また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1278900 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

帝釈山・田代山:馬坂峠より往復

日程 2017年10月05日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー6人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
馬坂峠の駐車場(20台くらい)。トイレあり(100円)。
峠までは10km程度の未舗装の道。あまり荒れてはいないが、距離が長くて運転に疲れる。
峠より先、栃木県側は道路は通行止めとなっている。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間52分
休憩
1時間13分
合計
5時間5分
S馬坂峠駐車場08:3109:21帝釈山09:3410:57田代山11:2911:51田代山湿原11:5212:06田代山12:1613:19帝釈山13:3613:36馬坂峠駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は階段、木道など非常によく整備されている。帝釈山の登り下りは結構急坂。田代山の湿原の木道は反時計回りの一方通行となっている。
その他周辺情報アルザ尾瀬の郷(500円)、露天のみ。

写真

前日は湯の花温泉の民宿に宿泊。4つの共同浴場をハシゴした。
2017年10月04日 16:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日は湯の花温泉の民宿に宿泊。4つの共同浴場をハシゴした。
少し離れた「湯端の湯」。男女別。
2017年10月04日 16:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し離れた「湯端の湯」。男女別。
湯端の湯。
2017年10月04日 16:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯端の湯。
川沿いの「石湯」。混浴。
2017年10月04日 16:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いの「石湯」。混浴。
道路沿いの「天神の湯」。混浴。
2017年10月04日 16:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路沿いの「天神の湯」。混浴。
天神の湯。
2017年10月04日 16:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神の湯。
道路沿いの一番大きな「弘法の湯」。男女別。
2017年10月04日 17:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路沿いの一番大きな「弘法の湯」。男女別。
1
翌日、馬坂峠から登り始める。なんと僅かながら雪が降ったようだ。とても寒い。
2017年10月05日 08:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、馬坂峠から登り始める。なんと僅かながら雪が降ったようだ。とても寒い。
1
こんな感じ。
2017年10月05日 08:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
こんな道。
2017年10月05日 08:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな道。
ゴゼンタチバナの真っ赤な実。
2017年10月05日 09:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナの真っ赤な実。
しばしの登りで帝釈山山頂に。360度の大展望だ。
2017年10月05日 09:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばしの登りで帝釈山山頂に。360度の大展望だ。
もう大分色づいている。遠くに日光白根山。
2017年10月05日 09:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう大分色づいている。遠くに日光白根山。
1
燧ヶ岳の雄姿。
2017年10月05日 09:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳の雄姿。
1
日光白根山。
2017年10月05日 09:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山。
2
日光連山。
2017年10月05日 09:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光連山。
1
燧ヶ岳のアップ。
2017年10月05日 09:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳のアップ。
会津駒ヶ岳。なだらかで大きな山容だ。
2017年10月05日 09:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒ヶ岳。なだらかで大きな山容だ。
1
ガスに隠れる田代山。
2017年10月05日 09:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスに隠れる田代山。
赤黄緑の取り合わせが実にいい感じだ。
2017年10月05日 09:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤黄緑の取り合わせが実にいい感じだ。
1
いい色だ。
2017年10月05日 09:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい色だ。
1
帝釈山からの下りの小さな梯子。2か所ある。
2017年10月05日 09:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山からの下りの小さな梯子。2か所ある。
田代山の避難小屋が見えてきた。
2017年10月05日 12:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代山の避難小屋が見えてきた。
田代山の避難小屋。
2017年10月05日 11:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代山の避難小屋。
避難小屋というよりお堂(弘法堂)だ。
2017年10月05日 11:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋というよりお堂(弘法堂)だ。
立派なトイレ。
2017年10月05日 11:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なトイレ。
土足厳禁。何と靴のまま履けるスリッパが。
2017年10月05日 12:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土足厳禁。何と靴のまま履けるスリッパが。
小屋からほんの少しで広大な山頂湿原に出る。目の前がパッと開けて感動的。
2017年10月05日 12:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋からほんの少しで広大な山頂湿原に出る。目の前がパッと開けて感動的。
1
湿原の木道は一方通行。一周30分の散策に向かう。
2017年10月05日 11:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の木道は一方通行。一周30分の散策に向かう。
実に広い。
2017年10月05日 11:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実に広い。
延々と続く木道。
2017年10月05日 11:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と続く木道。
こんな感じ。
2017年10月05日 11:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
さらに進む。
2017年10月05日 11:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進む。
弘法池が見えてきた。
2017年10月05日 11:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法池が見えてきた。
弘法池。
2017年10月05日 11:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弘法池。
2
湿原の奥に会津駒ヶ岳。
2017年10月05日 11:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の奥に会津駒ヶ岳。
ここが田代山頂ということらしい。全然山頂ではないのだが。
2017年10月05日 11:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが田代山頂ということらしい。全然山頂ではないのだが。
馬坂峠へ戻る。色とりどりの落ち葉が美しい。
2017年10月05日 12:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬坂峠へ戻る。色とりどりの落ち葉が美しい。
きれいだ。
2017年10月05日 13:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいだ。
2
帝釈山頂に戻ると、田代山の全貌が。
2017年10月05日 13:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山頂に戻ると、田代山の全貌が。
燧ヶ岳の横に見えるは平ヶ岳か?
2017年10月05日 13:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳の横に見えるは平ヶ岳か?
1
なだらかで大きな会津駒ヶ岳。
2017年10月05日 13:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかで大きな会津駒ヶ岳。
越後駒ヶ岳と中岳。
2017年10月05日 13:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳と中岳。
日光白根山。
2017年10月05日 13:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山。
1
そこら中にオサバグサ。
2017年10月05日 14:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこら中にオサバグサ。
1968年の田代山頂湿原と弘法池。まだ木道は無かった。
2017年09月04日 12:34撮影 by HTL21, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1968年の田代山頂湿原と弘法池。まだ木道は無かった。
2
1968年の弘法池、現在より大きかったようだ。
2017年09月04日 12:35撮影 by HTL21, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1968年の弘法池、現在より大きかったようだ。
2
1968年の帝釈山から燧ヶ岳。
2017年09月04日 12:36撮影 by HTL21, HTC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1968年の帝釈山から燧ヶ岳。
1

感想/記録
by tat7

大学時代からの山仲間と、湯の花温泉に泊まって、翌日、田代・帝釈山に登るという、のんびりした温泉山行を楽しんできた。

湯の花温泉では、4つの共同浴場をハシゴして温泉と舞茸、岩魚、新ソバのご馳走を満喫した。

田代山へは猿倉登山口と馬坂峠のどちらから往復するか迷っていたが、楽な馬坂峠にした。馬坂峠までの未舗装の林道は思った以上に長くて運転に疲れた。

前日僅かに雪が降ったようで朝はかなり寒かった。紅葉も思ったより色づいていてあっという間に秋も深まっていくようだ。

帝釈山の大展望、田代山の大湿原、と、見どころ一杯でかつ楽に登れるルートなので、人気があるらしく、平日なのに意外に人が多かった。

田代山は高校時代の1968年に登った記録があり、写真があったので参考までに掲載しました。
訪問者数:279人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ