また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1368843 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走丹沢

鍋割山リベンジだった、のですが、、、

日程 2018年01月28日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り、山頂は強風&チラ雪
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
行き:渋沢〜表丹沢県民の森ゲートまでタクシー(15分、\2440)
帰り:寄〜新松田までバス(ロウバイ祭りで増便中、\520)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
49分
合計
5時間29分
S表丹沢県民の森駐車場07:5808:10尾関広氏の銅像08:1608:19二俣08:34本沢渡渉点08:3508:39ミズヒ沢渡渉点08:4509:07後沢乗越10:06鍋割山10:1010:11鍋割山荘10:1210:16鍋割山10:4512:01栗ノ木洞12:17櫟山12:52綱立丸12:5313:14土佐原の大きなしだれ桜13:26みやま運動広場駐車場13:2713:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下りのコースが吹っ飛んでるのは寒さのために頂上でスマホの電源が落ち、充電しながら歩いてたからです。
コース状況/
危険箇所等
ミズヒ沢渡渉から積雪が増えるが、それもあったりなかったりでアイゼン着用は微妙。後沢乗越も越え1000メートルあたりから積雪が多くなる。
時々滑りやすい斜面もあるがノーアイゼンでもいけなくはなさそう(同行者は終始ノーアイゼン)
その他周辺情報寄ロウバイ園はこれから見ごろ
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 フリース 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ニット帽 ザック 軽アイゼン 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

渋沢駅到着
2018年01月28日 07:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋沢駅到着
丹沢の山々。天気はギリギリ行ける感じ?
2018年01月28日 07:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢の山々。天気はギリギリ行ける感じ?
夕方から用があったので時間短縮のため表丹沢県民の森ゲートまではタクシーで。
ゲートすぎての林道はほとんど雪ないです。
2018年01月28日 08:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方から用があったので時間短縮のため表丹沢県民の森ゲートまではタクシーで。
ゲートすぎての林道はほとんど雪ないです。
途中沢の上を渡る橋の上はツルッツルに凍結
2018年01月28日 08:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中沢の上を渡る橋の上はツルッツルに凍結
西山林道からの道と合流したあともかなり凍結。ここ前来た時も結構濡れてた気がするな
2018年01月28日 08:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山林道からの道と合流したあともかなり凍結。ここ前来た時も結構濡れてた気がするな
渡渉その1。橋の上の雪が凍ってて橋の方が怖い
2018年01月28日 08:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉その1。橋の上の雪が凍ってて橋の方が怖い
渡渉その2
2018年01月28日 08:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉その2
ここまではほぼ雪なしです。
2018年01月28日 08:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまではほぼ雪なしです。
歩荷ポイントから沢を渡ると一気に雪があり、みんなここで軽アイゼンやチェーンスパイクつけてましたが、ここすぎるとまたなくなるので心配でなければつけなくてもいいと思いました。ただ腰下ろせるとかがこのあとあんまりないのでどっちを取るか、かな
2018年01月28日 08:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩荷ポイントから沢を渡ると一気に雪があり、みんなここで軽アイゼンやチェーンスパイクつけてましたが、ここすぎるとまたなくなるので心配でなければつけなくてもいいと思いました。ただ腰下ろせるとかがこのあとあんまりないのでどっちを取るか、かな
2
こっち見ると雪山感がありますが
2018年01月28日 09:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっち見ると雪山感がありますが
振り返るとこう(上の写真の反対側)
2018年01月28日 09:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとこう(上の写真の反対側)
後沢乗越。小休憩。
2018年01月28日 09:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後沢乗越。小休憩。
登山道のくぼんだところに吹き溜まりが
2018年01月28日 09:30撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道のくぼんだところに吹き溜まりが
雨山や檜岳?
2018年01月28日 09:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨山や檜岳?
塔ノ岳。横から見ると大倉尾根って登ってくださいと言わんばかりの存在感だよねという話をしました
2018年01月28日 09:52撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳。横から見ると大倉尾根って登ってくださいと言わんばかりの存在感だよねという話をしました
頂上が近づいてくるにつれ雪深くなって来ます。踏み抜くと腿ぐらいまでありそう。
2018年01月28日 09:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が近づいてくるにつれ雪深くなって来ます。踏み抜くと腿ぐらいまでありそう。
この辺りはニセピークの連続で心折れそうになった(笑)
2018年01月28日 09:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはニセピークの連続で心折れそうになった(笑)
ソーラーパネルが見えた!!もしかして!
2018年01月28日 10:05撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソーラーパネルが見えた!!もしかして!
到着!
どこかの高校(合同?)の新人登山大会があって坊主頭がたくさんいました。
2018年01月28日 10:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着!
どこかの高校(合同?)の新人登山大会があって坊主頭がたくさんいました。
3
もちろんこれ。奥は今回下ろしたニューザック。
2018年01月28日 10:19撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろんこれ。奥は今回下ろしたニューザック。
2
いただきます!
2018年01月28日 10:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いただきます!
5
ごちそうさま!(瞬殺)
頂上着いてからかなり風が強く、日も陰って極寒の中での食事でした。無理せず小屋の中で食えばよかった(笑)
2018年01月28日 10:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごちそうさま!(瞬殺)
頂上着いてからかなり風が強く、日も陰って極寒の中での食事でした。無理せず小屋の中で食えばよかった(笑)
2
前回もガスガスだったけど、それよりはマシだけど、うーん残念
2018年01月28日 10:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回もガスガスだったけど、それよりはマシだけど、うーん残念
小屋方面
2018年01月28日 10:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋方面
山頂標識
2018年01月28日 10:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識
1
またしても富士山見えず…
2018年01月28日 10:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またしても富士山見えず…
雪も降って来て寒すぎたのでコーヒーすら飲まずに下山開始。
2018年01月28日 10:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も降って来て寒すぎたのでコーヒーすら飲まずに下山開始。
先に出ていた高校生の列に追いついてしまった。抜かしてくれたけど、そのあと上着を脱いでしまってるうちに追いつかれてしまい、一行に紛れることに(笑)
2018年01月28日 11:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に出ていた高校生の列に追いついてしまった。抜かしてくれたけど、そのあと上着を脱いでしまってるうちに追いつかれてしまい、一行に紛れることに(笑)
1
栗ノ木洞方面は結構雪多いです。割と急なとこもあるので軽アイゼンあった方が楽かと。
2018年01月28日 11:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗ノ木洞方面は結構雪多いです。割と急なとこもあるので軽アイゼンあった方が楽かと。
確か栗ノ木洞。団体に紛れると「ついていくこと」が目的になって一心不乱に歩いてるのであんまどこ歩いてるかとか意識しなくなっちゃいますね
2018年01月28日 12:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確か栗ノ木洞。団体に紛れると「ついていくこと」が目的になって一心不乱に歩いてるのであんまどこ歩いてるかとか意識しなくなっちゃいますね
枝振りの良い松
2018年01月28日 12:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝振りの良い松
櫟山。ここで高校生は休憩だったので列を離れました。みんなありがとう。
2018年01月28日 12:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫟山。ここで高校生は休憩だったので列を離れました。みんなありがとう。
秦野市街がよくみえます
2018年01月28日 12:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秦野市街がよくみえます
途中林道を渡ります。
2018年01月28日 12:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中林道を渡ります。
シカよけゲートが何箇所か
2018年01月28日 13:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シカよけゲートが何箇所か
麓には寄ロウバイ園が広がってます。宝登山のロウバイ園よりかなり広い気がする
2018年01月28日 13:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓には寄ロウバイ園が広がってます。宝登山のロウバイ園よりかなり広い気がする
寄なのにうまく寄れない(ここの地名の「寄」はヤドリキと読みます)
2018年01月28日 13:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄なのにうまく寄れない(ここの地名の「寄」はヤドリキと読みます)
2
茶畑とロウバイ
2018年01月28日 13:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶畑とロウバイ
かなり賑わってました。おかげで新松田までのバスが増発してて早く帰れました。
2018年01月28日 13:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり賑わってました。おかげで新松田までのバスが増発してて早く帰れました。
1

感想/記録
by hbk3

年末に腰痛による登山休みから復帰して年明け一発目!
友人と丹沢行こうかという話になったので、一昨年の11月に行ってガスガスだった鍋割山リベンジにしました。
(その時のレコ : https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1013787.html )

せっかくコースがたくさんある丹沢なので同じルート行くのもなあと思い、最初は大倉BSから西山林道〜二俣〜小丸尾根〜二俣分岐〜山頂で登り、下りは後沢乗越〜栗ノ木洞〜櫟山〜寄と行く予定でした。
小丸尾根が秋あたりから通れるようになってたのと、大倉尾根降りるのしんどいから(笑)

でも月曜に雪も降り、直前になり夕方から千葉で飲み会が入ったためコースタイム短縮のためゲートまではタクシー利用、小丸尾根は諦めて後沢乗越経由としました。

降雪のおかげで雪も楽しめるかも!さらに最近晴れてるから頂上では富士山見ながらの鍋焼きうどんも!という期待はかなり大きかったのですが、前日の予報を見ると曇り予報。さらに風もかなり強そうでちょっと不安に。

実際当日朝は曇ってはいるもののそんなに雲も厚くなく、日の出も見えるぐらいには南側は晴れてました。

雪も思ったほどはなく、ミズヒ沢を渡った先から軽アイゼンつけたもののすぐに雪がなくなり岩や木道をただ不安定に歩くことに…。

1000メートルあたりから雪も増え、あたりもひんやりして来ておっ!雪山感が出て来た!と喜ぶと反比例したように太陽は雲の陰に。風も強くなり頂上はかなりの冷え込みでした。

早速鍋焼きうどん注文。時間も10時過ぎでまだそんなにお客さんいないので10分も待たないうちに出来上がり。

小屋の中もまだ空いてましたが、やっぱりせっかく来たからには外で!と思って外に出ると風ピューピュー。手がかじかむ。手袋しないと無理。
さっきまでグツグツ言ってたうどんがあっという間におとなしく…数枚写真撮っていただきます!

うどん持ち上げたそばから風が熱を奪い、フーフーしなくても適温に!喜ぶのか悲しいのかわからんがうどんはうまい!温まる!ほんのり!

かなり速攻で食べたけど、つゆは何も気にせず飲めるぐらいに冷めちゃってました泣

土鍋を返却し、お湯持って来たからコーヒー飲む?とは聞いたもののますますガスは厚く風は強く雪も降って来たため水筒のコップに一杯のお湯だけ飲んで下山開始。

ちなみに山頂到着したときに40-50人ぐらいの高校生?が集団で来ていて、歩荷してきた水を小屋に届けていたんだけど、推測するに複数の高校の登山部?の新人登山大会ではないかと思います。僕らがうどん食べ終わったころに先に下山していたのですが途中で追いついてしまいました。ただその時は休憩中らしく、登山道の脇にみんな避けてくれていたので先に行かせてもらいました。「こんにちは」の嵐(笑)

ただ後沢乗越まで来たところで暑くなってきたので上着を脱いでザックにしまっているところで追いつかれてしまいました。
歩荷してたし、そのまま二俣方面に行くんだろうな…と見送ったらなんとまっすぐ栗ノ木洞方面に進んでいくではありませんか。思わず同行の友人と顔を見合わせてしまいました笑

いや、いいんですけど、何せ人数が多くこの後ろについていくのはつらいなーと思ったのが正直なところ。
でも20人ぐらい行ったところでちょっと列が途切れたので、すかさず間に入り込みました。

そこからはもう雪中行軍のごとく、隊列の一員となって突き進むのみ…ここは八甲田山か。
団体に入るとなんか思考停止してしまいますね笑ひたすら前にいた高校生の後ろをついていきました。
途中、変なおじさんが混ざっていることに気付いたのか、前を歩いていた高校生がその前の人に「速やかに停止して左に寄れ!」と号令をだし、僕らを先に行かせてくれました。
でもさ、なんで栗ノ木洞直下のこの急斜面で譲るんだよ(笑)焦っちゃうよ(笑)キツいよ(笑)

そのあとも10人ぐらいは前にいる状態で檪山まで。こっちのコースはあまり人通りもなくトレースも薄かったためついて行く気満々だったのでちょっと焦りました。
なんとかコースを見つけて寄へ。ここから先は雪もまばらになり、樹林帯をひたすら歩く感じですね。

ロウバイ園あたりからは一気に人が増えました。ちょうど見ごろを迎えており、かなりの人出でしたね。甘い香りと優しい色に癒されました。
むしろ登山装備の僕らがヨソモノ感満載になってしまいました。

バス停を見つけて近寄るとすでに長蛇の列。そうか、ロウバイ園に来た人もバス乗るのか。でもすでにバスは1台停車しています。
どうもロウバイ祭りに合わせて増便しているらしく、予定のバスの時間よりちょっと早く出るとのこと。すでに座席は埋まっていましたがこの後の予定もあるので乗ることにしました。

増便だから時刻表を守る必要もないのか、バスはかなり飛ばしました。おかげで時刻表だと30分かかるところ20分ぐらいで着きました。
おかげで丹沢登って降りてからの千葉県だったのに16時には到着できることに笑
こんな早い山行は初めてでした・・・

しかし眺望リベンジのはずだったのにまたしてもダメだった!
これはまた来ないといけないですねー、山頂で鍋焼きうどん食べたい方は是非お誘いください!
訪問者数:530人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ