また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1233537 全員に公開 ハイキング白山

白山「平瀬道〜お花松原」と「展望歩道のルートロスの原因探し」

日程 2017年08月19日(土) 〜 2017年08月20日(日)
メンバー
天候19日曇り後雨
20日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口の駐車場とその先50メートル位にロッジ(トイレと露天風呂も)に隣接した駐車場がある。
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間25分
休憩
1時間55分
合計
9時間20分
S大白川登山口06:3009:40大倉山避難小屋10:0011:15カンクラ雪渓11:2512:45室堂山荘14:0014:40アルプス展望台上部(7月にルートロスした地点)14:5015:50室堂山荘
2日目
山行
8時間30分
休憩
3時間5分
合計
11時間35分
室堂山荘03:4504:35御前峰05:4006:10翠ヶ池06:20大汝峰中宮道分岐06:4007:30雪渓下07:50お花松原08:2010:10大汝峰中宮道分岐10:25千蛇ヶ池(お池めぐりコース)11:10室堂山荘12:0013:20大倉山避難小屋13:4015:20大白川登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口に立派な建物がある。その中に登山届のポストあり。
平瀬道のコースは整備されており、とても歩きやすい。
大汝峰(分岐)からお花松原へは(中宮道)一気に下り、雪渓下の道標まで来るともう少し。
その他周辺情報白水湖畔ロッジは休業。露天風呂は300円。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 半袖シャツ コンプレッションインナー タイツ キャップ マイカップ ポンチョ(ツエルト) レインウエア 折りたたみ傘 ショートゲーター ウインドブレーカー オーバーズボン 山小屋セット(緩めのシャツとタイツ 薄手の靴下 歯ブラシ) ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 単独のため、保険として余分なものを持ってしまい、装備が重くなる。

写真

登山口の奥にある駐車場とトイレの建物
2017年08月19日 06:36撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の奥にある駐車場とトイレの建物
コース唯一の鎖場です。5歩で通過します。
2017年08月19日 08:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース唯一の鎖場です。5歩で通過します。
何も見えません。
2017年08月19日 11:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何も見えません。
崩落地です。
下山時にこの斜面の中腹にカモシカを発見しました。カメラの電池切れのため、撮影できず。
2017年08月19日 11:33撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地です。
下山時にこの斜面の中腹にカモシカを発見しました。カメラの電池切れのため、撮影できず。
「松虫草」今回覚えた花です。
2017年08月19日 11:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「松虫草」今回覚えた花です。
1
本降りになってきました。室堂山荘へまっしぐら。
このコースは、道が歩きやすいのでポンチョで歩けます。
2017年08月19日 12:26撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本降りになってきました。室堂山荘へまっしぐら。
このコースは、道が歩きやすいのでポンチョで歩けます。
2
小降り(降ったり止んだり)になってきたので、7月に残雪でのルートロスの原因を確認に行きます。
ウインドブレーカーとオーバーズボンのスタイルで、片手にストック片手にコウモリ傘の出で立ちです。
2017年08月19日 14:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小降り(降ったり止んだり)になってきたので、7月に残雪でのルートロスの原因を確認に行きます。
ウインドブレーカーとオーバーズボンのスタイルで、片手にストック片手にコウモリ傘の出で立ちです。
写真中央の岩から残雪の出口を探した鮮明な記憶がよみがえってきます。
2017年08月19日 14:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真中央の岩から残雪の出口を探した鮮明な記憶がよみがえってきます。
前の写真の岩から左上方の這松の中に登山道がありました。張り出した大岩の手前に夏道あり。
2017年08月19日 14:50撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の写真の岩から左上方の這松の中に登山道がありました。張り出した大岩の手前に夏道あり。
7月15日の残雪の映像。
この稜線に登山道があったんです。
2017年07月15日 10:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7月15日の残雪の映像。
この稜線に登山道があったんです。
今から夕食です。空は快晴。今までの雨が嘘のようで、明日のご来光が楽しみです。
2017年08月19日 17:09撮影 by PC-TE508BAW, NEC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今から夕食です。空は快晴。今までの雨が嘘のようで、明日のご来光が楽しみです。
1
ご来光です。雲海に浮かんだ北アルプスの山並み。
白馬岳から御嶽山まで大パノラマです。
2017年08月20日 05:16撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光です。雲海に浮かんだ北アルプスの山並み。
白馬岳から御嶽山まで大パノラマです。
1
あれがヒルバオ雪渓?
あそこまで下るのか!
ということは、帰りの登り返しが・・・
写真にうまく表現できていませんが一気に下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれがヒルバオ雪渓?
あそこまで下るのか!
ということは、帰りの登り返しが・・・
写真にうまく表現できていませんが一気に下ります。
2
雪渓が少し残っています。先行者さんが軽快に下っていきます。
この雪渓の先に唯一の道標があり、ここから間もなくお花松原です。
2017年08月20日 07:30撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓が少し残っています。先行者さんが軽快に下っていきます。
この雪渓の先に唯一の道標があり、ここから間もなくお花松原です。
ついたぁ〜
お花松原ァ〜
2017年08月20日 07:53撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついたぁ〜
お花松原ァ〜
ウワァ〜!!!!
2017年08月20日 07:57撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウワァ〜!!!!
2
花に囲まれ雲海に浮かぶ御岳山を見ながら2回目の朝御飯してます。
2017年08月20日 08:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花に囲まれ雲海に浮かぶ御岳山を見ながら2回目の朝御飯してます。
1
スゴーイー
2017年08月20日 08:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スゴーイー
2
カワイィィィィ〜
2017年08月20日 08:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カワイィィィィ〜
4
これでもか〜
2017年08月20日 08:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでもか〜
雪渓下(尻)にある道標です。
カメラの電池切れ・・・
2017年08月20日 08:43撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓下(尻)にある道標です。
カメラの電池切れ・・・
白水湖が初めて顔を見せてくれました。
急いでタブレットを取り出してパチッ。
2017年08月20日 13:51撮影 by PC-TE508BAW, NEC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白水湖が初めて顔を見せてくれました。
急いでタブレットを取り出してパチッ。

感想/記録

お花松原へは、下り1時間登り2時間を要しましたが、行って大満足でした。
7月15日に展望歩道を登った際2350m地点付近にあった残雪の出口が分からず、尾根にあるはずの夏道を目指して這松の中を泳ぐ様にして抜けた。
ロスした地点を探しながら下って行ったところ、上から登山道が確認でき、左へ振り気味に直登すべきところ、右へトラバスしてしまった。
残雪の踏み跡は疑ってかかるべき。
訪問者数:173人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ