また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1390457 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

蓼科山 風もそこそこで絶好のコンディション

日程 2018年02月27日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。
風は森林限界出ると特に西斜面は強風でしたが、頂上は少し落ち着いていました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
蓼科山登山口駐車場に駐車。
朝7時前で5,6台でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
35分
合計
5時間8分
Sすずらん峠園地駐車場07:2608:47標高2110m標識08:5409:05幸徳平09:0810:45蓼科山10:4610:49蓼科山頂ヒュッテ10:50蓼科山11:0311:31幸徳平11:3911:45標高2110m標識11:4612:32女ノ神茶屋・蓼科山登山口12:3412:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駐車場の裏手の急登部分は溶けた水が朝凍っていてカリカリ、ツルツル、駐車場からのアイゼン装着をオススメします。
その後は締まった雪でアイゼンが良く効きました。
トレースはバッチリなので迷うことはないと思います。
その他周辺情報縄文の湯に寄りました。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ポール ヘルメット

写真

おはようございます。
八ヶ岳の向こうから朝日が上がってきます。
2018年02月27日 06:34撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。
八ヶ岳の向こうから朝日が上がってきます。
1
左が今日登る蓼科山。
2018年02月27日 06:34撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が今日登る蓼科山。
3
駐車場で今日の荷物を準備。
2018年02月27日 07:25撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場で今日の荷物を準備。
駐車場は7,8台。
トイレも右端の一つは使えました。
ありがとうございます。
2018年02月27日 07:25撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は7,8台。
トイレも右端の一つは使えました。
ありがとうございます。
駐車場からすぐに登山道に入れました。
2018年02月27日 07:37撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場からすぐに登山道に入れました。
朝日でキラキラしていました。
2018年02月27日 07:39撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日でキラキラしていました。
2
ツルツル、ガリガリの急登を過ぎると、蓼科らしい癒やされる森。
2018年02月27日 08:14撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルツル、ガリガリの急登を過ぎると、蓼科らしい癒やされる森。
1
見上げると、八ヶ岳ブルーの中を飛行機が。
2018年02月27日 08:28撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると、八ヶ岳ブルーの中を飛行機が。
1
少し岩が出てきました。
2018年02月27日 08:29撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し岩が出てきました。
急登が続きます。
2018年02月27日 08:50撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が続きます。
振り返ると綺麗な景色。
2018年02月27日 08:55撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると綺麗な景色。
甲斐駒ヶ岳、南アルプス方面も綺麗でした。
2018年02月27日 08:57撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳、南アルプス方面も綺麗でした。
4
少し逆光ですが、赤岳、阿弥陀岳、権現岳方面。
冬の間に行ってみたい。
2018年02月27日 09:02撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し逆光ですが、赤岳、阿弥陀岳、権現岳方面。
冬の間に行ってみたい。
1
空のブルーとのコントラストが綺麗でした。
2018年02月27日 09:03撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空のブルーとのコントラストが綺麗でした。
この道標過ぎると、また綺麗な森の中を歩きます。
2018年02月27日 09:03撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標過ぎると、また綺麗な森の中を歩きます。
登る蓼科山が見えてきました。
2018年02月27日 09:13撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登る蓼科山が見えてきました。
この道標で強風に備えて準備するのが良いと、他のレポで教えていただいたので、私もハードシェル着て、バラクラバ等準備。
2018年02月27日 09:19撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標で強風に備えて準備するのが良いと、他のレポで教えていただいたので、私もハードシェル着て、バラクラバ等準備。
1
トレッキングポールもしまって、ピッケルに交換です。
2018年02月27日 09:57撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレッキングポールもしまって、ピッケルに交換です。
1
編笠山から天狗岳まで、八ヶ岳がこんなに綺麗に見えるとは!
2018年02月27日 09:38撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山から天狗岳まで、八ヶ岳がこんなに綺麗に見えるとは!
3
縞枯と八ヶ岳ブルー。
2018年02月27日 10:21撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯と八ヶ岳ブルー。
2
しかし、頂上に向かって一直線の登山道、キツい、、、
アイゼンワークとピッケルの良い練習になりました。
2018年02月27日 10:29撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、頂上に向かって一直線の登山道、キツい、、、
アイゼンワークとピッケルの良い練習になりました。
3
振り返ると、御嶽山が。
2018年02月27日 10:31撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、御嶽山が。
1
南アルプス方面。
2018年02月27日 10:31撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス方面。
森林限界を出ます。ここから風が強そう。
2018年02月27日 10:42撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を出ます。ここから風が強そう。
編笠山とか、西天狗岳もこんな感じでした。
でも、雪がしっかり付いていて歩きやすかったです。
2018年02月27日 10:46撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山とか、西天狗岳もこんな感じでした。
でも、雪がしっかり付いていて歩きやすかったです。
八ヶ岳から南アルプスが一望できました。
2018年02月27日 10:49撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳から南アルプスが一望できました。
さー、頂上はもうすぐ。
2018年02月27日 10:54撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さー、頂上はもうすぐ。
この前行った北横岳から八ヶ岳方面。
2018年02月27日 10:54撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この前行った北横岳から八ヶ岳方面。
1
蓼科山頂ヒュッテが見えてきました。
2018年02月27日 10:56撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山頂ヒュッテが見えてきました。
ヒュッテの前にあった案内板。
後ろは浅間山。
2018年02月27日 10:59撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテの前にあった案内板。
後ろは浅間山。
2
山頂の向こうに北アルプスが。
2018年02月27日 11:01撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の向こうに北アルプスが。
3
こちらは白馬から妙高方面。
2018年02月27日 11:02撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは白馬から妙高方面。
1
三角点がありました。
2018年02月27日 11:03撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点がありました。
4
穂高から槍がクッキリと。
2018年02月27日 11:08撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高から槍がクッキリと。
4
白馬方面。
雪が多そう。
2018年02月27日 11:09撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬方面。
雪が多そう。
2
妙高方面。
今度の夏に行ってみたい。
2018年02月27日 11:09撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高方面。
今度の夏に行ってみたい。
1
さー、八ヶ岳と南アルプス見ながら下山です。
2018年02月27日 11:14撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さー、八ヶ岳と南アルプス見ながら下山です。
蓼科山は眺めが良いですね〜。
2018年02月27日 11:16撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山は眺めが良いですね〜。
またまた八ヶ岳オールスターズ。
2018年02月27日 11:49撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた八ヶ岳オールスターズ。
1
一気に降りてきて、蓼科らしい綺麗な森に帰ってきました。
2018年02月27日 12:21撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に降りてきて、蓼科らしい綺麗な森に帰ってきました。
1
帰りに縄文の湯で汗を流しました。
そこから見えた登ってきた蓼科山。
お疲れ様でした!
2018年02月27日 14:16撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに縄文の湯で汗を流しました。
そこから見えた登ってきた蓼科山。
お疲れ様でした!
4

感想/記録

今日は急に予定がなくなり、ヤマテン見たら良い予報だったので、急遽蓼科山に行くことにしました。
平日なので中央高速もスムーズ、快適な山行ができました。
直近の目標は冬の赤岳に行くことなので、文三郎尾根や地蔵尾根をシミュレーションできるかな〜等と思いながら、蓼科山への急登を一歩一歩アイゼンワークを試しながら歩きました。急登なので、どう足を置くのが良いのか等考えながら進みました。また、ピッケルも急斜面ではとても使いやすく、ありがたみが良く分かりました。
森林限界超えると風が強くなりましたが、アイゼンなしで降りてこられるシニアのご夫妻とお話しさせていただきました。何でも子供の頃からほとんど毎週登られているとのこと、なので、アイゼンなくてもどこに足を置けば良いか分かるので、大丈夫!とのことでした。いやー、素晴らしい足の感覚をお持ちなんでしょうね〜、お話させていただいて良かったです。私は道具に頼りっぱなしなので、もっと自分の感覚を大切にすることも必要なんだなぁと教えていただきました。
山頂に着くと多少風が弱くなり、絶景を楽しめました。いつかは行ってみたい山々を眺めながら景色を堪能しました。
帰りはアイゼン効かせて一気に下って、帰りに縄文の湯でマッタリ。
訪問者数:636人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ