また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1431856 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

雨乞岳(鈴鹿セブンマウンテン6座目)

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴!・・・でしたが、霞(PM2.5かも)多し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
<武平峠西駐車場>
武平トンネルを滋賀県側に抜けてすぐ、道路の両脇にある駐車場です。
無料で約20台駐車可能。
三重県側にはトイレが設置された広い駐車場があります。
鈴鹿スカイラインの途中にも、いくつか駐車場が点在します。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間23分
休憩
11分
合計
4時間34分
S武平トンネル西登山口05:4706:15沢谷峠06:22クラ谷分岐06:2807:23七人山のコル07:54東雨乞岳08:06雨乞岳08:1108:34東雨乞岳08:48七人山のコル08:54七人山08:58七人山のコル09:37クラ谷分岐09:48沢谷峠10:21武平トンネル西登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
序盤はほとんど斜面のトラバース道で、ところどころ細くなっている箇所があります。
また、谷筋をずっと歩くことになるので、10回以上の渡渉があります。
雨が降った翌日など、沢が増水しているときは注意が必要だと思います。
その他周辺情報<阿下喜温泉 あじさいの里>
三岐鉄道北勢線の終着駅、阿下喜駅のすぐ近くにある温泉施設です。
入浴料金は以下のとおりです。
■中学生以上
平日:550円
土日祝日:650円
■小学生
全日:350円

URL
http://ajisainosato.com/
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖Tシャツ ズボン 靴下 雨具 帽子 ザック トレッキングポール 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 カメラ

写真

5時半前に武平峠西駐車場に到着。
まだ自分の車を含めて4台でした。
2018年04月21日 05:38撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時半前に武平峠西駐車場に到着。
まだ自分の車を含めて4台でした。
1
こちらは鎌ヶ岳への登山口です。
2018年04月21日 05:38撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは鎌ヶ岳への登山口です。
1
道路を挟んだ向かい側にも4、5台程度停められるスペースがあります。こちらは現時点で2台。
2018年04月21日 05:38撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路を挟んだ向かい側にも4、5台程度停められるスペースがあります。こちらは現時点で2台。
1
登山ポストはありますが、用紙や筆記用具はありません。
ここは電波も入るし、ネットで提出した方がいいでしょう。
2018年04月21日 05:39撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポストはありますが、用紙や筆記用具はありません。
ここは電波も入るし、ネットで提出した方がいいでしょう。
1
登山ポストと一緒に設置されている鈴鹿国定公園観光案内図。
2018年04月21日 05:39撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポストと一緒に設置されている鈴鹿国定公園観光案内図。
1
武平トンネルの三重県側出口は朝焼けでオレンジ色に輝いています。
なんか、異世界に通じるトンネルみたいになってます。
何気に今日撮った写真で一番のお気に入りかも・・・。
2018年04月21日 05:40撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武平トンネルの三重県側出口は朝焼けでオレンジ色に輝いています。
なんか、異世界に通じるトンネルみたいになってます。
何気に今日撮った写真で一番のお気に入りかも・・・。
3
駐車場のすぐ近くにある登山口。
いざ出発です。
2018年04月21日 05:41撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場のすぐ近くにある登山口。
いざ出発です。
登山口脇にサクラが咲いていました。
まだ散っていないんですね。
2018年04月21日 05:42撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口脇にサクラが咲いていました。
まだ散っていないんですね。
この時点では霞も少なかったのですけど。
2018年04月21日 05:52撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点では霞も少なかったのですけど。
しばらく、というか当分の間はこのようなトラバース道を進みます。
2018年04月21日 05:53撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく、というか当分の間はこのようなトラバース道を進みます。
ここは本当は通行禁止だったのかもしれません。
登った先にトラロープが張ってあったので・・・。
2018年04月21日 05:54撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは本当は通行禁止だったのかもしれません。
登った先にトラロープが張ってあったので・・・。
これは何の跡だろう?
2018年04月21日 05:56撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何の跡だろう?
谷沿いを進むので、とにかく渡渉しまくりです。
2018年04月21日 06:07撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷沿いを進むので、とにかく渡渉しまくりです。
またタイプが微妙に違うスミレを見つけました。
2018年04月21日 06:12撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またタイプが微妙に違うスミレを見つけました。
1
渡渉します。
2018年04月21日 06:12撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉します。
注イします!
・・・といっても、ピンクテープが豊富に設置されているので、それを辿れば大丈夫です。
2018年04月21日 06:16撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注イします!
・・・といっても、ピンクテープが豊富に設置されているので、それを辿れば大丈夫です。
この辺りは平坦です。
2018年04月21日 06:16撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは平坦です。
こんな細い沢沿いを歩きます。
とても気持ちがいいです。
2018年04月21日 06:19撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな細い沢沿いを歩きます。
とても気持ちがいいです。
イワウチワ。
綺麗だな〜。
斜面のそこかしこに咲いていました。
2018年04月21日 06:26撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワ。
綺麗だな〜。
斜面のそこかしこに咲いていました。
4
こんな感じで。
2018年04月21日 06:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じで。
1
と屬鯆眠瓠
2018年04月21日 06:29撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と屬鯆眠瓠
ちょっと荒れ気味ですが、ここも登山道です。
2018年04月21日 06:30撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと荒れ気味ですが、ここも登山道です。
ここはザレているうえに湿っています。
2018年04月21日 06:31撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはザレているうえに湿っています。
この斜面にはイワウチワが群生していました。
上から撮ったので、みんな背中を向けています。
2018年04月21日 06:35撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面にはイワウチワが群生していました。
上から撮ったので、みんな背中を向けています。
2
ここのミツバツツジはまだ蕾。
2018年04月21日 06:37撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのミツバツツジはまだ蕾。
1
ト屬鯆眠瓠
ここで半分くらいかな?
2018年04月21日 06:43撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ト屬鯆眠瓠
ここで半分くらいかな?
ここは急なので、手も使ってよじ登ります。
2018年04月21日 06:44撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは急なので、手も使ってよじ登ります。
あの岩は、上から落ちてきたのだろうか・・・。
2018年04月21日 06:46撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの岩は、上から落ちてきたのだろうか・・・。

すごく小さいです。
2018年04月21日 06:52撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す

すごく小さいです。
1
ヤマルリソウ。
これは青いですが、
2018年04月21日 06:58撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマルリソウ。
これは青いですが、
1
すぐ近くに薄紫のものが咲いていました。
2018年04月21日 06:58撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ近くに薄紫のものが咲いていました。
1
カタバミの蕾かな?
2018年04月21日 06:59撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタバミの蕾かな?
スミレのスタンダード、タチツボスミレ。
2018年04月21日 07:02撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレのスタンダード、タチツボスミレ。
1
θ屬鯆眠瓠
2018年04月21日 07:03撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
θ屬鯆眠瓠
ミニ滝発見。
2018年04月21日 07:05撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニ滝発見。
1
上流にも。
2018年04月21日 07:05撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流にも。
1
沢沿いを歩くのは、ほんと気持ちがいいですよね。
2018年04月21日 07:09撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いを歩くのは、ほんと気持ちがいいですよね。
1
エンレイソウ。
3枚の葉の中心から、花びら3枚の花。
面白い形の花ですよね。
2018年04月21日 07:14撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エンレイソウ。
3枚の葉の中心から、花びら3枚の花。
面白い形の花ですよね。
1
これもタチツボスミレなのでしょうけど、さっき見たものより色が薄いですね。
2018年04月21日 07:23撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもタチツボスミレなのでしょうけど、さっき見たものより色が薄いですね。
2
番に到着。
七人山との分岐になっています。
七人山は帰りに寄ろうかな。
2018年04月21日 07:23撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
番に到着。
七人山との分岐になっています。
七人山は帰りに寄ろうかな。
1
尾根に乗ったかな?
ここからは急登というほどではありませんが、それなりの登りが続きます。
2018年04月21日 07:24撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗ったかな?
ここからは急登というほどではありませんが、それなりの登りが続きます。
向かいにはイブネ、クラシが見えました。
2018年04月21日 07:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいにはイブネ、クラシが見えました。
2
御在所岳と鎌ヶ岳、そして鎌ヶ岳から延びる鎌尾根が見えました。
2018年04月21日 07:27撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳と鎌ヶ岳、そして鎌ヶ岳から延びる鎌尾根が見えました。
長袖Tシャツを腕まくりしているのに、ちっとも涼しくなりません。
風がないからかな?
2018年04月21日 07:29撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長袖Tシャツを腕まくりしているのに、ちっとも涼しくなりません。
風がないからかな?
キランソウ。
2018年04月21日 07:34撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キランソウ。
1
これもスミレかな。
タチツボスミレではない?
2018年04月21日 07:35撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもスミレかな。
タチツボスミレではない?
1
東雨乞岳の山頂まで、こんな感じの登山道が続きます。
2018年04月21日 07:37撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雨乞岳の山頂まで、こんな感じの登山道が続きます。
ここで番。
次の番が雨乞岳の山頂です。
2018年04月21日 07:42撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで番。
次の番が雨乞岳の山頂です。
いやはや、暑いのなんのって。
汗ダラダラで登ります。
2018年04月21日 07:42撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやはや、暑いのなんのって。
汗ダラダラで登ります。
さっきからずっと「ホーホケキョ」と聞こえてくると思ったら、20mくらい先の木の枝にウグイスがとまっていました。
2018年04月21日 07:46撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきからずっと「ホーホケキョ」と聞こえてくると思ったら、20mくらい先の木の枝にウグイスがとまっていました。
1
この子は近づいてもなかなか逃げず、3mくらい手前にまで接近しても、まだ一所懸命に鳴いていました。
これは「ホーホケキョ」の「キョ」のタイミングで撮ったものです。たぶん。
2018年04月21日 07:48撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この子は近づいてもなかなか逃げず、3mくらい手前にまで接近しても、まだ一所懸命に鳴いていました。
これは「ホーホケキョ」の「キョ」のタイミングで撮ったものです。たぶん。
4
あとちょっとで頂上。
苦労が報われるこの瞬間がたまりませんよね。
空も青いし、最高です。
2018年04月21日 07:49撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとちょっとで頂上。
苦労が報われるこの瞬間がたまりませんよね。
空も青いし、最高です。
1
東雨乞岳山頂に到着。
広いので、休憩するのにもってこいですね。
2018年04月21日 07:51撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雨乞岳山頂に到着。
広いので、休憩するのにもってこいですね。
3
東雨乞岳、標高1,225mです。
他の鈴鹿の山もそうですが、山頂標が壊れていたり、なかったりすることが多いような感じがします。
山梨百名山のように、整備していただきたいものです。
2018年04月21日 07:52撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東雨乞岳、標高1,225mです。
他の鈴鹿の山もそうですが、山頂標が壊れていたり、なかったりすることが多いような感じがします。
山梨百名山のように、整備していただきたいものです。
1
さて、雨乞岳の山頂に向かいますか。
笹の間を縫うように伸びる登山道が見えています。
2018年04月21日 07:52撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、雨乞岳の山頂に向かいますか。
笹の間を縫うように伸びる登山道が見えています。
3
ハルリンドウ。
2018年04月21日 07:52撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハルリンドウ。
2
笹に隠れるようにして、ショウジョウバカマが咲いていました。
2018年04月21日 07:58撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹に隠れるようにして、ショウジョウバカマが咲いていました。
1
けっこう背が高い笹もあって、進むのが何気に大変。
2018年04月21日 07:59撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう背が高い笹もあって、進むのが何気に大変。
4
雨乞岳の山頂標が見えました。
あとちょっとです。
2018年04月21日 08:04撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岳の山頂標が見えました。
あとちょっとです。
番、雨乞岳山頂です。
2018年04月21日 08:06撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
番、雨乞岳山頂です。
1
雨乞岳、標高1,238mです。
東雨乞岳山頂と比べると狭く、展望もそれほど良くありません。
2018年04月21日 08:14撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岳、標高1,238mです。
東雨乞岳山頂と比べると狭く、展望もそれほど良くありません。
2
三角点があったのでタッチしておきます。
2018年04月21日 08:06撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点があったのでタッチしておきます。
1
綿向山。
あの山にも登りたい!
2018年04月21日 08:07撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿向山。
あの山にも登りたい!
1
鎌ヶ岳と鎌尾根。
2018年04月21日 08:09撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳と鎌尾根。
1
御在所岳。
あっちは大賑わいでしょうね。
2018年04月21日 08:09撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳。
あっちは大賑わいでしょうね。
大峠へはこの道を進みます。
今日は行きませんけど。
2018年04月21日 08:10撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠へはこの道を進みます。
今日は行きませんけど。
あの細い線は、大峠方面に向かう登山道かな?
2018年04月21日 08:11撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの細い線は、大峠方面に向かう登山道かな?
1
さて、ピストンで戻りますか。
まずは東雨乞岳山頂へ。
2018年04月21日 08:22撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ピストンで戻りますか。
まずは東雨乞岳山頂へ。
1
時間もあるので、あの辺まで行けばよかったかな〜。
ちょっと後悔。
2018年04月21日 08:29撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間もあるので、あの辺まで行けばよかったかな〜。
ちょっと後悔。
釈迦ヶ岳。
霞んでますね・・・。
2018年04月21日 08:33撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳。
霞んでますね・・・。
2
イブネ、クラシ。
2018年04月21日 08:36撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブネ、クラシ。
2
ハルリンドウは、ぽつぽつとしか咲いていなかったのですが、ここは比較的密集して咲いていました。
2018年04月21日 08:37撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハルリンドウは、ぽつぽつとしか咲いていなかったのですが、ここは比較的密集して咲いていました。
1
七人山のコルに戻ってきました。
せっかくだから、七人山にも寄ってみよう。
2018年04月21日 08:49撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七人山のコルに戻ってきました。
せっかくだから、七人山にも寄ってみよう。
これだと、どこを登っても同じですね。
2018年04月21日 08:50撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これだと、どこを登っても同じですね。
七人山の山頂が見当たらないと思ったら、こんなことになってました。
木の幹に直接彫り込まれた山頂標って、初めて見たかも。
2018年04月21日 08:55撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七人山の山頂が見当たらないと思ったら、こんなことになってました。
木の幹に直接彫り込まれた山頂標って、初めて見たかも。
1
ミヤマカタバミかな?
2018年04月21日 09:27撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミかな?
2
この登り返しが何気にキツい・・・。
2018年04月21日 09:31撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登り返しが何気にキツい・・・。
なぜか往路で撮り忘れた番の案内板。
2018年04月21日 10:08撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜか往路で撮り忘れた番の案内板。
積んである位置といい、積み方といい、ちょっとした匠の技ですね。
2018年04月21日 10:11撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積んである位置といい、積み方といい、ちょっとした匠の技ですね。
すぐ近くにあるはずの鎌ヶ岳もこのとおり、ぼんやりです。
2018年04月21日 10:13撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ近くにあるはずの鎌ヶ岳もこのとおり、ぼんやりです。
1
路肩駐車された車がいっぱい。
一番右の車は登山口をほとんど塞ぐ形で停められています。
これはイカンでしょ。
2018年04月21日 10:20撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路肩駐車された車がいっぱい。
一番右の車は登山口をほとんど塞ぐ形で停められています。
これはイカンでしょ。
1
あの岩々した山は何だろう?
方向からして、御在所岳?
2018年04月21日 10:21撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの岩々した山は何だろう?
方向からして、御在所岳?
岩々部分をアップ。
あれ、よく見たら右の方に人がいる!
2018年04月21日 10:21撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩々部分をアップ。
あれ、よく見たら右の方に人がいる!
1
ギュウギュウです。
2018年04月21日 10:22撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギュウギュウです。
こちらも満車。
2018年04月21日 10:22撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも満車。
途中のコンビニの駐車場から。
今日は天気はいいのですが霞がひどくて、近くにある御在所岳でさえ、ぼんやりとしています。
2018年04月21日 11:12撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中のコンビニの駐車場から。
今日は天気はいいのですが霞がひどくて、近くにある御在所岳でさえ、ぼんやりとしています。
以前、御池岳を登った帰りに寄った阿下喜温泉に今日もやってきました。
2018年04月21日 11:39撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前、御池岳を登った帰りに寄った阿下喜温泉に今日もやってきました。
1
今日の温泉上りのお楽しみは、パイン牛乳。
買ったとき、店員さんにパッケージを剥ぎ取られてしまったので、ビンのみの写真です。
これがハンパなく旨かった!
2018年04月21日 13:12撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の温泉上りのお楽しみは、パイン牛乳。
買ったとき、店員さんにパッケージを剥ぎ取られてしまったので、ビンのみの写真です。
これがハンパなく旨かった!
1
コレです。
次に来たときは、オレンジ牛乳を飲もうっと。
2018年04月21日 13:13撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コレです。
次に来たときは、オレンジ牛乳を飲もうっと。
1
阿下喜温泉の売店で、売っているのを見つけたので、速攻Getしました。
2018年04月21日 17:39撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿下喜温泉の売店で、売っているのを見つけたので、速攻Getしました。
1

感想/記録

今日は霊仙山とここで迷いましたが、結局は雨乞岳にしました。
今日雨乞岳を登り、明日に竜ヶ岳を登ることで鈴鹿セブンマウンテン制覇を完了しようと計画しました。今日も明日も天気は良さそうですしね。

まずは武平峠を目指して車を走らせました。
もう何度も通っている道なので、慣れたものです。

ちょっとお腹の調子が悪かったのですが、途中に寄ったコンビニのトイレで出すものを出して(笑)何とか回復。
登山口に近い、武平トンネル滋賀県出口すぐの駐車場に停めました。

5時半前に到着したのですが、この時間ではまだ5〜6台程度しか車がありませんでした。
出発前に武平トンネルの三重県側出口を見ると、朝焼けでオレンジに輝いていて、まるで異世界に通じるトンネルのようになっていました。

序盤はしばらく斜面に沿ってトラバース道を進み、その後はクラ谷の沢沿いをアップダウンしながら、何度も渡渉して登りました。
七人山のコルを越えると、東雨乞岳までは急登が続きました。

東雨乞岳の山頂は広くて、展望も良かったです。
ただ、今日は霞(PM2.5かも)が多くて全体的にぼんやりしていたのが残念でしたけど。
東雨乞岳から雨乞岳までは笹原の中を進みましたが、笹の背が若干高めで足元が見えづらくて(足元には大き目の岩があったりしました。)ちょっと歩きにくかったです。
雨乞岳の山頂は東雨乞岳のそれに比べると狭くて、展望もちょっとイマイチでした。

今回の山行計画を立てた際、下りは稲ヶ谷方面を使おうかと思いましたが、山と高原地図に「迷いやすく、急斜面の高巻き・トラバースがある厳しいコース」と記載があったので、ピストンに変更しました。
実際に稲ヶ谷への分岐地点を見ると、こんなところどうやって下るんだという感じでした。(がっつり藪漕ぎしないと下れなさそうです。)

東雨乞岳を下り、七人山のコルに着いたあとは、せっかくなので七人山に寄ることにしました。
山頂までの斜面に登山道らしいものは見えませんでしたが、まあ、どこを登っても変わりないので、まっすぐに直登しました。
山頂標を探したのですが見当たらず、中央付近に生えていたブナの木の幹に「七人山」と彫られていました。
(ネットで昔の記事を探すと、かつてはきちんとした山頂標があったみたいですが、現在はなくなっているみたいです。)
まあ、特に展望があるわけでもなく、見るべきものはないので、無理に登る必要はないように思います。
三人山というのもあるみたいです。名前の由来は何なんでしょうね。

下山中は、とにかくたくさんの人に会いました。
正確に数えたわけではありませんが、少なくとも50人以上の方とすれ違ったと思います。
今日は天気も良くて、(鈴鹿スカイラインの通行止めも解除されたので)車でのアクセスもしやすいとあって、大賑わいだったようです。

登山口に戻ってくると、駐車場に止められなかった車が路肩スペースにずらり。
そのうちの1台は登山口をほぼ塞ぐ形で駐車されていて、ちょっとマナー的にどうなの?と思いました。

阿下喜温泉に向かうため、鈴鹿スカイラインを下っていくと、とにかく車だらけ。
点在する駐車場はもちろんのこと、路肩スペースにもかなりの数の車が駐車されていました。
これだけの人がいれば、下山時に50人以上の方と会ったのも納得です。
おそらく御在所岳の方はもっと混雑していたのでしょうね。(あちらはロープウェイもありますし。)

阿下喜温泉はお昼時ということもあってか、空いていてのんびりできました。
温泉上がりに売店を覗くと、御池岳のバッジを発見。
もちろん購入しました。(以前購入済ですが、藤原岳のバッジ2種もありました。)
御池岳のバッジは手に入るとは思っていなかったので、うれしかったです。

二週間ぶりの山でしたが、下りで左膝が痛くなることもなく、上々の山行だったと思います。
訪問者数:439人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ