ヤマレコ

記録ID: 1281272 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

【名ルートに挑戦】 谷川連峰 馬蹄型縦走 反時計回り

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れとガスが交互に繰り返す
風弱く穏やか
暑かった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●駐車場
 JR上越線土合駅駐車場を利用 無料
 駅のトイレを利用可能
 前日20:30頃到着時3割程度の入り
 翌日山行開始時満車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●全般
 メジャールートで道筋明瞭
 それほどの危険箇所なし
 岩場は岩質が蛇紋岩という種で、所々滑りやすい
 前日の降雨のためか、稜線の黒土部分は泥濘が多かった
その他周辺情報●下山後の温泉
 水上温泉街の「ふれあい交流館」を利用 570円
 http://www.minakami-onsen.com/spa.php?itemid=273

※最初、湯テルメ谷川に行ったが、混雑で駐車場に入れなかった

写真

10/7
今回は群馬県への旅
西から長野県経由で群馬県入り
夕食は、途中、長野原町の昔ながらの食堂で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10/7
今回は群馬県への旅
西から長野県経由で群馬県入り
夕食は、途中、長野原町の昔ながらの食堂で
6
これで900円也
美味し!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで900円也
美味し!
9
片道400km
目的地、JR上越線土合駅に到着
三角屋根がロッジみたい
ドアイ・・・
渋い響きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片道400km
目的地、JR上越線土合駅に到着
三角屋根がロッジみたい
ドアイ・・・
渋い響きです
3
土合駅
下り線は有名なトンネル駅
見学してみる
500段近い階段を下るとホームがある
高低差は70mもある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土合駅
下り線は有名なトンネル駅
見学してみる
500段近い階段を下るとホームがある
高低差は70mもある
2
ちょうど下り最終電車がやってきた
降りてくるお客さんは登山者ばかり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうど下り最終電車がやってきた
降りてくるお客さんは登山者ばかり
3
名物「土合駅寝」をされる皆さん
自分もと思っていたが、夜間も照明で明るく、眠れないかと、車中泊にした
無人駅で、切符売場や待合室は閉鎖中
きれいなトイレを使えるのがありがたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物「土合駅寝」をされる皆さん
自分もと思っていたが、夜間も照明で明るく、眠れないかと、車中泊にした
無人駅で、切符売場や待合室は閉鎖中
きれいなトイレを使えるのがありがたい
6
明けて10/8 
谷川連峰馬蹄型縦走に挑戦する
今回は反時計回り
4:00過ぎ、ヘッデンスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明けて10/8 
谷川連峰馬蹄型縦走に挑戦する
今回は反時計回り
4:00過ぎ、ヘッデンスタート
4
まずは白毛門を目指す
出だしは、割と急登だ
初めての道で、慣れない暗闇行動
今一、調子が上がらない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは白毛門を目指す
出だしは、割と急登だ
初めての道で、慣れない暗闇行動
今一、調子が上がらない
1
1時間ほどで明るくなってきた
山で迎える夜明けはいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほどで明るくなってきた
山で迎える夜明けはいい
7
ガス模様で、白毛門は見えそうで見えない
でも紅葉が素晴らしいね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガス模様で、白毛門は見えそうで見えない
でも紅葉が素晴らしいね
11
ご来光
グーテンモルゲン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光
グーテンモルゲン
7
白毛門に到着
標高1720m
さあ、ここから馬蹄型の稜線歩きが始まる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門に到着
標高1720m
さあ、ここから馬蹄型の稜線歩きが始まる
4
軽快に行こうとしたが、稜線の黒土の道は泥濘だった
まるで調子が上がらない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽快に行こうとしたが、稜線の黒土の道は泥濘だった
まるで調子が上がらない
3
やっちまったな・・・
足が潜るのなんの
さらにポカミス
段差の着地で尻餅をつき、ズボンやザック、シャツまで泥だらけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっちまったな・・・
足が潜るのなんの
さらにポカミス
段差の着地で尻餅をつき、ズボンやザック、シャツまで泥だらけ
7
次の笠ヶ岳への道
ガスなんですが、進む稜線だけがピンポイントで見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の笠ヶ岳への道
ガスなんですが、進む稜線だけがピンポイントで見える
13
これ、ホンマにいいね
しかも、虹が見えてるじゃないか!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これ、ホンマにいいね
しかも、虹が見えてるじゃないか!
27
笠ヶ岳に到着
標高1852m
だんだん晴れてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳に到着
標高1852m
だんだん晴れてきた
5
谷川岳が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳が見えてきた
10
急速に雲がとれる
順調に進めば、馬蹄をくるりと回って、あそこまで行って下山する予定
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急速に雲がとれる
順調に進めば、馬蹄をくるりと回って、あそこまで行って下山する予定
8
何と、富士山が!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何と、富士山が!
12
東側
武尊山
左奥は、尾瀬の至仏山だろうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側
武尊山
左奥は、尾瀬の至仏山だろうか
3
一際目立ったのがこれ
尾瀬の燧ヶ岳だろうか
だとしたらもう福島県だね
尾瀬は3年前に行っているので、懐かしい
遙かな尾瀬♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一際目立ったのがこれ
尾瀬の燧ヶ岳だろうか
だとしたらもう福島県だね
尾瀬は3年前に行っているので、懐かしい
遙かな尾瀬♪
8
さらに遠く
日光白根山などだろうか
初めての山域でよく分からないが、周囲の名山がたくさん見えている様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに遠く
日光白根山などだろうか
初めての山域でよく分からないが、周囲の名山がたくさん見えている様子
3
次に目指す朝日岳
ピークはどこじゃ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次に目指す朝日岳
ピークはどこじゃ
15
笠ヶ岳の下にカマボコ型の避難小屋
中は4〜5人程度
空調用の隙間もあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳の下にカマボコ型の避難小屋
中は4〜5人程度
空調用の隙間もあった
4
このルート、強者のみなさんばかりで、どんどん抜かれる
笠ヶ岳で抜かれたのは70歳の健脚紳士
この先、しばらくお喋りしながら進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルート、強者のみなさんばかりで、どんどん抜かれる
笠ヶ岳で抜かれたのは70歳の健脚紳士
この先、しばらくお喋りしながら進む
5
細かいアップダウンが続く
なかなか着かせてくれない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細かいアップダウンが続く
なかなか着かせてくれない
5
歩いて来た道
縦走冥利につきますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて来た道
縦走冥利につきますね
6
西側の斜面
美しい
言葉にならないね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の斜面
美しい
言葉にならないね
6
ちょっとしたキャッスルマウンテン
見上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとしたキャッスルマウンテン
見上げる
6
その向こうが朝日岳だった
標高1945m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その向こうが朝日岳だった
標高1945m
4
南方
榛名山か赤城山かな
これもきれいな形
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方
榛名山か赤城山かな
これもきれいな形
2
遠方もよく見える
南アルプス〜八ヶ岳だと思う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠方もよく見える
南アルプス〜八ヶ岳だと思う
妙高・火打?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙高・火打?
3
その先はすばらしいボーナス区間
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先はすばらしいボーナス区間
6
宝川温泉分岐
いい名前の温泉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝川温泉分岐
いい名前の温泉
1
山上に湿原
地糖が点在
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山上に湿原
地糖が点在
2
ジャンクションピークという辺り
巻機山への分岐
道はいきなり笹薮になってた
冬道かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンクションピークという辺り
巻機山への分岐
道はいきなり笹薮になってた
冬道かな
1
その巻機山というのも素晴らしかった
大きな山塊
西日本在住だとこちら方面は疎い
見るのも珍しい山々に、すっかりおのぼりさんだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その巻機山というのも素晴らしかった
大きな山塊
西日本在住だとこちら方面は疎い
見るのも珍しい山々に、すっかりおのぼりさんだ
6
谷川岳までは群馬新潟県境を進む
この先はグーンと下る
清水峠の建物や送電線が見える
越後のマッターホルン、大源太山が印象的だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳までは群馬新潟県境を進む
この先はグーンと下る
清水峠の建物や送電線が見える
越後のマッターホルン、大源太山が印象的だった
4
天気はこんなクリアな時とガスの繰り返し
見えているときは空気が澄んでいてきれいだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気はこんなクリアな時とガスの繰り返し
見えているときは空気が澄んでいてきれいだった
4
北東方面
この双子はなんだろう
新潟の越後駒かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北東方面
この双子はなんだろう
新潟の越後駒かな
2
標高1500〜1600mの紅葉が盛りだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1500〜1600mの紅葉が盛りだった
5
地糖越しに
谷川-一ノ倉-茂倉-武能
午後には、無事あちら側を歩いているだろうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地糖越しに
谷川-一ノ倉-茂倉-武能
午後には、無事あちら側を歩いているだろうか
9
清水峠まで下り一辺倒かと思いきや、そうでもなかった
地味にキツい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水峠まで下り一辺倒かと思いきや、そうでもなかった
地味にキツい
ようやく清水峠に到着
白崩避難小屋
中は複雑な造りだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく清水峠に到着
白崩避難小屋
中は複雑な造りだった
3
この山荘風の建物は、送電線監視所
山小屋かと思うよね
近くに水場があるそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山荘風の建物は、送電線監視所
山小屋かと思うよね
近くに水場があるそうです
4
次は七ッ小屋山への登り返し
見た目圧倒される
でも、縦走の登り返しは、とにかく取り付いて進めば、意外と早い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は七ッ小屋山への登り返し
見た目圧倒される
でも、縦走の登り返しは、とにかく取り付いて進めば、意外と早い
2
七ッ小屋山に到着
標高1675m
この頃から、予定よりペースが遅いことが気になりだす
休まず通過しよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ小屋山に到着
標高1675m
この頃から、予定よりペースが遅いことが気になりだす
休まず通過しよう
2
下るとその先は笹原地帯
緩やかで歩きやすい
ここもボーナスステージ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るとその先は笹原地帯
緩やかで歩きやすい
ここもボーナスステージ
11
草原と赤い羊たち
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草原と赤い羊たち
5
蓬ヒュッテまではこんな感じ
歩きやすかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬ヒュッテまではこんな感じ
歩きやすかった
3
七ッ小屋山を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ小屋山を振り返る
4
蓬ヒュッテがポツンと見えてきた
ここで小休止
ペットボトル400円也
次の武能岳への登りがキツそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬ヒュッテがポツンと見えてきた
ここで小休止
ペットボトル400円也
次の武能岳への登りがキツそう
5
地道に進む
ガスの中に隠れる、次の茂倉岳への登り、もっとキツそう
ちょっとした大キレットに見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地道に進む
ガスの中に隠れる、次の茂倉岳への登り、もっとキツそう
ちょっとした大キレットに見える
3
武能岳山頂
ここも通過する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武能岳山頂
ここも通過する
2
ガスの時間が多くなるが、時々晴れる
草原地帯を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの時間が多くなるが、時々晴れる
草原地帯を振り返る
2
結構下って登り返す
鞍部から茂倉岳までは400m近く登り返すらしい
マジか・・・(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構下って登り返す
鞍部から茂倉岳までは400m近く登り返すらしい
マジか・・・(笑)
14
武能岳を振り返る
一つ一つ通り過ぎて来た山を記憶にとどめよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武能岳を振り返る
一つ一つ通り過ぎて来た山を記憶にとどめよう
3
手前で補給し、登りにかかる
ガスで山頂が見えなくなり、地道に進むだけ
脚はかなり来てるな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前で補給し、登りにかかる
ガスで山頂が見えなくなり、地道に進むだけ
脚はかなり来てるな〜
新潟側
湯沢の方だろうか
スキー場が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新潟側
湯沢の方だろうか
スキー場が見える
2
突然晴れた
山頂が目前
いや、これも見えてからが意外と長かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然晴れた
山頂が目前
いや、これも見えてからが意外と長かった
3
茂倉岳山頂
後半の山場、ようやく登り切ったよ・・・
標高1978m
今日の最高点かな
山頂標識周辺が群れていたので通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳山頂
後半の山場、ようやく登り切ったよ・・・
標高1978m
今日の最高点かな
山頂標識周辺が群れていたので通過
7
次の一ノ倉岳までは緩やか
そしていよいよ谷川岳が見えてきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の一ノ倉岳までは緩やか
そしていよいよ谷川岳が見えてきた!
2
万太郎・仙ノ倉・平標への主脈縦走路が見える
あちらも是非歩いてみたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎・仙ノ倉・平標への主脈縦走路が見える
あちらも是非歩いてみたい
3
馬蹄型の前半
朝日岳などなど
午前中は向こうからこちらを眺めていたわけです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬蹄型の前半
朝日岳などなど
午前中は向こうからこちらを眺めていたわけです
5
谷川岳
大迫力!
双耳峰で、手前がオキの耳、奥がトマの耳だったかな
逆だったっけ(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳
大迫力!
双耳峰で、手前がオキの耳、奥がトマの耳だったかな
逆だったっけ(笑)
12
平らな一ノ倉岳
標高1974m
ここもカマボコ避難小屋がある
少し補給して最後に備える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平らな一ノ倉岳
標高1974m
ここもカマボコ避難小屋がある
少し補給して最後に備える
1
いよいよ馬蹄型縦走反時計回り最後の山
谷川岳へ
ここも結構下って登り返す
左側の切れ落ち方が凄い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ馬蹄型縦走反時計回り最後の山
谷川岳へ
ここも結構下って登り返す
左側の切れ落ち方が凄い!
7
登り返しは岩場が増える
いわゆる蛇紋岩
所々ツルツルしていて滑りやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返しは岩場が増える
いわゆる蛇紋岩
所々ツルツルしていて滑りやすい
1
ノゾキという場所より覗く
これが一ノ倉沢だろうか
クライマーの聖地
こりゃ、すごいわ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノゾキという場所より覗く
これが一ノ倉沢だろうか
クライマーの聖地
こりゃ、すごいわ
8
さっきいた茂倉〜一ノ倉が離れていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきいた茂倉〜一ノ倉が離れていく
2
オキの耳かと思ったら神社だった
もう少し先だった
キツい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳かと思ったら神社だった
もう少し先だった
キツい!
そうしてこうして、人生初の谷川岳
オキの耳に到着
なかなか来られない場所だけど、時間的にゆっくりしていられない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうしてこうして、人生初の谷川岳
オキの耳に到着
なかなか来られない場所だけど、時間的にゆっくりしていられない
11
続いてトマの耳へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いてトマの耳へ
3
到着
清水峠からずっと前後していた、同じく反時計回りの方に撮っていただく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着
清水峠からずっと前後していた、同じく反時計回りの方に撮っていただく
15
肩の小屋でも一息
缶コーラで補給
身体に浸みるね〜
一瞬で飲み干してしまった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋でも一息
缶コーラで補給
身体に浸みるね〜
一瞬で飲み干してしまった
5
後半、ヘッデンになるかもしれないが、予定通り西黒尾根で下山する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半、ヘッデンになるかもしれないが、予定通り西黒尾根で下山する
2
初めての道で見当がつかないが、事故は下りに多い
もう12時間も歩いていて、脚にきてるはず
気を付けていこう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めての道で見当がつかないが、事故は下りに多い
もう12時間も歩いていて、脚にきてるはず
気を付けていこう
5
なかなかの急下り
前半は蛇紋岩の岩場が続く
とにかく慎重に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの急下り
前半は蛇紋岩の岩場が続く
とにかく慎重に
5
ロープウェイの天神平駅が見える
夜は星空鑑賞営業もあるらしい
今夜は微妙かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの天神平駅が見える
夜は星空鑑賞営業もあるらしい
今夜は微妙かな
厳剛新道との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厳剛新道との分岐
1
これを下ってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを下ってきた
4
所々鎖場が続く
気を付けよう蛇紋岩
尾瀬の至仏山でもあったね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々鎖場が続く
気を付けよう蛇紋岩
尾瀬の至仏山でもあったね
5
谷川岳がもう一度姿を見せてくれた
また来よう
もっとのんびりとした日程で肩の小屋に泊まろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳がもう一度姿を見せてくれた
また来よう
もっとのんびりとした日程で肩の小屋に泊まろう
9
下界が見えてきた
樹林帯に入ると、斜度は緩やか
今日も下りは調子がいい
快調に飛ばして行った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界が見えてきた
樹林帯に入ると、斜度は緩やか
今日も下りは調子がいい
快調に飛ばして行った
4
鉄塔を過ぎるともうすぐ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔を過ぎるともうすぐ
下に舗装路が見えた
ヘッデン下山を覚悟していたが、ギリギリ大丈夫だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に舗装路が見えた
ヘッデン下山を覚悟していたが、ギリギリ大丈夫だった
2
西黒尾根の登山口に無事下山
馬蹄型縦走、今までの日帰りハイクで一番ハードだったように思う
でも、これでホッとしたよ(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根の登山口に無事下山
馬蹄型縦走、今までの日帰りハイクで一番ハードだったように思う
でも、これでホッとしたよ(笑)
7
土合駅までは歩いて20分余り
谷川岳登山指導センター
こんな施設があるなんて、さすが登山の聖地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土合駅までは歩いて20分余り
谷川岳登山指導センター
こんな施設があるなんて、さすが登山の聖地
2
ロープウェイ乗り場
帰りの車が次々と出てくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ乗り場
帰りの車が次々と出てくる
1
温泉は、水上のふれあい交流館へ
いいところでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉は、水上のふれあい交流館へ
いいところでした
3
腹ペコだ
温泉街の奥利根ラーメンでガッツリと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腹ペコだ
温泉街の奥利根ラーメンでガッツリと
11
都合で明朝には帰宅せねばならないので、これで群馬を後に
途中2回仮眠しながら返った
往復800km、42時間の弾丸トリップだった
水上温泉、もう泊まっていきたかったよ(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都合で明朝には帰宅せねばならないので、これで群馬を後に
途中2回仮眠しながら返った
往復800km、42時間の弾丸トリップだった
水上温泉、もう泊まっていきたかったよ(笑)
8
肩の小屋で買ったバッジ
ホント”思い出”になったよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋で買ったバッジ
ホント”思い出”になったよ
11

感想/記録
by 3120m

夏山終盤、熱いハイクをもう1本しておきたかった。
思い浮かんだのが、谷川連峰の馬蹄型縦走。
なぜだか、以前から気になっており、
一度やってみたかった。

近畿東部に住む自分にとって、谷川岳は関東の遠いお山というイメージだ。
東京経由で新幹線で行けば楽だが、コスト・融通その他の面が・・・
車で、全部高速で行こうとするとかえって遠回りで、距離は片道500kmにもなり、
普段の休日に、気軽に行こうと思う距離ではない。
しかし、高速を途中で降りて、下道を最短コース気味に行けば400km。
100kmも短くなる。
これなら何とかなるんでないかい!?

10月、世間は3連休だ。
自分的には土日で山行に日程を確保してあり、
アルプスへ今季初の泊まりで行くつもりだった。
しかし、土曜はあいにくの天気。
そこでその土曜を移動に当て、思い切って遠征してみることにした。

長野道の岡谷ICで降りて、後は下道を繋いで行った。
途中、四阿山、浅間山、草津白根山などの近くも通る。
暗い時間帯に通過したので何も見えなかったが、
馴染みのない東信の名山たちでも、
これくらいで行けるのかと、距離感が分かって良かった。

馬蹄型縦走は、やはりタフだった。
これまでの日帰りハイクの中で一番ハードだっただろう。
やる前は11〜12時間で行けるだろうと思っていたが、
ぜんぜんそんなことはなかった。
調子が今ひとつで、身体にキレがなかったのもあるが、
これをやるには、もっと平均スピードの底上げが必要だと痛切に感じた。

馬蹄型で出会った人は、猛者ばかりだった。
同方向の人には追い抜かれてばかりだった。
反対回りの人とは、お互いその先の道の情報を交換したりした。
同じ日に同じように縦走する人がいるのは嬉しいし、心強い。

出会った人の中でも特に印象に残っているのが、
笠ヶ岳〜朝日岳〜ジャンクションピークでご一緒した、地元群馬の70歳の男性だ。
姿勢、足運び、呼吸、ペース・・・
どれをとっても神様のように素晴らしかった。
今年は馬蹄型をそれぞれの周りで各1回完踏。
今日は巻機山を眺めたら下山されるそうだ。
昨年は清水峠で断念され、とても悔しかったらしい。
相当トレーニングを積まれたようだ。
お話が前向きな内容ばかりで、とても力を貰えた。
普段から節制され精進されているようだ。
山歩きで、持病の糖尿もほぼ克服されたとのこと。
「こんなおじいさんでも、ハイキングのタイムが今でも早くなっている。
人間、やり方次第でまだまだ伸びる、だから”この先”も頑張って!」と、
エールを貰ってお別れした。
”この先”とは、今日のこの先と人生のこの先、両方を指しているようだった。
貴重な、とても爽やかで良い時間だった。

谷川岳、馬蹄型縦走の旅。
都合で遅くとも月曜朝には帰宅する必要があったので、
終わってみれば800km42時間の弾丸旅になった。
目まぐるしくて、こうして振り返ると、本当にあった出来事なのかと思うが、
全身に残る激しい筋肉痛、それが何よりの頑張った証だ。

憧れの名コースを無事歩ききることができた。
そろそろ、今年のロングハイクは一段落でいいのかもしれない。
少し休んで、この先はのんびり歩こうか・・・
訪問者数:546人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/1/29
投稿数: 1794
2017/10/10 6:10
 バテー系
3120mさん、ご無沙汰です。

アプローチの往路は鳥居峠越えでしょうか?
それとも北軽井沢からでしょうか?
遠路はるばる群馬へようこそでした

谷川連峰は初めてでしょうか。それでもポイントを確実に
抑えられて、流石だと唸ってレコを見てしまいました。

この日の谷川は一部でガスに巻かれるものの、かなりの好天
でしたね。私は大混雑を回避してこの山域は諦めておりました。
行けばお会いできたかな

この日の日の入りは17:16なので、出発はもう少し早かった
方が良かったかもですね。
西黒尾根下部の鉄塔付近は熊さんがいるようなので、朝夕は
要注意かと気にかけていましたので。

バテー系に弾丸アプローチ、お疲れ様でした。
達成感と疲労感、大いに共有したいです
登録日: 2010/8/9
投稿数: 1756
2017/10/10 8:17
 やはりアクセスは。。。
ワタクシも同じく岡谷からは下道を利用します。
あちらの山々、本当に遠いですよね
燧ヶ岳とか至仏山とか皇海山とか武尊山とか、
何処もかしこも片道7時間超えばかりになってしまって、
気軽に行ける山々が少なくなってきてしまっています涙

さて、それにしても泥濘が凄かったみたいですね
あれは歩くの大変そうです。
行程もアップダウンが多く、中々大変な縦走でしたね、お疲れ様でした!

そろそろ、のんびりハイクシーズンですね、お互い楽しみましょう
登録日: 2011/7/6
投稿数: 701
2017/10/10 9:10
 谷川岳
3年前に行ったので懐かしくレコを拝見…「ステビバ」という言葉を教えてもらいました…土合駅のホーム、やっぱり下まで歩きましたよ。
最終電車から誰も降りてこなかったけど…さすが秋の連休は違うんですね。

谷川岳がめっちゃよかったので、馬蹄型縦走というのを知り、次はこのコースで…と思ったけど…ずいぶん長いのね
素晴らしい景色…いいですね…行ってみたいなぁ…。
谷川岳って避難小屋が…とても印象的でした…今でもかまぼこ建物を見ると思い出します…
登録日: 2013/8/17
投稿数: 534
2017/10/10 18:19
 Re: バテー系
redsさん、こんばんは
ありがとうございます。

初めての谷川連峰でした。
このエリアは、それはもうredsさんのお膝元だろうと察しておりました。

群馬へは長野の岡谷で高速を降りて上田経由、鳥居峠から嬬恋村に入りました。
和田峠(トンネル)と鳥居峠と1300m級の峠越えが2つ、そして和田峠は中山道も通じるということで、なかなか味のあるドライブとなりました。

これで自宅からの運転距離は土合まで400km余りとなりますが、高速利用が短めなのと、燃費も伸びまして、宿泊もないものですから、出費的には八ヶ岳へ日帰りする程度で済みました(笑)。
暗い時間帯の運転ばかりでしたが、渋滞とは無縁でスムースに進みました。

馬蹄型縦走は本当に骨太な名コースですね。
暗闇での白毛門への登り、細かいアップダウン、心地よい笹原地帯、容赦ない登り返し、時折現れる岩場や鎖場、西黒尾根の下り、そして周りの山々の絶景・・・
これらの総合体であり、それと対峙しながらキツいところを我慢し続け、歩いたことが素晴らしい経験でした。

そして、バテ系でもありました(笑)。
所要時間を過小評価してました。
まさか、下りがヘッデン寸前になろうとは・・・
いつでも、明るいうちに下山したいと思っているので、もう少しタイムマネジメントをしっかりしたいところです。

それにしても、この日の天神尾根や西黒尾根、普通の時間帯にはものすごい混雑だったとのことでした。
ただでさえ人気のある谷川岳でも特異な日だったようです。

こちらが谷川岳に辿り着いたときには、人もまばらでしたが、それでも西黒尾根を下っている途中、10人以上は抜かせていただきました。
上部や中部で抜いた人は間違いなくヘッデン下山になっていたでしょうね。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 534
2017/10/10 18:38
 Re: やはりアクセスは。。。
messiahさん、こんばんは
ありがとうございます。

やはり、あちら方面へ行こうと思うと、岡谷から行くのが良さそうですよね。
途中、近くを通る四阿山なども全くの未踏でして、すぐ近くを通っているのに勿体ない気分でした。

普段、アルプスや八(ヤツ)、白山などへ週末利用でなんとか行ける距離に居ながら、時々こういった遠くの山にも行ってみたくなります。
messiahさんは、苗場や巻機にも行っておられますが、ああいった牧歌的なところ、僕もまた機会を作って行ってみたいです。
巻機山は虫さされに気をつけたいところですね。

さて、今回のハイク、稜線歩きの前半にあのような泥濘が断続的に現れまして、早々にミスを連発。
前日にそこそこ雨が降ったようで、仕方ありませんね。
靴だけでなく、ウェア、ザック(FP25)にも泥がこびりついてしまいました。
あのような黒土は汚れがなかなか落ちずに厄介ですね。
帰宅後は、そのまま洗濯機に入れるのはもちろん拒絶され、洗剤とブラシで洗っていますが、なかなか落ちずに、難儀しております。

今回、私的にかなりハードな行程でして、いまだに筋肉痛が色濃く残っている始末です。
これで頑張り型のハイクもそろそろ終了し、この先の秋はのんびりやろうかと思っています。
ですが、まだもう少しとか。。。思ってしまいますね。
お互い、楽しみましょう!
登録日: 2013/8/17
投稿数: 534
2017/10/10 18:45
 Re: 谷川岳
akakiriusagi さん、こんばんは
ありがとうございます。

僕もSTBする予定でしたが、終夜こうこうと照明がついているようで熟睡できないかと・・・
車で寝たのでした。
駅の中では、結構な人数の方が、中にはテントを張っている方もいて、思い思いに寝ておられましたよ。
自販機などは確かなかったですが、トイレがきれいなのは有り難いですね。

谷川連峰、馬蹄型縦走はなかなかハードでしたよ。
高山でないので酸素も濃いはずなんですが、登り返しはなかなか進捗した気がせず、難儀しました。
小さな避難小屋が点在していますが、肩の小屋とか蓬ヒュッテと営業小屋もあるので、1泊で行かれる方も多いみたいです。
蓬ではテント泊もできるみたいでした。
あの連峰の中で朝を迎えるのもいいかもしれませんね。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 188
2017/10/10 22:21
 谷川岳、素晴らしいですね!
3120mさん、こんばんは(^^)

紅葉ももちろんですが、稜線の感じとか遠くの景色とか、ホント素晴らしいところですね。
私も自宅から遠すぎるので、行ってみたいな〜とは思ってもなかなか行く気になれませんでしたが、写真見てたら無理してでも行ってみたいなって思いました。

70歳の方との前向きなお話し、いいですね。
レコ、参考になりました。ありがとうございます。
登録日: 2013/7/20
投稿数: 858
2017/10/10 22:51
 この先の意味
3120mさん

こんばんはー。

山々の写真
感想の言葉

ひとつひとつをじっくり拝読いたしました。

70代の方の言葉にある『この先』の深さに胸が打たれました…。
そしてその言葉を受けとる3120mさんの感受性にも感動しました。

素敵な出会いでしたね。

私も微力ながら不可能を可能にする努力をしながら
山に向き合い
謙虚な気持ちを持ちつつ登山を続けて行きたいと思っています。

私にもお二人が感じるこの先を
ゆっくり感じることが出来る様になれたら良いなぁ〜と思います。

いつもながら素晴らしいレコありがとうございました!

お疲れ様でした(^-^*)/
登録日: 2013/8/17
投稿数: 534
2017/10/11 18:53
 Re: 谷川岳、素晴らしいですね!
yama-memoさん、こんばんは
ありがとうございます。

初めての谷川連峰でした。
標高はアルプスの高所より1000m低いですが、豪雪地帯であることもあってか、ダイナミックな景色が広がっていましたね。
稜線はずっと森林限界より上でした。
それでいて、標高が低い分、スキー場や街など周りの下界の景色が近くに見えて、なんだか不思議な感覚でした。

静岡からでも遠いですよね。
やはり山梨に入り、八ヶ岳東側を抜けていくのが一番距離が短いでしょうか。

yama-memoさんも、かなりバイタリティある登山をされてますが、山歩きしていると、時々すごい方にお会いしますね。
今回の方も、次元の違う歩き方や身のこなしで、一目で只者ではないなと思いましたが、ホント素晴らしい方でした。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 534
2017/10/11 19:05
 Re: この先の意味
Ekkorinさん、こんばんは
稚拙なオヤジレコに、身に余るお言葉、大変恐縮です(笑)。

初めての谷川連峰周辺でしたが、首都圏からそんな遠くないのに、ボリュームある内容!
素晴らしかったです。
登山に行ける日程・時間は限られてますから、できれば近場にいい山域がたくさんあれば素晴らしいんですが、関東方面も日帰り〜1泊程度で行ける名山がたくさん揃っていて、羨ましくなってしまいます。

今回感動した方は、ストックは敢えてシングルで、紳士のステッキのように優雅に使いこなし、所作も優雅で、泥濘でも全然靴やズボンが汚れてない・・・
呼吸も乱れてないし、会話も押しつけがましくなくて実のある内容。
こういう出会いはいいですね。

これまで山小屋や山頂などで、健脚自慢の”自慢オヤジ”みたいな人の自慢話につかまり、辟易したことが度々ありましたが、今回の方はそれはもう、いい意味で全く正反対でしたね。

だんだんと紅葉も下がってきますね。
この先の秋山シーズンも、素敵な経験をしていけるといいですね。
登録日: 2015/5/12
投稿数: 10
2017/10/11 22:43
 ご無沙汰してます
馬蹄型縦走が気になっていろいろ調べていました。
思いっきり健脚コースですね、読んでいてますます行きたくなってきました。
来年挑戦してみます
登録日: 2011/8/21
投稿数: 249
2017/10/11 22:56
 熱い!
3120さん
こんばんは

熱いロング山行お疲れさまでした!
馬蹄型縦走いいですね〜!
確かにこれは大変そう。。。
だけど興味津々!!

改めてじっくり山行記拝見させていただきます。
登録日: 2013/8/17
投稿数: 534
2017/10/12 20:32
 Re: ご無沙汰してます
GAFUさん、こんばんは
ご無沙汰してます。

谷川岳は関東圏内なのでいつでも行けますね。
周りにも名山があって、気楽に行ける皆さんが羨ましくなってしまいました。

時計回りと、反時計回り、その選択も迷いますね。
後半のアップは、今回とは逆の時計回りの方が楽だったかなあと思って歩いていました。
まあ、どっちもどっちですけどね。

GAFUさんも行かれたら、是非ご感想を聞いてみたいですね。
是非、チャレンジしてみて下さい!
登録日: 2013/8/17
投稿数: 534
2017/10/12 20:45
 Re: 熱い!
JINさん、こんばんは
ありがとうございます。

なんだか、前週の中央アルプスよりしんどくて・・・
なかなかタフなコースだったようで、いまだに少し筋肉痛が残っています。

実は、暗闇歩きは経験不足で、まだあまり耐性がなく、出だしが木の根や岩混じりの急登りで、結構神経を使いました。
その後も景色はいいものの、泥濘でミスを連発したり、なかなかペースをつかめなかった1日でした。
ピッチは上がらないし、若干、内蔵疲労もあり、行動食も固形物は後半受け付けなくなってしまいました。

景色がいいし、馴染みのないエリアなので、山座同定も楽しく、立ち止まったり写真を撮ったり、停止時間も結構増えてしまいました。
ロングの時は、この辺の割り切りもしないと、時間が押してしまいますね。

でも、温めていた計画を実行できるのはいいですね。
無雪期の高所歩きはそろそろ終盤ですが、最後と思っていても、終わるとまたもう一つと思ってしまうんですよ(笑)。
登録日: 2012/8/11
投稿数: 1763
2017/10/14 17:01
 やはりご健脚で・・・
3120mさん、こんにちは
先日は休憩ポイントなどでお話させていただき楽しかったです。
またルート上では前後させていただき、こちらも大変心強かったです。

過去の日帰りロングも拝見させていただきましたが、
どれもガッツリな内容ですね
特に常念縦走レコの”日帰りロングの定義”が印象的でした。
人それぞれかと思いますが、私もあのくらいのスペックかなと共感です

それにしても、フルマラソン4時間切りからすると、あの日のペースが
3120mさんの本来のペースではなかったことがよく分りました。
お会いした雰囲気で何となく有酸素系が達者な方とお見受けしましたが
各レコ見させていただき、いつものペースは0.5〜0.6くらい、
今回は体調も今ひとつということで1割くらいはペースダウンされて
いたようですがそれでも明るいうちに下山。というよりこれだけ歩いて
あの最後の西黒尾根でペースが落ちないところが凄いと感じます。
自分は前半は良かったのですが、最後の西黒ではペースガタ落ちでしたから。やはりまだまだだなと痛感しましたよ

それと、70歳のスーパーハイカーのお言葉、
超ポジティブで力が湧きますね
自分はつい最近まで20年以上ジムでの高重量トレ(無酸素運動)ばかりやってきて、山登りのような有酸素系の筋肉とは真逆の重たい速筋ばかりがついていました。それをここ1〜2年の間に流行りの”糖質制限ダイエット”で体重を落とし、山行頻度を増やしたら今くらい歩けるようになりました。それまでは馬蹄形など日帰りできる体型ではなかったんです。
あのスーパーハイカーの方が仰られるように「人間やり方次第でまだまだ変われる」自分もそれを実感している最中です。
自分もまだまだの身なのでこのくらいのルートをもっと早く歩けるよう、さらに進化させたいと感じた次第です。
今回は素敵なレコ拝見させていただき、ありがとうございました
登録日: 2013/8/17
投稿数: 534
2017/10/14 22:30
 Re: やはりご健脚で・・・
lifterさん、こんばんは
こちらにまでありがとうございます。

色々と考えられ、トレーニングや食生活面でも取り入れられてきたのですね。
僕はここのところマンネリ気味ですっかりズボラになっていたのを、ようやく改善しだしたところです(笑)。

本当は山で泊まってのんびりやりたい気持ちもあるのですが、ここのところなかなか泊まりで日程がとれず、欲張るとどうしてもこのような日帰りロングのスタイルになってしまいます。
ただ、少し無理目の目標を立て、それに取り組むことが心地よかったりもしますね。

既に中年の域に入っていることもあり、ここ2年くらいは、どの程度の強度でこの趣味を続けて行くのかというのが一つの命題でした。
もっと伸ばしたいと思ったり、そろそろのんびりやればいいじゃないかと思ったり・・・

それでも、ここしばらく続けてみて、そして先日の谷川連峰では素晴らしい方々と出会い、まだまだ頑張ってみようかという気にもなってきました。

レコの方は僕ももっと簡潔にしたいのですが、かえって時間がかかり、結果、稚拙でダラダラ長くなってしまいますね。
確かに自分の記録用に始めたのが発端なので、山行後なるべく時間がたたないうちに記そうとは思っています。
lifterさんの場合は、内容が濃いですし山への思いも込められているので、ボリュームと中身が見合っていると思います。
バイタリティある方の記述を拝見すると、本当に良い刺激になりますね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ