また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1328491 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳スキー

日程 2017年12月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後雲
アクセス
利用交通機関
車・バイク
無料駐車場P6はガラ空き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間9分
休憩
35分
合計
10時間44分
Sスタート地点03:4906:18八方池山荘06:3206:54石神井ケルン06:5507:06第2ケルン07:0707:14八方ケルン07:1507:26第三ケルン07:26八方池09:11丸山09:1210:18唐松岳頂上山荘10:1910:44唐松岳10:5111:14唐松岳頂上山荘11:2111:49丸山11:5114:08石神井ケルン14:13八方池山荘14:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

コース状況/
危険箇所等
山荘玄関に登山ポストあり
シールのまま稜線まで登れるが担いだ
山頂までは強風

写真

夜明け前からスキー場脇を登る
2017年12月03日 04:04撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前からスキー場脇を登る
1
6時すぎにようやく山荘へ
2017年12月03日 06:23撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時すぎにようやく山荘へ
1
冬眠中なので起こさないように
2017年12月03日 06:37撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬眠中なので起こさないように
1
楽しみの朝焼けは今一つかな
2017年12月03日 06:55撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しみの朝焼けは今一つかな
1
夜が明けはめちゃ寒い
2017年12月03日 06:55撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けはめちゃ寒い
1
唐松を目指す
2017年12月03日 09:33撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松を目指す
2
滑れそうだけど怖い
2017年12月03日 09:41撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑れそうだけど怖い
これぞ山スキーな一枚
2017年12月03日 11:55撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これぞ山スキーな一枚
3
ゲレンデはまだまだ雪不足
2017年12月03日 15:19撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデはまだまだ雪不足
1
撮影機材:

感想/記録

八方尾根スキー場駐車場P6出発。スキー場歩く圧雪車の邪魔にならないように端を進む。月と星が明るくヘッドライトはいらない。山荘到着。小屋の中で休憩。前日小屋泊の人たちと一緒に出発。風が強い早速最大防寒装備装着。朝焼けの八方尾根を進む
前日テント泊の先行者3組あり。壺足だが、空荷なので早く追いつかない。最後の岩場だけ板を担ぐ。(頑張れば板のまま登りきれるみたいだが)稜線に出るとすごい風。
唐松岳山頂(2686m)到着。風が強いが防寒装備が完璧なのでそれほど苦痛ではない。山頂でシールをはがし滑走開始。ほとんど滑れないが山頂から滑ることに意味があるのだ。再び板を担いで戻る。高速からゴンドラ組の登山客やスキー客が大勢登ってくる。先週谷川岳で会った人に偶然出会う。誰しも似たような行動とっているなぁ。時間も早く天気も良いのでよさそうな斜面を選んで落ちてゆく、雪は少しパックされているが柔らかくパウダーゲット。大地で休憩シールを再び貼る、良さそうな斜面があるので登り返し20分。天気は下り気味で標高の低いこの辺でも風が強くなり風雪が強い。視界が良い時を狙ってエントリー。が、転ぶ。がーんせっかく登り返したのに。再び稜線まで登り返し南斜面へ。トラバースでケルン帯をパスしトイレ付近に出る。ここまでくるとあったかい、雪の上で寝転がる。白馬方面はガスガスになっていた。後はスキー場を練習しながら滑る。

唐松岳八方尾根リフト使わず登りあげた。ゲレンデはまだまだだが山頂付近はすでに厳冬期の様相。雪も多く板のチョイスを間違えたかもしれない。山頂付近は風が強く吹き飛ばされそうだったが早めに防寒装備をしたので顔が冷たい以外は特に問題なく落ち着いて行動できた。雪は重めだったがどこの斜面も安定していてやりたい放題滑ることができた。
訪問者数:374人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ