また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1425689 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳(前々日の雪の為、途中撤退 でも景色最高)

日程 2018年04月10日(火) [日帰り]
メンバー
天候一日目:小雨、山荘付近は吹雪(ゴンドラにより山荘まで宿泊のみ)
二日目:快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
<行き>
新大阪【7:56】
 ↓新幹線
名古屋 【8:47】
名古屋 【9:00】
 ↓中央線・大糸線
白馬駅【13:05】
 ↓徒歩・ゴンドラ(アダム)、リフト二本(アルペン、グラート)を乗継
八方池山荘【14:40】
  
<帰り>
白馬駅【15:49】
 ↓
新大阪駅 【21:10】

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
47分
合計
6時間40分
S八方池山荘06:5807:34石神井ケルン07:3807:53第2ケルン08:14八方ケルン08:1708:34第三ケルン08:4212:16第三ケルン12:1812:33八方ケルン12:39第2ケルン12:46石神井ケルン13:0213:23八方池山荘13:3713:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回は前々日積雪のためトレースなし、スノーシュー・ワカン・スキー板必要
私は情報不足のためアイゼンのみ、足が沈み体力消耗します。
その他周辺情報麓に温泉多数あり、日帰り入浴可も多い。
私は時間の都合でスルー
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

今朝は快晴。八方池山荘から撮影
2018年04月10日 05:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝は快晴。八方池山荘から撮影
1
壺足のため沈みます。
2018年04月10日 07:59撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壺足のため沈みます。
2
やっとケルンが見えてきました。ここまでにかなり体力消耗
2018年04月10日 07:59撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとケルンが見えてきました。ここまでにかなり体力消耗
1
有名な人面ケルン?
2018年04月10日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な人面ケルン?
鹿島槍が見えてきました。快晴です
2018年04月10日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍が見えてきました。快晴です
1
八方池まで来ました
2018年04月10日 08:30撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池まで来ました
1
八方池ケルン
2018年04月10日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池ケルン
1
鹿島槍が少し近づきました
2018年04月10日 08:47撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍が少し近づきました
壺足ではこの先は行けそうも有りません
2018年04月10日 11:11撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壺足ではこの先は行けそうも有りません
この辺りは少し樹木があります
2018年04月10日 11:11撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは少し樹木があります
何度見ても鹿島槍の双耳峰は美しい
2018年04月10日 11:11撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見ても鹿島槍の双耳峰は美しい
1
素晴らしい眺めです
2018年04月10日 11:18撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺めです
1
案内板 わかりやすい
2018年04月10日 12:28撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板 わかりやすい
丸山まで行けず順次下りてゆきます
2018年04月10日 12:35撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山まで行けず順次下りてゆきます
1
この辺りは雪は有りません
2018年04月10日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは雪は有りません
有名なキレットも見えました
2018年04月10日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名なキレットも見えました
1
さよなら 美しい山でした
2018年04月10日 12:54撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さよなら 美しい山でした
2
八方池山荘が見えてきました。
2018年04月10日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘が見えてきました。
もう少し、踏みぬきに注意しております
2018年04月10日 13:17撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し、踏みぬきに注意しております
第三リフト
2018年04月10日 13:43撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三リフト
第三リフトゲートハウス
2018年04月10日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三リフトゲートハウス
ゴンドラ(アダム)
2018年04月10日 14:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ(アダム)
お疲れ様です。無事白馬駅に到着しました。
2018年04月10日 15:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様です。無事白馬駅に到着しました。

感想/記録

天気がよさそうなので、以前から計画していた唐松岳に行きました。
八方池山荘に前泊し早朝から唐松岳に登る予定です。

9日の天気が予報より悪く、天候不良により第三リフトが運休との情報です。(八方池山荘まではゴンドラを含め三基に乗ります。往復で2900円です。)
第三リフトが運休の場合、徒歩で行く必要があるので、麓のホテルに宿泊し翌日の出発に変更に切替えようと考えていました。
なかなかHPの情報が更新されないのでヤキモキしていましたが、白馬駅に到着し電話してみると、幸いに先程運行を開始したとの事です。
山荘に連絡したところ、午前中のリフト運休により宿泊キャンセルが多く宿泊客は3名のみとの事です。

第一ゴンドラ(アダム)に乗り次のリフトに向かいますが、吹雪と初めとのためどこにゲートがあるかも分からない状況です。

吹雪のなかようやく山荘に到着し、情報を仕入れました。
昨日来の50センチ程度の積雪が有り、吹きだまりではもっと有るのと事です。トレースも消えているとの事で当方は初めてなので、
ベテラン2名の後出発し、トレースをたどらせてもらうことにしました。

夕食時に話し合っていると、一名は早朝3時に出発、もう一人は6時出発との事です。
私は7時出発としました。
当方はワカン、スノーシューが無いためアイゼン壷足です。(先行者はワカン、次の方はワカンを車内に忘れたとの事でアイゼン壷足です。)

10日朝は天気予報通り快晴です。
昨日は廻りは何も見えませんでしたが、今日は北アルプスの山々がくっきり、そして真近に見えます。

最高の眺めのためテンションも上がり出発しますが、先行者のトレースをたどっても足が沈み速度が落ちます。
八方池を過ぎ、勾配がきつくなると足を取られ体力も消耗します。丸山の手前でリフト組(当日の一番のリフトに乗り山荘を9時頃通過した人)
に追いつかれます。スノーシュー・スキー板での方が多く、事情を話し、リフト組に雪を固めてもらい登ってくればいいと言ってもらいました。
途中で宿泊組の方が降りてこられ情報交換しますが、やはり山頂までは行けなかったとの事です。

私も丸山の手前あたりで撤退することとしました。

山頂までは行けませんでした、雪の多い分厳冬期に近い景色を見る事が出来ました。

五竜岳・鹿島槍ヶ岳・不帰ノ嶮・白馬三山・その他360度のアルプスを堪能することができました。

それにしてもバックスキーヤーの方が目立ちます。とんでもない所を滑って降りています。

今回の反省点として情報収集の甘さを感じました。ある程度分かってはいましたが、関西圏の雪山との差を改めて感じました。
PS:インスタの情報によると当日リフト組で山頂まで行けたのは二組だけとの事です。
前泊したのに丸山も行けず情けない話です。
訪問者数:999人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ