また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1360356 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

阿弥陀北稜&赤岳主稜(取り付き敗退)

日程 2018年01月13日(土) 〜 2018年01月14日(日)
メンバー , その他メンバー5人
天候初日:曇り時々晴れのち雪  2日目:晴れ(朝強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸より。4WD+4輪チェーン
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間43分
休憩
2時間39分
合計
9時間22分
S赤岳山荘05:5406:00美濃戸山荘07:17中ノ行者小屋跡07:2108:14行者小屋09:3009:37阿弥陀岳分岐10:08中岳のコル登山道水場10:1712:33阿弥陀岳13:3814:54中岳のコル登山道水場14:5915:11阿弥陀岳分岐15:16行者小屋
2日目
山行
2時間33分
休憩
4時間1分
合計
6時間34分
行者小屋05:4105:49阿弥陀岳分岐05:5206:55文三郎尾根分岐07:0507:57阿弥陀岳分岐08:01行者小屋11:4712:11中ノ行者小屋跡12:1312:15美濃戸山荘12:15赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
この間より雪が増えてる印象でした。阿弥陀北稜はトレース外すと腰まで埋まりました。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸より出発です。
2018年01月13日 06:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸より出発です。
明るくなってきました。
2018年01月13日 07:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきました。
行者小屋に到着。
2018年01月13日 08:54撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋に到着。
1
天気がよさげ。初日は阿弥陀北稜を狙います。
2018年01月13日 08:54撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気がよさげ。初日は阿弥陀北稜を狙います。
1
非常に天気が良いです。
2018年01月13日 08:56撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
非常に天気が良いです。
2
年末に行った小同心、白くなっててようやく八に冬が来たって感じですね。
2018年01月13日 09:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年末に行った小同心、白くなっててようやく八に冬が来たって感じですね。
2
北稜を上げていきます。
2018年01月13日 10:04撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北稜を上げていきます。
3
取り付き点で渋滞していたため、ピットチェック。
CTM13down40cmPC 雪面30cm下にあられ層がありましたが、破断面はその下で入りました。
登高中のシューティングクラック、ワッフ音は無し。
あられ層がずれなかったのですが、ほかの斜面ではどうか・・
2018年01月13日 11:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き点で渋滞していたため、ピットチェック。
CTM13down40cmPC 雪面30cm下にあられ層がありましたが、破断面はその下で入りました。
登高中のシューティングクラック、ワッフ音は無し。
あられ層がずれなかったのですが、ほかの斜面ではどうか・・
1
で、渋滞待ちです。
2018年01月13日 11:29撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、渋滞待ちです。
中岳沢方面。雪庇が発達し始めています。
2018年01月13日 11:29撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳沢方面。雪庇が発達し始めています。
1
2P目終了点より。腰がらみで確保。
2018年01月13日 13:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目終了点より。腰がらみで確保。
1
最後の詰め。
2018年01月13日 13:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の詰め。
1
阿弥陀岳登頂!北稜は余裕でした。
2018年01月13日 13:16撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳登頂!北稜は余裕でした。
2
麓は晴れているようですが・・・
2018年01月13日 13:16撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓は晴れているようですが・・・
1
テントまで戻ってきました。
2018年01月13日 15:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントまで戻ってきました。
2
夜は大宴会。
2018年01月13日 16:12撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜は大宴会。
2
2日目、赤岳主稜を狙います。
2018年01月14日 06:03撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目、赤岳主稜を狙います。
風が強く、登高困難。取り付き点まで行き、昼前から晴れるとわかっていましたが、凍傷リスクもあり撤退判断しました。
2018年01月14日 06:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強く、登高困難。取り付き点まで行き、昼前から晴れるとわかっていましたが、凍傷リスクもあり撤退判断しました。
1
下山しました。めちゃ晴れ・・・上の風はいまだ強そうですが・・・
2018年01月14日 09:23撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しました。めちゃ晴れ・・・上の風はいまだ強そうですが・・・
3
う〜ん。残念だ・・・
2018年01月14日 11:20撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん。残念だ・・・
1
下山しました。
2018年01月14日 13:33撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しました。
テント晴れるんですね。
2018年01月14日 13:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント晴れるんですね。
撮影機材:

感想/記録

山岳会の合宿で阿弥陀北稜、赤岳主稜に行ってきました〜。

初日は阿弥陀北稜へ。
前日、美濃戸口の仮眠室で仮眠を取り、朝方、美濃戸へは四駆+4輪チェーンでワープ。日も登らないうちから出発。
今回は行者小屋ベースなので南沢を詰めていきます。
南沢のスタートは雪少な目ですが、南沢大滝分岐あたりから雪量が増えました。
行者への登りは緩いのですが、途中トイレに行きたくなり、小屋まで我慢したのでつらかったです(;´・ω・)

行者に着くと、結構いい天気。初日は薄雲りで天気は微妙だと思っていたのでラッキーです。さっそくテントを設営して、荷物をデポし、北稜へアタック。
北稜取り付きにつくと2パーティーほどとりつきで待っていたので、渋滞につかまり、とりつき待ちをすることに。時間があったのでピットを掘りました。(結果は写真の通り。)
予定では北稜は2P目をリード。
終了点でスノーバーで支点を構築し、バックアップでアックスを打ち込んで”支点ビレイ”をしようとしたのですが、会の方にスノーバーでの支点は不安定なので、支店ビレイではなく、スタンディングアックスビレイに帰るようにとアドバイスをいただきました。確かに2P目の終了点は割と広いスペースがあり、雪も豊富だったので、スタンディングアックスビレイが正解でした。この辺は経験値が足りないな〜と反省。
アルパインでのビレイはペツルのボルトや確実なピナクル、複数の支点で果汁分散できる場合以外はボディービレイが基本なんだそうです。不安定な支点で支点ビレイをしたときに支点が崩壊すると、フォローの墜落で支点にもろに衝撃が加わり、支点が崩壊する可能性がある上に、崩壊した場合は二人とも墜落する可能性があるため、ボディービレイにするのがよいとの事。勉強になりました。

無事、全員北稜を登り切り、阿弥陀を登頂、下山は文三郎尾根を考えていましたが、中岳への下りが急峻だったため、北稜を懸垂50m2pで下山。
無事テントまで帰還しました。

2日目は赤岳主稜へ。テントを出て取り付き点まで行きましたが、風が非常に強く、凍傷のリスクもあったため、撤退を判断。残念ですが、テントまで引き返し、テントを撤収して下山しました。

合宿として赤岳主稜へはいけませんでしたが、合宿を通して成長できたシーズン前半でした。これからも技術を磨いていきたいですね。
訪問者数:786人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ