ヤマレコ

記録ID: 1226738 全員に公開 ハイキング道東・知床

羅臼岳

日程 2017年08月12日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候麓は霧、山上は曇り
アクセス
利用交通機関
タクシー
ウトロからタクシーを使いました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間8分
休憩
1時間24分
合計
9時間32分
Sホテル地の涯05:5806:02木下小屋06:0307:28弥三吉水 天場07:40極楽平08:27銀冷水 天場08:3308:52大沢08:5309:27羅臼平09:3209:52岩清水10:20羅臼岳直下の岩場10:2210:33羅臼岳10:5911:11羅臼岳直下の岩場11:1311:36岩清水11:49羅臼平12:2212:51大沢13:08銀冷水 天場13:1013:55極楽平14:03弥三吉水 天場15:23木下小屋15:2915:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険なところはありません
その他周辺情報ウトロのタクシーは早朝で行きは8000円、帰りは5000円でした

写真

休業中のホテル地の涯(登山口)
2017年08月12日 06:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休業中のホテル地の涯(登山口)
熊の目撃多数!
2017年08月12日 06:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊の目撃多数!
1
雪の重みで曲がっています
2017年08月12日 07:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の重みで曲がっています
尾根が見えてきました
2017年08月12日 08:14撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が見えてきました
羅臼平に到着
2017年08月12日 09:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羅臼平に到着
右が国後島の爺爺岳らしいです
2017年08月12日 09:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が国後島の爺爺岳らしいです
1
いよいよ山頂へ
2017年08月12日 10:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂へ
1
岩を登ります
2017年08月12日 10:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を登ります
山頂(知床半島方面)
2017年08月12日 10:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂(知床半島方面)
1
斜里方面
2017年08月12日 10:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜里方面
1
撮影機材:

感想/記録

たぶん20年振りの羅臼岳でした。
この山がきっかけで山を始めたのでしたが、前回は山頂からの景色が望めなかったのでした。

5時半、宿に迎えに来てもらったタクシーで出発しました。曇りではありましたが、降りそうではなく山頂に立てる気はしていました。
20分ほどで今日の登山開始地点のホテル地の涯前に到着しました。
帰りの電話はオホーツク展望台なら電波が通じるからということでした。
現在は休業中(?)のホテル前はほぼ満車状態で、さすがお盆だと思いました。
木下小屋前で届けを出して山に入ります。霧が立ち込め足元が若干悪く滑るような道で下山時の大変さを思いながら進みます。
ドンドン他の登山者に抜かされながら弥三吉水に到着、奥のスペースに沢山の人が休憩していたのでそのまま進みます。
ちょっとづつ休憩を挟みます。白樺の足元が雪の重みで曲がっていたりあらぬ方向に曲がっているのを見ながら進むとだんだん明るくなってきました。
銀冷水では小休止しました。
今回のメンバーは1人が初めて以外は全員10年以上ぶりのメンバーで過去の話をしながら進んでいました。
その中で自分はずっと山頂を見ながら歩いたと思っていたのが今回の登山で訂正されました。見えていたのは隣の頂きで初心者だったとはいえいい加減な話だと思ってしまいました。
大沢に出ると霧は雲海に変わり、上の方は見渡せました。
ここは前回は雪渓で遊んだ記憶がありました。
沢をどんどん上がって振り返るとオホーツク海に見事な雲海を見渡せました。少し行くと羅臼平です。
右に羅臼岳が見えいよいよ山頂に向かいます。ハイマツの中を通り抜けて羅臼からの登山道と合流、岩場にかかります。
少し上がると羅臼側の雲海も見えてきました。
すれ違いを譲りながら登って行くと知床連山が雲の中に浮かんで見えます。
北方領土の国後島にある爺爺岳他の山も雲に浮かんでいました。
山頂に近づくと風が強く吹いていて山頂がガスってない訳でした。
山頂からの眺めは20年(?)前に見られなかったのを帳消しにするかのように見事な眺めを見る事が出来ました。

記念写真を撮り寒くなってきたので下山を開始します。
すれ違う外人さんが半ズボンなのがなんかすごいなぁ、と思わせます。
羅臼平で昼食を取り、下山開始します。
登りと同じくドンドン抜かれながら下山して、オホーツク展望台で電話してくれます。
木下小屋で記念バッチを購入してタクシーの人となりました。

今回バイクツーリングの途中で山に登ったため、公開が遅くなりました。
訪問者数:35人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ハイマツ 雲海 ガス 雪渓 白樺
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ