また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1250085 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

燕岳・大天井岳(やっぱり天候は雨)

日程 2017年09月07日(木) 〜 2017年09月08日(金)
メンバー , その他メンバー1人
天候雨、翌日晴れ間も
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間31分
休憩
42分
合計
4時間13分
S有明荘06:0606:18中房温泉登山口06:3907:06第1ベンチ07:28第2ベンチ07:57第3ベンチ07:5808:25富士見ベンチ08:2909:10合戦小屋09:2609:41合戦山(合戦沢ノ頭)10:19燕山荘
2日目
山行
7時間53分
休憩
1時間57分
合計
9時間50分
燕山荘05:4006:09蛙岩06:24大下りの頭07:37小林喜作レリーフ07:43槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐08:09大天荘08:1208:30大天井岳08:42大天荘09:0809:26槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐09:2909:31小林喜作レリーフ09:3310:37大下りの頭10:4311:02蛙岩11:0311:33燕山荘12:0812:13いるか岩12:25めがね岩12:29燕岳12:3812:40めがね岩12:4112:50いるか岩12:5112:56燕山荘13:0713:27合戦山(合戦沢ノ頭)13:2813:35合戦小屋13:4714:04富士見ベンチ14:20第3ベンチ14:2414:39第2ベンチ14:55第1ベンチ14:5715:21中房温泉登山口15:30有明荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
北アルプス三大急登と言われているが、標高差はあるものの個人的には階段状の登りが続く鳥取県の大山の方が精神的にきつい。ここは所々平坦なところもあり休憩小屋もあるので登りやすいと感じました。
コース状況/
危険箇所等
有名なコースで道迷いなど全く問題なし。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

登山口に着いた頃雨が降り出した。
2017年09月07日 06:40撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に着いた頃雨が降り出した。
登山2回目でテント泊挑戦の女の子二人。女房「若いって良いね〜」
俺、「マジか!大丈夫?」出発は1時間以上早いのに第2ベンチで追いついた。(バテバテみたいだった)
2017年09月07日 08:05撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山2回目でテント泊挑戦の女の子二人。女房「若いって良いね〜」
俺、「マジか!大丈夫?」出発は1時間以上早いのに第2ベンチで追いついた。(バテバテみたいだった)
1
雨が登山道を流れる。
2017年09月07日 08:28撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が登山道を流れる。
雨の中登るにつれ冷えてきたが、それでもスイカを食べると言って聞かない女房。しかも、下山時にも食った。(俺もだけど。評判どおり甘いスイカだった。)
2017年09月07日 09:03撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の中登るにつれ冷えてきたが、それでもスイカを食べると言って聞かない女房。しかも、下山時にも食った。(俺もだけど。評判どおり甘いスイカだった。)
3
風雨のため目的地の大天荘をあきらめ燕山荘で停滞。こんな天気なので夫婦二人で使用できました。多い時は4人で使用。
2017年09月07日 11:09撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風雨のため目的地の大天荘をあきらめ燕山荘で停滞。こんな天気なので夫婦二人で使用できました。多い時は4人で使用。
3
とりあえず、昼前からビールとカレー
2017年09月07日 11:36撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、昼前からビールとカレー
3
女房はケーキセットも
2017年09月07日 12:01撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女房はケーキセットも
2
翌日、大天井岳の途中のコマクサ
2017年09月08日 07:26撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、大天井岳の途中のコマクサ
3
大天井岳でなんと!雷鳥が・・(今回の残念な山行の唯一のお宝)〜近づいても優しく鳴いていた。
2017年09月08日 08:32撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳でなんと!雷鳥が・・(今回の残念な山行の唯一のお宝)〜近づいても優しく鳴いていた。
9
子供も3〜4羽居た。
2017年09月08日 08:34撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子供も3〜4羽居た。
4
大天井岳頂上。なぜか三角点が・・・。
2017年09月08日 08:39撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳頂上。なぜか三角点が・・・。
3
大天井岳の帰りから徐々にガスも無くなり
2017年09月08日 09:44撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳の帰りから徐々にガスも無くなり
1
槍ヶ岳は先っちょが・・・。
2017年09月08日 11:41撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳は先っちょが・・・。
3
イルカ岩と槍ヶ岳(下山するまでとうとう先っぽの雲は取れなかった)
2017年09月08日 12:20撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イルカ岩と槍ヶ岳(下山するまでとうとう先っぽの雲は取れなかった)
4
燕岳頂上。
2017年09月08日 12:39撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳頂上。
1
雲は多いけれど、中々の眺望。
2017年09月08日 13:10撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は多いけれど、中々の眺望。
帰りにサルが沢山。燕山荘に雷鳥の雛を食べるサルが目撃されたので近々追い払うイベントが行われると広報されていた。
2017年09月08日 17:09撮影 by Canon EOS 50D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りにサルが沢山。燕山荘に雷鳥の雛を食べるサルが目撃されたので近々追い払うイベントが行われると広報されていた。
3
撮影機材:

感想/記録

自宅を出発前から雨予報。今更変更できないので駄目なら長野観光をと出発。宿泊先の有明荘のスタッフから大天荘を予約していることを伝え明日はどうしようか悩んでいると「燕山荘までなら行けるので無理ならキャンセルすれば良い。それが山小屋ですから。」と背中を押され登ることに。登山口から雨が降り出し徐々に雨脚が強くなり汗と雨でびしょ濡れで燕山荘に着。大天荘までどうしようか燕山荘スタッフに相談したところ「今日は稜線上は低体温症のリスクがありますよ。山荘裏手と同じ風が吹くので行ってみたら?」と言われ山荘裏手に回ると、寒さと顔を打つ雨で「や〜めた」。午前中から山荘でグダグダすることに。第2ベンチで合った登山二日目でテント泊に挑戦の女の子二人組も無事に山荘に着し、今日は山荘に泊とのこと。(他人事ながらホッとした)結局、雨は午前2時過ぎまで降っており、翌朝は霧。燕岳〜大天井岳(大天荘泊)〜常念岳の計画を大天井岳のピストンに変更せざるを得なかったが、大天井岳では雷鳥を見つけ、大天井岳からの帰りはガスも晴れてきて北アルプスの雄大な山並みを少しだけ垣間見ることが出来、自宅から往復約1500キロ走ってきた甲斐が合った?
しかし、中々晴天率の低い夫婦だな・・・(-_-)
 回想:帰宅して思えば蝶ヶ岳に泊まれば・・とか色々考え(後悔)が頭に浮かぶ。もう少し、色々なパターン(コース)を考えて見れば良かったかな?燕山荘はさすが人気の山荘ですね。こんな風雨の強い日でも畳1枚に一人の人数くらい宿泊者が居た。私たちが泊まった翌日の宿泊者は、朝食が何と3回に分かれていた。いったい何人が泊まるのだろう?あと、乾燥室がストーブ1個ではさすがに乾かない。新しいレインウエアーが乾くのに数時間もかかってしまった。その点、双六小屋は熱風が出るようで濡れた綿のタオルでさえあっという間に乾いていた。
訪問者数:307人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ