また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1275702 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

紅葉の八方尾根・唐松岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
51分
合計
4時間55分
S八方池山荘07:5808:13石神井ケルン08:1508:21第2ケルン08:25八方ケルン08:2608:33第三ケルン09:03扇雪渓09:0509:16丸山09:1909:48唐松岳頂上山荘09:4910:01唐松岳10:1310:41唐松岳10:4710:58唐松岳頂上山荘11:1011:41丸山11:4411:50扇雪渓11:5312:22八方池12:2812:29第三ケルン12:34八方ケルン12:42石神井ケルン12:53八方池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

黒菱平。寒いです。天気、期待できそう。
2017年09月30日 07:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒菱平。寒いです。天気、期待できそう。
2
色づいた斜面の向こうに五竜、鹿島槍
2017年09月30日 08:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色づいた斜面の向こうに五竜、鹿島槍
1
さすがに人が多いです。前半は渋滞を追い越すためにペースを上げる
2017年09月30日 08:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがに人が多いです。前半は渋滞を追い越すためにペースを上げる
1
白馬三山、美しいです。来て良かった。
2017年09月30日 08:14撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山、美しいです。来て良かった。
1
この世の天国であります。笑ってしまいます。
2017年09月30日 08:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この世の天国であります。笑ってしまいます。
1
まだまだ、人の列は途切れない。が、景色がいいので楽しい。
2017年09月30日 08:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ、人の列は途切れない。が、景色がいいので楽しい。
1
八方池が見えてきました。
2017年09月30日 08:30撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池が見えてきました。
1
風が強くて湖面は鏡になっていない。
2017年09月30日 08:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強くて湖面は鏡になっていない。
2
まさに紅葉狩り登山。
2017年09月30日 08:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさに紅葉狩り登山。
1
緑とのコントラストもよい。
2017年09月30日 08:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑とのコントラストもよい。
1
屏風のような白馬三山と天狗尾根
2017年09月30日 09:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風のような白馬三山と天狗尾根
2
標高を上げると人がばらついてきた
2017年09月30日 09:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げると人がばらついてきた
1
山頂です。
2017年09月30日 10:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂です。
3
立山、剱もばっちり。
2017年09月30日 10:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山、剱もばっちり。
1
山頂まででは物足りないので、不還嶮方面に足を伸ばします。
2017年09月30日 10:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まででは物足りないので、不還嶮方面に足を伸ばします。
1
薬師、立山、剱
2017年09月30日 10:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師、立山、剱
1
唐松山頂を振り返る。ここまで来る人は少ない。
2017年09月30日 10:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松山頂を振り返る。ここまで来る人は少ない。
1
尾根の中腹に小さく八方池が見えている。
2017年09月30日 10:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の中腹に小さく八方池が見えている。
不帰キレット方面。登山道が随分下の方に巻いているので、登り返しが嫌で、ここで引き返す。
2017年09月30日 10:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰キレット方面。登山道が随分下の方に巻いているので、登り返しが嫌で、ここで引き返す。
1
唐松岳山荘は天空の城のようです。
2017年09月30日 10:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳山荘は天空の城のようです。
1
きれいだ。
2017年09月30日 12:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいだ。
八方池に降りる。風がますます強く、鏡にならない
2017年09月30日 12:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池に降りる。風がますます強く、鏡にならない
2
黒菱平まで降りてきた。朝より、紅葉が進んだように見えるのは気のせいか。
2017年09月30日 13:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒菱平まで降りてきた。朝より、紅葉が進んだように見えるのは気のせいか。
4
楽しいピクニックでした。
2017年09月30日 13:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しいピクニックでした。
2
この料理も目的だった。
2017年09月30日 18:06撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この料理も目的だった。
2

感想/記録
by snakam

 先週末は小川山でクライミングの帰りに中央道30キロ渋滞にはまり大変な目にあったので、今回は土曜日に日帰り登山をして現地に宿泊後、日曜日の朝に帰路につく作戦を考えた。
 北アルプスの紅葉が目的。日帰りできるということで、ベースは新穂高、上高地、扇沢、白馬あたりが候補。どこもめちゃ混みそうだが、今回は、料理がおいしい馴染みの旅館がある白馬を選択。
 ちゃんとした登山として白馬に登るか、八方尾根からの景色メインのハイキングとして唐松に登るか決められないまま、土曜日午前1時半ごろ、自宅を出発。心の中は白馬8割、唐松2割だったが、白馬村に入る頃に濃いガスに覆われ、ガスの暗い山道を猿倉まで車を走らせる気力が失せて、唐松に決定。となれば、ゴンドラが動くのは午前7時からなので、コンビニに駐車して朝食にするとともに、1時間ほど仮眠。お気楽登山となった。
 夜が明けてもガスに覆われていたが、ごく局地的だったようで、山は晴天。終始風は強かったが、景色は素晴らしく、谷筋を登る白馬でなく、八方尾根にして正解だった。たまには楽な登山もよい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:566人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ケルン ガス キレット 雪渓 紅葉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ