また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1233463 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳(御小屋尾根)

日程 2017年08月20日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り。上部はガスだが、巻かれているというほどではない。
たまに影ができる位に薄日が差す。気温低め
アクセス
利用交通機関
車・バイク
舟山十字路。10台位可。4台目位。下山時も空き有。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち31%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間39分
休憩
43分
合計
7時間22分
S舟山十字路05:0706:10美濃戸口・舟山十字路分岐06:1806:35御小屋山07:28不動清水08:59西ノ肩09:03西の肩(岩場)09:07阿弥陀岳09:3509:38西の肩(岩場)09:42西ノ肩09:4410:29不動清水11:16御小屋山11:30美濃戸口・舟山十字路分岐11:3512:29舟山十字路G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
舟山十字路 0445?-0507
休憩 0611-21
御小屋山 0635
高度計2220m 0710-21
不動清水入口 0728
高度計2500mガレ場上0802-16
阿弥陀岳 0907-35
不動清水入口 1029
高度計2260m(往路2220m)1036-50
御小屋山 1115
高度計2030m 1131-43
舟山十字路 1229-47
コース状況/
危険箇所等
概ね問題ないが、下山時に尾根から舟山十字路へ左折するポイントが分かりにくいかも。GPSログは、0507〜0557、1138〜1209が欠けています。前者は欠けたまま、後者はファイルを操作していい加減に補っています
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地形図 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 タオル カメラ

写真

30分ほどは廃林道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分ほどは廃林道
廃林道から歩道へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃林道から歩道へ
奥秩父のようにふかふかして歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父のようにふかふかして歩きやすい
御小屋山の三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋山の三角点
御小屋山の山頂標識(正確には山頂でない)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御小屋山の山頂標識(正確には山頂でない)
北岳・甲斐駒・仙丈
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳・甲斐駒・仙丈
西岳はかろうじて雲の下、編笠山は頂が雲に隠れている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳はかろうじて雲の下、編笠山は頂が雲に隠れている
不動清水には寄らず。状況不明
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動清水には寄らず。状況不明
仙丈と中アと思うが同定できず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈と中アと思うが同定できず
大分怪しくなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分怪しくなってきた
編笠山頂姿を現す。奥は北岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山頂姿を現す。奥は北岳
編笠は辛うじて見えるが権現はダメ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠は辛うじて見えるが権現はダメ
上部はミヤマコゴメグサが最も多かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部はミヤマコゴメグサが最も多かった
自分自身が半分ガスに包まれる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分自身が半分ガスに包まれる
全く視界ゼロというほどでもない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全く視界ゼロというほどでもない
ちょっと期待させたりする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと期待させたりする
中央稜を合わせるあたり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜を合わせるあたり
ミヤマダイコンソウはさすがにほぼ終わり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウはさすがにほぼ終わり
傾斜が緩んで岩稜帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が緩んで岩稜帯
山頂はイブキジャコウソウが一番多かったか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はイブキジャコウソウが一番多かったか?
イチヤクソウ。山頂直下に数株まとまっていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチヤクソウ。山頂直下に数株まとまっていた
山頂側からだとこんなに立っているんだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂側からだとこんなに立っているんだ
ミヤマアキノキリンソウ。上から下まで散在。
夏も終わりかけで少し悲しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ。上から下まで散在。
夏も終わりかけで少し悲しい
10時ちょうど頃、一瞬視界が晴れる。山頂はどうだったか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時ちょうど頃、一瞬視界が晴れる。山頂はどうだったか?
ハクサンシャジン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン
タカネオミナエシ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネオミナエシ
キバナノヤマオダマキ。数は少ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナノヤマオダマキ。数は少ない
なんとかオトギリ。上から下まで散在。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとかオトギリ。上から下まで散在。
モミジカラマツ。その他、トモエシオガマがあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ。その他、トモエシオガマがあった。
ギンリョウソウの液果
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウの液果
最後の休憩地。ここで山旅ロガーを一時停止して入れ忘れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の休憩地。ここで山旅ロガーを一時停止して入れ忘れる。
左折の標識は頼りないものだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左折の標識は頼りないものだった
地形図で車道記号が四つ角になっているところ。
尾根を直進するのは廃道の模様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図で車道記号が四つ角になっているところ。
尾根を直進するのは廃道の模様

感想/記録

4,5,6月は、富士山西側の山梨県境、東海近畿、新潟東北をそれぞれ中心として、概ね
満足のいく山行ができた。7月前半は北海道へ帰省してペテカリ、梅雨明け後に
懸案の白峰南嶺核心部や、北アで登り残していた幾つかに行く腹づもりだった。
ところが7月以降は全く暗転。猛暑によりペテカリはあえなく敗退。その後の天候不順により、
実質二ヶ月近くも間隔が開き、行きたい山に行く前に、まずどこかで修業しなければ
ならない状況となった
修行山行と言ってもこの不安定な状況では容易でない。昼過ぎには少なくとも樹林帯に
下りていること、北東気流の影響を受けにくいこと、状況により取りやめても良いよう、
遠すぎないこと。そんな条件を満たす中で行っていないルートを選んだ。
太平洋日本海横断の稜線限定への補正ルートでもある。

天候不順の為もあってしばらく夜更かしの生活パターンになっていたため、
特に小淵沢で高速を下りてからがとても眠く、10年ぶり近いこともあって、
道も間違って別荘地に入ったりしながらやっと舟山十字路へ。3、4台の駐車あり。
日の出とほぼ同時刻に出発。最初は林道、3分で左折してしばらく廃林道、
30分ほどして歩道になる。メジャールートと違って表土が流れていないので
奥秩父のようにふかふかして歩きやすい。
スマホはGPSが例によって測位をしてくれないので、再起動を繰り返しながら行く。
1ピッチ目で測位できた。御小屋山は分岐→三角点→山頂標識の順にある
少し行くと北岳・甲斐駒・仙丈が並んできれいに見えた。いつまで持つか知らないが、
今現在は向こうは好天のようだ。間もなく見えた西岳はかろうじて雲の下、
編笠は山頂が雲に隠れている。展望は期待できないが吹き降りとまでは行かない
だろう。修行だから仕方ない。
進むに従って、頭上のガスも近づいてきたし、南ア方面も何だか怪しくなってきた。
不動清水の手前で休憩してからは登りの本番で高度を稼いでいく。
森林限界を超えるとハイマツやミヤマハンノキの点在する急斜面で、花は
ミヤマコゴメグサが一番多い。
中央稜を合わせると傾斜が緩んだ岩稜帯でクサリや梯子が若干ある。
2人ほどと初めてすれ違う。
間もなく山頂。数組の登山者が居た。頭上は青空がわずかに見えるような
気もするが、周囲はほぼガスに覆われている。午後の早い時間までに
雷雨になるようなことはないだろうから、赤岳まで行っても多分問題ないだろうが、
行ってもしょうがない。30分ほど居てみたが好転する兆しもないので下山する。
何だか下りにくいというか、踵が痛い。靴が大きいような気もするのだが。
ペテカリの帰途、思いっきり靴を水没させた(あまりに暑かったので
半分故意だったが)が、それで形が変わるなど聞いたことがないし、経験もない。
御小屋山から下っていって、舟山十字路に行くには左折するのであるが、
高度2000mあたりは踏跡が錯綜していて不安になる。そんな肝心な時に限って
GPSの測位が停止していて、使えないヤツだ等と毒づいたが、
前回休憩時(機内モードoffとの干渉を避ける為)に、最近追加された「30分停止」
機能を使ったのを忘れていただけだった。
幸い、左折の標識は見つけたが、まことに頼りないものだった。
一時期、空が暗くなったが、特にどうということもなく昼過ぎに下山。
靴を脱いだ時に思わず一人で爆笑。中敷きがない!。朝は薄暗かったので
気づかなかったのだが、道理で靴のサイズが大きく感じたわけだ。
辛うじてお盆の帰省ラッシュを回避できるかと思って、温泉も入らず
家へ直行したが、結局、大月上野原間で事故渋滞にはまった。
訪問者数:217人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ