また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1409589 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走丹沢

雪の丹沢主脈 大倉〜塔ノ岳、丹沢山、不動ノ峰

日程 2018年03月24日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間13分
休憩
24分
合計
10時間37分
S大倉バス停05:4705:51大倉山の家05:5106:14観音茶屋06:1406:28雑事場ノ平06:2806:32見晴茶屋06:3206:46一本松06:4607:04駒止茶屋07:0507:13堀山07:1307:20堀山の家07:2207:43天神尾根分岐07:4408:09花立山荘08:0908:18花立08:1808:23金冷シ08:2308:45塔ノ岳08:5208:54尊仏山荘08:5509:18日高09:1809:33竜ヶ馬場休憩所09:3309:37竜ヶ馬場09:3709:55みやま山荘09:59丹沢山09:5910:02みやま山荘10:0510:06丹沢山10:0710:29早戸川乗越10:3210:42箒杉沢ノ頭10:4511:11不動ノ峰休憩所11:1211:20不動ノ峰11:2111:25不動ノ峰休憩所11:2511:32箒杉沢ノ頭11:3211:41早戸川乗越11:4312:10丹沢山12:1012:11みやま山荘12:1112:26竜ヶ馬場12:2612:41竜ヶ馬場休憩所12:4112:53日高12:5313:18尊仏山荘13:19塔ノ岳13:1913:31金冷シ13:3113:36花立13:3613:45花立山荘13:4514:01天神尾根分岐14:0114:54天神尾根入口(旧書策新道入口)14:5815:15戸沢山荘15:1515:19作治小屋15:31新茅山荘15:3116:02竜神の泉16:0316:32大倉バス停16:3216:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

遠くに見える雪山に期待が高まる。前日飲み会だった。寝不足による体調不良を憂慮して極端な早起きをせず最低限の睡眠時間を確保したため少し遅くなった。これでは自分の足では蛭ヶ岳は厳しいだろう。行けるところまで行きたい。
2018年03月24日 05:47撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見える雪山に期待が高まる。前日飲み会だった。寝不足による体調不良を憂慮して極端な早起きをせず最低限の睡眠時間を確保したため少し遅くなった。これでは自分の足では蛭ヶ岳は厳しいだろう。行けるところまで行きたい。
塔ノ岳。今年の初日の出を見たときは上のネジが外れていたが直したのだろう。あのときの寒さはこんなものではなかった。
2018年03月24日 08:44撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳。今年の初日の出を見たときは上のネジが外れていたが直したのだろう。あのときの寒さはこんなものではなかった。
塔ノ岳。ガスがかかって雪山らしく良い雰囲気だ
2018年03月24日 08:45撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳。ガスがかかって雪山らしく良い雰囲気だ
3
ユーシン方面踏み跡なし
2018年03月24日 08:54撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシン方面踏み跡なし
1
丹沢山へ
2018年03月24日 09:41撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山へ
丹沢山。午前10時。蛭ヶ岳まで雪がなければ休憩を入れても往復4時間弱の実績だから行ける。しかし今日のこの雪ではもう蛭ヶ岳は行けないことが確定。自分の足では明るいうちに大倉に戻れる時間ではない。
2018年03月24日 09:58撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山。午前10時。蛭ヶ岳まで雪がなければ休憩を入れても往復4時間弱の実績だから行ける。しかし今日のこの雪ではもう蛭ヶ岳は行けないことが確定。自分の足では明るいうちに大倉に戻れる時間ではない。
3
不動ノ峰へ。丹沢山から主脈に入ると景色が一変。踏み潰されてなく、ツボ足を辿って行く
2018年03月24日 10:11撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動ノ峰へ。丹沢山から主脈に入ると景色が一変。踏み潰されてなく、ツボ足を辿って行く
2
ユーシン方面。この前この場所から見たときは紅葉が綺麗だった。しかし今日の幻想的な景色は格別だ。
2018年03月24日 10:11撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシン方面。この前この場所から見たときは紅葉が綺麗だった。しかし今日の幻想的な景色は格別だ。
2
恐怖心は否めない。焦らず慎重に行こう。
2018年03月24日 10:20撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐怖心は否めない。焦らず慎重に行こう。
2
不動ノ峰休憩所。青年とご一緒した。その方も大倉からとのことだったが、自分より2時間近く遅くスタートしている。蛭までピストンするとのこと、そのスピードなら問題ないのであろう。
2018年03月24日 11:11撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動ノ峰休憩所。青年とご一緒した。その方も大倉からとのことだったが、自分より2時間近く遅くスタートしている。蛭までピストンするとのこと、そのスピードなら問題ないのであろう。
1
最後に不動ノ峰に上がったところガスが晴れ主脈の絶景を見渡すことができた。
2018年03月24日 11:17撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に不動ノ峰に上がったところガスが晴れ主脈の絶景を見渡すことができた。
6
写真には収まりきらないパノラマの眺望が広がる
2018年03月24日 11:17撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真には収まりきらないパノラマの眺望が広がる
2
すぐそこに蛭ヶ岳が見えるのに。諦めが肝心
2018年03月24日 11:30撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐそこに蛭ヶ岳が見えるのに。諦めが肝心
2
再び丹沢山
2018年03月24日 12:09撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び丹沢山
1
丹沢山のベンチがいっぱいだったので竜ヶ馬場にて休憩
2018年03月24日 12:31撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山のベンチがいっぱいだったので竜ヶ馬場にて休憩
塔ノ岳山頂より。先程いた場所はもう見えない
2018年03月24日 12:31撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂より。先程いた場所はもう見えない
帰りは沢沿いを好むため戸沢へ
2018年03月24日 14:57撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは沢沿いを好むため戸沢へ
沢を眺めていると疲れが癒される
2018年03月24日 15:13撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を眺めていると疲れが癒される
1
無事に到着。無理して蛭ヶ岳に行けなかったこともないとは思うが、ヘッデンのお世話になっていただろう。
2018年03月24日 16:26撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に到着。無理して蛭ヶ岳に行けなかったこともないとは思うが、ヘッデンのお世話になっていただろう。
1
撮影機材:
訪問者数:286人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ