また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1286087 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

奥穂ベース【滝谷ドーム中央稜、ジャンダルム飛騨尾根】

日程 2017年10月07日(土) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間11分
休憩
1時間1分
合計
6時間12分
S新穂高温泉バス停07:2907:31中崎山荘 奥飛騨の湯07:51小鍋谷ゲート08:18穂高平小屋08:3909:16白出小屋09:2110:29重太郎橋10:3710:49白出大滝11:1613:41穂高岳山荘
2日目
山行
8時間50分
休憩
1時間0分
合計
9時間50分
穂高岳山荘06:4007:10涸沢岳06:4014:10滝谷ドームの頭15:0015:40涸沢岳15:5016:00穂高山荘
3日目
山行
8時間1分
休憩
4時間19分
合計
12時間20分
穂高岳山荘03:2003:46穂高岳03:5904:15馬の背04:2604:27ロバの耳04:4304:44ジャンダルム05:2006:20飛騨尾根取付き06:5007:50ジャンダルム08:2008:23ロバの耳08:3208:33馬の背08:4308:59穂高岳09:19穂高岳山荘10:3412:24白出大滝12:4112:45重太郎橋12:5113:42白出小屋14:46穂高平小屋14:4715:10小鍋谷ゲート15:20新穂高温泉駅15:26新穂高温泉バス停15:3115:31新穂高登山指導センター15:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

ゆっくり起きて雨が上がってる瞬間に歩く戦法で行くことにしたから、朝はゆっくり。
新穂無料駐車場をスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくり起きて雨が上がってる瞬間に歩く戦法で行くことにしたから、朝はゆっくり。
新穂無料駐車場をスタート。
ここから、木の根の急坂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、木の根の急坂
1
んでこっからガレ場の急坂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んでこっからガレ場の急坂
頂上はガス。
目の前に来ないとわからなかった。
夜いつの間にか雨は上がっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上はガス。
目の前に来ないとわからなかった。
夜いつの間にか雨は上がっていた。
6:40 穂高山荘スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:40 穂高山荘スタート
2
昨日と打って変わって晴れ。
奥に見える北穂の手前のピークが滝谷ドーム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日と打って変わって晴れ。
奥に見える北穂の手前のピークが滝谷ドーム
2
ドームの頭手前、上高地側から稜線に出た辺りで下へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドームの頭手前、上高地側から稜線に出た辺りで下へ
少し下ってバンドをトラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下ってバンドをトラバース
バンドの途中にはプレート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バンドの途中にはプレート
1
そこから下に下ると古い懸垂支点。
一段下にもう一つあるので回り込んで降りればいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこから下に下ると古い懸垂支点。
一段下にもう一つあるので回り込んで降りればいい
1
ほんの3mくらいかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんの3mくらいかな
こっちの支点のほうがしっかり。
5m程降りればいいがせっかくなので25mいっぱいまで降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちの支点のほうがしっかり。
5m程降りればいいがせっかくなので25mいっぱいまで降りる。
1
降りて右手の方が3Pなので
ルンゼをまっすぐ降りると右手に懸垂点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りて右手の方が3Pなので
ルンゼをまっすぐ降りると右手に懸垂点
懸垂するとバンド
そのバンドを越えると、すぐ取付き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂するとバンド
そのバンドを越えると、すぐ取付き。
2
滝谷中央ドーム 10:20スタート
1P kassanリード
左側から行けば簡単だけどあえてまっすぐ。
といっても難しくない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷中央ドーム 10:20スタート
1P kassanリード
左側から行けば簡単だけどあえてまっすぐ。
といっても難しくない。
2
本当はクラックの中を進み上のチョックストーンで終了だが、
真ん中のランナーから少し左に逃げるとザックを背負ったままでもクリア出来る。
チョックストーンより少し上がった所が広くなっていて、そこで支点を作った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はクラックの中を進み上のチョックストーンで終了だが、
真ん中のランナーから少し左に逃げるとザックを背負ったままでもクリア出来る。
チョックストーンより少し上がった所が広くなっていて、そこで支点を作った。
2
2P 終了点から
カンテを登り右のフェースを上まで言って左のスラブを乗越すと終了点。一番短くて簡単。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P 終了点から
カンテを登り右のフェースを上まで言って左のスラブを乗越すと終了点。一番短くて簡単。
3
3P そのままザイルを伸ばし、でかい岩を左から巻いて右へトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P そのままザイルを伸ばし、でかい岩を左から巻いて右へトラバース。
1
草付きガリーの下にハーケンが打ってあるので、そこで支点を作る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草付きガリーの下にハーケンが打ってあるので、そこで支点を作る。
2
4P 真ん中辺りから。
赤いスリングと真ん中のクラックに挟まっているチョックストーンの辺りに残地カム。
レコ通りなのでルートはあっているはず。
一番楽しかったピッチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P 真ん中辺りから。
赤いスリングと真ん中のクラックに挟まっているチョックストーンの辺りに残地カム。
レコ通りなのでルートはあっているはず。
一番楽しかったピッチ。
1
チョックストーンをノッコし一段上がると、少し広くハーケン3つ。ココで支点をつくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーンをノッコし一段上がると、少し広くハーケン3つ。ココで支点をつくる。
5P 支点左を登って、最後右へ逃げていた。
最後真っ直ぐ登ると5級。
右へ行くと4級。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5P 支点左を登って、最後右へ逃げていた。
最後真っ直ぐ登ると5級。
右へ行くと4級。
1
最後の終了点から、
写真真ん中踏み跡通りに進みガレルンゼを横断してそのまま真っ直ぐ回り込んでドームの頭へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の終了点から、
写真真ん中踏み跡通りに進みガレルンゼを横断してそのまま真っ直ぐ回り込んでドームの頭へ
14:10 ドームの頭
登攀時間 3:50
時間掛り過ぎだけどw 
誰も居なかったんでゆっくりしすぎました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:10 ドームの頭
登攀時間 3:50
時間掛り過ぎだけどw 
誰も居なかったんでゆっくりしすぎました。
5
帰っても酒飲むだけだし。
ゆっくりして、また最低コルまで降り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰っても酒飲むだけだし。
ゆっくりして、また最低コルまで降り
1時間で涸沢岳まで到着。
kassan飛ばしすぎ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間で涸沢岳まで到着。
kassan飛ばしすぎ。
4
下はヘリポートまでテントがいっぱい。
昨日、雨の中登ってよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下はヘリポートまでテントがいっぱい。
昨日、雨の中登ってよかった。
1
明日登るジャンダルム飛騨尾根と夕日。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日登るジャンダルム飛騨尾根と夕日。
4
帰りがあるので、3:15に穂高山荘を出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りがあるので、3:15に穂高山荘を出発
暗闇に映るジャン。
こわい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗闇に映るジャン。
こわい
2
朝焼け天使。
日が出るの待っていてもしょうがないので先へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼け天使。
日が出るの待っていてもしょうがないので先へ
5
途中に懸垂点。
しなくても、降りれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に懸垂点。
しなくても、降りれる。
1
途中、沢左の踏み跡に乗り、下まで降りた。
ルンゼに降りる時、一回懸垂した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、沢左の踏み跡に乗り、下まで降りた。
ルンゼに降りる時、一回懸垂した。
1
下まで降りても、ハイマツ漕ぐだけだし
C尾根に小尾根が合流する辺りから登攀開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下まで降りても、ハイマツ漕ぐだけだし
C尾根に小尾根が合流する辺りから登攀開始。
冬のルートの確認なので、アイゼンの後を確認しながら先へ進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬のルートの確認なので、アイゼンの後を確認しながら先へ進む。
1
ボロいガリー。崩れたら落ちるからそおっと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボロいガリー。崩れたら落ちるからそおっと。
1
あれ、ジャンが見えたw
ザイル出す事なかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ、ジャンが見えたw
ザイル出す事なかった。
4
せっかくなんで、飛騨尾根側から登ってジャンの頭へ。
1時間で下から来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなんで、飛騨尾根側から登ってジャンの頭へ。
1時間で下から来た。
6
いつも人が多いので寄らない奥穂
今日は行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも人が多いので寄らない奥穂
今日は行く。
5
穂高山荘。
もう俺らのテントしかない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高山荘。
もう俺らのテントしかない。
1
長い白出沢を降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い白出沢を降りる。
15:30に新穂に到着。
最高の3日間でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:30に新穂に到着。
最高の3日間でした。
4

感想/記録



今回は、滝谷中央ドームと翌日は飛騨尾根からジャンダルムの岩遊びを楽しんで来ました☺️

久しぶりの岩でしたが、同行者さんのおかげで山の楽しみ方の多さが豊富だと改めて思いました。
山旅人が100人いれば、山の楽しみ方は1000通りですね(*´ω`*)


感想/記録

無雪期最後のアルパインにシーズン目標だった滝谷にkassanが付き合ってくれました。
取付きまでに、色々探して何とか辿り着きましたが、雰囲気は確かめれたのでまた冬に戻ってこれたらいいなと思っています。
飛騨尾根は、3級程度の 練習するには丁度いいのかも。
今度誰か連れてこなければ。

※穂高山荘〜滝谷のログが取れてないので追加していません。



訪問者数:402人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/4/30
投稿数: 1059
2017/10/11 17:04
 スゴーッ!(◎_◎;)
kassannさん、liew2fowさん、こんにちは😃、そして初めまして\(^-^)/

すごい所でザイルワークなんですね!(◎_◎;)
もう、カッチョ良すぎて、惚れ惚れして見てしまいました(≧∀≦)
あの、稜線歩きですら、メチャクチャ、スリルあるのに、凄すぎ‼️
憧れますね〜✨
この連休、後半2日は、本当に快晴で、山日和、そして岩日和でしたね✨
穂高山荘では、楽しかったです😃👍

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ