の沢に上手く滑りこむことができるだろうかと思った瞬間足が滑っていた。
 幸いなことに上手く沢に滑り込んだので、カッパの尻を破いて、右膝を痛打して擦りむいたぐらいで済んだ。
見上げると沢から見るせいか3・4mほどの高さを10mほど滑り落ちたようだ。
相方は緩やかな所でアイゼンを付けて巻道に下山していた。
踏ん張りが利かなくなったので時間はかかったが何とか下山できた。
相方には栂見新道をあきらめてもらい申し訳なかった。

 6年前に同じコースを通っているが雪渓は有ってもノーアイゼンで歩ける小さなものだけだったという先入観と、霧で巻道が判らず雪渓の入口が緩やかで踏み跡があったので迷わず入ったら思ったより大きな雪渓で、霧で先が見えないので終わるだろうと徐々に進むうちにアイゼンを履くタイミングを逃してしまった。
 
 今回の登山は良い教訓になりました、運よく無事に下山できたことを感謝したい。

訪問者数:253人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ