また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1284342 全員に公開 沢登り丹沢

キュハ沢-丹沢山

日程 2017年10月09日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
塩水橋近くのスペースに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
15分
合計
7時間4分
S塩水橋06:4507:07天王寺橋07:33キュウハ沢07:4011:43みやま山荘11:45丹沢山11:46みやま山荘11:56竜ヶ馬場11:5712:09日高12:1012:19ソリ出シ12:2112:25三角沢ノ頭13:07キュウハ沢13:0813:32天王寺橋13:3313:46塩水橋13:4813:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン グローブ ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング 渓流シューズ ルート図

写真

塩水橋からスタート
2017年10月09日 06:43撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩水橋からスタート
子鹿のドクロが路上に転がっていた。何やら不吉な..
2017年10月09日 07:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子鹿のドクロが路上に転がっていた。何やら不吉な..
2
キュハ沢の出合い
2017年10月09日 07:39撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キュハ沢の出合い
最初の堰堤。右側に階段あり。
2017年10月09日 07:43撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の堰堤。右側に階段あり。
1
最後の堰堤下に安置された戦時中の航空機エンジン。
2017年10月09日 07:58撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の堰堤下に安置された戦時中の航空機エンジン。
1
水流が多く勢いあり。すぐ先でゴルジュの様相。左から高巻き先の枝沢(四町四反ノ沢)出合に下りるが大滝があり再び高巻く
2017年10月09日 08:02撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水流が多く勢いあり。すぐ先でゴルジュの様相。左から高巻き先の枝沢(四町四反ノ沢)出合に下りるが大滝があり再び高巻く
2
大滝上に出た。(上から)
2017年10月09日 08:42撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝上に出た。(上から)
この先、小滝が連続する
2017年10月09日 08:43撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、小滝が連続する
ダイモンジソウ(と思われる)沢筋に沢山咲いている
2017年10月09日 08:46撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイモンジソウ(と思われる)沢筋に沢山咲いている
S字状滝。右から高巻く
2017年10月09日 08:56撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
S字状滝。右から高巻く
1
ずぶ濡れを避けて右から高巻く
2017年10月09日 09:18撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずぶ濡れを避けて右から高巻く
水流が扇状に広がる
2017年10月09日 09:29撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水流が扇状に広がる
左から枝沢が流れ込む。本流と思われる右を進む。
2017年10月09日 09:49撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から枝沢が流れ込む。本流と思われる右を進む。
越えられそうもない滝が現れ中央の尾根から高巻く
2017年10月09日 09:56撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越えられそうもない滝が現れ中央の尾根から高巻く
更に2段の滝があり、そのまま高巻く
2017年10月09日 10:01撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に2段の滝があり、そのまま高巻く
奥に大きなガレ場が見える
2017年10月09日 10:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に大きなガレ場が見える
勢いのあった水流はここでガレ場の下へ忽然と姿を消す。右奥は枝沢のようだが先で切り立っている。左の涸れ沢も行けそうだがガレガレだ。頂上までかなりの高度差あるが正面の大ガレに挟まれた左の尾根をあがることとする。
2017年10月09日 10:25撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勢いのあった水流はここでガレ場の下へ忽然と姿を消す。右奥は枝沢のようだが先で切り立っている。左の涸れ沢も行けそうだがガレガレだ。頂上までかなりの高度差あるが正面の大ガレに挟まれた左の尾根をあがることとする。
1
ガレミックスの急尾根を四つ足で登る
2017年10月09日 10:36撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレミックスの急尾根を四つ足で登る
2
カモシカが先でお出迎え
2017年10月09日 10:41撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカが先でお出迎え
1
途中で良い雰囲気の緩斜面が続く
2017年10月09日 10:59撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で良い雰囲気の緩斜面が続く
1
再び急斜面。アザミとノイバラの茂る中を進む。山頂直下は紅葉が始まっている。
2017年10月09日 11:19撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び急斜面。アザミとノイバラの茂る中を進む。山頂直下は紅葉が始まっている。
3
柵が沢山出てきて進みづらくなり尾根沿いの登山道に出る
2017年10月09日 11:40撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵が沢山出てきて進みづらくなり尾根沿いの登山道に出る
2
丹沢山頂を素通り
2017年10月09日 11:45撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山頂を素通り
1
雲上に浮かぶ富士山
2017年10月09日 12:02撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲上に浮かぶ富士山
1
日高からキュハ沢出合いに向け下る
2017年10月09日 12:09撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日高からキュハ沢出合いに向け下る
2
出合いに降り立つ。林道を小走りで塩水橋まで戻った。
2017年10月09日 13:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合いに降り立つ。林道を小走りで塩水橋まで戻った。
2

感想/記録

本谷林道終点近くのキュハ沢へ行ってきた。塩水橋に至る県道70号線は宮ヶ瀬からヤビツ峠まで抜けられるので道幅が非常に狭いのにバイク、車、自転車と通行量がやたらと多く、早朝の往路はまだしも下山後の復路は止まったり戻ったりが面倒であまり気乗りがしない。最近はバックが出来ないようなドライバーが多く進入してくるので注意が必要である。キュハ沢は非常に水量が豊かな沢で上流で伏流するまで、その勢いは変わらない。そんな勢いのある沢であるが水流の岩は茶色くヌメっていて最初から最後まで滑りやすい。また、沢歩き派には登れない滝が多く、高巻く時間を多く要する。1150m付近で伏流し先が大ガレ場になっていて比較的短い距離で沢歩きが終わってしまった感じ。長いツメは急斜面で難儀したが、頂上直下の斜度の緩い場所は良い雰囲気でシカが何頭も行き交っていて久しぶりのカモシカにも出会えた。頂上直下の木階段で沢装備を解いたが大小4匹のヒルが入り込んでいた。付近は紅葉も始まっていて丹沢の小さき秋を見つけた。そろそろ尾根歩きも楽しめる季節になってきた。
訪問者数:118人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ