また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1284583 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

甲斐駒ケ岳 黒戸尾根

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き バスツアー業者を利用
帰り 長坂駅まで歩き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間25分
休憩
2時間30分
合計
10時間55分
S尾白川渓谷駐車場03:2703:31竹宇駒ヶ岳神社03:3204:51笹の平分岐04:5205:42刃渡り05:4305:59刀利天狗06:29五合目小屋跡06:32屏風小屋跡06:3607:07七丈小屋07:1107:46八合目御来迎場07:5108:34駒ヶ岳神社本宮10:3011:06八合目御来迎場11:0711:31七丈小屋11:3211:58屏風小屋跡12:0112:02五合目小屋跡12:1112:46刀利天狗12:58刃渡り13:27笹の平分岐14:13竹宇駒ヶ岳神社14:1714:22尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備されている
その他周辺情報尾白の湯(露天、ごはん、レジャー)
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

備考 デジカメを持って行ったが充電に失敗したらしく、起動しなかった。
水分は山行通して1.5L飲んだ程度。七丈小屋の水場を考えれば1L持ってく程度でもよかったかも。

写真

登山届を出し登山開始です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届を出し登山開始です。
尾白川渓谷方面へ目指します。
日向山方面からも甲斐駒ケ岳へ行けるようですが超上級者向けとのうわさ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾白川渓谷方面へ目指します。
日向山方面からも甲斐駒ケ岳へ行けるようですが超上級者向けとのうわさ。
この橋を渡り登山スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡り登山スタート
早々に大きな木の幹をくぐります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早々に大きな木の幹をくぐります。
登っているうちに夜が明けてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っているうちに夜が明けてきました。
笹の平付近。
この辺の風景を見てると八ヶ岳の観音平を彷彿しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の平付近。
この辺の風景を見てると八ヶ岳の観音平を彷彿しました。
雲海がすごい。
雲の動きは非常に穏やかです。
鳳凰三山の裾に富士山が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海がすごい。
雲の動きは非常に穏やかです。
鳳凰三山の裾に富士山が。
3
ナイフリッジ(刃渡り)にて。
久々に天候に恵まれ素晴らしい日の出を見れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ(刃渡り)にて。
久々に天候に恵まれ素晴らしい日の出を見れました。
2
黒戸尾根に朝焼けが差し込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根に朝焼けが差し込みます。
黒戸尾根名物のはしごがちらほらと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根名物のはしごがちらほらと
五号目の鞍部
ここから七丈小屋まで核心部です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五号目の鞍部
ここから七丈小屋まで核心部です。
黒戸尾根で一番怖いはしご。
はしご自体はしっかりしてますので落ち着いて登れば問題ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根で一番怖いはしご。
はしご自体はしっかりしてますので落ち着いて登れば問題ありません。
1
いくつかのはしごをやって七丈小屋着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかのはしごをやって七丈小屋着。
湧き水は100円です。
ここで500ml補給しました。
水道は凍結防止のため出しっ放しにとのこと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湧き水は100円です。
ここで500ml補給しました。
水道は凍結防止のため出しっ放しにとのこと。
さらに進むと甲斐駒ケ岳頂上が見えてきます。
それにしても本当に天気いいなε-(´∀`; )
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに進むと甲斐駒ケ岳頂上が見えてきます。
それにしても本当に天気いいなε-(´∀`; )
3
ハイマツ帯に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯に出ます。
1
いつも登るバカ尾根の花立付近を彷彿しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも登るバカ尾根の花立付近を彷彿しました。
先の鋸岳〜日向山の尾根が見えます。
上級者ルートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先の鋸岳〜日向山の尾根が見えます。
上級者ルートです。
3
黒戸尾根より秋を纏った甲斐駒ケ岳を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根より秋を纏った甲斐駒ケ岳を望む。
2
黒戸尾根はひたすら長いです。
しかし、景色が目まぐるしく変わり、そのどれをとっても素晴らしいので飽きないですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根はひたすら長いです。
しかし、景色が目まぐるしく変わり、そのどれをとっても素晴らしいので飽きないですね。
鳳凰三山
よく見るとオベリスクが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山
よく見るとオベリスクが。
1
鎖場。頂上まであと少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場。頂上まであと少し。
右側を巻いて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側を巻いて行きます。
↗↗
??「RANK UP!おめでとうございます!」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
↗↗
??「RANK UP!おめでとうございます!」
1
ついたー(^O^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついたー(^O^)
1
甲斐駒ケ岳山頂より北沢峠方面を望む。
その先には仙丈ケ岳かな?
こっちから降りる選択肢もありましたが、あまりの人の多さに黒戸尾根で帰る事にしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳山頂より北沢峠方面を望む。
その先には仙丈ケ岳かな?
こっちから降りる選択肢もありましたが、あまりの人の多さに黒戸尾根で帰る事にしました。
4
お休みしてるおじちゃんに写真を撮ってもらいました💦
自分もお礼に撮ってあげたところ喜んでいただけました。
記念写真、大事ですよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お休みしてるおじちゃんに写真を撮ってもらいました💦
自分もお礼に撮ってあげたところ喜んでいただけました。
記念写真、大事ですよね。
5
甲斐駒ケ岳や他の山々が雲に巻かれ始めたので下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳や他の山々が雲に巻かれ始めたので下山
1
黒戸尾根の玉ひゅんポイント?
自分は権現岳のながーいはしごのが全然キツかったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根の玉ひゅんポイント?
自分は権現岳のながーいはしごのが全然キツかったです
ナイフリッジ
色づいております。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ
色づいております。
3
ナイフリッジの斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジの斜面
5
と言うわけで、今年も甲斐駒ケ岳黒戸尾根を無事終えることができました。来年も元気に登れるよう頑張ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と言うわけで、今年も甲斐駒ケ岳黒戸尾根を無事終えることができました。来年も元気に登れるよう頑張ります。
1
甲斐駒ケ岳の麓からは南八ヶ岳が見えます。
徒歩のため、長坂駅まで歩きです。(10km強)
途中峠越えもあるので油断なりません…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳の麓からは南八ヶ岳が見えます。
徒歩のため、長坂駅まで歩きです。(10km強)
途中峠越えもあるので油断なりません…
2
しばし、歩いて尾白の湯へ。
ところで「尾白」って「おじら」って読むんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし、歩いて尾白の湯へ。
ところで「尾白」って「おじら」って読むんですね。
1
…尾白の湯でご飯食べたり、仮眠とったり風呂入ってのんびりしてたら日が暮れました。
この後長坂まで怖い思いして帰りましたε-(´∀`; )
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…尾白の湯でご飯食べたり、仮眠とったり風呂入ってのんびりしてたら日が暮れました。
この後長坂まで怖い思いして帰りましたε-(´∀`; )
1
翌日です。
甲府で一泊して、知る人ぞ知る原村でのんびりしてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日です。
甲府で一泊して、知る人ぞ知る原村でのんびりしてました。
1
八ヶ岳がとっても素晴らしい。
麓の原村はとても爽やかな風が吹いてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳がとっても素晴らしい。
麓の原村はとても爽やかな風が吹いてます。
1
沈みゆく夕陽。
はやくも黒戸尾根ロスです。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沈みゆく夕陽。
はやくも黒戸尾根ロスです。。
2

感想/記録

去年も同じルートで来ました。(10/15)

以下、黒戸尾根ルートの覚書です。

まず、竹宇駒ケ岳神社を左にそれ、尾白渓谷に架かる吊り橋を渡り、黒戸尾根の取り付きへ。
そこからは、低山同様の九十九折の急登をやっつけてナイフリッジまで。

ナイフリッジはとても展望が良いので、日の出時間に間に合うように、時間を調整すると幸せになれるかもしれません。

甲斐駒ケ岳黒戸尾根の核心部分は、五号目のコルから七丈小屋と言えるのではないでしょうか。
五号目のコルからはハシゴや岩場が増えてきます。
落ちたら怪我じゃ済まない箇所ももちろんありますが、落ち着いてやれば特に難しい箇所はないと思います。

七丈小屋までくるとそこから先は景色を見ながらの山歩き、時折岩場。
しばらく行くとハイマツ帯に突入。所々に日本庭園のような景色も楽しめます。
白い岩が見え始めたら頂上はすぐそこに。
訪問者数:245人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ