また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1224644 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂&前穂(敗退)(上高地から涸沢カール経由でピストン)

日程 2017年08月12日(土) 〜 2017年08月14日(月)
メンバー
天候3日間とも概ね晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢渡バスターミナル駐車場(一日600円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間52分
休憩
24分
合計
5時間16分
S上高地バスターミナル05:5708:19横尾 (横尾山荘)08:4311:13涸沢
2日目
山行
6時間55分
休憩
1時間49分
合計
8時間44分
涸沢04:4605:50ザイテングラート06:39穂高岳山荘06:4707:36穂高岳08:0508:14南稜の頭08:2308:38穂高岳08:4409:38穂高岳山荘10:3513:30涸沢
3日目
山行
6時間3分
休憩
29分
合計
6時間32分
涸沢05:2708:25横尾 (横尾山荘)08:3509:40徳澤園09:4910:47明神館10:5711:48河童橋11:59上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道はよく踏まれており明瞭
コース上に残雪なし
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 テント泊装備一式(2泊) ストックx2
備考 涸沢のテント場は相変わらず羽虫が多かったので、顔にすっぽり被るネットが欲しくなった(実際に使っている人を見かけて)

写真

河童橋。
そんなに遅くない時間帯ですが、結構な人で賑わっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋。
そんなに遅くない時間帯ですが、結構な人で賑わっていました。
明神、徳沢を経て順調に横尾に着きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神、徳沢を経て順調に横尾に着きました
涸沢のテント場に到着しました。去年と同じくへろへろですが、今日はもう登らなくていいんです。あれー?雪渓、ちょっと大きくね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢のテント場に到着しました。去年と同じくへろへろですが、今日はもう登らなくていいんです。あれー?雪渓、ちょっと大きくね?
腹に残雪を抱える美しい吊り尾根。何度見ても飽きない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹に残雪を抱える美しい吊り尾根。何度見ても飽きない。
ヒュッテから、テント場全体。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテから、テント場全体。
翌朝。天気は上々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。天気は上々。
前穂高岳。今日はあそこまで行くのか。(行けませんでしたけど)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高岳。今日はあそこまで行くのか。(行けませんでしたけど)
山荘横の梯子場。
上昇者と下降者が交錯する時間帯は渋滞になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘横の梯子場。
上昇者と下降者が交錯する時間帯は渋滞になります。
おー、涸沢のテント場があんなに小さく。
2017年08月13日 08:21撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー、涸沢のテント場があんなに小さく。
奥穂高岳の頂上に着きました。お賽銭を入れてお祈りをしました。何のお祈りかって?そそそ、そりゃもちろん「登山の安全」ですよ。「びびび、美人の彼女が欲しい」なんてこれっぽっちもお祈りしてませんってば。(してません)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳の頂上に着きました。お賽銭を入れてお祈りをしました。何のお祈りかって?そそそ、そりゃもちろん「登山の安全」ですよ。「びびび、美人の彼女が欲しい」なんてこれっぽっちもお祈りしてませんってば。(してません)
1
同頂上から、ジャンダルム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同頂上から、ジャンダルム
同頂上から、槍ヶ岳。
槍ってどっから見ても槍の形なんですね。(だから槍ヶ岳だっつーの)
2017年08月13日 07:39撮影 by SC-03E, SAMSUNG
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同頂上から、槍ヶ岳。
槍ってどっから見ても槍の形なんですね。(だから槍ヶ岳だっつーの)
2
槍ヶ岳の遥か後ろのほうは、後立山連峰でしょうか。白馬岳とか鹿島槍ヶ岳。(どれもまだ登ったことないです)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳の遥か後ろのほうは、後立山連峰でしょうか。白馬岳とか鹿島槍ヶ岳。(どれもまだ登ったことないです)
同頂上から、上高地バスターミナル。
あそこからぐるっと回ってここまで登って来たんだなあ。
次は重太郎新道から登ろうかしら。(楽しみは尽きない)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同頂上から、上高地バスターミナル。
あそこからぐるっと回ってここまで登って来たんだなあ。
次は重太郎新道から登ろうかしら。(楽しみは尽きない)
南稜の頭から、吊り尾根。
膝の痛みのためここで登行を断念。
景色を眺めていたら、登山者の一人が転倒するのを目撃。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南稜の頭から、吊り尾根。
膝の痛みのためここで登行を断念。
景色を眺めていたら、登山者の一人が転倒するのを目撃。
帰り際にもう一度ジャンダルム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り際にもう一度ジャンダルム。
少し違う角度から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し違う角度から。
路傍に咲く花たち
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路傍に咲く花たち
翌朝、脚を引きずりながら河童橋まで戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、脚を引きずりながら河童橋まで戻ってきました

感想/記録

去年涸沢岳に登ったときに、次の目標は「2泊使って奥穂高岳」と決めていたのですが、いろいろ調べているうちに「技量的にも時間的にも、吊り尾根を渡って前穂高岳も狙えそう」と分かったので、目標を前穂高岳に設定し登行。
結果は敗退。

奥穂は登頂したものの、その時点で左脚の膝に嫌な感じの痛みが。無理をすると歩けなくなりそうな感じの痛みだったので、前穂登頂は諦めて南稜の頭まで偵察に行って退却。
膝の予想は見事に的中し、穂高岳山荘へ向かって降りて行くうちにみるみる悪化してきて、山荘前の梯子場では鎖に体重を預けないと降りられないくらいに痛くて左足を踏ん張れないようになってしまった。
これはまずい、と感じたので、奥穂高岳山荘の前で1時間の長休止をとる。

テントを張ってある涸沢には、登りの1.5倍くらいの時間をかけてゆっくり何とか帰着したものの、この時点で膝は、
「壊れました」
のレッドフラッグを振っていた。まあ、一晩寝れば幾分かは回復しているだろう、という希望的観測をしていたものの、内心では
「明日もこの状態だったら、もしかして横尾まで降りられないんじゃないか」
という不安と、最近はおとなしかった持病の腰痛が疼いて、なかなかまんじりとしない夜を過ごす。

翌朝、膝の痛みはほんの少しだけ回復していたので「これなら横尾までは持ちそう」と踏んだのですが、下り始めるとあっという間に膝が悲鳴を上げ始めた。
ただ、膝を曲げさえしなければ体重を載せることができたので、虎の子のダブルストックを駆使して横尾まで下降。この時点で身体の動きは完全に怪我人である。

横尾に着いた時点では、
「ここまで降りればひと安心」
と思っていたのですが、体重を右脚ばかりに掛けるので、今度は右脚が壊れそうな最悪の気配が漂ってきた頃に上高地のバスターミナルに辿り着いた。(ほっ)
最後のほうはただの苦行。「膝が痛い、帰りたい」以外の煩悩は見事に消滅していました。いやホントに。

ともあれ、食料計画(後述)に今回もまた失敗し、おまけに持病の腰痛(最近はおとなしくなっていたのだが)が出てなかなか快眠を得られぬ中、
「わしはこんな痛いこと、もう二度としとうない」
と思っていましたが、今こんなことを書いているところを見ると、また行くんだろうな、きっと。(見る人が見ればただの馬鹿ですね)

・食料計画の失敗(2回目)
前回の涸沢岳のときは、1食分の食料(確かパック飯とレトルトの中華丼、缶詰)を余らせたのですが、今回はアルファ米を2食とラーメンを2食と、補食として持ってきた柿の種やら豆菓子やらを大量に余らせる大失態。
なんでや。どうしてこうなるんや。で、考えてみたんですが、現地では結構動き回っているはずなのに、なぜかあまり腹が空かない。食欲が無いのである。
消費カロリーは結構な値に達しているはずなので、これはきっとメニューの問題だと仮定。次回はメニューを大幅に変えて検証してみようと思いますまる

・ストック(トレッキングポール)
岩場なんかを3点支持で上り下りするときは邪魔だが、それ以外では今回のような脚の不調時なんかには大きく役立つことを認識。転ばぬ先の杖ならぬ、転んでも杖が有れば何とかなる。(転んでませんけど)

・低体温症
今回も同じパターンで軽いのが出た。疲労が大きいと体内の発熱量が下がるのかしら。ていうか、涸沢は雪渓から吹いてくる風が寒いんですけど!(雪なんだから当たり前だ)

涸沢〜奥穂高岳往復で携行した水量:
 アクエリアス500cc、真水1500cc。
 吊り尾根を往復するつもりだったので、これくらいは必要と考える。

・【我が山行の事件簿(その2)】
前回は人の雲子の話でしたが、今回は猿の雲子の話しです。
「また雲子か」と思わずにどうぞお付き合い下さい。
今回は、ザイテングラートから涸沢小屋へ下る登山道(涸沢小屋のちょっと上の茂みになっているところ)のど真ん中に、立派な猿の雲子(なんか緑色だった)がたて続けに3つも鎮座しておりました。
3つとも全て、登山道の、足の置き場としては丁度いい感じの岩の上に鎮座しておりましたので、よそ見をしながら歩いていたら、高い確率で踏んでしまうと思われる大胆かつ巧妙な仕掛け方でした。
「これはき奴らが縄張りを主張しているのか?もしくは、我々への挑戦か?」
と色々と推理は捗るのですが、何にせよき奴らが
「ここに置いたら馬鹿な人間どもが踏むことだろう。けけけ」
とか笑っていると考えると(猿はけけけと笑うのだろうか)なかなかあいつら頭いいな、と思うことを止められないのでありました。

あ、いや、これは事件なのか?事件なら、膝の故障のほうがもっと大事じゃないのか?
あ、その、実は膝のほうなんですけどね、車で帰る途中に、蕎麦屋に寄って蕎麦を食べていたら、店を出る頃にはころっと痛みが無くなっちゃってたんですよ。ほんとに。何なんでしょうね。嘘みたいですが、嘘じゃありません。ほんとです。これを書いている今だってぜんぜん痛くないんですもの。そうか!ルチンか!蕎麦のルチンは膝に良いのか!そうか!
意味が分かりませんね。(私も分かりません)最後までお読み下さいましてありがとうございました。
訪問者数:130人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ