また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1239141 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

火打山&妙高山縦走1泊2日

日程 2017年08月26日(土) 〜 2017年08月27日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

【1日目】
10:50 笹ヶ峰
11:20 黒沢出合
12:18 富士見平
12:54 高谷池ヒュッテ
休憩
13:10 高谷池ヒュッテ出発
14:06 火打山山頂
休憩
14:25 火打山山頂出発
15:00 高谷池ヒュッテ着
15:05 高谷池ヒュッテ発
15:45 黒沢池ヒュッテ着

標準コースタイム⇒6時間20分
今回コースタイム⇒4時間15分

【2日目】
04:25 黒沢池ヒュッテ出発
05:00 ルート間違いに気付き、来た道を引き返す
05:45 黒沢池ヒュッテ着

休憩
06:05 黒沢池ヒュッテ出発
06:19 大倉乗越
06:49 長助池分岐
07:46 妙高山山頂着
休憩
08:55 妙高山山頂発
09:08 鎖場
09:25 風穴
09:37 天狗堂
10:07 湯堂分岐
10:30 赤倉温泉源湯小屋
10:41 燕温泉登山口

標準コースタイム⇒5時間20分
今回コースタイム⇒3時間27分
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

【6:22〜】
上野から北陸新幹線で長野駅へ。そこから乗り換えて妙高駅へ。

【08:56〜】
妙高駅には着いたものの、バスの時間は9:35。駅の周りがコンビニ1つないので、接続が悪いのは辛い。
2017年08月26日 09:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【6:22〜】
上野から北陸新幹線で長野駅へ。そこから乗り換えて妙高駅へ。

【08:56〜】
妙高駅には着いたものの、バスの時間は9:35。駅の周りがコンビニ1つないので、接続が悪いのは辛い。
【10:30〜】
火打山の登山口である笹ヶ峰にバスが到着。
2017年08月26日 10:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【10:30〜】
火打山の登山口である笹ヶ峰にバスが到着。
明星荘という笹ヶ峰にある山菜そば屋で山菜そば850円を食べて腹ごしらえ。
2017年08月26日 10:38撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明星荘という笹ヶ峰にある山菜そば屋で山菜そば850円を食べて腹ごしらえ。
1
笹ヶ峰にあった地図。ここから火打山、妙高山を一気に制覇します。
2017年08月26日 10:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ヶ峰にあった地図。ここから火打山、妙高山を一気に制覇します。
【10:50〜】
いよいよ5年ぶりの日本での登山スタート。
2017年08月26日 10:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【10:50〜】
いよいよ5年ぶりの日本での登山スタート。
1
前日までずっと雨だったらしく、道のぬかるみがすごい。とはいえ、日本の登山道の整備されているっぷりに感動。
これならほぼ無縁か。
とりあえずコースタイム通り行くと休憩なしでも17:10になってしまうので、結構急いで登る必要あり。
2017年08月26日 11:18撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日までずっと雨だったらしく、道のぬかるみがすごい。とはいえ、日本の登山道の整備されているっぷりに感動。
これならほぼ無縁か。
とりあえずコースタイム通り行くと休憩なしでも17:10になってしまうので、結構急いで登る必要あり。
【11:20〜】
黒沢出合に到着。コースタイムを20分で巻けた。この調子でガンガン巻いていこう。
2017年08月26日 11:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【11:20〜】
黒沢出合に到着。コースタイムを20分で巻けた。この調子でガンガン巻いていこう。
しかしここからは「十二曲り」という急登地帯に入る。ここで速めのペースというのはなかなかしんどい。
2017年08月26日 11:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしここからは「十二曲り」という急登地帯に入る。ここで速めのペースというのはなかなかしんどい。
【12:18〜】
富士見平に到着。32分巻き。
2017年08月26日 12:18撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【12:18〜】
富士見平に到着。32分巻き。
樹林帯の上りだったこれまでとは異なり、開けた箇所も増えてくる。その割に、地面のぬかるみは収まらない。
2017年08月26日 12:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の上りだったこれまでとは異なり、開けた箇所も増えてくる。その割に、地面のぬかるみは収まらない。
遂に見えました、今日の目標・火打山。もう午後になっているのに、まだまだ遠く今日中に辿り着けるのか不安でしかない。
2017年08月26日 12:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遂に見えました、今日の目標・火打山。もう午後になっているのに、まだまだ遠く今日中に辿り着けるのか不安でしかない。
【12:54〜】
1つ目のヒュッテ、高谷池ヒュッテに到着。山小屋に着いた時の安堵感は相変わらず。ここまでほぼノンストップで3時間5分かかる行程を2時間4分というタイム。久々にしてはまぁまぁか。
2017年08月26日 12:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【12:54〜】
1つ目のヒュッテ、高谷池ヒュッテに到着。山小屋に着いた時の安堵感は相変わらず。ここまでほぼノンストップで3時間5分かかる行程を2時間4分というタイム。久々にしてはまぁまぁか。
1
持ってきた草餅を食って、トイレ休憩。
2017年08月26日 13:05撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
持ってきた草餅を食って、トイレ休憩。
【13:10〜】
ザックを高谷池ヒュッテに置いて手ぶらで出発。ヒュッテからみた火打山。とてもデポで往復できる距離には感じない。。。
2017年08月26日 13:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【13:10〜】
ザックを高谷池ヒュッテに置いて手ぶらで出発。ヒュッテからみた火打山。とてもデポで往復できる距離には感じない。。。
ヒュッテを出てしばらくは高谷池、天狗の庭と呼ばれるエリアで、開けた平原に大小の池、花が咲き乱れるゾーン。
2017年08月26日 13:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテを出てしばらくは高谷池、天狗の庭と呼ばれるエリアで、開けた平原に大小の池、花が咲き乱れるゾーン。
1
この辺、絵になりますね。山深くなければ多くの観光客で賑わうだろうねぇ。
2017年08月26日 14:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺、絵になりますね。山深くなければ多くの観光客で賑わうだろうねぇ。
1
尾瀬のような整備された木の橋の平坦な道が続く。
2017年08月26日 13:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬のような整備された木の橋の平坦な道が続く。
ようやく本格的な登り開始。後ろには明日の目標・妙高山が見えました。高谷池とヒュッテも小さく見えます。
2017年08月26日 13:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく本格的な登り開始。後ろには明日の目標・妙高山が見えました。高谷池とヒュッテも小さく見えます。
【13:42〜】
雷鳥広場。今回はライチョウには会えず。
2017年08月26日 13:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【13:42〜】
雷鳥広場。今回はライチョウには会えず。
ここを過ぎるとさらに傾斜はキツくなる本格的な登り。
2017年08月26日 13:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを過ぎるとさらに傾斜はキツくなる本格的な登り。
【14:06〜】
標高2462m、火打山山頂に到着。
2017年08月26日 14:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【14:06〜】
標高2462m、火打山山頂に到着。
1
天気はやや曇りがちながらも北アルプス方面は見える。想像していたよりも遠く、迫力には欠ける。
その景色を眺めながら、しばらくのんびり過ごす。手ぶらで来ておいてなんだが、みかんの缶詰食べたい。
2017年08月26日 14:07撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気はやや曇りがちながらも北アルプス方面は見える。想像していたよりも遠く、迫力には欠ける。
その景色を眺めながら、しばらくのんびり過ごす。手ぶらで来ておいてなんだが、みかんの缶詰食べたい。
火打山から見たの妙高山。遠い。。。
20分ほど景色を堪能した後、もう遅いので下山開始。
2017年08月26日 14:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打山から見たの妙高山。遠い。。。
20分ほど景色を堪能した後、もう遅いので下山開始。
【15:00〜】
高谷池ヒュッテに再到着。ザックと再会したので、水分とカロリー補給。
2017年08月26日 15:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【15:00〜】
高谷池ヒュッテに再到着。ザックと再会したので、水分とカロリー補給。
【15:05〜】
小休憩後、最後の行程、黒沢池ヒュッテに向けて出発。ヒュッテからちょっと北に行った、この分岐から黒沢池に向かいます。
2017年08月26日 15:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【15:05〜】
小休憩後、最後の行程、黒沢池ヒュッテに向けて出発。ヒュッテからちょっと北に行った、この分岐から黒沢池に向かいます。
【15:29〜】
茶臼山到着。看板がなければ全く分からない、視界ゼロ、ただの道でしかないピーク。
しかしまぁこの道が今日の行程の中で1番ぬかるみがひどい。足の踏み場もなかったり、スリップ跡も多数あったりと慎重に歩を進める。
2017年08月26日 15:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【15:29〜】
茶臼山到着。看板がなければ全く分からない、視界ゼロ、ただの道でしかないピーク。
しかしまぁこの道が今日の行程の中で1番ぬかるみがひどい。足の踏み場もなかったり、スリップ跡も多数あったりと慎重に歩を進める。
茶臼山からは黒沢池に向かって下っていく。
2017年08月26日 15:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山からは黒沢池に向かって下っていく。
【15:45〜】
黒沢池ヒュッテ着。お疲れ様でした。
2017年08月26日 15:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【15:45〜】
黒沢池ヒュッテ着。お疲れ様でした。
1
18番に割り当てられるも、足伸ばすスペースはなし。まぁ1畳の3/4確保できているだけまし。
2017年08月26日 17:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18番に割り当てられるも、足伸ばすスペースはなし。まぁ1畳の3/4確保できているだけまし。
1
【04:25〜】
03:30に起きて星空を満喫。やや明るくなりかけ&標高2000Mぐらいなので、いつも近さと明るさはなかった。
その後、早めに帰ろうと思い暗い中ヘッドライトを頼りに妙高山へ向けて歩き出す。04:30、空が明るくなってきました。
2017年08月27日 04:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【04:25〜】
03:30に起きて星空を満喫。やや明るくなりかけ&標高2000Mぐらいなので、いつも近さと明るさはなかった。
その後、早めに帰ろうと思い暗い中ヘッドライトを頼りに妙高山へ向けて歩き出す。04:30、空が明るくなってきました。
【05:00〜 】
30分ほど進んだところで視界が見えてくると、このルートが富士見平に向かっていることに気付く。大失敗。気付くの遅すぎ。と思ったらその10分後ぐらいに全く同じ間違いをした方がいて引き返していきました。
せっかく沢があったので、ここで防寒スタイルから日中行動のタイツスタイルにチェンジ。
2017年08月27日 05:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【05:00〜 】
30分ほど進んだところで視界が見えてくると、このルートが富士見平に向かっていることに気付く。大失敗。気付くの遅すぎ。と思ったらその10分後ぐらいに全く同じ間違いをした方がいて引き返していきました。
せっかく沢があったので、ここで防寒スタイルから日中行動のタイツスタイルにチェンジ。
【05:45〜】
黒沢池ヒュッテに再び着。(泣)
この1時間20分はなんだったのか。。。
2017年08月27日 05:47撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【05:45〜】
黒沢池ヒュッテに再び着。(泣)
この1時間20分はなんだったのか。。。
ヒュッテ前の問題の分岐サイン。
ヒュッテ前からのこの方面のルートは2本しかなく、右が大倉乗越、左が三峰と判断しての右に行ったわけだが、よくよく右下を見ると笹ヶ峰という看板が。
ちなみにここから少し上がったところに本当の三峰の分岐があった。あと○Mで分岐とか書いてほしい。紛らわしい。
2017年08月27日 05:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ前の問題の分岐サイン。
ヒュッテ前からのこの方面のルートは2本しかなく、右が大倉乗越、左が三峰と判断しての右に行ったわけだが、よくよく右下を見ると笹ヶ峰という看板が。
ちなみにここから少し上がったところに本当の三峰の分岐があった。あと○Mで分岐とか書いてほしい。紛らわしい。
【06:19〜】
気を取り直して、ヒュッテを6:05に出発してからの大倉乗越。
6時にヒュッテを出発したパーティが多いらしく、ここまでは抜きまくりでした。
2017年08月27日 06:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【06:19〜】
気を取り直して、ヒュッテを6:05に出発してからの大倉乗越。
6時にヒュッテを出発したパーティが多いらしく、ここまでは抜きまくりでした。
大倉乗越から見る妙高山。さすがは2時間のルート。まだまだ遠い道のりです。
2017年08月27日 06:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉乗越から見る妙高山。さすがは2時間のルート。まだまだ遠い道のりです。
【06:49〜】
大倉乗越から30分ほど下り、長助池分岐に。
こっからは朝食抜き状態には辛い上りが待ち構える。
2017年08月27日 06:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【06:49〜】
大倉乗越から30分ほど下り、長助池分岐に。
こっからは朝食抜き状態には辛い上りが待ち構える。
風が吹き抜けて日も当たらず涼しいんだが、辛い。
2017年08月27日 06:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が吹き抜けて日も当たらず涼しいんだが、辛い。
【07:46〜】
妙高山北峰に到着。辛かった。
2017年08月27日 07:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【07:46〜】
妙高山北峰に到着。辛かった。
1
【07:57〜】
続いて妙高山南峰へ。こっちの方が岩ごつごつで高度感のある山頂。
2017年08月27日 07:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【07:57〜】
続いて妙高山南峰へ。こっちの方が岩ごつごつで高度感のある山頂。
1
朝一の透き通った空気で見る北アルプス。昨日よりクッキリしてますね。ただ遠い。。。来年は北アルプスに行こう。
2017年08月27日 08:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝一の透き通った空気で見る北アルプス。昨日よりクッキリしてますね。ただ遠い。。。来年は北アルプスに行こう。
槍も見えますね。
2017年08月27日 08:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍も見えますね。
妙高山山頂サインと北アルプス。
2017年08月27日 08:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山山頂サインと北アルプス。
新潟方面はこれでもかという雲海。
こんな景色を見ながら朝飯を食い、写真を撮って、のんびり景色を堪能した1時間。帰りたくないー。けど8:55山頂を後に。
2017年08月27日 08:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟方面はこれでもかという雲海。
こんな景色を見ながら朝飯を食い、写真を撮って、のんびり景色を堪能した1時間。帰りたくないー。けど8:55山頂を後に。
【09:08〜】
登りはそうではないものの、下りは結構怖かった鎖場。
2017年08月27日 09:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【09:08〜】
登りはそうではないものの、下りは結構怖かった鎖場。
【09:25〜】
風穴。一人おじさんが穴の風を感じていたのでスルー。
2017年08月27日 09:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【09:25〜】
風穴。一人おじさんが穴の風を感じていたのでスルー。
【09:37〜】
天狗堂。ここで最短ルートである赤倉に下るか、+40分歩いて燕温泉に行くか5分悩む。びちゃびちゃでロープウェイ乗るのヤダ+秘湯と呼ばれる温泉が気になるっつーことで燕温泉ルートへ。
2017年08月27日 09:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【09:37〜】
天狗堂。ここで最短ルートである赤倉に下るか、+40分歩いて燕温泉に行くか5分悩む。びちゃびちゃでロープウェイ乗るのヤダ+秘湯と呼ばれる温泉が気になるっつーことで燕温泉ルートへ。
暫く歩くと沢の音が大きくなり、沢に出る。水場だー!と喜ぶも束の間、沢の水は硫黄を多く含んでいて飲めなかった。
2017年08月27日 10:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く歩くと沢の音が大きくなり、沢に出る。水場だー!と喜ぶも束の間、沢の水は硫黄を多く含んでいて飲めなかった。
【10:07〜】
湯堂分岐。
2017年08月27日 10:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【10:07〜】
湯堂分岐。
【10:25〜】
称明滝。思ったより落差のある滝。
2017年08月27日 10:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【10:25〜】
称明滝。思ったより落差のある滝。
【10:30〜】
赤倉温泉源湯管理小屋。
2017年08月27日 10:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【10:30〜】
赤倉温泉源湯管理小屋。
源湯が沸いてました。
2017年08月27日 10:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源湯が沸いてました。
ここからはまさかのコンクリの舗装された道が続くのでトレランばりに走って進む。
2017年08月27日 10:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはまさかのコンクリの舗装された道が続くのでトレランばりに走って進む。
【10:41〜】
あっという間に車道に出て、燕温泉の登山道入り口に到着。
こっから燕温泉街には車道を降りて5分ぐらい。おつかれさまでした。
2017年08月27日 10:41撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【10:41〜】
あっという間に車道に出て、燕温泉の登山道入り口に到着。
こっから燕温泉街には車道を降りて5分ぐらい。おつかれさまでした。
燕温泉の無料の露天風呂、黄金の湯でひとっ風呂浴びた後。
2017年08月27日 11:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕温泉の無料の露天風呂、黄金の湯でひとっ風呂浴びた後。
露天風呂には洗い場がないので、旅館の温泉にもはしご。
汗を洗い流してすっきりしてから東京へ帰ります。
2017年08月27日 11:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露天風呂には洗い場がないので、旅館の温泉にもはしご。
汗を洗い流してすっきりしてから東京へ帰ります。
1
撮影機材:
訪問者数:424人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ