また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1288661 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

秋の涸沢・奥穂高岳

日程 2017年10月07日(土) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候雨のち快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
10/6(金)深夜に自車で川崎出発、さわんど駐車場に10/7(土)未明着。仮眠後、10/7(土)朝、さわんどバスターミナルからバス便で上高地へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間30分
休憩
0分
合計
4時間30分
S無料トイレ06:5007:00河童橋08:00明神館08:40徳澤園10:00横尾 (横尾山荘)11:20本谷橋11:20涸沢
2日目
山行
7時間0分
休憩
0分
合計
7時間0分
涸沢08:0009:00ザイテングラート11:00穂高岳山荘12:00穂高岳13:00穂高岳山荘14:00ザイテングラート15:00涸沢
3日目
山行
5時間30分
休憩
0分
合計
5時間30分
涸沢07:3009:10本谷橋10:10横尾 (横尾山荘)11:00徳澤園12:50河童橋13:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
上高地から涸沢までは小雨ときどき晴れで、水たまりやぬかるみはあったが、難儀するほどではなかった。翌日(快晴)の涸沢から奥穂高岳まではぬかるみも無く、雪もなく、問題なしだが、登山客多く、急斜面の岩場では落石しないよう細心の注意要す。
その他周辺情報帰りに立ち寄った入浴施設が、落ち着いていて良い雰囲気だった(竜島温泉)。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイゼン シュラフカバー ニット帽子
備考 サンダルを忘れて、涸沢テント泊時に不自由した。

写真

初日、ああ雨の河童橋。
2017年10月07日 07:06撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初日、ああ雨の河童橋。
横尾でも雨。
2017年10月07日 10:05撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾でも雨。
結局、涸沢まで雨が降ったりやんだり。テント幕営・夕食調理時のみ曇り。まあよしとすべきか。
2017年10月07日 13:14撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、涸沢まで雨が降ったりやんだり。テント幕営・夕食調理時のみ曇り。まあよしとすべきか。
1
2日目の涸沢は朝から快晴。いくぞ、奥穂!
2017年10月08日 08:32撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目の涸沢は朝から快晴。いくぞ、奥穂!
3
涸沢から奥穂を目指す。寝不足キツイが、紅葉が綺麗だ。
2017年10月08日 08:49撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢から奥穂を目指す。寝不足キツイが、紅葉が綺麗だ。
1
だいぶ高度感が出て、気持ちも高揚してきました。
2017年10月08日 10:20撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ高度感が出て、気持ちも高揚してきました。
ひいひい言いながら、何とか穂高岳山荘まで到着。登頂後にカレー食べたいが、まずは山頂目指して、岩場にへばり付く。
2017年10月08日 11:01撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひいひい言いながら、何とか穂高岳山荘まで到着。登頂後にカレー食べたいが、まずは山頂目指して、岩場にへばり付く。
ジャンダルムも見えてきました。
2017年10月08日 12:00撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムも見えてきました。
2
奥穂高岳山頂からのこの眺め、何回でも見たい!
2017年10月08日 12:04撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂からのこの眺め、何回でも見たい!
1
帰りの岩場は大渋滞。いい休憩になったような。
2017年10月08日 13:30撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの岩場は大渋滞。いい休憩になったような。
無事、涸沢まで下りてきました。紅葉に癒される。
2017年10月08日 15:11撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、涸沢まで下りてきました。紅葉に癒される。
3
テント場は大賑わいで、くるみちゃんもビックリ。
2017年10月08日 16:08撮影 by PENTAX Optio RZ18, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は大賑わいで、くるみちゃんもビックリ。
1

感想/記録

5年以上前に上級者に連れていってもらったコース(涸沢・初テント泊)。その時は夏だったが、今回は紅葉を狙って2回目の涸沢テント泊・奥穂高ピストン。確かに紅葉が綺麗(特にナナカマド)。涸沢と穂高の景色は変わっていないので、ほっとしたが、人の数がすごい。穂高岳山荘上の岩場や涸沢・横尾間の狭い場所は大渋滞で時間がかかる。5年の月日で体力が微妙に落ちていたらしく、初日の涸沢目前で超ペースダウンし、同行者に迷惑をかけたのは反省。涸沢までのテント泊装備担ぎ上げには、ある程度の体力維持が重要だと再認識した。しかしながら、涸沢の紅葉・雪渓・穂高の岩稜・大展望には心癒された。また来たい!
訪問者数:196人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2008/6/16
投稿数: 1810
2017/10/13 23:41
 お元気そうで何よりです!
涸沢テント泊、行ってこられたんですね。
すばらしいです。
この歳になると、お互い
テント装備かつぐのは、もうつらいですよね。

ところで、ぼくは上級者ではありませんよ!
経験だけが長いだけです。
クマ

P.S 2011年7月の2つの記録に、freebirdを入れておきました。
登録日: 2011/9/28
投稿数: 6
2017/10/14 9:45
 Re: お元気そうで何よりです!
そちらは元気ですか。
うーん、モンブラン制覇した人はやはり「上級者」だと思います。
こちらは登山ダメージでまだヘロヘロです。
勝手ながら以下近況。
 .屮蹈阿呂犬瓩泙靴拭http://oomorinoco.blogspot.jp/)。
 当山荘先の空家に移住し、入笠山登山道を整備した方がいます(→種平小屋)。
  以前GPSで行ったルートなので感慨深いです。整備された後まだ行ってませんが。
 3抛鄙颪惑笋蠅暴个垢修Δ任后諸行無常です。
また、貴兄と山に行きたいと思います(ロッククライミングは除く)。ではまた。
大森
登録日: 2008/6/16
投稿数: 1810
2017/10/14 10:13
 Re[2]: お元気そうで何よりです!
しばらく返事は期待していなかったのですが、だいぶヤマレコ操作に慣れてきましたね。ボクの山行インデックスは以下の通りで、ひんぱんに山に登っており、とても元気です(笑)。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-1884-data.html

最近登ったのはモンブランじゃなくて、マッターホルンです。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-957983.html

ブログいいですね〜。森の工房というのを主題にして、自然とかかわっていくのがなんとも大森さんらしいですね。しかし、せっかく造った山荘ですから、岳南荘みたいにならないよう、子供たちに引き継いでいかなくてはいけませんよ。そのために魅力を高める努力を惜しまないようにしなくてはならないですね。
クマ
登録日: 2011/9/28
投稿数: 6
2017/10/14 19:23
 Re[3]: お元気そうで何よりです!
失礼しました! マッタホルンですね。いずれにしてもすごいです。
ブログを早速チェックいただき、うれしいです。
これとは別に「森の駅推進協議会」の広報に首突っ込んでメルマガ連載やってます(http://www.morinoekihatsu.net/custom2.html)。
ではまた。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ