また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1252859 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 ヨーロッパ

Ben Nevis via the CMD Arete / Scotland UK

情報量の目安: S
-拍手
日程 2017年09月09日(土) [日帰り]
メンバー
天候🌤
ベン・ネビス山頂で持参した温度計は10度だった。日が差すと暖かくなるが、曇りがちで風が強く寒さ対策は必要。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 飛行機
<列車>
ロンドンからフォートウィリアムまでは寝台車(カレドニアンスリーパー)を利用。フォートウィリアムからYHAまではバスを利用。復路はエディンバラ経由で昼便を使ってロンドンに戻る。
・往路:カレドニアンスリーパー(ロンドン〜フォートウィリアム)
https://www.sleeper.scot/
・復路ScotRail(フォートウィリアム〜エディンバラ)
https://www.scotrail.co.uk/
・復路Virgin Trains East Coast(エディンバラ〜ロンドン)
https://www.virgintrainseastcoast.com/
※鉄道は日本でオンライン予約。カレドニアンスリーパーは、予約時に印刷可能な予約票だけで搭乗可能。他は現地で発券。

<バス>
YHA(glen nevis youth hostel)まで行くバスは、Stagecoach BusとSHIEL BUSESがある。往路はStagecoach Bus。復路はSHIEL BUSESを利用した。片道2£くらい。予約不要。
フォートウィリアム駅のバス停が大変わかりにくい。Googlemapで検索したネビィスポート付近のバス停で待っていたら、ドライバーから場所が違うと言われてMiddleStreet ShortStay CarParkのバス停に行くように言われた。乗れたのは湾寄りのA82(国道)ではなく手前のMiddleSt側。
https://goo.gl/maps/dYYrc6HcvS52
YHAのバス停は、YHAのちょっと手前にある。

・Stagecoach Bus
(※41系統Fort William Middle St Car Park〜Glen Nevis Youth Hostel)
https://www.stagecoachbus.com/timetables
・SHIEL BUSES(Route No: N42)
http://www.shielbuses.co.uk/route-n42
経路を調べる(Google Transit)
GPS
10:55
距離
16.4 km
登り
1,642 m
下り
1,680 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間53分
休憩
2分
合計
10時間55分
Sスタート地点07:0512:02カーン・モア・ジェレック12:0315:44ベン・ネヴィス15:4518:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◇Glen Nevis Youth Hostel〜Lochan Meall an t-Suidhe(湖)
石畳の登山道で歩きやすい。多くの登山者がビジターセンターからのベン・ネビスに直登するルートを通るので、合流以降は渋滞気味だった。

◇Lochan Meall an t-Suidhe(湖)〜Carn Mor Dearg Arete(稜線)
直登ルート分岐した後は、ほとんど登山者はいない。ベン・ネビスを回り込むように歩き、山小屋(CIC Hut)のある沢(Allta' Mhuilinn River)まで緩く降る。道は岩がゴツゴツしていて歩き難い(普通の登山道という感じ)。山小屋手前で渡渉。川幅は大きくないけど、滑っているのと水量が多い(前日は雨)ので緊張した。
その後はカーン・モル・ディアーグ・アレート(Carn Mor Dearg Arete/CMD)まで直登する。今回の核心。標高差500mを詰め上げる。斜度はキツくないけど、登山道ではない場所で詰め上げたので歩き難い。直登している人は他に居なかった。稜線ギリギリまで羊がいて、適当な獣道を見つけて登る。

◇Carn Mor Dearg Arete(稜線)〜Ben Nevis(山頂)
CMDの稜線からの眺めは、最初はガスで遠望出来なかったが、ガスが晴れるとベン・ネビス東側の絶壁や、リニ湾の青さや荒涼としたスコットランドの大地が広がる。また、岩稜帯の登山道も綺麗な弧を描きベン・ネビスに続き大変美しい。ルート自体も左右が切れ落ちていて、高度感があるけど、それほど難しい箇所はなく楽しい。
CMDのルートはフォートウィリアムから続くルート上の稜線で、ここを辿ってきた登山者も多いが、混雑というほどでもなく快適。期待通りというか、期待以上の展望ルート。

◇Ben Nevis(山頂)〜下山ルート
山頂に到着すると直登ルートから大勢の登山道と合流する。下山路は直登ルート。緩やかで歩きやすいが、登山に慣れて無い登山者も多く混雑気味。
その他周辺情報◇登山届
登山届けはYHAのレセプションに提出。レセプションの掲示板にも登山届けが備え付けられている。最新の天気予報も掲示されている。

◇天気予報
英国のサイトもいくつかあるけど、英文で分かりにくいのでmountain-forecastを中心にチェックした。
https://www.mountain-forecast.com/peaks/Ben-Nevis/forecasts/1344

◇地図
ヤマレコでもサポートしているOpenCycleMapの他に、詳細地図Ordinance Survey392を現地で入手。紙地図だけど、アプリの地図がダウンロード可能となるキーコードが付いていてモバイル参照可能。キーコードが無くてもアプリ自体は日本でダウンロード可能で地図もキャッシュ保存の状態で利用可能みたい。
https://www.ordnancesurvey.co.uk/shop/mobile-download-faq.html
登山道の情報はOpenCycleMapの方が充実しているので、お土産として地図が必要ないならOpenCycleMapだけでも充分かも。

◇携帯電話SIM
山行時の緊急通話が出来ないのは不安なので、ヒースロー空港の売店で購入。EEというキャリアが、エリアカバーが広いらしい。SIM購入時にセッティングもお願いしたのだけど、当初日本のMVNOのAPN設定を消去するのを失念していて接続に手間取った。
山行中は使える場所もあるよ。という程度だけど移動時にもフル活用出来た。

◇宿(glen nevis youth hostel)
登山口にあるYHAを拠点とした。
オンライン予約も可能だけど、何故か上手く予約が出来ず。メールで予約した。
近くにレストランは無いけど、YHAで朝・夕の食事を提供してくれるようだった。自炊派なので味は不明。FreeWifiだけど上り回線は遅い。
https://www.syha.org.uk/where-to-stay/highlands/glen-nevis.aspx
洗濯機が2ポンド(洗剤は別途)、乾燥機が30分/1ポンド。コインは旧貨幣しか使えないのでレセプションで交換。

◇スーパー
フォートウィリアム駅周辺にテスコメトロを利用。一通りの食材はそろう。野菜や果物は、英国らしくバラ売りもしてくれる。

◇コインロッカー
フォートウィリアム駅のトイレ付近にある。ロッカーに預けた際に出てくる紙が、カーボンコピーになっていて、下紙に開錠用のキー番号が印字されている。
(登山前日にSLジャコバイト号に乗った際に使用)

◇公衆トイレ
フォートウィリアム駅にある。シャワー設備も併設されていた(未使用)。有料(たしか20p)。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 GPS・地図(1) ファーストエイド・リペア類(1) 着替え・グローブ(1) ダウン(1) 保存食・行動食・水(1) ヘッデン(1) グローブ(1) ビニール袋(1) ストック(1) アルミシート(1) サーモス(1)

写真

フォートウィリアム駅で乗ったバス停。奥が駐車場、その先にあるのがA82(国道)。
2017年09月08日 17:00撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォートウィリアム駅で乗ったバス停。奥が駐車場、その先にあるのがA82(国道)。
SHIEL BUSESの時刻表。YHAまでは他にStagecoach Busもある。
2017年09月08日 17:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
SHIEL BUSESの時刻表。YHAまでは他にStagecoach Busもある。
YHAからスタート。
2017年09月09日 06:03撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YHAからスタート。
YHA前の橋を越えてすぐにでてくるマンパス。このあと数は多くないが、多くの羊(と糞)を見る。
2017年09月09日 06:05撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YHA前の橋を越えてすぐにでてくるマンパス。このあと数は多くないが、多くの羊(と糞)を見る。
曇りがちだけど、雨は無い。
2017年09月09日 07:08撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇りがちだけど、雨は無い。
湖を通過。ここで他の登山者と分かれる。
2017年09月09日 07:25撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖を通過。ここで他の登山者と分かれる。
渡渉。流れは激しく、ヌメっていて緊張した。CMDは霧のなか。
2017年09月09日 08:29撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉。流れは激しく、ヌメっていて緊張した。CMDは霧のなか。
1
谷に朝日が差し込む。青空が見えると嬉しい。
2017年09月09日 08:37撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷に朝日が差し込む。青空が見えると嬉しい。
1
立ち寄らなかったが山小屋(CIC Hut)が見える。その奥の壁がCMDの稜線。ベン・ネビス山頂は見えない。。
2017年09月09日 08:43撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち寄らなかったが山小屋(CIC Hut)が見える。その奥の壁がCMDの稜線。ベン・ネビス山頂は見えない。。
1
CMD稜線への詰め上げ中。斜面には幾筋も流れていた。
2017年09月09日 08:52撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CMD稜線への詰め上げ中。斜面には幾筋も流れていた。
1
風が冷たかったが、日が差すとちょっとだけ暖かい。
2017年09月09日 09:29撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が冷たかったが、日が差すとちょっとだけ暖かい。
1
フォートウィリアムの町までよくみえる。
2017年09月09日 09:36撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォートウィリアムの町までよくみえる。
1
稜線上はガスに覆われている。風は良く流れていて、好転を期待して進む。
2017年09月09日 10:52撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上はガスに覆われている。風は良く流れていて、好転を期待して進む。
CMDのピーク。ここから切れ落ちた稜線が始まる(ハズ)。
2017年09月09日 11:04撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CMDのピーク。ここから切れ落ちた稜線が始まる(ハズ)。
高度を下げ始めると、徐々に展望が・・・!
2017年09月09日 11:21撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を下げ始めると、徐々に展望が・・・!
1
CMDルートに入ると、登山者とも出会う。雲の切れ間から日も差すようになる。
2017年09月09日 11:26撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CMDルートに入ると、登山者とも出会う。雲の切れ間から日も差すようになる。
1
山頂も見えてきた!
2017年09月09日 11:28撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂も見えてきた!
1
奥にはハイラインドの展望が広がる。
2017年09月09日 11:32撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥にはハイラインドの展望が広がる。
1
雲の切れ間から差す光が、CMD Areteを照らす。
2017年09月09日 11:49撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の切れ間から差す光が、CMD Areteを照らす。
1
ベン・ネビス北壁
2017年09月09日 11:48撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベン・ネビス北壁
1
来た道を振り返る。
2017年09月09日 12:25撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。
ベン・ネビスからの下山者とも何人かとすれ違う。
2017年09月09日 12:25撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベン・ネビスからの下山者とも何人かとすれ違う。
1
稜線鞍部から北側。
2017年09月09日 12:25撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線鞍部から北側。
稜線鞍部から南側。
2017年09月09日 12:44撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線鞍部から南側。
稜線鞍部でぐるっと。
2017年09月09日 13:26撮影 by RICOH THETA S , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
稜線鞍部でぐるっと。
ベン・ネビス頂上まであと少し。
2017年09月09日 12:56撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベン・ネビス頂上まであと少し。
頂上付近のガレ場。
2017年09月09日 13:09撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上付近のガレ場。
幅広い山頂の端から歩いた稜線を見る。
2017年09月09日 14:13撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幅広い山頂の端から歩いた稜線を見る。
深くて広い北壁。
2017年09月09日 14:27撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深くて広い北壁。
1
ベン・ネビス山頂に到着。山頂は順番待ち。
2017年09月09日 14:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベン・ネビス山頂に到着。山頂は順番待ち。
2
山頂の避難小屋。
2017年09月09日 14:38撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の避難小屋。
1
下山路。最初はガス。
2017年09月09日 14:53撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路。最初はガス。
深い入り江が印象的。
2017年09月09日 14:59撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い入り江が印象的。
1
上半身裸の登山者を3回は見たかな。。自由だ。
2017年09月09日 15:00撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上半身裸の登山者を3回は見たかな。。自由だ。
周回ルート。湖まで戻ってきた。
2017年09月09日 15:45撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周回ルート。湖まで戻ってきた。
1
今回は沢山の沢があるルート。
2017年09月09日 15:50撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は沢山の沢があるルート。
2
Lochan Meall an t-Suidhe
2017年09月09日 15:51撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Lochan Meall an t-Suidhe
1
予定時刻に無事下山することが出来た。
2017年09月09日 15:59撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定時刻に無事下山することが出来た。
<おまけ>
日本で買った方が安かったので、現地では買わなかったベン・ネヴィス。
2017年09月11日 16:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<おまけ>
日本で買った方が安かったので、現地では買わなかったベン・ネヴィス。

感想/記録

ベン・ネビス山という英国最高峰を目指す山行。今回、"最高峰"という響き以上に魅力的だったのが、ベン・ネビスまで154km続くロングトレイル、"ウエスト・ハイランド・ウェイ"を紹介するBLOGにあったカーン・モル・ディアーグ・アレート(Carn Mor Dearg Arete/CMD)の写真。ここはベン・ネビスから延びる尾根道なんだけど、写真の左右切れ落ちた岩の稜線と背景に広がるスコットランドの原野に心惹かれた。カッコイイ。
初スコットランドで全行程のロングトレイルは、さすがに躊躇われたので、ベン・ネビスの山麓からCMDアレート経由でベン・ネビス山に登る日帰り山行とした。

しかし、出来るだけ良い天候で登りたい。予備日2日を含む最大3日間の現地滞在を予定していた。が、予報では前日まで3日とも降雨予想。その中でも風速等一番安定していた、滞在初日に雨覚悟で登山を決行することとした。

当日朝は、当初の山頂はガスに包まれている状態だが雨は無い。ベン・ネビスを回り込む形で進むが、CMDアレートから上がガスという状態で、尾根に取り付く。標高差500mを2時間かけて直登する。

期待していたCMDアレートに到着すると、ガスが多いものの、流れ始めていて、次第に青空やベン・ネビス山北壁の大絶壁や山頂に至る稜線が見渡せるようになる。奥にはハイランドの荒涼とした大地も見える。
北壁には登攀者がいるのか、時折コール音や"Rock!"の叫び声、落石音が響き、稜線上にいるのにドキっとする。遠望できる景色だけでなく、自分自身も左右が切れ落ちた岩の高度感を楽しみ、緊張感しながら、徐々に近づく英国最高峰ベン・ネビス。最高のシュチュエーションで山頂に立つことが出来た。

翌日も雨になり、本当に雨の合間の幸運に恵まれた山行となった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1027人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ