また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1414068 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳(三度目のトライで登頂成功!)

日程 2018年03月27日(火) [日帰り]
メンバー
 reg
天候晴れ
唐松岳 12:02 5℃ 風速1〜2m(体感)
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等
〇3本のリフトを乗りついで、八方池山荘に向かいます。
〇リフト代往復で2900円。駐車場は周辺に500〜600円であります)
〇ゴンドラ運行土日祝7:30〜 平日8:00〜
〇リフト券を買うときに、登山届を出す必要があります(インターネットやメールで届けている場合は、それを証明するものが必要とか)。私は、登山計画書を一枚余分にプリントアウトして持っていきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間29分
休憩
17分
合計
4時間46分
S八方池山荘08:4108:57石神井ケルン08:5909:08第2ケルン09:14八方ケルン09:1509:24第三ケルン10:13丸山10:1410:45唐松岳頂上山荘10:5411:09唐松岳11:1011:24唐松岳頂上山荘11:2511:57丸山12:44八方池12:4512:54八方ケルン12:5513:01第2ケルン13:11石神井ケルン13:27八方池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はありません。ここはお天気次第ですね。
温度は高かったですが、比較的雪はしまっていて
歩きやすいです。登りは終始、12本爪。下りは途中からツボ足。
その他周辺情報八方周辺にはたくさんの温泉があります。今回は十郎の湯に行きました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) インナー(1) ステンレスボトルTHERMOS FEK-800(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) イグニッションスチール(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-5(1) 無線機STANDARD VX3(1) 非常食(2) 携帯食 トレッキングポールHelinox LB130(1) アイゼンGRIVEL G12 ニューマチック(1)

写真

一回目の敗退。一年前の2017年3月28日。唐松岳頂上小屋にて、ホワイトアウト。頂上目前で撤退。
2017年03月28日 12:10撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一回目の敗退。一年前の2017年3月28日。唐松岳頂上小屋にて、ホワイトアウト。頂上目前で撤退。
2
二回目の敗退。2日前の2018年3月25日。最高の天気にもかかわらず、強風のためリフト運航せず。下界にて撤退。
2018年03月25日 07:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二回目の敗退。2日前の2018年3月25日。最高の天気にもかかわらず、強風のためリフト運航せず。下界にて撤退。
2
そして3度目の唐松岳。とりあえず八方池山荘の上に立つ(笑)。
2018年03月27日 08:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして3度目の唐松岳。とりあえず八方池山荘の上に立つ(笑)。
3
白馬三山(左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)と小蓮華岳(右)が素晴らしい!
2018年03月27日 08:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山(左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)と小蓮華岳(右)が素晴らしい!
2
快晴無風の中、歩みを進めます。
2018年03月27日 08:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴無風の中、歩みを進めます。
2
鹿島槍(左)と五竜岳(右)は圧巻です。
2018年03月27日 09:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍(左)と五竜岳(右)は圧巻です。
5
二つの百名山のアップ。
2018年03月27日 09:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つの百名山のアップ。
3
第二ケルンあたりになると、不帰ノ剣が正面に。
2018年03月27日 09:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二ケルンあたりになると、不帰ノ剣が正面に。
4
丸山ケルン。左奥に白馬三山。ここまで結構長かった〜〜。
2018年03月27日 10:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルン。左奥に白馬三山。ここまで結構長かった〜〜。
3
丸山ケルンからもまだあります。
2018年03月27日 10:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルンからもまだあります。
3
唐松岳(右)がようやくその雄姿を現します。
2018年03月27日 10:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳(右)がようやくその雄姿を現します。
4
不帰ノ剣(中)。その脇に唐松岳(左)と天狗ノ頭(右)。何度見ても見飽きないですね。
2018年03月27日 10:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰ノ剣(中)。その脇に唐松岳(左)と天狗ノ頭(右)。何度見ても見飽きないですね。
2
最後のピークを超えると、今度は立山の絶景が広がります。手前は雪に埋もれた唐松岳頂上山荘。
2018年03月27日 11:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピークを超えると、今度は立山の絶景が広がります。手前は雪に埋もれた唐松岳頂上山荘。
2
唐松岳頂上山荘の前のベンチでお昼ご飯。眺望の広がる最高のランチ場所です!
2018年03月27日 11:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上山荘の前のベンチでお昼ご飯。眺望の広がる最高のランチ場所です!
2
regさんの山メシ。リベンジラーメン。
2018年03月27日 11:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
regさんの山メシ。リベンジラーメン。
7
ラーメンすすりながら、この絶景。右端の剣岳から左端の五竜岳まで。
2018年03月27日 11:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラーメンすすりながら、この絶景。右端の剣岳から左端の五竜岳まで。
2
剣岳(右)、別山(中)、立山(左)、薬師岳(左奥)。
2018年03月27日 11:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣岳(右)、別山(中)、立山(左)、薬師岳(左奥)。
3
剣岳のアップ。ここからみる剣は、他の日本100名山を凌ぎますね。
2018年03月27日 11:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣岳のアップ。ここからみる剣は、他の日本100名山を凌ぎますね。
6
お腹を満たして、いざ、山頂へ。荷物をデポしてトライします。
2018年03月27日 11:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お腹を満たして、いざ、山頂へ。荷物をデポしてトライします。
2
小屋から15分で唐松岳山頂。
2018年03月27日 12:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から15分で唐松岳山頂。
4
絶景かな。絶景かな。写真では見にくいですが、槍ヶ岳も見えました。
2018年03月27日 12:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景かな。絶景かな。写真では見にくいですが、槍ヶ岳も見えました。
5
山頂からの剣岳(右)と立山(左)。すみません。同じような写真ばかりで。
2018年03月27日 12:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの剣岳(右)と立山(左)。すみません。同じような写真ばかりで。
3
山頂からの五竜岳。いつもみている五竜とは形が違いますね。
2018年03月27日 12:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの五竜岳。いつもみている五竜とは形が違いますね。
2
山頂からは、すこし霞んでいますが、東側の名峰もよく見えます。
2018年03月27日 12:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは、すこし霞んでいますが、東側の名峰もよく見えます。
2
戸隠山(右)、高妻山(中)、妙高山(左)
2018年03月27日 12:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠山(右)、高妻山(中)、妙高山(左)
2
妙高山(右)、火打山・焼山(中)、雨飾山(左)
2018年03月27日 12:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山(右)、火打山・焼山(中)、雨飾山(左)
2
名残惜しいですが、下山します。正面は唐松岳頂上山荘。
2018年03月27日 12:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが、下山します。正面は唐松岳頂上山荘。
2
下りは楽ですね〜〜。快調に下っていきます。
2018年03月27日 13:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは楽ですね〜〜。快調に下っていきます。
2
途中、尻セードでワープ! 
2018年03月27日 12:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、尻セードでワープ! 
4
八方池山山荘が見えてきました。13時半につくことができました。三度目の唐松岳で登頂成功! 最高の思い出になりました。
2018年03月27日 13:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山山荘が見えてきました。13時半につくことができました。三度目の唐松岳で登頂成功! 最高の思い出になりました。
3

感想/記録

■三度目のトライで登頂成功!
 唐松岳は因縁の山。一度目は、頂上直前でのホワイトアウトで敗退。二度目はリフトが強風で動かず下界で敗退。そして、満を持しての三度目。天気予報は弱風快晴。ここでダメなら、唐松は縁がなかったとあきらめるしかない。
 無事リフトに乗れ、出発点の八方池山荘に立つと、な、なんと無風で気温15℃。ここ、八方なの?というお天気。暑さに加え、久々の山行で12本爪をつけた冬靴が重い重い。登りはregさんに置いて行かれました。
 それでも、三度目の正直で、これ以上ないお天気。登山途中も山小屋も山頂も、絶景、絶景を堪能でき、大満足の山行となりました!(^^)!

感想/記録
by reg

1年前と同じメニューを再現です。
八方の湯に隣接するラーメン屋さん「温泉ラーメン八方美人」の
「煮卵チャーシューメン」です。
相変わらず食べたことはありません。
今度食べてみようかなあ。


「八方美人風」煮卵チャーシューメン(2人分)

<材料>
中華めん 2食分
煮干しだしのラーメンスープ(市販) 4袋
豚バラブロック 600g(実際には250g使用)
煮卵(市販) 2つ
ねぎ 適量
メンマ 1袋 
しょうが、ねぎの青いところ、しょうゆ、みりん、砂糖、酒、
砂糖、ごま油、しお、こしょう

<前日準備>
1 豚バラは半分に切り、たこ糸で丸くなるようにしばる。
2 ごま油で焼き色がつくまで焼く。
3 酒80cc、しょうゆ80cc、みりん60cc、砂糖大さじ1、水250cc
  を圧力鍋に入れる。
4 ネギの青いところ、ショウガスライスも入れる。
5 豚バラも入れて、圧力鍋で加圧。
5 シューシューいったら、弱火で20分。
6 火を止めてしばらく放置する。
7 冷めたら切って、ほしいぶんだけジップロック。
8 麺を軽くゆで、水洗いしてジップロック
9 煮卵は半分に切っておいてジップロック

<山で>
1 ラーメンのスープ、チャーシューを沸騰させる
2 麺を入れて温める
3 トッピングしてできあがり
訪問者数:523人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ