また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1217066 全員に公開 ハイキング甲信越

浅草岳(新潟遠征3 厳しい暑さと厳しい標準CTにやられる)

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー
 yama-ari(CL)
天候■浅草岳 11:48 28℃ くもり 無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
六十里登山口に自転車をデポして、田子倉只見沢登山口に向かいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間16分
休憩
59分
合計
7時間15分
S田子倉只見沢登山口08:1208:53大久保沢の水場09:0309:39田子倉眺め10:13剣ヶ峰10:1710:17鬼ヶ面眺め10:2511:48浅草岳12:0412:16前岳12:2112:42狢沢カッチ13:38鬼が面山13:4214:05南岳14:1415:07六十里越15:24六十里越登山口15:2715:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
浅草岳は昭文社地図のコースタイム(CT)厳しめです。
標識やリボンは適度にあり、危険箇所というような
ところはありません。

レコにあるように、渡渉の後はリボンを目印に歩いて
ください。迷いやすいです。
また、マイクロ中継局のところは、踏跡が一番ある
ところのリボンが六十里登山口への扉です!
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) レインウェアTHE NORTH FACEマウンテンレインテックス(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-1(1) 常食(2) 携帯食 水2.0L

写真

田子倉只見沢登山口。土曜日なのに、車は5台ほど。遅めの出発です。
2017年08月05日 07:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田子倉只見沢登山口。土曜日なのに、車は5台ほど。遅めの出発です。
登山道をしばらく歩くと、渡渉があります。
2017年08月05日 08:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道をしばらく歩くと、渡渉があります。
沢沿いの道は、リボンに従います。見逃して、少し迷いました(>_<)
2017年08月05日 08:47撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの道は、リボンに従います。見逃して、少し迷いました(>_<)
きもちいいブナ林の登山道になってきました。
2017年08月05日 09:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きもちいいブナ林の登山道になってきました。
中先尾根の稜線に出ると、田子倉湖が見えます。
2017年08月05日 09:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中先尾根の稜線に出ると、田子倉湖が見えます。
鬼ヶ面眺メに到着。
2017年08月05日 10:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面眺メに到着。
鬼ヶ面が迫力あります。この眺望を楽しみにこのルートを選択しました。北アルプスみたいです。
2017年08月05日 10:06撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面が迫力あります。この眺望を楽しみにこのルートを選択しました。北アルプスみたいです。
2
浅草岳の最後の急登。この時点で気温は27℃。なかなかスピードがあがりません。
2017年08月05日 11:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳の最後の急登。この時点で気温は27℃。なかなかスピードがあがりません。
浅草岳山頂。ネズモチ平登山口からの登山者が多数。
2017年08月05日 11:48撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳山頂。ネズモチ平登山口からの登山者が多数。
2
浅草岳山頂からの守門岳。ガスっていますね。
2017年08月05日 11:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳山頂からの守門岳。ガスっていますね。
前岳方面へと進みます。雪田が残ります。
2017年08月05日 12:13撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳方面へと進みます。雪田が残ります。
振り返って、浅草岳。穏やかな山容ですね。
2017年08月05日 12:16撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、浅草岳。穏やかな山容ですね。
前岳の分岐点。ここから鬼ヶ面山方面へと進みます。
2017年08月05日 12:18撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳の分岐点。ここから鬼ヶ面山方面へと進みます。
ガスが立ち込める稜線を歩きます。
2017年08月05日 12:25撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが立ち込める稜線を歩きます。
もちろん東側は絶壁。
2017年08月05日 12:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん東側は絶壁。
北岳への登り返し。このあたりで、プラティパスの2リットルの水を飲み干す。残り0.5リットル(>_<)。
2017年08月05日 12:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳への登り返し。このあたりで、プラティパスの2リットルの水を飲み干す。残り0.5リットル(>_<)。
稜線を歩いていると、守門岳が綺麗に見えました。
2017年08月05日 12:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を歩いていると、守門岳が綺麗に見えました。
鬼ヶ面山(右奥)が見えてきました。
2017年08月05日 13:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面山(右奥)が見えてきました。
鬼ヶ面山山頂。ガスがとれると暑い!
2017年08月05日 13:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面山山頂。ガスがとれると暑い!
振り返って、鬼ヶ面山(左)と浅草岳(右)
2017年08月05日 13:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、鬼ヶ面山(左)と浅草岳(右)
稜線の先(右端)に鉄塔と中継基地がみえます。すこしづつ水を飲みながら、歩を進めます。
2017年08月05日 14:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の先(右端)に鉄塔と中継基地がみえます。すこしづつ水を飲みながら、歩を進めます。
マイクロ中継基地! 向かい合ってますね。
2017年08月05日 14:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイクロ中継基地! 向かい合ってますね。
昭文社地図では、マイクロ中継基地に「迷」マークがありますが確かに、周囲、刈り込み用につけられたピンクリボンだらけでした。でも、踏跡がいちばんはっきりしている東側のところが正解です。
2017年08月05日 14:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭文社地図では、マイクロ中継基地に「迷」マークがありますが確かに、周囲、刈り込み用につけられたピンクリボンだらけでした。でも、踏跡がいちばんはっきりしている東側のところが正解です。
もう水切れとおもっていたら、マイクロ中継基地〜六十里登山口に水場多数! 助かった〜〜〜。浴びるように飲みました。
2017年08月05日 15:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう水切れとおもっていたら、マイクロ中継基地〜六十里登山口に水場多数! 助かった〜〜〜。浴びるように飲みました。
1
六十里登山口からは、折りたたみ自転車で田子倉只見沢登山口までダウンヒル。
2017年08月05日 15:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六十里登山口からは、折りたたみ自転車で田子倉只見沢登山口までダウンヒル。
1
ヘッドライトを後頭部につけて、トンネルの多い車道で後から車にひかれないようにしました。でも、照明のないトンネルでは逆に前が見えない(涙)。新潟県の旅で、一番怖かったです。
2017年08月05日 15:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッドライトを後頭部につけて、トンネルの多い車道で後から車にひかれないようにしました。でも、照明のないトンネルでは逆に前が見えない(涙)。新潟県の旅で、一番怖かったです。
1

感想/記録

■厳しい暑さと厳しい標準CTにやられる
 新潟遠征の最終日の予報は、雨予報だったので、観光でもして帰るかとおもっていましたが、前日夕方になって晴れ予報。せっかくなので、もう一つ新潟の山を攻めることにしました。
 守門岳か浅草岳か迷いましたが、hirokさんのレコで、このコースがおすすめされていたので、新潟遠征の最後に締めくくりに浅草岳を選択しました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1179625.html

 自転車利用なので、標高の低い田子倉只見沢登山口からスタートしましたが、なかなかコースタイムを縮めることができません。得意の下りでも、コースタイムを縮められなかったので、昭文社地図の設定が厳しかったんでしょう。
 それに加えて、26〜29℃の無風状態。この4日間で一番の日差しもあり、登りながら、みるみる水を消費してしまいます。北岳の手前で、恐れていた水切れの黄色信号。残り0.5リットルを少しづつ飲みながらの山行となりました。

 厳しい暑さと厳しい標準CTにやられましたが、鬼ヶ面山の山容、稜線歩きは素晴らしかったです。このコースにしてよかったと思います。皆様には、涼しい時期での実施をお勧めします!
訪問者数:348人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ