また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1275995 全員に公開 ハイキング丹沢

初秋の蛭ヶ岳(地蔵尾根、源蔵尾根)

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後曇り 風:昼過ぎからやや強く
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行き:一般道で神ノ川ヒュッテ手前の駐車スペースへ
帰り:駐車スペースからいやしの湯経由一般道で帰宅

ゲート前のスペースは6:20時点で略満車、少し手前の駐車スペ
ースに停めました。
この時期、釣り人もたくさんいらっしゃいます。

トイレはゲート前と蛭ヶ岳山荘(¥200)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
初めての地蔵尾根と源蔵尾根

何れも破線コースなので自己責任で。
今回はヤマレコマップの使い方を事前に確認しておいたので、
迷った所では活用しました。

地蔵尾根への取り付きは事前にレコを見ていたにも拘わらず、
藪漕ぎもあり分かりにくかったです。
地蔵尾根は急斜面で上部は岩稜地帯。山と高原地図でも上級者
コースとなっています。本来私のような初級レベルの人は行く
所ではありません。

コースは赤テープやロープも多く、道は分かり易いんですが、
上部で赤テープを見失いプチ迷いを何回かしました。
スマホのヤマレコマップで軌道修正したので、大間違いはしま
せんでしたが。
本来の道でも、かなりの急斜面で木や木の根等を掴んで這い上
る箇所があります。下りは危険と書いてあるのも納得。上部の
岩は前回書策新道で迷った所と同じく、脆い岩ですので安易に
手がかりにすると痛い目にあいます。
私は一度大きな落石を起こしました。(下に誰もいなくて良か
った)
又、今回も躓いて転び、運悪く岩の角に顎をぶつけ出血。大し
た怪我でなかったのは幸い。

源蔵尾根は迷い易い所に赤テープやロープがあるので、迷いま
せんでした。
最初の急坂と痩せ尾根を除けば、そんなに問題はありません。
ただ地蔵尾根程ではありませんが、急坂ですので、下りのスリ
ップ注意です。

登山計画書は神ノ川ヒュッテのポストに提出しました。
その他周辺情報帰りは いやしの湯 で汗を流しました。(¥700)

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ ヘルメット

写真

ゲート前のスペースは略満車。私は少し下のスペースに停めました。ご夫婦でしょうか、私よりは大分若いですが、山慣れした方と少しお話。袖平山経由で登られるとの事。地蔵尾根は何度も登り、そんなに難しくはないとの事でした。
2017年10月01日 06:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート前のスペースは略満車。私は少し下のスペースに停めました。ご夫婦でしょうか、私よりは大分若いですが、山慣れした方と少しお話。袖平山経由で登られるとの事。地蔵尾根は何度も登り、そんなに難しくはないとの事でした。
林道から振返る朝の大室山はとても綺麗です。
2017年10月01日 06:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から振返る朝の大室山はとても綺麗です。
2
途中の滝や
2017年10月01日 06:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の滝や
6
花が林道歩きを癒してくれます。これはノコンギクかな。
2017年10月01日 07:01撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が林道歩きを癒してくれます。これはノコンギクかな。
8
ホトトギスはポツポツですが、殆どの区間で見かけました。
2017年10月01日 07:21撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホトトギスはポツポツですが、殆どの区間で見かけました。
12
橋手前のススキも綺麗です。
2017年10月01日 07:28撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋手前のススキも綺麗です。
3
広河原に向かって藪漕ぎスタート。
2017年10月01日 07:31撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原に向かって藪漕ぎスタート。
1
写真で見た堰堤から下りる所。実はこの前とこの後で藪の中や山の中を少しウロウロして、再度ここから下りる羽目になりましたが。方向音痴の本領発揮。
2017年10月01日 07:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真で見た堰堤から下りる所。実はこの前とこの後で藪の中や山の中を少しウロウロして、再度ここから下りる羽目になりましたが。方向音痴の本領発揮。
良く見ると赤いテープがあるので、分かりにくくはない筈ですが。
2017年10月01日 08:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見ると赤いテープがあるので、分かりにくくはない筈ですが。
1
これが地蔵尾根への取り付き。ようやく発見。
2017年10月01日 08:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが地蔵尾根への取り付き。ようやく発見。
2
なるほど、急な岩登りです。でも岩はしっかりしているので、問題なく登れます。
2017年10月01日 08:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なるほど、急な岩登りです。でも岩はしっかりしているので、問題なく登れます。
1
赤いテープがいつも視界に入りますので、この辺は迷う心配はありません。ただ、とても急坂です。
2017年10月01日 08:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤いテープがいつも視界に入りますので、この辺は迷う心配はありません。ただ、とても急坂です。
2
写真で見るより急な感じ。電線が張ってあったりします。
2017年10月01日 08:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真で見るより急な感じ。電線が張ってあったりします。
ようやく少し平な所に来ました。
2017年10月01日 09:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく少し平な所に来ました。
今度は岩稜帯の急坂に入ります。この辺の岩は脆いので、注意して登ります。実はこの前に転倒して、岩に顎をぶつけてしまいました。痛くはないですが、出血したので大怪我に見えます。
2017年10月01日 09:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は岩稜帯の急坂に入ります。この辺の岩は脆いので、注意して登ります。実はこの前に転倒して、岩に顎をぶつけてしまいました。痛くはないですが、出血したので大怪我に見えます。
1
痩せ尾根も慎重に。
2017年10月01日 09:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根も慎重に。
2
木の間から蛭ヶ岳が見えました。
2017年10月01日 09:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から蛭ヶ岳が見えました。
目印を見失ったり、又見つけたりを繰り返しています。おかげで良く見る剣を見落としてしまいました。前半と異なり、岩稜で視界が遮られて間違えたのではないかと推測。
2017年10月01日 10:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目印を見失ったり、又見つけたりを繰り返しています。おかげで良く見る剣を見落としてしまいました。前半と異なり、岩稜で視界が遮られて間違えたのではないかと推測。
2
ようやく姫次からの道に合流。
2017年10月01日 10:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく姫次からの道に合流。
2
檜洞丸の向こうに富士山が頭を出しています。
2017年10月01日 10:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸の向こうに富士山が頭を出しています。
16
少し広角にすると、檜洞丸、大室山。奥に富士山、手前は少し色づいた尾根になります。
2017年10月01日 10:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し広角にすると、檜洞丸、大室山。奥に富士山、手前は少し色づいた尾根になります。
6
階段をどんどん登ります。今日は乾いているので安心して歩けます。
2017年10月01日 11:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段をどんどん登ります。今日は乾いているので安心して歩けます。
1
いい雰囲気の道ですね。
2017年10月01日 11:07撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい雰囲気の道ですね。
9
所々に赤く色づいた木があります。
2017年10月01日 11:09撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に赤く色づいた木があります。
6
奥が袖平山の尾根。間が登って来た地蔵尾根のようです。
2017年10月01日 11:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥が袖平山の尾根。間が登って来た地蔵尾根のようです。
4
まだトリカブトが咲いています。
2017年10月01日 11:18撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだトリカブトが咲いています。
13
全体的な紅葉度はこんな感じでしょうか。取り敢えず満足。
2017年10月01日 11:22撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全体的な紅葉度はこんな感じでしょうか。取り敢えず満足。
2
蛭ヶ岳山荘が見えました。昨年の2月、積雪時に登って以来です。あの時の宿泊者は私1人。窓から心配そうに管理人さんが見ていたのを覚えています。
2017年10月01日 11:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘が見えました。昨年の2月、積雪時に登って以来です。あの時の宿泊者は私1人。窓から心配そうに管理人さんが見ていたのを覚えています。
5
山頂に到着して周りを眺めながら昼食。もう曇ってきました。丹沢山に向かう稜線。
2017年10月01日 11:57撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着して周りを眺めながら昼食。もう曇ってきました。丹沢山に向かう稜線。
2
山荘裏のナナカマドと黄葉。
2017年10月01日 12:00撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘裏のナナカマドと黄葉。
3
記念に1枚。山頂で出発時にお話ししたお二人と遭遇。出血を見て心配して下さいました。顎は自分では見えないので大した事ないと放っておきましたが、念の為大きい絆創膏を貼りました。
2017年10月01日 12:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念に1枚。山頂で出発時にお話ししたお二人と遭遇。出血を見て心配して下さいました。顎は自分では見えないので大した事ないと放っておきましたが、念の為大きい絆創膏を貼りました。
23
檜洞丸方面に下ります。ここからは花を探しながら歩きます。
2017年10月01日 12:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸方面に下ります。ここからは花を探しながら歩きます。
6
センブリですね。花びらが普通は5枚ですが、ネットで見たら丹沢では4枚もあるとの事なので、多分。
2017年10月01日 12:22撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センブリですね。花びらが普通は5枚ですが、ネットで見たら丹沢では4枚もあるとの事なので、多分。
8
リンドウも綺麗です。
2017年10月01日 12:27撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウも綺麗です。
10
綺麗な紅葉。後ろの山と青空をバックに見たかったな。
2017年10月01日 12:27撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な紅葉。後ろの山と青空をバックに見たかったな。
8
リュウノウギクの群落。結構見かけました。
2017年10月01日 12:31撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リュウノウギクの群落。結構見かけました。
4
これから行く臼ヶ岳と、檜洞丸、同角山稜。
2017年10月01日 12:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く臼ヶ岳と、檜洞丸、同角山稜。
5
ダイモンジソウの群落。
2017年10月01日 12:36撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイモンジソウの群落。
10
紅葉の枝をアップで。
2017年10月01日 12:44撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の枝をアップで。
4
オクモミジハグマかな。(hamburgさんのクマレコから推定)
2017年10月01日 12:46撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オクモミジハグマかな。(hamburgさんのクマレコから推定)
4
この道は結構倒木が多いです。比較的新しそうなのがあったので、先日来た台風のせい?
2017年10月01日 12:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道は結構倒木が多いです。比較的新しそうなのがあったので、先日来た台風のせい?
臼ヶ岳に寄る途中に蛭ヶ岳、丹沢山方面を見ると雲がかかっています。
2017年10月01日 13:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臼ヶ岳に寄る途中に蛭ヶ岳、丹沢山方面を見ると雲がかかっています。
シラヒゲソウ発見。これを見るのも今回の目的の一つでした。畦ヶ丸へ向かう途中の滝でしか見た事がなかったので。レコにアップして下さった方、有難うございました。
2017年10月01日 13:46撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラヒゲソウ発見。これを見るのも今回の目的の一つでした。畦ヶ丸へ向かう途中の滝でしか見た事がなかったので。レコにアップして下さった方、有難うございました。
14
2つ並んで。
2017年10月01日 13:47撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ並んで。
7
イワシャジンも、まだ大丈夫でした。
2017年10月01日 13:49撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワシャジンも、まだ大丈夫でした。
5
綺麗な大の形をしたダイモンジソウをアップで。シラヒゲソウと同じような所に咲いています。
2017年10月01日 13:49撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な大の形をしたダイモンジソウをアップで。シラヒゲソウと同じような所に咲いています。
9
綺麗に紅葉したツツジ(多分)。
2017年10月01日 13:54撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗に紅葉したツツジ(多分)。
2
シラヒゲソウ群落。
2017年10月01日 13:59撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラヒゲソウ群落。
4
金山谷乗越の古い看板。ヤマレコマップを見るとこの辺りから広河原方面に向かう方もいらっしゃるようです。
2017年10月01日 14:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山谷乗越の古い看板。ヤマレコマップを見るとこの辺りから広河原方面に向かう方もいらっしゃるようです。
1
黄葉が綺麗。
2017年10月01日 14:21撮影 by Canon EOS Kiss X8i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄葉が綺麗。
4
源蔵尾根入口です。
2017年10月01日 14:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源蔵尾根入口です。
1
最初は、痩せ尾根(左を巻いたかな)、
2017年10月01日 14:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は、痩せ尾根(左を巻いたかな)、
ロープのついた滑り易い急坂がありますが、後は尾根で踏み跡もしっかりしていて、急ですが迷う事はありませんでした。
2017年10月01日 14:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープのついた滑り易い急坂がありますが、後は尾根で踏み跡もしっかりしていて、急ですが迷う事はありませんでした。
終盤の迷い易い所には赤テープで目印がついています。なければ真直ぐ行きそうです。
2017年10月01日 15:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終盤の迷い易い所には赤テープで目印がついています。なければ真直ぐ行きそうです。
堰堤に到着し、対岸に渡渉。
2017年10月01日 15:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤に到着し、対岸に渡渉。
2
藪を漕いで林道に戻ります。
2017年10月01日 15:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪を漕いで林道に戻ります。
ゲート到着。すぐ後に出発時と山頂で出会ったお二人も下りて来られました。檜洞丸からヤタ尾根を経由して来たとの事。速っ。大した怪我でもなく無事下山出来た事に感謝。そしてレコで情報を下さった方々、有難うございました。
2017年10月01日 16:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート到着。すぐ後に出発時と山頂で出会ったお二人も下りて来られました。檜洞丸からヤタ尾根を経由して来たとの事。速っ。大した怪我でもなく無事下山出来た事に感謝。そしてレコで情報を下さった方々、有難うございました。
1

感想/記録
by nino33

もともと北アルプスに遠征する予定が、前日夜の天気予報で月
曜は曇りから雨の予報になっていたので断念、日帰りで行ける
所に計画変更しました。

前から地蔵尾根を登る計画案を作っていたのと、地蔵尾根で検
索し、以前登られたartpanoramaさんのレコが全く同じコース
だったのを見て決断しました。有難うございます。
前回、書策新道が道迷いで大変だったので今回はヤマレコマッ
プを活用しましたが、それでもプチ迷い。地図だけでは分かり
にくい小ピークの通過等現場での判断力が必要だと痛感しまし
た。

コース自体は、予想通り書策新道で道迷いをした所の難易度以
上でも以下でもありませんでした。
赤テープとロープがあるだけ、ましかな。
前回の反省点は半分位はクリアしましたが、思わぬ所でアクシ
デント。転んだのは一回だけで済みましたが、血がでたので、
大怪我みたいに見られました。
大して痛くもなかったので、タオルとカット絆で処置、風呂場
で鏡を見たら出血量にしてはほんの少しの傷でした。心配して
下さった方、有難うございました。

日曜日なので、破線ルートでも誰か通っている人がいるだろう
と思いましたが、どなたともお会いしませんでした。
破線ルートをソロで歩く時の恐さですね。

山頂付近は紅葉が始まっていました。まだまだですが、その分、
残り花が見られて満足です。
シラヒゲソウも他の方のレコ通り、道端に咲いていて今年も見
る事ができました。
いつも畦ヶ丸に行く時に寄る下棚の滝で見ているので比較する
と、やはり濡れた花の群落の方が綺麗かな。

来週前半はかみさんのお供があり山に行けないので、もう今シ
ーズンの北アルプスも終りでしょう。

2週続けての急坂で足を酷使したので、腿の筋肉が悲鳴をあげ
ています。ちょっと休養が必要。

2週続けて怪我もしたので、帰りに先日見かけた山の神大社に
寄り、大事ない怪我で済んだ事のお礼と、これからの安全祈願
をしてきました。今回はお賽銭を入れ入念に。
感謝!
訪問者数:316人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/7
投稿数: 50
2017/10/8 21:24
 はじめまして
nino33さん、初めまして。
私のレコを参考にしていただき恐縮です。

私も昨年、書策新道で最後の尾根の取付きが分からず、引き返した事があります。
Vルート歩きは事前の予習が大切ですよね。

お互い、単独のVルート歩きは何かあった時のリスクが高いので、慎重に楽しみましょう
登録日: 2014/3/13
投稿数: 90
2017/10/11 23:33
 Re: はじめまして
artpanoramaさん

初めまして。暫く出かけていたので返信が遅れてしまいました。

Vルートは魅力一杯ですが、それなりにリスクがありますよね。
書策新道で失敗したので、artpanoramaさんのレコ等を参考に
事前に確認した積りでしたが、行ってみないと分からない所が
ありますね。
特に単独だと、何かあると遭難につながるので余計に慎重にし
ないと。
自己責任とは言いながらも、何かあったら皆に迷惑をかけてし
まいますから。

色んなルートを行ってみたい方なので、これからも参考にさせ
て頂く事になると思いますので、宜しくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ