また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1282630 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

扇沢周回 赤沢岳→針ノ木岳

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
扇沢 ¥1000/24時間 駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間15分
休憩
59分
合計
13時間14分
Sスタート地点04:3404:43柏原新道登山口05:41ケルン(柏原新道)05:4205:51駅見岬05:5206:32水平岬06:57富士見坂07:39種池山荘08:49岩小屋沢岳08:5409:31新越山荘09:3210:14鳴沢岳10:1510:59赤沢岳11:1513:01スバリ岳13:1813:26小スバリ岳13:2714:07針ノ木岳14:1714:55針ノ木小屋15:0116:48大沢小屋17:48扇沢G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
柏原新道〜鳴沢岳 までは 後立山、立山の景色満喫のハイキング道
赤沢岳〜針ノ木岳 黒部湖、立山の絶景VIEWですが、足元注意の登山道
蓮華沢、針ノ木沢 雪渓が消えると ザレ、ガレの険しい登山道 
その他周辺情報薬師の湯 
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

夜明け、低い雲の上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け、低い雲の上。
赤沢岳ースバリ岳、針ノ木岳の稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳ースバリ岳、針ノ木岳の稜線。
2
稜線の紅葉には少し遅かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の紅葉には少し遅かった
1
種池山荘手前、森林限界。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘手前、森林限界。
1
周回路行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周回路行きます。
1
富山側上部、優しい景色が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山側上部、優しい景色が続きます。
前半は、立山、雄山ー剱を見ながらのハイキング。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前半は、立山、雄山ー剱を見ながらのハイキング。
2
富士、八ヶ岳雲、海の上
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士、八ヶ岳雲、海の上
前方、岩小屋沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方、岩小屋沢岳
岩小屋沢岳から剱
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩小屋沢岳から剱
1
鳴沢岳〜針ノ木岳までの稜線くっきり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳴沢岳〜針ノ木岳までの稜線くっきり
1
サイドに雄山ー剱
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サイドに雄山ー剱
1
蓮華岳ー針ノ木岳、蓮華大沢ー針ノ木雪渓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華岳ー針ノ木岳、蓮華大沢ー針ノ木雪渓
赤沢岳へ、小蓮華への”坂の上の雲”の様子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳へ、小蓮華への”坂の上の雲”の様子
2
黒部湖に注ぐ雄山谷等様子が一望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖に注ぐ雄山谷等様子が一望
赤沢岳方面、振り返り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳方面、振り返り。
1
スバリ岳直下はザレた急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリ岳直下はザレた急登
黒部湖の隅々まで見渡せます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖の隅々まで見渡せます。
4
スバリ岳方面振り返り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スバリ岳方面振り返り。
2
針ノ木峠と山荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木峠と山荘。
1
雪渓が消えると狭く、急。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓が消えると狭く、急。
なだらかな雪渓のイメージが一新。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな雪渓のイメージが一新。
1

感想/記録
by STsnow

扇沢から柏原新道経由で、鳴沢岳→針ノ木岳と反時計周りで周回してきました。
7月末に予定して種池山荘まで上がるも天候状況で断念。
おかげで、10月の好天で、立山と黒部湖の景色を十分に堪能した
稜線縦走ができました。
その反面、雪渓の消えた 針ノ木雪渓の厳しい状況も確認。
針ノ木岳方面は4月末〜6月残雪期が適期であると感じました。
この周回ルート+蓮華岳 9時間程度で行く方々がいますが
13時間弱かかっている自分には、想像がつきません。

スタートもゴールもヘッデン使用でキツイ1日でしたが
立山周辺の雄山谷下部、御前谷から黒部平へ抜けるルート雪渓の様子
蓮華岳、針ノ木岳の各沢等
来春のB.C.への期待が大きくなりました。
訪問者数:267人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ