また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1246063 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

赤石岳〜小赤石岳・・展望リベンジ山行その2

日程 2017年09月03日(日) [日帰り]
メンバー
 sht
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
沼平ゲート前駐車場に車をとめ、椹島の赤石岳登山口まで自転車でアクセスしました

輪行CT 沼平1:33−3:25椹島14:13−15:29沼平
*パンク要警戒なので下りでもブレーキかけ続けの感じで、予想以上に時間がかかります
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間5分
休憩
1時間29分
合計
10時間34分
Sスタート地点03:3304:55カンバ段04:5806:41赤石小屋06:5707:29富士見平07:3308:08北沢源頭08:1508:59赤石岳・小赤石岳間分岐09:0209:19赤石岳09:3809:45赤石岳避難小屋09:5710:01赤石岳10:14赤石岳・小赤石岳間分岐10:24小赤石岳10:3510:42赤石岳・小赤石岳間分岐11:04北沢源頭11:0711:39富士見平11:57赤石小屋12:0513:10カンバ段13:1314:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ポストは沼平ゲートと赤石岳登山口にあります

コース上の道標・テープやペイントのマークは途切れず、ナイトハイクでも迷う所はありませんでした

富士見平から先の半崖トラバース部が危険と言えば危険ですが、桟道・梯子・ロープ等の安全対策はなされているので、慎重に行けばOKと思います
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

沼平ゲートのポストに届を提出してスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼平ゲートのポストに届を提出してスタート
2
結構時間がかかる16劼領惺圓鮟えて椹島の赤石岳登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構時間がかかる16劼領惺圓鮟えて椹島の赤石岳登山口
1
赤石小屋までは標高差1400mの登り・・○/5の標識があって目安になります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋までは標高差1400mの登り・・○/5の標識があって目安になります
2
ここから「歩荷がえし」・・日帰りの軽荷だと急登感は余りありませんでしたが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから「歩荷がえし」・・日帰りの軽荷だと急登感は余りありませんでしたが
2
赤石小屋に到着・・気温は7℃ですぐに1枚羽織りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋に到着・・気温は7℃ですぐに1枚羽織りました
2
小屋の前から目指す赤石岳〜小赤石岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前から目指す赤石岳〜小赤石岳
3
その左に聖岳・・以前泊ったことがありますがこんなに展望のいい小屋だったのですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その左に聖岳・・以前泊ったことがありますがこんなに展望のいい小屋だったのですね
3
富士見平からその名の通りの富士山展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平からその名の通りの富士山展望
5
このあと雲に隠れる笊ヶ岳〜布引山・・雲海もいいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあと雲に隠れる笊ヶ岳〜布引山・・雲海もいいです
3
トラバース道もよく整備されています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道もよく整備されています
3
赤石山頂へと食い込む北沢(赤石沢)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石山頂へと食い込む北沢(赤石沢)
1
支沢を見下ろす先には白峰南嶺の山々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支沢を見下ろす先には白峰南嶺の山々
1
紅葉はまだですがナナカマドと冷風に秋近しを感じます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉はまだですがナナカマドと冷風に秋近しを感じます
1
先行グループが見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行グループが見えてきました
2
西側の中央アルプスと北アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側の中央アルプスと北アルプス
3
一等三角点の山頂に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点の山頂に到着
6
小赤石岳の奥に間ノ岳〜農鳥岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石岳の奥に間ノ岳〜農鳥岳
6
間ノ岳・・北岳はギリギリ見えるハズですが確認できず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間ノ岳・・北岳はギリギリ見えるハズですが確認できず
7
西農鳥岳〜農鳥岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西農鳥岳〜農鳥岳
6
東には富士山・・手前は白峰南嶺の生木割山のよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東には富士山・・手前は白峰南嶺の生木割山のよう
5
仙丈ヶ岳をズーム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳をズーム
5
塩見岳と甲斐駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳と甲斐駒ヶ岳
4
宝剣岳がランドマークの中央アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳がランドマークの中央アルプス
5
御嶽山と南駒ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山と南駒ヶ岳
3
赤石岳を望める大鹿村の小渋橋方面も見えます・・いつもと逆方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳を望める大鹿村の小渋橋方面も見えます・・いつもと逆方向
2
南ア未踏区間の1つの百間平〜大沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南ア未踏区間の1つの百間平〜大沢岳
3
その左の兎岳をズーム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その左の兎岳をズーム
2
そして最南の3千m峰・聖岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして最南の3千m峰・聖岳
5
赤石岳避難小屋から〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳避難小屋から〜
4
山頂南側にあるダンゴ山標まで行きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂南側にあるダンゴ山標まで行きました
6
山頂南端から堂々たる聖岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂南端から堂々たる聖岳
3
三角点ピーク方向に戻り〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点ピーク方向に戻り〜
2
今度は小赤石岳へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は小赤石岳へ
3
山頂到着・・3081mという第14位に相当する標高ですが山扱いされず可哀想
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着・・3081mという第14位に相当する標高ですが山扱いされず可哀想
6
富士山が雲海に埋もれてしまいそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が雲海に埋もれてしまいそう
2
分岐から下山へ・・この後ガスが湧いて堂々たる姿は見納め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から下山へ・・この後ガスが湧いて堂々たる姿は見納め
2
赤石小屋は水無料と太っ腹!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋は水無料と太っ腹!
2
下山は秋を探して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は秋を探して
1
ほぼ計画タイムで登山口帰着しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ計画タイムで登山口帰着しました
1

感想/記録
by sht

今回は、1週間前の鹿島槍ヶ岳〜爺ヶ岳で味をしめた“展望リベンジ山行”の第2弾です。

過去に登った名峰の中で、展望に恵まれなかった山々をピックアップし、天気に恵まれそうな日に日帰りピンポイントで山頂展望を狙います。今回のターゲットは南アの赤石岳で、日本第7位の高峰ながらまだ好天下で山頂に立てたことはありません。

この日は午前中がヤマテン予報☼晴れで、CTを逆算して1時半過ぎに沼平ゲートからMTBを漕ぎ始めました。

結果は、ヤマテン予報ズバリのおかげで、前回はピークを踏んだだけだった赤石岳・小赤石岳の両3千mピークから大展望を満喫できました。

鹿島槍に続いてツボにはまった感じで、これからも本来は好展望の山頂ながらまだその真価を味わえていない名峰を目指したいと思います。
訪問者数:324人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/17
投稿数: 186
2017/9/4 8:49
 リベンジ
shtさん、おはようございます。
リベンジ、おめでとうございます。

先週、私も赤石岳へ行きましたが、ガスで景観を楽しむ事は叶いませんでした。
リベンジしたい気持ち100%ありますが、畑薙ダムまでが遠く・・・
sht
登録日: 2009/12/17
投稿数: 226
2017/9/4 20:10
 jundaigoさん こんばんは
大変な天気の中での南アルプス縦走、お疲れ様でした。

(自分の場合)畑薙まで総距離210km弱で島田金谷ICから80kmといった所でもアクセスが中々大変なのに、埼玉(東京?)からスクーターでアクセスされたとのこと、恐れ入りました。

大きくていい山いっぱいのエリアなので、これに懲りずにぜひ再訪してくださいね!

コンメントいただきありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ