また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1275343 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

穂高岳畳岩

日程 2017年09月29日(金) 〜 2017年09月30日(土)
メンバー
 yy0419(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
沢渡駐車場利用(600円/日×2日)
往路:タクシー(4,200円/台)、復路:バス(1,250円/人)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10分
休憩
0分
合計
10分
Sスタート地点18:0018:10小梨平
2日目
山行
13時間11分
休憩
29分
合計
13時間40分
小梨平03:5304:05無料トイレ04:09日本山岳会上高地山岳研究所04:15岳沢湿原・岳沢登山口04:1604:457番標識04:4705:52岳沢小屋06:0313:52天狗のコル13:5815:25岳沢小屋15:3016:217番標識16:42岳沢湿原・岳沢登山口16:50日本山岳会上高地山岳研究所17:24無料トイレ17:2517:29上高地バスターミナル17:3217:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPS記録は30日の小梨平から(29日にテント泊)
コース状況/
危険箇所等
畳岩中央スラブの取付は畳岩の中央左寄りにある凹角部分。ちょうど残っていた雪渓の上端にあたっていました。
取付からしばらくはクライミングシューズを履いただけで、ロープを出さずにフリーソロで登りました。傾斜は緩く、ホールドも豊富なので、確保不要と判断し、スピード優先です。岩は固く、フリクションも良いためとても快適ですが、草付き混じりのところなどは脆かったり、落石が浮石となって溜まっているところなどがあるため、見極めのルーファイが重要です。ルートは全く確定していないので自由に登れますが、残置支点は全くないと考えていた方がいいと思います。(全ルート中残置ハーケンを見つけたのは3つのみ)
登るにつれて傾斜がきつくなり、いわゆる奥壁の登りからロープを出しました。全6ピッチでどのピッチも50mいっぱいまでロープを使いました。リードはすべて自分。アンカーはハイマツがあるところはハイマツ、クラックがあるところはカムを使いました。(1P目だけは支点を取らずボディビレイのみ)ランニングはあまり取らずランアウトの連続です。凹角の側壁などには結構クラックがあるので、カムは思いの外有効でした。ハーケンは持って行きましたが、面倒で使わずじまい。節理があるので、ハーケンを使えるリスはそこそこ豊富です。全般的にやさしいものの、最終ピッチは元蘢度のチムニーがあって、思わずA0してしまいました。
全般的に快適なクライミングが堪能でき、易しい一方ではなくそれなりの核心もあるなど、想像していた以上に楽しめる岩場でした。登攀レベルは極めて易しいので初心者向きといいたいですが、支点の少なさや、フリーソロで登る(全部ロープを使っていったら時間がかかってしょうがないので)といった要素があるため、適切な指導者がいればという条件付きになるでしょうか。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

畳岩
これは右端。このあたりも面白そう。
2017年09月30日 06:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畳岩
これは右端。このあたりも面白そう。
中央ルンゼ取付付近
雪渓上端の凹角が取付。
2017年09月30日 06:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央ルンゼ取付付近
雪渓上端の凹角が取付。
取付へ雪渓の右側の岩を登ります。
2017年09月30日 06:56撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付へ雪渓の右側の岩を登ります。
これが取付
2017年09月30日 07:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが取付
取付部分の登攀
2017年09月30日 07:34撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付部分の登攀
1
凹角を登るとこんな感じ
2017年09月30日 07:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凹角を登るとこんな感じ
スラブの登りが出始めます。
2017年09月30日 07:48撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スラブの登りが出始めます。
最初の目標はあのピナクル
2017年09月30日 07:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の目標はあのピナクル
ピナクルが近づいてきます。
2017年09月30日 07:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピナクルが近づいてきます。
広大なスラブが広がります。奥の壁が奥壁。
2017年09月30日 08:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広大なスラブが広がります。奥の壁が奥壁。
1
天狗岩が聳え立ちます。
2017年09月30日 08:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩が聳え立ちます。
1
富士山も見えました。
2017年09月30日 08:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見えました。
奥壁に近づき、徐々に傾斜がきつくなります。
2017年09月30日 09:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥壁に近づき、徐々に傾斜がきつくなります。
1
右のルンゼ脇をある程度詰めて、奥壁に取付きます。
2017年09月30日 09:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のルンゼ脇をある程度詰めて、奥壁に取付きます。
1
天狗から西穂への稜線
2017年09月30日 09:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗から西穂への稜線
1
奥壁基部
ここからロープを出しました。
2017年09月30日 09:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥壁基部
ここからロープを出しました。
2
結構な傾斜のスラブ
2017年09月30日 09:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な傾斜のスラブ
1
正面は難しいので、右側のこちらから逃げて登ります。
2017年09月30日 10:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は難しいので、右側のこちらから逃げて登ります。
1
ちょっと立っていますが、ホールドが多く、ここから登ります。
この後最終ピッチでしたが、写真撮り忘れました。
2017年09月30日 11:36撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと立っていますが、ホールドが多く、ここから登ります。
この後最終ピッチでしたが、写真撮り忘れました。
終了点からの展望1
前穂から明神
2017年09月30日 12:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終了点からの展望1
前穂から明神
2
終了点からの展望2
笠ヶ岳、黒部五郎
2017年09月30日 12:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終了点からの展望2
笠ヶ岳、黒部五郎
終了点からの展望3
黒部五郎、薬師
2017年09月30日 12:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終了点からの展望3
黒部五郎、薬師
奥穂方面への縦走路(畳岩の頭)
2017年09月30日 12:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂方面への縦走路(畳岩の頭)
登ってきたルートを振り返ります。
取付の雪渓が見えます。
2017年09月30日 12:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきたルートを振り返ります。
取付の雪渓が見えます。
西穂〜奥穂間はさすがに難所だらけ
2017年09月30日 13:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂〜奥穂間はさすがに難所だらけ
1
ちょっとルートがあるとは思えないところに人の姿が
2017年09月30日 13:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとルートがあるとは思えないところに人の姿が
裏銀座ルートから立山まで見えてきました。
2017年09月30日 13:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏銀座ルートから立山まで見えてきました。
天狗岩も縦走路からはだいぶ違った姿に見えます。
2017年09月30日 13:47撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩も縦走路からはだいぶ違った姿に見えます。
天狗のコル
2017年09月30日 13:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗のコル
天狗沢上部のガレ
2017年09月30日 14:06撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗沢上部のガレ
天狗岩の壁
2017年09月30日 14:19撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩の壁
河童橋から穂高を振り返る
2017年09月30日 16:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河童橋から穂高を振り返る

感想/記録
by yy0419

以前岳沢にテント泊した際に下見をして気になっていた畳岩に行ってきました。予想通り残置支点はほとんどありませんでしたが、フリクションが利き、ホールド豊富な大スラブは、楽しんでクライミングができる、なおかつ、核心はそれなりのピッチもあるといった、予想以上に面白い岩場でした。こうした自由に登れる岩はなかなか貴重だと思います。
訪問者数:188人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ