ヤマレコ

記録ID: 1215386 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

塩見岳

日程 2017年08月04日(金) 〜 2017年08月05日(土)
メンバー
天候4日晴れ/曇り 5日晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
往き 毎日アルペン号バス タクシー
復り 自家用車 高速バス 電車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間9分
休憩
1時間41分
合計
9時間50分
S鳥倉林道ゲート(駐車場)04:5105:32鳥倉林道登山口05:3306:37豊口山のコル06:4107:22水場07:2607:52塩川・鳥倉ルート合流点08:0108:21三伏峠小屋08:3808:54三伏山09:45本谷山09:4911:36塩見小屋12:1113:14塩見岳13:1713:20塩見岳東峰13:2813:34塩見岳13:5014:41塩見小屋
2日目
山行
4時間17分
休憩
44分
合計
5時間1分
宿泊地05:3806:53本谷山07:0207:47三伏山07:5708:08三伏峠小屋08:1708:32塩川・鳥倉ルート合流点08:3408:55水場08:5909:24豊口山のコル09:54鳥倉林道登山口10:0410:39鳥倉林道ゲート(駐車場)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ゲート〜鳥倉登山口 アスファルト道偶に車が通る。舗装道が終わり砂利道になると
          登山口、まですぐ。
鳥倉登山口〜三伏峠 最初は急登ですが、コルを過ぎると北斜面のトラバース、途中
          のほとけの水が冷たくて美味しい
三伏峠〜本谷山   三伏山に一旦登り再度標高を下げまた登る、ぬかるみが多く
          ゲーターがあったほうがよかった。
本谷山〜塩見小屋  一旦標高を下げ幼木や立ち枯れの林の中を通りゴーロを過ぎる
          と直登ハイマツ帯に入ると直ぐに塩見小屋
塩見小屋〜山頂   大きな岩場の道雨が降ったら滑りそう。ハシゴやロープは無く
          手の置き場と足の置き場を確認しながら慎重に登る。
全体的に危険箇所はあまりありませんが、濡れていると滑りそうでした。
その他周辺情報鹿塩温泉 塩湯荘 入湯料600円

写真

毎日アルペン号のタクシープランで鳥倉ゲート前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎日アルペン号のタクシープランで鳥倉ゲート前
2
しばらくアスファルトを歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくアスファルトを歩きます。
ようやく登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく登山口
いきなりの急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの急登
1
コルから北斜面のトラバース道日差しが差さないので涼しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルから北斜面のトラバース道日差しが差さないので涼しい
良く山レコでみた桟道下りはこれが滑りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く山レコでみた桟道下りはこれが滑りました。
数少ない水場冷たくて心地いい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数少ない水場冷たくて心地いい
1
中央アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス
私の短い足では210歩でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私の短い足では210歩でした。
三伏峠小屋、アブが多くて何箇所か刺された、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏峠小屋、アブが多くて何箇所か刺された、、
テン泊も気持ち良さそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン泊も気持ち良さそう
ぬかるみ多し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぬかるみ多し
1
三伏山眺望が素晴らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三伏山眺望が素晴らしい
塩見岳全容、、、遠いな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳全容、、、遠いな
1
再度登り返し本谷山、中央アルプス、北アルプスの眺望が素晴らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度登り返し本谷山、中央アルプス、北アルプスの眺望が素晴らしい
また一旦下げます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また一旦下げます。
再度登り返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度登り返します。
ハイマツ帯を抜けると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯を抜けると
お世話になった塩見小屋、この日は混雑はそこそこでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になった塩見小屋、この日は混雑はそこそこでした。
1
翌日は天気が良いみたいですがその日のうちに山頂へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日は天気が良いみたいですがその日のうちに山頂へ
2
ガスがかかったり、晴れたり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがかかったり、晴れたり
1
岩場、ストックが邪魔でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場、ストックが邪魔でした。
山頂もう少し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂もう少し
1
あとちょっと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとちょっと
三角点のある西峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点のある西峰
1
そして、少し高い東峰まではほの少し先
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、少し高い東峰まではほの少し先
一番高そうな岩の上からの山頂標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番高そうな岩の上からの山頂標
これで百名山83座目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで百名山83座目
1
虫が多くて長居ができず西峰へ移動し休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虫が多くて長居ができず西峰へ移動し休憩しました。
1
と言っても西峰も虫が多くて、、撤収します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と言っても西峰も虫が多くて、、撤収します。
雨降ってたら滑りそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨降ってたら滑りそう
慎重に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に下ります。
翌朝は下山だけなのでゆっくりご来光
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は下山だけなのでゆっくりご来光
2
塩見も燃えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見も燃えています。
2
雲海にも朝日があたりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海にも朝日があたりました。
1
塩見と記念撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見と記念撮影
お世話になった塩見小屋、少し狭いですが新しくて綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になった塩見小屋、少し狭いですが新しくて綺麗でした。
ありがとうございました。塩見岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとうございました。塩見岳
槍はどこから見ても分かるね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍はどこから見ても分かるね。
1
お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。

感想/記録
by wataq

何度も計画しては天候や仕事で先延ばししていた塩見岳へ

今回はアルペン号にお世話になりました。
鳥倉ゲートまでのタクシープランだったのでゲートまでは楽々

ゲートに着いたのは4:30頃、登山届を記入し準備を整えてから上り始めます。
最初はアスファルト道を40分ほど登って鳥倉登山口へ
バスで寝れなかったせいか既にヘロヘロ状態、
更に登山口から最初が結構な急登で更にやれまくりでした。

コルの辺りから北斜面のトラバース道になり、少しずつ高度を上げていきます。
北斜面なので日差しは差さず涼しく登れましたが調子は上がらず、
途中の水場で癒されながらも何とか三伏峠小屋に到着します。

朝食を食べて少し休憩し歩き始めます。テント場は整備されていてとてもきれい
少し歩くと三伏山、360度のパノラマで先日登った荒川岳や赤石岳等が一望
でも、先に見える塩見岳が非常に遠い

三伏山から一旦標高を下げ、更に本谷山に標高を上げます。
本谷山からの景色は中央、北アルプスが一望。遠かった塩見岳ももう少しです。
また一旦標高を下げ歩きます。ゴーロまでの道は幼木や立ち枯れの美しい林の中
この頃からようやく調子を取り戻しつつゴーロからの直登に差し掛かります。

直登は最初ほど大変でしたがハイマツ帯にはいると、一気に高山に来た感じで
テンションが上がりあっという間に塩見小屋に到着。
この日はここにお世話になりました。
塩見小屋は小さいながらも整然としていて管理が行き届いている感じでした。

しこしずつガスが上がってきたので重い荷物は小屋にデポし、今日の目的地の
山頂を目指します。山頂までの道は岩場の道、森林限界を超えた辺りからひたすら
岩場、少し慎重に登ります。最後の岩場を登ると山頂までは少し緩やかな道を歩きます。

ちょうど山頂に付いたあたりでガスに巻かれました。塩見岳には三角点のある
西峰と最高点のある東峰があり自分は東峰に向かいます。
残念ながらガスでほとんど景色は有りませんでした。

少し山頂で休もうかと思いましたが、小さな虫が大量にいてとても休めたもんではなく
仕方なしに西峰に引き返し休憩しました。しかし、こちらも虫が多くてそそくさと
塩見小屋に引き返します。

塩見小屋に戻り、ちょうど単独で来られた方々と意気投合しそこからプチ宴会開始
すると、突然の雨が降り始め土砂降り状態にタイミングよく降りて来れてラッキーでした。
夕食を食べたら、睡魔に襲われ6時くらいには就寝、結局起床の4時まで一切目が
覚めずでした。

朝は星空が見える晴天で皆様はご来光登山に向かわれる方々が多くいましたが
前日に山頂に行ったメンバーはゆっくり朝食をとります。

朝食を食べ終わるとちょうどご来光の時間になり、ゆっくりと日が上がるのが見れました。
一通り写真を撮り終え、身支度を整え下山します。

下山は、意気投合した単独の方々を一緒に下山、何度か登り返しがありましたが
無事に下山完了しました。

帰りはバスで伊那大島から帰ろうと思っていましたが、一緒に下山した方に
駒ヶ根まで乗せて頂き、早めの帰宅出来ました。

これで百名山も83座目、南アルプスも聖、光岳を残すのみ
今年中には行けるかな?
訪問者数:362人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ