また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1221476 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

大谷原〜鹿島槍ヶ岳〜五竜岳〜唐松岳〜八方

日程 2017年08月10日(木) 〜 2017年08月12日(土)
メンバー
 aocanaocan(食事)
, その他メンバー2人
天候8/10 晴れ 8/11 曇りのち雨 8/12 曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー、 ケーブルカー等
往路:
名古屋〜松本:特急しなの1号(7:00発 - 9:08着)
松本〜信濃大町:大糸線 信濃大町行き(9:22発 - 10:20着)
信濃大町〜大谷原:タクシー 片道6000円

復路:
八方尾根〜八方までリフト :片道1550円
八方バスターミナル〜白馬駅 :バス 180円
白馬〜信濃大町〜松本:大糸線で約2時間
松本〜名古屋:特急しなの
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間10分
休憩
0分
合計
5時間10分
S大谷原11:5012:50西俣出会17:00冷池山荘テント場
2日目
山行
11時間28分
休憩
42分
合計
12時間10分
冷池山荘テント場05:2007:10鹿島槍ヶ岳北峰07:3009:35キレット小屋09:4512:45G513:58五竜岳14:0014:45五竜岳山荘14:5517:30唐松岳頂上山荘
3日目
山行
2時間0分
休憩
0分
合計
2時間0分
唐松岳頂上山荘06:0008:00八方池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大谷原:
登山ポスト有り。トイレも有り。

大谷原~冷池山荘 :
赤岩尾根はやや注意。

冷池山荘~鹿島槍ヶ岳南峰:
特に注意箇所なし

鹿島槍ヶ岳南峰~キレット小屋:
注意が必要な箇所が何箇所もある。慎重にこなせばなんとかなる。

キレット小屋~北尾根の頭:
口の沢のコルまでは注意が必要。口の沢のコル以降はなんとかこなせる。

北尾根の頭~五竜岳:
G5、G4まではかなり注意が必要、G4以降も五竜への最後の登りまでは岩場。

五竜岳~五竜岳山荘:
平坦な下り基調。所々岩場、鎖有り。

五竜岳山荘~唐松岳頂上山荘:
大黒岳の手前までは下り基調。大黒岳登ってからは、岩場、鎖有り。

唐松岳頂上山荘~八方 :
普通の下り道。木道有り。
その他周辺情報八方温泉 八方の湯: 9時営業開始とあったが夏期は、早くスタート。)
入湯料=800円(水のパックもくれた)
http://hakuba-happo-onsen.jp/happo/
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル テント テントマット シェラフ

写真

冷池山荘には遅めに到着。
とにかく赤岩尾根の登りがキツかった。
2017年08月10日 18:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘には遅めに到着。
とにかく赤岩尾根の登りがキツかった。
1
二日目夜明け
昨日脚を使いすぎて今日の長時間の行程にいささか不安を覚える
2017年08月11日 05:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目夜明け
昨日脚を使いすぎて今日の長時間の行程にいささか不安を覚える
1
冷池山荘は想像以上に雰囲気も良い場所にあった。テント場が少し上がるのがキツイ。行かなかったが夜トイレ行くのは避けたい。
2017年08月11日 05:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘は想像以上に雰囲気も良い場所にあった。テント場が少し上がるのがキツイ。行かなかったが夜トイレ行くのは避けたい。
1
本日の一つ目のハイライト到着。
天候はスタートしてからずっとガス。展望はない。
2017年08月11日 07:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の一つ目のハイライト到着。
天候はスタートしてからずっとガス。展望はない。
1
雷鳥の親子を今回2度見かけた。
キツイ行程の中のホット息をつぐ場面
2017年08月11日 08:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥の親子を今回2度見かけた。
キツイ行程の中のホット息をつぐ場面
2
鹿島槍ヶ岳を降りてキレット小屋までは下り基調の岩場。三点確保をしっかり行いパスする
キレット小屋からG5はこれまた緊張の連続
2017年08月11日 12:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳を降りてキレット小屋までは下り基調の岩場。三点確保をしっかり行いパスする
キレット小屋からG5はこれまた緊張の連続
1
なんとか本日のハイライト五竜岳登頂。ここから先は楽な尾根道という根拠のない思い込みで皆スタート
2017年08月11日 13:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか本日のハイライト五竜岳登頂。ここから先は楽な尾根道という根拠のない思い込みで皆スタート
1
五竜山荘まで以外と時間を要する
下りきって大黒岳を始めとするピークの数々に意気消沈。ついでに雨も強くなり濡れる岩場を通過するのは更に気を使った。
2017年08月11日 15:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘まで以外と時間を要する
下りきって大黒岳を始めとするピークの数々に意気消沈。ついでに雨も強くなり濡れる岩場を通過するのは更に気を使った。
1
撮影機材:

感想/記録

1日目:
始発に乗り、信濃大町駅へ。
電車を使用しての山行はかなり久しぶり。

西俣出会いまではなんなくこなしていたが、とにかく赤岩尾根の登りが辛かった。
二泊以上のテント泊も初で荷物の量、体力を完璧に計算間違いしていた。

冷池山荘:
テント場は噂通り傾斜地となっており着いた時間も遅く、
比較的傾斜の緩い場所は既に抑えられていた。
幕営料は700円
コーラ(缶):300円
山荘からは5分、10分登った場所にある
水:1L 150円 沢水を利用


2日目:
今回のメインとなる日
前夜は22時頃にかなり強い雨が降ったが朝は晴れていた。
早発の方々が多く3時頃から用意をする音で目が覚めた。
予定どおり4時に起き用意開始。
トイレと給水のため一度山荘まで降りる。

個人的にはこれまでの中で一番岩場を歩いた一日だった。
鹿島槍ヶ岳〜五竜岳の間の八峰キレットも緊張感があったが、
勝手に岩場はもう終わりと思い込んでいた中で出てきた大黒岳〜唐松岳の間の
岩場が集中力も切れかけ、折しも雨が強く降ってきたこともあり
ひやひやした。


唐松岳頂上山荘 :
到着が遅くなりテント場が埋まっており山荘にて素泊まりとなった。
素泊まりは6900円/人、泊
本館が既に一杯で北館となったがこちらは余裕があり一区画で四人が寝ることになった。
自炊場は本館のみで、自炊した食べ物は食堂で食べられた。食堂は夜8時まで。
消灯後も近所の方々がいつまでも話しており迷惑千万であった。
いい歳して何回も注意されているにも関わらず話続けているあたりどうかと思う。


3日目:
本日予定では祖母谷温泉に向かう予定であったが、
前日協議の結果天候も悪くなる予報でもあり、その中長時間歩くのは、
全員モチベーションが湧かないということで、同じ温泉を目指すならということで、
八方尾根から下山することになった。
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ