また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1253761 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

【北八ヶ岳テン泊縦走】麦草峠〜三ツ岳〜北横岳〜双子池(幕営)〜蓼科山

日程 2017年09月09日(土) 〜 2017年09月10日(日)
メンバー
天候一日目 ガスのち晴れ 夜から朝にかけ強い雨
二日目 ガスのち曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・ 1:45に自宅を出発し、茨城町東IC〜北関東道・上信越道〜佐久南ICと高速道路を走行(232km)。佐久南ICから一般道に出て、途中のセブンイレブンで食料調達&朝食を済ませ、5:40頃蓼科山登山口のすぐ手前にある、すずらん峠園地駐車場(無料、約30台、トイレあり)にクルマを駐車しました。
・ 積載してきたバイクを降ろし、6:00頃、約21km離れた麦草峠駐車場へと出発。麦草峠駐車場には、6:40頃に到着。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間21分
休憩
1時間19分
合計
8時間40分
S茶水の池06:5507:13大石峠07:27中小場07:50茶臼山08:1008:19縞枯茶臼鞍部08:37縞枯山 展望台08:4508:59縞枯山09:0309:30雨池峠09:41雨池山09:4211:10三ッ岳11:2111:49三ツ岳分岐11:56北横岳ヒュッテ11:5812:11北横岳(南峰)12:1612:18北横岳12:2113:16大岳分岐13:2813:35大岳13:3913:48大岳分岐13:4914:47天狗の露地14:5415:32双子池ヒュッテ15:33双子池15:3415:35双子池ヒュッテ
2日目
山行
5時間24分
休憩
1時間10分
合計
6時間34分
双子池ヒュッテ05:1905:23双子池05:2406:00双子山06:19大河原峠06:4507:44佐久市最高地点07:4507:53赤谷の分岐07:5508:06将軍平08:07蓼科山荘08:1108:44蓼科山頂ヒュッテ09:1109:17蓼科山09:1809:22蓼科神社奥宮09:2309:26蓼科山09:3110:34幸徳平10:3510:50標高2110m標識10:5111:50女ノ神茶屋・蓼科山登山口11:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆ルート上での留意点
・ 雨池峠から三ツ岳を経由して北横岳に至る区間は,大岩の堆積しているところを岩伝いに飛び移るようにして進むので,バランスを崩さぬよう注意が必要。登山靴のソールがすり減っていると,フリクションが効かずに滑ってしまいそうです。登山地図ではコースタイム2時間とありますが,私の場合2時間20分ほどかかりました。
・ 大岳から双子池までの区間も,大きな岩の上を飛び移りながらの下りとなります。さらに,樹林帯の中は目印などもほとんどない,荒れたルートとなっており,途中で本当にこれが登山道なのかと心配になるくらいです。この区間,私の足で1時間40分ほどかかりました。
・ 双子池ヒュッテから双子山へ登る登山道は,笹ヤブが腰から胸の高さに繁茂しており,刈払もされていません。早朝は,晴れていても朝露でパンツがびしょ濡れになるので要注意。登山者のために,ヒュッテ側で刈払してもらいたいものです。
・ その先,大河原峠から蓼科山頂までは,特に問題となるようなところはありません。
・ 蓼科山頂から蓼科登山口までの下りは,大岩の上を飛び移ったり,落石が出やすい急傾斜の下りが続くので,荷物が重いと,時間がかかります。私の足では,休憩込みで2時間20分かかりました。

◆双子池周辺での携帯利用について
・ 双子池ヒュッテの受付の方に聞いたところ,池周辺は窪地になっていて,携帯の電波は通じないとのことでした。ヒュッテの電話は衛星携帯を利用しているようで,利用可能ですが,利用1回につき,300円だそうです。
・ 双子山の山頂まで登れば,携帯・スマホを利用できるとのことでしたが,大河原峠林道に出て,峠方面に5分ほど歩いたところで試したところ,ドコモのLTEアンテナが3本立ち,メールの送受信が可能でした。道路が高い位置にあって、樹間から町並みが望めるような場所なら、電波は通じると思います。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

すずらん峠園地駐車場にクルマを置き、バイクを下ろしました。奥の建物は、トイレ棟です。手洗いもあります。
2017年09月09日 05:53撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すずらん峠園地駐車場にクルマを置き、バイクを下ろしました。奥の建物は、トイレ棟です。手洗いもあります。
麦草峠駐車場のトイレの脇にバイクを置きました。
2017年09月09日 06:47撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦草峠駐車場のトイレの脇にバイクを置きました。
午前7時前で、すでに駐車場は満車。
2017年09月09日 06:49撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前7時前で、すでに駐車場は満車。
ここから、北八ヶ岳縦走のスタートです。
2017年09月09日 06:52撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、北八ヶ岳縦走のスタートです。
すぐに茶水池に到着。ここを大石峠方面に左折します。
2017年09月09日 06:54撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに茶水池に到着。ここを大石峠方面に左折します。
北八ヶ岳らしい雰囲気の道です。
2017年09月09日 06:58撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳らしい雰囲気の道です。
1
大石峠に到着。
2017年09月09日 07:08撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石峠に到着。
大石峠から15分ほど歩くと、中小場に到着。晴れれば、茶臼山の展望が良さそうですが、ガスで山頂は隠れていました。
2017年09月09日 07:23撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大石峠から15分ほど歩くと、中小場に到着。晴れれば、茶臼山の展望が良さそうですが、ガスで山頂は隠れていました。
倒木に生える幼木?を撮影してみました。
2017年09月09日 07:40撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木に生える幼木?を撮影してみました。
歩き始めて1時間ほどで、茶臼山の山頂に到着。
2017年09月09日 07:50撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めて1時間ほどで、茶臼山の山頂に到着。
標識の近くに荷物を置き、展望台へと向かいました。
2017年09月09日 07:53撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識の近くに荷物を置き、展望台へと向かいました。
残念ながらガスで展望はイマイチ。
2017年09月09日 07:54撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながらガスで展望はイマイチ。
でも、苔むした森が良い雰囲気。
2017年09月09日 07:57撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、苔むした森が良い雰囲気。
携帯イスに座り、ここでオニギリ休憩。
2017年09月09日 08:05撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
携帯イスに座り、ここでオニギリ休憩。
標識のところに戻って、縞枯山へと向かいます。
2017年09月09日 08:09撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識のところに戻って、縞枯山へと向かいます。
縞枯れ現象の林の中を歩きます。
2017年09月09日 08:19撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯れ現象の林の中を歩きます。
1
縞枯・茶臼鞍部に到着。
2017年09月09日 08:20撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯・茶臼鞍部に到着。
茶臼山を振り返る。
2017年09月09日 08:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山を振り返る。
縞枯展望台分岐に到着。ここに荷物を置いて、展望台へ。
2017年09月09日 08:36撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯展望台分岐に到着。ここに荷物を置いて、展望台へ。
展望台までは2~3分です。展望台から茶臼山〜南八ヶ岳方面の眺め。
2017年09月09日 08:38撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台までは2~3分です。展望台から茶臼山〜南八ヶ岳方面の眺め。
1
茶臼山から縞枯山〜三ツ岳方面をパノラマ機能で撮影。
2017年09月09日 08:40撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山から縞枯山〜三ツ岳方面をパノラマ機能で撮影。
1
展望台標識のところで話し込む登山者の姿。
2017年09月09日 08:43撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台標識のところで話し込む登山者の姿。
左手にこれから向かう三ツ岳。右奥には浅間山。
2017年09月09日 08:44撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手にこれから向かう三ツ岳。右奥には浅間山。
縞枯山の山頂に到着。木々に囲まれていて、展望はありません。
2017年09月09日 09:02撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山の山頂に到着。木々に囲まれていて、展望はありません。
雨池峠。北横岳まで行くには、ここから左に折れてロープウェー駅方面に進んだほうが早いようですが、時間があるので、雨池山・三ツ岳経由で進みます。
2017年09月09日 09:22撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池峠。北横岳まで行くには、ここから左に折れてロープウェー駅方面に進んだほうが早いようですが、時間があるので、雨池山・三ツ岳経由で進みます。
1
雨池山への急な登り。
2017年09月09日 09:30撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池山への急な登り。
縞枯山を振り返る。
2017年09月09日 09:38撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山を振り返る。
雨池山の山頂に到着。標識があるだけです。
2017年09月09日 09:43撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池山の山頂に到着。標識があるだけです。
一旦、鞍部まで下り、そこから三ツ岳へと登り返します。
2017年09月09日 10:02撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、鞍部まで下り、そこから三ツ岳へと登り返します。
岩の露出した急な登りが続きます。
2017年09月09日 10:16撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の露出した急な登りが続きます。
三ツ岳喫に到着。展望が良いので、ここでオニギリ休憩。
2017年09月09日 10:21撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳喫に到着。展望が良いので、ここでオニギリ休憩。
1
三脚を出して、自撮りしました。背景は三ツ岳曲&景。
2017年09月09日 10:26撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三脚を出して、自撮りしました。背景は三ツ岳曲&景。
南側の眺め。眼前に雨池山と縞枯山。
2017年09月09日 10:28撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の眺め。眼前に雨池山と縞枯山。
1
パノラマで撮影。
2017年09月09日 10:28撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマで撮影。
三ツ岳曲&景。ナイスビューです。
2017年09月09日 10:38撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳曲&景。ナイスビューです。
三ツ岳曲への登り。岩場の登りが続きます。
2017年09月09日 10:51撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳曲への登り。岩場の登りが続きます。
喫方面を振り返る。
2017年09月09日 10:55撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
喫方面を振り返る。
北側には大岳が見えています。
2017年09月09日 10:55撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側には大岳が見えています。
巨岩の中を進みます。右奥に北横岳の山頂が見えました。
2017年09月09日 10:55撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩の中を進みます。右奥に北横岳の山頂が見えました。
1
三ツ岳曲に到着。
2017年09月09日 10:56撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳曲に到着。
その先に進んでから、三ツ岳曲を振り返る。
2017年09月09日 10:59撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先に進んでから、三ツ岳曲を振り返る。
三ツ岳景は左奥のピーク。岩伝いに登っていきます。
2017年09月09日 11:00撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳景は左奥のピーク。岩伝いに登っていきます。
三ツ岳景に到着。北横岳と蓼科山の山頂が見えます。
2017年09月09日 11:13撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳景に到着。北横岳と蓼科山の山頂が見えます。
パノラマ機能で撮影。
2017年09月09日 11:12撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ機能で撮影。
1
眼前に北横岳の雄姿。奥に蓼科山。
2017年09月09日 11:15撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼前に北横岳の雄姿。奥に蓼科山。
1
縞枯山からロープウェー駅へと続く穏やかな山の斜面。
2017年09月09日 11:15撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山からロープウェー駅へと続く穏やかな山の斜面。
1
三ツ岳景からの下り。クサリ場は転落注意。
2017年09月09日 11:17撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳景からの下り。クサリ場は転落注意。
1
その先も、岩の多い歩きにくい登山道が続きます。
2017年09月09日 11:28撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先も、岩の多い歩きにくい登山道が続きます。
ようやく、分岐に到着。雨池峠からここまで、コースタイム2時間のところ、休憩込みで2時間20分かかりました。
2017年09月09日 11:49撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、分岐に到着。雨池峠からここまで、コースタイム2時間のところ、休憩込みで2時間20分かかりました。
分岐から5分で北横岳ヒュッテに到着。
2017年09月09日 11:55撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から5分で北横岳ヒュッテに到着。
1
多くの登山者が休憩中でした。
2017年09月09日 11:58撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多くの登山者が休憩中でした。
よく整備された北横岳への登り。
2017年09月09日 12:06撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく整備された北横岳への登り。
北横岳南峰に到着。
2017年09月09日 12:10撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳南峰に到着。
1
ちょうどお昼時だったので、皆さん、座ってお昼ご飯を食べていました。
2017年09月09日 12:14撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうどお昼時だったので、皆さん、座ってお昼ご飯を食べていました。
1
北横岳北峰をズームアップ。南峰よりも標高は7m高く、2,480mです。
2017年09月09日 12:13撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳北峰をズームアップ。南峰よりも標高は7m高く、2,480mです。
南八ヶ岳方面を俯瞰する。
2017年09月09日 12:15撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳方面を俯瞰する。
1
赤岳や阿弥陀岳も見えました。
2017年09月09日 12:15撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳や阿弥陀岳も見えました。
三ツ岳景をズームアップ。
2017年09月09日 12:15撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳景をズームアップ。
北横岳北峰に到着。
2017年09月09日 12:19撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳北峰に到着。
1
ここも多くの登山者が休憩中。
2017年09月09日 12:20撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも多くの登山者が休憩中。
双子山から蓼科山へと続く稜線。明日はあの稜線を歩きます。
2017年09月09日 12:20撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子山から蓼科山へと続く稜線。明日はあの稜線を歩きます。
1
皆さんのんびり休憩しています。
2017年09月09日 12:21撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さんのんびり休憩しています。
北横岳北峰から東に少し下った展望地からは、七ツ池を前景に、本日歩いてきた山並みが見渡せました。
2017年09月09日 12:26撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳北峰から東に少し下った展望地からは、七ツ池を前景に、本日歩いてきた山並みが見渡せました。
1
その東側には、これから向かう大岳も見えました。
2017年09月09日 12:25撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その東側には、これから向かう大岳も見えました。
1
シラタマノキ
2017年09月09日 12:28撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラタマノキ
大岳を目指して歩きます。
2017年09月09日 12:41撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳を目指して歩きます。
大岩の連続する歩きにくい登山道が続きます。
2017年09月09日 12:58撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の連続する歩きにくい登山道が続きます。
重荷を担いでこの岩を乗り越えます。よっこらしょ。
2017年09月09日 13:06撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重荷を担いでこの岩を乗り越えます。よっこらしょ。
1
ようやく大岳分岐に到着。北横岳北峰から1時間近くかかりました。ここでオニギリ休憩の後、大岳山頂を往復します。
2017年09月09日 13:28撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく大岳分岐に到着。北横岳北峰から1時間近くかかりました。ここでオニギリ休憩の後、大岳山頂を往復します。
7〜8分で山頂に到着。
2017年09月09日 13:36撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7〜8分で山頂に到着。
大岳山頂から蓼科山を望む。
2017年09月09日 13:38撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山頂から蓼科山を望む。
1
南側には、先ほど歩いた三ツ岳の眺め。
2017年09月09日 13:38撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側には、先ほど歩いた三ツ岳の眺め。
蓼科山をズームアップ。
2017年09月09日 13:40撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山をズームアップ。
1
北横岳と蓼科山。
2017年09月09日 13:41撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳と蓼科山。
分岐に戻り、双子池を目指して下ります。岩が堆積して歩きづらい登山道です。
2017年09月09日 13:56撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に戻り、双子池を目指して下ります。岩が堆積して歩きづらい登山道です。
このあたり、登山道整備がなされておらず、本当にここを進んで良いのか、山旅ロガーで何度も確認しました。
2017年09月09日 14:11撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり、登山道整備がなされておらず、本当にここを進んで良いのか、山旅ロガーで何度も確認しました。
双子山が見えた。
2017年09月09日 14:26撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子山が見えた。
また岩場に出ました。
2017年09月09日 14:33撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また岩場に出ました。
このあたりも岩伝いに進んでいくので、バランスを崩さぬよう注意が必要です。
2017年09月09日 14:41撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりも岩伝いに進んでいくので、バランスを崩さぬよう注意が必要です。
天狗の露地に到着。大岳分岐から1時間かかりました。
2017年09月09日 14:49撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の露地に到着。大岳分岐から1時間かかりました。
大岳から下ってきたルートを振り返る。
2017年09月09日 14:49撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳から下ってきたルートを振り返る。
その先も岩伝いの歩きが続きます。
2017年09月09日 14:49撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先も岩伝いの歩きが続きます。
標識は殆ど無いので、こんなペンキマークがあるとホッとします。
2017年09月09日 14:59撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識は殆ど無いので、こんなペンキマークがあるとホッとします。
ようやく、双子池ヒュッテが見えてきました。
2017年09月09日 15:09撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、双子池ヒュッテが見えてきました。
1
岩伝いのルートに時間がかかり、軽装の登山者二人に追い越されました。
2017年09月09日 15:19撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩伝いのルートに時間がかかり、軽装の登山者二人に追い越されました。
なんとか双子池ヒュッテに到着。大岳分岐から1時間40分かかりました。なお、テント宿泊は800円でした。
2017年09月09日 15:33撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか双子池ヒュッテに到着。大岳分岐から1時間40分かかりました。なお、テント宿泊は800円でした。
雄池。ここの水は飲用できるとのことで、ここで水2リットルを採水。
2017年09月09日 15:34撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄池。ここの水は飲用できるとのことで、ここで水2リットルを採水。
1
テント場は雌池のほとりです。
2017年09月09日 15:54撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は雌池のほとりです。
キャンプ指定地の看板。
2017年09月09日 16:01撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ指定地の看板。
マイテント完成。テントフリークの私が今回使用したのは、アライのトレックライズ1。ここ3年で4つ目のテントです(汗)。
2017年09月09日 16:24撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイテント完成。テントフリークの私が今回使用したのは、アライのトレックライズ1。ここ3年で4つ目のテントです(汗)。
1
雌池の湖畔にテントが並びました。私のテントは左端です。
2017年09月09日 17:15撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌池の湖畔にテントが並びました。私のテントは左端です。
2
いつもの一人宴会開始です。冷凍アクエリアスで冷やしておいた麦とホップが美味かった。
2017年09月09日 17:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの一人宴会開始です。冷凍アクエリアスで冷やしておいた麦とホップが美味かった。
1
夕飯は、つまみを食べ過ぎたため、予定していたカレーライスをキャンセルして、ラーメンに変更、
2017年09月09日 18:28撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯は、つまみを食べ過ぎたため、予定していたカレーライスをキャンセルして、ラーメンに変更、
1
昨晩から早朝にかけ、強い雨が降りましたが、出発時には幸い雨も上がっていました。
2017年09月10日 05:09撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨晩から早朝にかけ、強い雨が降りましたが、出発時には幸い雨も上がっていました。
双子池ヒュッテには車道が通じており、小屋のクルマが3台駐車してありました。なんだかガッカリ。
2017年09月10日 05:20撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子池ヒュッテには車道が通じており、小屋のクルマが3台駐車してありました。なんだかガッカリ。
双子山への登山口。ここから登り始めます。
2017年09月10日 05:21撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双子山への登山口。ここから登り始めます。
胸ほどの高さに伸びた笹ヤブをかき分けながら登ります。雨で濡れていて、パンツがびしょ濡れになりました。ヒュッテで笹の刈払ぐらいやってほしいものです。
2017年09月10日 05:28撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸ほどの高さに伸びた笹ヤブをかき分けながら登ります。雨で濡れていて、パンツがびしょ濡れになりました。ヒュッテで笹の刈払ぐらいやってほしいものです。
ようやく笹ヤブから抜け出しました。
2017年09月10日 05:42撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく笹ヤブから抜け出しました。
平坦な山頂部に到着。
2017年09月10日 05:53撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な山頂部に到着。
山頂碑は少し先のところにありました。
2017年09月10日 06:00撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂碑は少し先のところにありました。
山頂から少し下ると、大河原峠が見えてきます。
2017年09月10日 06:13撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し下ると、大河原峠が見えてきます。
大河原峠に到着。
2017年09月10日 06:19撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠に到着。
峠まで舗装された道路が通じていて、マイカーで来ることができます。
2017年09月10日 06:20撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠まで舗装された道路が通じていて、マイカーで来ることができます。
立派なトイレもありました。もちろん水洗です。
2017年09月10日 06:26撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なトイレもありました。もちろん水洗です。
20分ほど朝食休憩したのち、蓼科山へと登り始めます。
2017年09月10日 06:46撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど朝食休憩したのち、蓼科山へと登り始めます。
シラビソ林の中の登山道。
2017年09月10日 07:17撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソ林の中の登山道。
30分ほど歩くと、傾斜が緩み、蓼科山頂が見えるようになります。
2017年09月10日 07:49撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分ほど歩くと、傾斜が緩み、蓼科山頂が見えるようになります。
1時間少々で赤谷の分岐に到着。写真に写っているのは、静岡から来られ私とほぼ同じルートを歩いていた方で、昨晩は双子池ヒュッテに宿泊したとのこと。予約していなかったため、食事の提供は断られたそうです。
2017年09月10日 07:53撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間少々で赤谷の分岐に到着。写真に写っているのは、静岡から来られ私とほぼ同じルートを歩いていた方で、昨晩は双子池ヒュッテに宿泊したとのこと。予約していなかったため、食事の提供は断られたそうです。
蓼科山荘に到着。
2017年09月10日 08:06撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山荘に到着。
山菜きのこラーメン・そば・うどんは800円だそうです。
2017年09月10日 08:08撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山菜きのこラーメン・そば・うどんは800円だそうです。
蓼科山頂への登りです。
2017年09月10日 08:13撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山頂への登りです。
徐々に傾斜がきつくなり、クサリ場も出てきます。
2017年09月10日 08:21撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に傾斜がきつくなり、クサリ場も出てきます。
振り返ると、先ほど休憩した蓼科山荘が小さく見えました。
2017年09月10日 08:37撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、先ほど休憩した蓼科山荘が小さく見えました。
ようやく傾斜が緩んできました。山頂は近いです。
2017年09月10日 08:37撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく傾斜が緩んできました。山頂は近いです。
蓼科山頂ヒュッテに到着。
2017年09月10日 08:44撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山頂ヒュッテに到着。
1
メニューを見ると、ラーメンやカレーうどんの食事ができて、生ビールもあるとのこと。
2017年09月10日 08:48撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メニューを見ると、ラーメンやカレーうどんの食事ができて、生ビールもあるとのこと。
早速、カレーうどんを注文しました。普通に美味しいカレーうどんです。ただし、お水は付いてきません。
2017年09月10日 09:02撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速、カレーうどんを注文しました。普通に美味しいカレーうどんです。ただし、お水は付いてきません。
2
腹ごしらえの後、山頂を目指します。
2017年09月10日 09:12撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹ごしらえの後、山頂を目指します。
山頂碑に到着。2回目の登頂です。
2017年09月10日 09:17撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂碑に到着。2回目の登頂です。
1
遠くに山頂方位盤があるようです。その手前には、蓼科神社奥宮。
2017年09月10日 09:17撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに山頂方位盤があるようです。その手前には、蓼科神社奥宮。
山頂方位盤のところをズームアップ。
2017年09月10日 09:19撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方位盤のところをズームアップ。
奥宮に参拝しました。
2017年09月10日 09:23撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮に参拝しました。
それでは、山頂ヒュッテの脇から下山開始。
2017年09月10日 09:27撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは、山頂ヒュッテの脇から下山開始。
岩だらけの歩きづらいルートです。テント泊の重装備なので、バランスを崩してコケ無いように、慎重に下ります。
2017年09月10日 09:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩だらけの歩きづらいルートです。テント泊の重装備なので、バランスを崩してコケ無いように、慎重に下ります。
山頂方面を振り返る。
2017年09月10日 09:41撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面を振り返る。
巨岩帯は過ぎましたが、急な下りが続きます。
2017年09月10日 09:58撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩帯は過ぎましたが、急な下りが続きます。
おやつ休憩をしていたら、20人近い団体が登っていきました。さすが、深田百名山。人気があります。
2017年09月10日 10:12撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おやつ休憩をしていたら、20人近い団体が登っていきました。さすが、深田百名山。人気があります。
南八ヶ岳の山並みが見えました。
2017年09月10日 10:21撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳の山並みが見えました。
幸徳平を通過。
2017年09月10日 10:34撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幸徳平を通過。
ようやく標高2,120mの中間点に到着。山頂から下り始めて1時間20分以上経過して、まだ400mしか降りていません。山頂直下の歩きづらい岩石帯の下りに手間取ってしまいました。
2017年09月10日 10:51撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく標高2,120mの中間点に到着。山頂から下り始めて1時間20分以上経過して、まだ400mしか降りていません。山頂直下の歩きづらい岩石帯の下りに手間取ってしまいました。
八子ヶ峰のヒュッテが見えました。
2017年09月10日 10:58撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八子ヶ峰のヒュッテが見えました。
カラマツ林の下り。
2017年09月10日 11:21撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツ林の下り。
1
こちらはミズナラ林。ようやく傾斜が緩くなりました。
2017年09月10日 11:42撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはミズナラ林。ようやく傾斜が緩くなりました。
コースタイムをかなりオーバーして、女乃神茶屋の建つ蓼科山登山口に出ました。どうも下りは苦手です。疲れました。
2017年09月10日 11:50撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースタイムをかなりオーバーして、女乃神茶屋の建つ蓼科山登山口に出ました。どうも下りは苦手です。疲れました。

感想/記録

・ 北八ヶ岳を1泊2日で縦走してきました。以前から一度,あの神秘的な双子池に幕営したいと思っていたのですが,どうせ幕営するならば,テント縦走登山のスタイルで行こうと考え,麦草峠から入山し,縞枯山,北横岳を経由して双子池でテン泊。翌日は大河原峠経由で深田百名山である蓼科山に登り,女乃神茶屋前の蓼科登山口に下山するルートとしました。
・ 入山口と下山口が離れているので,今回もバイク作戦を活用。愛車のデリカD5にバイクを積み込み,すずらん峠園地駐車場にクルマを駐車して,バイクで麦草峠へ。
・ 茶臼山はガスで展望が得られなかったものの,縞枯山展望台では晴れ間が広がり,素晴らしい展望に大満足。ところが,事前にノーチェックだった三ツ岳への登りはきつかったです。大岩が堆積するところを岩伝いに飛び移るように進むので,重荷でバランスを崩すと怪我しかねません。慎重に歩を進めました。クサリ場も転落注意箇所。
・ 北横岳山頂は快晴の下,大展望を多くの登山者と共に楽しむことができました。しかしながら,その先,双子池までの下り道は,登山道が整備されておらず,荒れていて歩きづらいことこの上なし。大岳分岐から下部は,三ツ岳と同じように大岩を飛び移りながらの下りが続き,疲れました。ただし,大岳山頂からの眺めは素晴らしかったです。歩いてきた三ツ岳や横岳が目の前に並びます。また,蓼科山も全貌を見ることができます。分岐から10分とかからないので,晴れていれば是非立ち寄りたい場所ですね。
・ 双子池での幕営は,テントが20張りほど並び,意外に混雑していました。なので,神秘的といった感じはしませんでした。また,飲料水に雄池の水を使うのですが,池の底には泥の濁りがあって,少々戸惑いました。近くに沢などあると良いのですが。
・ 大河原峠には初めて立ち寄りましたが,舗装道路が整備され,誰でもマイカーで標高2,090mの峠まで来ることができます。駐車場にタープを立ててバーベキューをしている人の姿も見かけました。きれいな公衆トイレがあるのもありがたいです。
・ 蓼科山に登るのは2回目でしたが,大河原峠ルートは初めての登りでした。登山道は比較的緩やかな傾斜が続き,歩きやすいです。また,蓼科山荘と蓼科山頂ヒュッテの2軒の小屋があって,昼食の提供もしているのが便利ですね。山頂ヒュッテでカレーうどんを食べましたが,いたって普通の味でおいしかったです。
・ 蓼科山からの下りは疲れました。ここも山頂直下は大岩を伝って下るので転倒に注意が必要です。大岩地帯が終了しても,落石の危険を伴う急傾斜の下りが続き,気が抜けません。私が持っている2010年版の登山地図では,コースタイム1時間40分とありますが,私の足では2時間20分かかりました。
・ 北八ヶ岳には,久しぶりに足を運びましたが,登山道がよく整備されているところと,まったく手が入っていないところとがあり,さらにはクルマが走れる林道もあるなど,バリエーションが実にさまざまですね。今度行くときは,もっと,事前に情報収集しておくべきと肝に銘じたいと思います。
訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ