また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1402663 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

黒部横断 〜鹿島槍-S字峡-剱〜

日程 2018年03月13日(火) 〜 2018年03月15日(木)
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

朝一の難所、堰堤越え
2018年03月13日 05:42撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝一の難所、堰堤越え
9
明けてきた
2018年03月13日 05:43撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明けてきた
5
北股本谷
2018年03月13日 05:49撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北股本谷
2
詰めていく
2018年03月13日 06:18撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めていく
3
本谷はデブリ
2018年03月13日 06:33撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷はデブリ
5
こちらはキレイ
2018年03月13日 06:37撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはキレイ
5
鎌尾根を行く
2018年03月13日 07:24撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌尾根を行く
4
ウサギ発見
2018年03月13日 08:10撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギ発見
10
ずっとこんな感じ
2018年03月13日 08:30撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっとこんな感じ
9
ひたすらシートラ
2018年03月13日 08:37撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすらシートラ
6
あそこまで行くのだ
2018年03月13日 10:13撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこまで行くのだ
10
最後の登り
2018年03月13日 10:19撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り
3
もうちょい
2018年03月13日 10:35撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょい
5
ここを滑る
2018年03月13日 10:42撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを滑る
13
山頂で板を履いた
2018年03月13日 11:35撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で板を履いた
7
面を変えて
2018年03月13日 11:34撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面を変えて
2
振り返る
2018年03月13日 11:37撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る
5
ここまで来れば
2018年03月13日 11:40撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来れば
5
明確なルンゼになる
2018年03月13日 11:41撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明確なルンゼになる
7
落ちてゆく
2018年03月13日 11:57撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちてゆく
7
初めての景色
2018年03月13日 12:07撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めての景色
8
休憩しながら滑走
2018年03月13日 12:11撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩しながら滑走
3
初滑降らしい
2018年03月13日 12:45撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初滑降らしい
8
沢割れが始まる
2018年03月13日 13:26撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢割れが始まる
3
登り返しポイントを確認して
2018年03月13日 16:31撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しポイントを確認して
2
2日目が始まる
2018年03月14日 05:49撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目が始まる
6
雲切谷は行けそう
2018年03月14日 06:05撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲切谷は行けそう
2
剱の稜線
2018年03月14日 06:13撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱の稜線
15
明けてきた
2018年03月14日 06:32撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明けてきた
4
少し滑り
2018年03月14日 07:24撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し滑り
3
尾根を歩き
2018年03月14日 07:45撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を歩き
2
また滑り
2018年03月14日 08:08撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また滑り
3
トラバース
2018年03月14日 08:47撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース
3
関西電力
2018年03月14日 08:53撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関西電力
2
ダムを渡った
2018年03月14日 09:18撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムを渡った
5
スノーブリッジはあった
2018年03月14日 09:34撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーブリッジはあった
4
恐怖の谷へ
2018年03月14日 10:09撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐怖の谷へ
7
白馬三山
2018年03月14日 13:12撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山
3
なんとか尾根へ出た
2018年03月14日 13:40撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか尾根へ出た
3
剱が顔を出す
2018年03月14日 13:48撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱が顔を出す
17
マンダム
2018年03月14日 15:09撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンダム
33
試練と憧れが待っている
2018年03月14日 15:52撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
試練と憧れが待っている
7
板を履いて
2018年03月14日 15:11撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板を履いて
4
数ターン滑る
2018年03月14日 16:20撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数ターン滑る
9
平ノ池にて幕営
2018年03月14日 17:26撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ノ池にて幕営
10
3日目が始まる
2018年03月15日 05:59撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目が始まる
9
小窓まではスキーで
2018年03月15日 06:02撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小窓まではスキーで
7
あとはシートラ
2018年03月15日 06:35撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはシートラ
4
小窓の王
2018年03月15日 06:35撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小窓の王
9
行くしかない
2018年03月15日 07:19撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行くしかない
4
安全に懸垂3回
2018年03月15日 07:44撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安全に懸垂3回
10
遠くに海
2018年03月15日 08:48撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに海
10
池ノ谷ガリー
2018年03月15日 08:59撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池ノ谷ガリー
4
懸垂した発射台
2018年03月15日 09:01撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂した発射台
11
もうすぐ
2018年03月15日 09:22撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ
7
槍も見える
2018年03月15日 09:38撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍も見える
9
ナイフリッジを行く
2018年03月15日 09:50撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジを行く
4
北方稜線は最後の試練
2018年03月15日 09:52撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方稜線は最後の試練
15
ついに憧れのピークに!
2018年03月15日 11:15撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに憧れのピークに!
28
右端から来た
2018年03月15日 10:59撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右端から来た
10
後立山の稜線・爺が岳から北
2018年03月15日 10:58撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山の稜線・爺が岳から北
8
室堂は除雪が始まっていた
2018年03月15日 10:58撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂は除雪が始まっていた
12
富山湾が見える
2018年03月15日 11:00撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山湾が見える
7
帰りましょう
2018年03月15日 11:12撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りましょう
7
ここも懸垂した
2018年03月15日 11:31撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも懸垂した
10
「山スキー百山」の表紙
写真左奥が鹿島槍の斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「山スキー百山」の表紙
写真左奥が鹿島槍の斜面
1

感想/記録

3月13日から3日かけて、3人で黒部を横断した。ルートは大谷原〜鹿島槍〜S字峡〜剱岳〜馬場島。個人的には4年前の4月末に歩きで、3年前に女子と扇沢〜馬場島へスキーで横断したのに続く、3度目の黒部横断だった。目的は鹿島槍北西面の初滑降、鹿島槍と剱岳という2つの素晴らしいピークをつなぐラインの走破である。前者は「山スキー100山」の表紙に同斜面を発見してからの夢であり、後者は最初の横断で敗退(小窓から馬場島へエスケープ)して以来の目標だった。

山行前夜に諸々の準備を整え車で大谷原入りした。春とはいえ3月に3日続けて晴れることは少ない。今回の計画を達成するには少なくとも2日の晴れが必要だったが、今回は結果的に3日晴れた。メンバーはよく一緒に山スキーへ行く3名でお互いの技術と体力をよく理解しており、気心の知れた仲間である。

<3/13㈫ 大谷原〜鹿島槍〜東谷1,100m地点>

初日は大谷原から北股本谷を詰め、鎌尾根に取り付いて鹿島槍を目指す。朝4時に暗がりの中、林道を歩いていると左側に民家の明かりが見えた。一箇所堰堤越えが厄介だった以外はスキーで快適な歩行ができた。本谷にはデブリが散見される。鎌尾根取り付きからシートラでひたすら登る。基本歩きでたまに雪壁程度だが、クライマーズライト側に落ちると助からないので緊張する。ひたすら登り、最後は雪庇を崩し後立山の稜線へ出た。山頂まで少し歩く。

山頂では香港からのパーティに遭遇。北西面を観察し、ドロップポイントを決める。山頂で板を履いてスキーヤーズレフトから滑走を開始する。パウダーもあるが重く、所々アイスバーンが露出している。出だしの複雑な地形を2ピッチに分けて滑り、中間部で数本木の生えた尾根に乗り上げた。写真では明確にわからなかったが、尾根から見下ろした沢はルンゼ状で雪がしっかりとつながっていた。思い通りの展開に思わず歓声が漏れる。

その後はひたすら重パウ、カリカリ、ソフトデブリを越えて東谷へ。そのうちに沢は割れはじめ、標高1100mあたりでゴルジュに行き当たり、雪も切れ先に行くのが困難になった。登り返す予定の右岸尾根は西面で日射によりグズグズであるため、この日はここで幕営することにした。水のある快適な天場だった。

合計時間: 11時間32分
合計距離: 17.49km
累積標高(上り): 2347m
累積標高(下り): 2275m

<3/14㈬ 東谷1,100m地点〜S字峡〜平ノ池>

3時に起き4時半前より行動開始。この日は前日に確認したルンゼをひたすら詰める。上部で傾斜が落ちたあたりでクトーをつけてシール歩行。キックターンは緊張を強いられる。2003年3月ぶなの会による山行記録を参考に、計画では1314mPまでの300m弱の登り返しを予定していたが、1647m直下まで500m以上の登り返しとなった。できるだけ尾根沿いに滑降を開始する。1314m地点で一度板を脱ぎ再度滑降し、黒部川へ降り立つ。

仙人ダムの北側に出たため、ダムを渡り部分的に雪に覆われた夏道を歩いたが、雲切谷からのデブリでスノーブリッジが形成されていた。ここを渡れなかったのは少し心残り。前半の登り返しで時間を要したため、雲切谷に入ったのが10時。好天と高温を考慮するとかなりギリギリだったが、既に大きな雪は落ちたと判断し、足早に谷を詰める。途中ザラメラッセルとなったが、12時には尾根に乗ることができた。

剱や周囲の高峰を見渡しながら仙人山の手前まで気持ちの良い歩きとなる。当初雪崩のリスクを考え池ノ平小屋の位置にテントを張る予定で、このコルまで滑降した。が、整地の手間、雪崩発生の確率を比較考量し、最終的に平ノ池に幕を張った。これなら仙人山東面の快適な滑走が楽しめたに...というのが2つ目の心残り。

合計時間: 12時間41分
合計距離: 12.63km
累積標高(上り): 2103m
累積標高(下り): 1292m

<3/15 平ノ池〜剱岳〜伊折>

天候の悪化を懸念し2時に起き、4時前に出発。平ノ池から暗闇のアイスバーンを小窓まで滑り降りる。シールを貼りクトーを付けて小窓まで快適に歩いた。小窓雪渓はデブリがほとんどない面ツルバーン。シートラに切り替え小窓ノ王に向けて登り始める頃に太陽が上がった。池ノ谷ガリーへ下りる箇所(発射台)で念のため30mの懸垂下降を3回行った。ガリーは思ったより傾斜が無く問題なかったが、その後の稜線では傾斜もあり落ちられない雪壁があった。

11時頃ようやく剱岳の山頂に達した。遠く後立山の稜線に鹿島槍ヶ岳のピークを見る。雲は出始めたがまだ晴れている冬の北アルプス大展望を楽しんだ。写真を撮って帰途につくと途端に強風となる。早月尾根を経て安全なラインで馬場島まで下山した。馬場島では富山県警の方々にご挨拶し、カルピスをご馳走になる。その後、まだ除雪が終わっていない伊折までクロカンスタイルで下山。17時前には電話で依頼したタクシーが待っていてくれた(馬場島には3年前頃より携帯の電波があるとか)。

合計時間: 13時間56分
合計距離: 22.82km
累積標高(上り): 1366m
累積標高(下り): 2933m

上市駅からは終電(18:17発)でローカル列車の旅を満喫し、JR大糸線線・信濃木崎よりタクシーで大谷原へデポ車の回収に向かった。
まさに完全燃焼。自分で思いつく最高の滑降と横断ラインを引くことができた。今シーズンはもう山スキーはいいかな、と思えるくらいの満足感に浸っている。

-----------------------------
17-18シーズン使用板カウンター
-----------------------------
FISCHER TRANSALP 80:5★
FISCHER BIGSTIX 122:4
DYNAFIT CHO-OYU 87 :1(レンタル)
FISCHER RANGER 98 :12(廃板)
-----------------------------
合計:22日
訪問者数:5673人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ