また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1261042 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

愛別岳&御鉢周り&紅葉&星空を堪能 1泊2日 秋の大雪山縦走

日程 2017年09月16日(土) 〜 2017年09月17日(日)
メンバー
天候概ね晴れ。
アクセス
利用交通機関
層雲峡無料駐車場に停車し黒岳ロープウェイから入山
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間29分
休憩
3時間11分
合計
9時間40分
S七合目リフト乗り場06:5207:41黒岳08:0608:23黒岳石室09:1609:53お鉢平展望台10:0410:25北鎮岳分岐10:2710:51北鎮岳11:47比布岳11:5812:08安足間岳12:5113:23愛別岳13:3714:21比布岳14:3415:23北鎮岳15:3915:47北鎮岳分岐15:4916:06お鉢平展望台16:0716:32黒岳石室
2日目
山行
4時間24分
休憩
1時間22分
合計
5時間46分
黒岳石室08:3409:06お鉢平展望台09:27北鎮岳分岐09:3109:42中岳09:4609:59中岳分岐10:0210:27間宮岳10:3010:31間宮岳分岐10:3310:37荒井岳10:4011:04松田岳11:0511:14北海岳11:2412:16黒岳石室13:0613:30黒岳13:3214:20七合目リフト乗り場14:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
桂月岳往復&深夜の黒岳往復はログ取りしていません。
コース状況/
危険箇所等
黒岳は泥が多かったです。
愛別岳は本峰の取りつき方がわからず直登してしまいました。
巻いて登るルートが安全です。
その他周辺情報下山後、朝陽亭で入浴。
連休なので激混みで駐車場は満車でしたが、長居しませんのでと伝えたら入れてくれました。露天風呂からの景色は良かった^^
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス ストック カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

朝8時前に黒岳山頂到着
登っている最中はガスってましたが、登頂するとこの景色
感動です。
2017年09月16日 07:59撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝8時前に黒岳山頂到着
登っている最中はガスってましたが、登頂するとこの景色
感動です。
1
目指す愛別岳方面は雲が多く、初日に御鉢周りをしようか悩みます。
2017年09月16日 08:06撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す愛別岳方面は雲が多く、初日に御鉢周りをしようか悩みます。
圧巻の景色を堪能し石室を目指します。
2017年09月16日 08:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧巻の景色を堪能し石室を目指します。
御鉢平へ向かう道中
チングルマと美しい凌雲岳を望めました。
2017年09月16日 09:37撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御鉢平へ向かう道中
チングルマと美しい凌雲岳を望めました。
2
御鉢平を超え北鎮岳を目指す。
2017年09月16日 10:10撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御鉢平を超え北鎮岳を目指す。
本鎮分岐到着 旭岳方面は曇っています。
御鉢周りしても好天は期待できないので当初の予定どおり愛別を目指します。
2017年09月16日 10:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本鎮分岐到着 旭岳方面は曇っています。
御鉢周りしても好天は期待できないので当初の予定どおり愛別を目指します。
北鎮岳へ到着。
2017年09月16日 10:48撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎮岳へ到着。
1
裾合平もきれいに染まっているようです。
2017年09月16日 10:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裾合平もきれいに染まっているようです。
比布岳方面は相変わらず雲が多いがせっかくならということで愛別方面へ出発
2017年09月16日 10:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比布岳方面は相変わらず雲が多いがせっかくならということで愛別方面へ出発
分岐を間違え永山岳方面へ
先へ歩いている方に話しかけ気づき引き返す。
2017年09月16日 12:30撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を間違え永山岳方面へ
先へ歩いている方に話しかけ気づき引き返す。
1
愛別岳分岐を発見して恐る恐る入山
ガスの中進みます。
2017年09月16日 13:06撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛別岳分岐を発見して恐る恐る入山
ガスの中進みます。
本峰はルーファイが難しく、苦労しました。
なんとか愛別岳登頂!残念ながらガスの中
2017年09月16日 13:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本峰はルーファイが難しく、苦労しました。
なんとか愛別岳登頂!残念ながらガスの中
しかも山頂の標識がないので三角点にタッチ
2017年09月16日 13:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかも山頂の標識がないので三角点にタッチ
1
山頂で少し休憩していると歩いてきた稜線が眼下に見えましたが展望は開けず。泣く泣く下山…。
2017年09月16日 13:39撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で少し休憩していると歩いてきた稜線が眼下に見えましたが展望は開けず。泣く泣く下山…。
降りると晴れる病
登り返す気は起きませんでした…。
2017年09月16日 14:01撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りると晴れる病
登り返す気は起きませんでした…。
1
分岐までの登り返しも緊張の連続。
ドキドキしながら戻ります。
2017年09月16日 14:02撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐までの登り返しも緊張の連続。
ドキドキしながら戻ります。
分岐まで戻ってきました。
見事にガスの切れ目が!
2017年09月16日 14:18撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐まで戻ってきました。
見事にガスの切れ目が!
比布岳に戻ります。
振り返ると見事に愛別方面のみ曇ってる
2017年09月16日 14:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比布岳に戻ります。
振り返ると見事に愛別方面のみ曇ってる
1
比布岳に戻ってきました。
行きの比布岳山頂はガスの中でしたが、北鎮岳がきれいに望めました。
2017年09月16日 14:26撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比布岳に戻ってきました。
行きの比布岳山頂はガスの中でしたが、北鎮岳がきれいに望めました。
同じく比布岳から
旭岳を望みながら三脚で自撮り
2017年09月16日 14:34撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく比布岳から
旭岳を望みながら三脚で自撮り
2
アーベンは桂月岳で堪能。
ニセカウが美しい。
2017年09月16日 17:42撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アーベンは桂月岳で堪能。
ニセカウが美しい。
テン場に戻ってくるとカラフルに光るテントがたくさん。
ニーモのテントがかっこよくてこっそり撮らせてもらいました。
2017年09月16日 18:20撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場に戻ってくるとカラフルに光るテントがたくさん。
ニーモのテントがかっこよくてこっそり撮らせてもらいました。
3
1時間ほど寝ると外は一面の星空
テン場付近で天の川撮影スタート
2017年09月16日 20:36撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ほど寝ると外は一面の星空
テン場付近で天の川撮影スタート
1
就寝中の方々に迷惑にならないよう
配慮しつつ天の川を撮ります。
2017年09月16日 20:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
就寝中の方々に迷惑にならないよう
配慮しつつ天の川を撮ります。
2
御鉢平方面へ進み凌雲岳方面を撮影
2017年09月16日 21:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御鉢平方面へ進み凌雲岳方面を撮影
深夜2時にテン場を出発
黒岳山頂から星と山を撮影(長時間露光)
2017年09月17日 02:54撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深夜2時にテン場を出発
黒岳山頂から星と山を撮影(長時間露光)
月と雲海
本当は三日月くらいでした。
2017年09月17日 03:35撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月と雲海
本当は三日月くらいでした。
2
オリオン座もはっきり見えます。
2017年09月17日 03:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オリオン座もはっきり見えます。
1
4時を過ぎると次第に水平線が明るくなってきました。
2017年09月17日 04:35撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時を過ぎると次第に水平線が明るくなってきました。
2
赤く染まり始める山々
美しさに感動が止まりません。
2017年09月17日 04:48撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤く染まり始める山々
美しさに感動が止まりません。
5
5時過ぎ
日の出です。
2017年09月17日 05:04撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時過ぎ
日の出です。
3
モルゲンを堪能し、石室へ戻ります。
あたり一面霜が張っています。
2017年09月17日 05:44撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンを堪能し、石室へ戻ります。
あたり一面霜が張っています。
1
霜が張っているのもまた美しい
チングルマの綿毛は無事
2017年09月17日 05:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜が張っているのもまた美しい
チングルマの綿毛は無事
3
テントへ戻ってみるとこの通りバリバリになっていました。
2017年09月17日 05:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントへ戻ってみるとこの通りバリバリになっていました。
4
朝食&仮眠を取り、本日は御鉢平周遊
中岳付近のお気に入りスポットから撮影
2017年09月17日 09:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食&仮眠を取り、本日は御鉢平周遊
中岳付近のお気に入りスポットから撮影
黒岳に雲が張り出しています。
2017年09月17日 10:20撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳に雲が張り出しています。
間宮岳付近から北海岳を望みます。
奥には雲海が^^
さすが「神々が遊ぶ庭」 
2017年09月17日 10:22撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間宮岳付近から北海岳を望みます。
奥には雲海が^^
さすが「神々が遊ぶ庭」 
1
旭岳も少し雲が出てきました。
本当はピストンしたかったですが、寝不足と体力的に今回は見送り…。
2017年09月17日 10:38撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳も少し雲が出てきました。
本当はピストンしたかったですが、寝不足と体力的に今回は見送り…。

感想/記録
by HANZO

数日の休暇をもらい、念願の幌尻岳を目指そうと計画するも台風接近のため、予定を変更。今月上旬に銀泉台からの縦走をしたので残る御鉢平周辺の山と未踏峰の北海道百名山「愛別岳」を目指すことを計画。

9/16 1時に自宅を出発し層雲峡を目指します。
早朝の黒岳ロープウェイで上がり、早々に黒岳石室でテント設営、未踏峰である愛別岳ピストンへ
道中、北鎮岳で愛山渓へ下る2名パーティの方とご一緒させてもらい、色々お話を聞きながら歩きました。 
安足間岳で暖かいコーヒーをごちそうに別れました。
本当にごちそうさまでした^^視界が悪いということもあり、互いに分岐の場所を勘違いしていたようで、私は永山岳付近まで行ってしまいました…。
無事に愛山渓へ降りて行かれたかなぁと心配しつつ、急いで引き返すももう2名の姿は見えず、愛別岳分岐へ戻りました。
初めての愛別はガスの中で恐怖の連続でしたが、時折ガスの切れ間から見える本峰が美しかった。

達成感で疲労が一気にこみ上げヘロヘロになりながら北鎮まで戻ってくると愛別岳のガスが抜けてました。
残念…。

テン場に戻り、アーベンは桂月岳で堪能 染まるニセカウに感動。
日没後はテン場や石室付近で星等を撮影していると年配の方と星の話で盛り上がり、深夜の撮影に同行させてもらうことに。
数時間の仮眠をとり深夜2時から黒岳に上がり、日の出まで4時間ほど撮影しました。
レンズの保温方法や撮影方法について色々教えていただき、大変勉強になりました。
お名前も伺わず、日の出後に別れましたが本当に楽しいひと時をありがとうございました。

朝食&朝寝後に御鉢周りをして黒岳へ下りました。
初日より風も雲も少なく、連休ということもあり、大変多くの方々でにぎわっていました。

毎年、秋の大雪山に入山していますが、ここまで様々な景色を堪能できたことは初めて!
また、山での一期一会の出会いに本当に感謝です!

大満足の1泊2日となりました!


詳細のレポートは後日ブログで書きます。
http://photo-is-my-life.mods.jp/
訪問者数:170人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ