また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1215659 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士山

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候くもり
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR中央線大月07:19着
富士急行大月07:22発 富士山駅8:05着
富士登山バス富士山駅 8:10発、富士スバルライン五号目9:15着のバス利用。
大月駅の乗り換えは時間が短いです。乗り換え口に近いのは前より車両。suica,pasmoは大月でタッチしないでそのまま改札通過して、富士急行線の下車駅でタッチ。短時間で乗り換えるならsuica,pasmoが無難。
富士山駅での乗り換えも時間がありません。
富士山駅でおりて、改札を通って左に曲がり、北口に出ます。北口に出たら左側にバス停があります。(改札は前よりなので1両目に乗ったほうがいいです。)
バスは混んでいて、富士山駅ですでに座れない人多数。河口湖駅のバス停も長蛇の列。乗れなかった人が沢山いました。臨時便が出たのかなぁ。他人事ながら心配になりました。
帰りは、富士スバルライン五号目18:00のバスにのり、河口湖駅18:45着。
河口湖駅19:13発の電車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間37分
休憩
46分
合計
8時間23分
S富士スバルライン五合目(河口湖口)09:2109:32泉が滝09:48吉田口六合目・富士山安全指導センター10:28吉田口七合目11:27八合目太子館12:36須走口・吉田口登山道 本八合目13:16須走口・吉田口登山道 九合目13:44吉田口頂上14:1414:49富士山14:5615:26吉田口頂上15:3515:58須走口・吉田口登山道 本八合目16:47獅子岩17:15吉田口六合目・富士山安全指導センター17:31泉が滝17:44富士スバルライン五合目G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

富士山駅から乗ったバスは込んでいて富士五合目まで、立ちっぱなしでした。バスから降りてくる大勢の人。
ずっと立っていたので、登山前ですが、すでに疲れてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山駅から乗ったバスは込んでいて富士五合目まで、立ちっぱなしでした。バスから降りてくる大勢の人。
ずっと立っていたので、登山前ですが、すでに疲れてしまいました。
5
協力金1000円を払って、富士スバルライン五合目をスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
協力金1000円を払って、富士スバルライン五合目をスタート
4
六合目。余裕綽々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目。余裕綽々。
2
張り切って登ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
張り切って登ってます。
1
日が照ってきて暑い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が照ってきて暑い
天気が回復しそう。期待が膨らみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が回復しそう。期待が膨らみます。
2
あれガスが濃くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれガスが濃くなってきた。
七合目、花小屋についた頃、雨が降ってきました。慌ててレインウェアを着ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目、花小屋についた頃、雨が降ってきました。慌ててレインウェアを着ます。
1
レインウェアを着たら雨が上がりました。着たり脱いだり、忙しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レインウェアを着たら雨が上がりました。着たり脱いだり、忙しい。
1
七合目からの岩場をグングン登っていきます。
先頭を行くyoshi0123さん。マラソン&トレイルランナーでペース早すぎ。どんどんみんなを引っ張っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目からの岩場をグングン登っていきます。
先頭を行くyoshi0123さん。マラソン&トレイルランナーでペース早すぎ。どんどんみんなを引っ張っていきます。
3
雨で濡れてすべりやすいので、慎重に登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨で濡れてすべりやすいので、慎重に登ります。
1
岩場の急登を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の急登を進む。
1
七合目東洋館の前でくつろぐ面々。
手前は父親が山好きで、連れられて剣ヶ峰に登ったこともある山ボーイ。この日のために足を鍛えてきたとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目東洋館の前でくつろぐ面々。
手前は父親が山好きで、連れられて剣ヶ峰に登ったこともある山ボーイ。この日のために足を鍛えてきたとのこと。
1
雲海に感動しているメンバー達
左端は日頃からランニングやウォーキングで足を鍛えているKさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に感動しているメンバー達
左端は日頃からランニングやウォーキングで足を鍛えているKさん。
1
岩場を楽しそうに登ってます。
先頭はバスケット部のHくん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を楽しそうに登ってます。
先頭はバスケット部のHくん。
1
八合目太子館。標高は3000mを越えました。3000m越えは今年初めて。
この辺からかなり頭がボーっとしてきて、私自身はペースダウン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目太子館。標高は3000mを越えました。3000m越えは今年初めて。
この辺からかなり頭がボーっとしてきて、私自身はペースダウン。
1
オンタデ?
オンタデとイタドリの区別がわからない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンタデ?
オンタデとイタドリの区別がわからない。
2
ザレ場。砂が流れて歩きにくい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場。砂が流れて歩きにくい。
1
本八合目のトモエ館通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本八合目のトモエ館通過
1
九合目の鳥居通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目の鳥居通過
1
山頂が見えます。最後の急登手前で休憩。
登山道混んでるな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えます。最後の急登手前で休憩。
登山道混んでるな。
2
頂上まで、あと僅か。メンバーが鳥居で待ってくれてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上まで、あと僅か。メンバーが鳥居で待ってくれてました。
3
吉田口頂上で記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉田口頂上で記念撮影。
7
剣ヶ峰をバックに記念撮影。これからあそこで行くぞ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰をバックに記念撮影。これからあそこで行くぞ〜
3
剣ヶ峰アタックの前に腹ごしらえ。
剣ヶ峰登頂の前祝いでカンパーイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰アタックの前に腹ごしらえ。
剣ヶ峰登頂の前祝いでカンパーイ
7
あらためて剣ヶ峰を仰ぎ見る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらためて剣ヶ峰を仰ぎ見る。
2
御鉢めぐり開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御鉢めぐり開始。
2
晴れ間が見えて気持ちいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れ間が見えて気持ちいい。
1
迫力ある噴火口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力ある噴火口。
1
剣ヶ峰までまだまだ遠い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰までまだまだ遠い。
1
御殿場口の頂上?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場口の頂上?
1
浅間大社奥宮に参拝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間大社奥宮に参拝
2
いよいよ剣ヶ峰に登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ剣ヶ峰に登ります。
1
あと少し。滑って登りづらい坂。左の柵をたよりに登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少し。滑って登りづらい坂。左の柵をたよりに登っていきます。
1
記念撮影の待ち行列。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影の待ち行列。
山頂の標識らしきものが見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の標識らしきものが見えた。
1
五分ほど待って記念撮影。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五分ほど待って記念撮影。

8
御鉢めぐり続行。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御鉢めぐり続行。
急なアップダウンはありませんが、このくらいの坂でも疲れた体には堪えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急なアップダウンはありませんが、このくらいの坂でも疲れた体には堪えます。
先行メンバーが遠くに。こう見るとまだまだ長い道のり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行メンバーが遠くに。こう見るとまだまだ長い道のり。
残りのメンバーはのんびり御鉢めぐりを楽しみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残りのメンバーはのんびり御鉢めぐりを楽しみます。
Kさんも少しのんびりペース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Kさんも少しのんびりペース
やっと吉田口山頂に到着。一休み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと吉田口山頂に到着。一休み。
1
さあ下山開始だ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ下山開始だ〜。
1
ガスで前が見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで前が見えない。
1
どんどんペースアップして下っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどんペースアップして下っていく。
1
イタドリ?
オンタデとイタドリの区別がわからない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イタドリ?
オンタデとイタドリの区別がわからない。
1
六合目到着。ここまでくればあと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目到着。ここまでくればあと少し。
Kさん、下りで膝を痛めて、かなり辛かった様子。
あと僅かなので頑張って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Kさん、下りで膝を痛めて、かなり辛かった様子。
あと僅かなので頑張って。
登山口まで来ました。18時のバスに間に合いそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで来ました。18時のバスに間に合いそう。
1
富士スバルライン五合目到着です。18時のバスに間に合いました。
みなさん、お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士スバルライン五合目到着です。18時のバスに間に合いました。
みなさん、お疲れ様でした。
5

感想/記録
by Nobu00

日本一高い頂、剣ヶ峰に登ってきました。
メンバーは会社の同僚計5名。yoshi0123さん、Kさん、Hくん、Mくん、健脚メンバーばかり。
私は水3L、缶ビール350ml×5本の負担重量が響いたのと、さらに頭がボーっとして心臓バクバク。高山病なりかけ?八合目過ぎるあたりからペースダウン。最近、水を5L〜6Lを背負って富士山の練習してきましたが、丹沢はやはり低山、空気の薄さは訓練できなかった。
剣ヶ峰でサプライズで乾杯するつもりで持ってきたビールでしたが、重さに耐えられず、吉田口頂上でみんなに配って乾杯。剣ヶ峰踏破の前祝い。うまかった。持ってきた甲斐ありました。そこからの剣ヶ峰は軽くなって足は楽になりましたが、アルコールが回った分、頭と心臓の辛さが増した気が。
体調がそんな感じだったので、御鉢めぐりはのんびりと歩きました。剣ヶ峰の登りは急登でキツカッタですが、それ以外は思っていたほどのアップダウンはなくなだらかなハイキングコースっぽい歩きやすい道でした。
というのは成就岳、伊豆ヶ岳、朝日岳などのピークは通らず巻き道になっているからです。御鉢めぐりで見る噴火口の眺めは迫力がありました。雲で富士山の周りの風景は見えませんでしたが、噴火口の眺めだけでも御鉢めぐりする価値がありました。
下山後、今回の山行の主目的である反省会のため八王子へ移動。
反省会は大いに盛り上がりました。
みなさんお疲れ様でした。
訪問者数:573人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/12
投稿数: 61
2017/8/6 19:40
 すごいペースですね!
Nobu00さん

こんにちは。naotomo-pです。
登り始めの時間が結構な時間だったので泊まりかな?と思いきやまさかの日帰りでしたか。すごいペースですね!
さらに皆さんのお酒を担ぎ上げるとは驚嘆しました。電車バスでも富士山て日帰りできるんですね(笑)

主目的の反省会、、(笑)
私も大人だけで登山の場合、そうなります(笑)
お疲れ様でした。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 410
2017/8/6 20:58
 Re: すごいペースですね!
naotomo-pさん、コメントありがとうござます。
今回は健脚メンバーだったので電車、バスで富士山御鉢めぐりの日帰りが達成できました。
去年もお酒担いで登りましたが、3名分約1Lだったし、ペースが遅くて吉田口頂上まででだったのでさほど辛いという感じではありませんでしたが、今回は5名分で2L弱、しかもハイペースだったので、キツカッタです。 さらに3000mを越えたら頭がフラフラ、本当キツカッタ。
山頂で乾杯しましたが、みんなに350mL飲むのつらい、半分くらいで十分といわれました。 実際、半分残した人もいたので、次回からは135mlか250mlにしようかと思います。
登録日: 2013/12/21
投稿数: 1409
2017/8/6 21:06
 確かに丹沢では
Nobuさん、こんばんは!
 随分珍しい山に行ったな〜と思ったら、会社のお仲間と一緒だったんですね。  いつもとは違った楽しさの登山でしたね。

 富士山の高度の影響はけっこう厳しいですよね。これだけの重荷を背にしたら大変ですよ!
そうそう、確かに丹沢では高度に対する訓練はできないですね
登録日: 2015/6/27
投稿数: 410
2017/8/7 4:15
 Re: 確かに丹沢では
f15eagleさん、コメントありがとうございます。
単独登山が主なので、みんなとワイワイ話しながら登るのが楽しかったです。それと何と言っても下山後の反省会。お酒を飲みながら山の話するのって楽しいですね〜。
楽しかった登山でしたが8合目くらいから急に眠気に襲われ、頭がフラフラしてきました。これって高山病なりかけなのかなぁ?と思いましたが、単に寝不足かも。丹沢では訓練できないので、ゆっくり登るしか対応策はないですね。
登録日: 2013/10/20
投稿数: 223
2017/8/7 18:44
 リベンジ成功っ!
超人Nobu00さん、こんにちはーっ
昨年の借りを返しましたね。
でも強者ぞろいの中、そんなにたくさん背負って登る
なんてホントすごいですね。
おらには絶対無理だわ。
昨年初めて富士山登ったけど、下山時にゲホゲホしながら
(高山病の時差?笑)頭痛と吐き気と格闘しながら下りました。笑
みんなでワイワイ登って反省会も楽しそうでなによりですね。
お疲れ様でした。
PS:次は135mlね。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 410
2017/8/7 19:36
 Re: リベンジ成功っ!
moomin2013さん、コメントありがとうございます。
去年のレコ覚えていてくれたんですね〜〜。嬉しいで〜す。
(^o^)
やっと剣ヶ峰登りました。いや〜負担重量と頭のフラつきが、辛かったです。
なのに、せっかく担いで持って行っビールを半分残すなんて
(T_T)
次回はみんなの分は135mlで、私だけ350飲んでやる!
(^ ^)
山頂では少しでしたが、反省会ではみんなで思いっきり飲んだので大満足。
去年、終電がなくなり雨の中1時間かけて家まで歩いた反省から、今年はちゃんと終電で帰りました。
(^o^)
終電で帰宅するところまで、計画通りの山行でした。
(^^;;
登録日: 2016/3/18
投稿数: 291
2017/8/13 22:28
 ビール担ぎ上げて!素晴らしい
こんばんは、Nobu00さん
富士山登頂おめでとうございます^_^
日帰りだなんてびっくり‼
塔ノ岳での成果が出ましたねー
しかも、みんなのビールをコッソリと担ぎ上げていたなんて、すごい!
やっぱりNobu00さん健脚ですねー
3000超えると頭がボーッとしちゃうんですね、まだ未体験ゾーンです。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 410
2017/8/13 23:21
 Re: ビール担ぎ上げて!素晴らしい
fragranceさん、いつもコメントありがとうございます。
やっと日本一の頂に登りました。
今年の3つ目の目標クリアです。(1つ目は横浜最高峰大丸山踏破。2つ目は蛭ヶ岳南尾根)
塔ノ岳での練習が少しは役立ったかなぁと思います。
今まで3000m峰は3回登ってますが、こんなに頭がボーッとしたことなかったです。
たぶん高度順応が間に合わないペースで登ったんじゃないかなぁ。
今までは高度があがるにつれ登山道が厳しくなってそれなりにペースダウンしていましたが、今回はずっと標準タイムの75%くらいのペースで登っていたので、足も呼吸もキツカッタです。呼吸をゆっくり深くしたりしたんですが、あまり効果なかったです。ヤバイと思ったらペースダウンするしかないですね。  

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ