また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1369344 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳 〜2018登初めは赤岳・横岳・硫黄岳〜

日程 2018年01月27日(土) 〜 2018年01月28日(日)
メンバー
天候27日 晴れ
28日 晴れ後薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口 八ヶ岳山荘に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間41分
休憩
2時間5分
合計
6時間46分
S美濃戸口07:3107:32八ヶ岳山荘07:3808:23やまのこ村08:2408:31美濃戸山荘08:4409:56中ノ行者小屋跡10:1811:12行者小屋11:5612:05阿弥陀岳分岐12:0613:03文三郎尾根分岐13:1313:24赤岳13:2813:29竜頭峰13:30赤岳13:3513:35竜頭峰13:3713:39赤岳13:5013:53赤岳頂上山荘13:5914:17赤岳天望荘
2日目
山行
4時間1分
休憩
1時間14分
合計
5時間15分
赤岳天望荘07:1807:21地蔵の頭07:2207:30二十三夜峰07:4207:44日ノ岳07:5107:54鉾岳07:5808:00石尊峰08:0808:09横岳(三叉峰)08:1408:18横岳(無名峰)08:2108:26横岳(奥ノ院)08:3708:45台座ノ頭09:00硫黄岳山荘09:0109:25硫黄岳09:2809:51赤岩の頭09:5610:37ジョウゴ沢10:3810:40大同心沢(大同心ルンゼ)分岐10:45赤岳鉱泉10:5711:26堰堤広場11:2711:55美濃戸山荘12:00やまのこ村12:32美濃戸口12:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

朝7:30美濃戸口、凛とした空気
2018年01月27日 07:31撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝7:30美濃戸口、凛とした空気
何と気温はここで-15℃
2018年01月27日 07:35撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何と気温はここで-15℃
1
長い林道を歩いて南沢から赤岳に向かいます。
2018年01月27日 08:39撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い林道を歩いて南沢から赤岳に向かいます。
フカフカな雪
2018年01月27日 10:39撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フカフカな雪
2
行者小屋に到着。稜線はガスガス。
2018年01月27日 11:15撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋に到着。稜線はガスガス。
準備している間にみるみるガスが流れて青空に。
2018年01月27日 11:48撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
準備している間にみるみるガスが流れて青空に。
1
文三郎尾根で稜線を目指す。
2018年01月27日 12:38撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根で稜線を目指す。
4
中岳、阿弥陀。
次回ぜひチャレンジしたい。
2018年01月27日 12:38撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳、阿弥陀。
次回ぜひチャレンジしたい。
1
横岳、硫黄岳は明日行く予定。
2018年01月27日 12:38撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳、硫黄岳は明日行く予定。
2
春までおやすみなさい。
2018年01月27日 13:08撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春までおやすみなさい。
1
文三郎尾根分岐に到着
2018年01月27日 13:10撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根分岐に到着
赤岳を目指します。
2018年01月27日 13:10撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳を目指します。
あとちょっとだけど、風が強い。
2018年01月27日 13:17撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとちょっとだけど、風が強い。
1
赤岳山頂
八ヶ岳ブルーと絶景が広がります。
2018年01月27日 13:45撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂
八ヶ岳ブルーと絶景が広がります。
4
富士山もきれいに見えてました。
2018年01月27日 13:51撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もきれいに見えてました。
2
今回、強風で断念した阿弥陀岳。
2018年01月27日 13:58撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回、強風で断念した阿弥陀岳。
2
明日は横岳、硫黄を縦走予定。
2018年01月27日 13:58撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日は横岳、硫黄を縦走予定。
今夜の宿、展望荘到着。
風が強く、気温が低い初日終了。
2018年01月27日 14:27撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜の宿、展望荘到着。
風が強く、気温が低い初日終了。
1
エビの尻尾が無くなっている。風か。
2018年01月28日 06:44撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビの尻尾が無くなっている。風か。
2
初日より明らかに気温も高く、風も弱い。迷わず横岳、硫黄岳の縦走へ。
2018年01月28日 07:17撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初日より明らかに気温も高く、風も弱い。迷わず横岳、硫黄岳の縦走へ。
3
ここから緊張の開始。雪がフカフカでアイゼン、ピッケルが効き難くい。
2018年01月28日 07:44撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから緊張の開始。雪がフカフカでアイゼン、ピッケルが効き難くい。
1
慎重に進んで横岳山頂。
2018年01月28日 08:28撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に進んで横岳山頂。
3
横岳からの緊張する道程を終えて、解放の一時。
2018年01月28日 08:38撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳からの緊張する道程を終えて、解放の一時。
特にトラバースは、雪がフカフカで緊張しました。
2018年01月28日 08:38撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特にトラバースは、雪がフカフカで緊張しました。
ここから硫黄までは強風との闘い。時たま体が風に持っていかれます。
2018年01月28日 09:08撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから硫黄までは強風との闘い。時たま体が風に持っていかれます。
1
縦走路を名残惜しんで。
2018年01月28日 09:29撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を名残惜しんで。
名物アイスキャンディー
2018年01月28日 10:44撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物アイスキャンディー
1
長い林道を歩いて帰ってきました。
2018年01月28日 12:31撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い林道を歩いて帰ってきました。

感想/記録
by hikko

冬型の気圧配置が残る27日、昨年より予定していた南八ヶ岳へ。今年は、元旦からインフルエンザで熱を出し、一週間動けず。その後も色々とあって、今回が今年初の山行となりました。
美濃戸口に着くと気温は既に-15℃と極寒の世界。スタートから完全防備で出発。初日は、南沢から行者小屋に進み、文三郎尾根で赤岳に登頂し展望荘へ。行者小屋から見上げた時はガスの中だった稜線も、みるみるガスが抜けて青空が広がり、赤岳山頂では最高の景色を堪能できました。
二日目は、風も弱かったので予定通り、横岳、硫黄岳の縦走コースへ。日ノ岳のトラバースなど何か所か雪がフカフカでアイゼン、ピッケルの効きが弱く、緊張の場面もありましたが、順調に縦走できました。
2018年最初の山行は、程よい緊張で達成感が得られた気持ち良い山行でした。
訪問者数:532人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ