また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1433697 全員に公開 山滑走甲信越

火打山  足吊り状態で芭蕉谷へ

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
1時間39分
合計
8時間24分
S笹ヶ峰バス停06:5407:02笹ヶ峰登山口07:0307:50黒沢橋07:5310:02高谷池ヒュッテ10:1910:32天狗の庭12:14火打山12:4413:08天狗の庭13:18高谷池ヒュッテ13:5314:43黒沢橋14:5515:15笹ヶ峰登山口15:1615:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
06:53 笹ヶ峰BS
07:01 移動の開始
07:50 黒沢
10:02 高谷池ヒュッテ
10:11 高谷池ヒュッテ
11:26 休憩(〜11:51)
12:14 火打山(〜12:48)
13:21 高谷池ヒュッテ(〜13:56)
15:17 笹ヶ峰BS
15:18 移動の終了
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

1カ月のブランク、毎年行っている火打山へ行ってみた。
笹ヶ峰駐車場に着くと、、、アレレまた会いましたねWさん、昼闇山で会って今季2回目。
たしか昨年は3回会った気がします、目指すとこが似ているのか?

今年は何処も雪が少ないと聞いてます、笹ヶ峰も昨年の半分もない。
Wさん先行してワレは朝飯を食べてから。
黒沢の橋までは薮ながらも雪はつながってます。今年は黒沢はまじに出て登れそうもないので12曲りルートへ、いつもは回り込んで右の尾根なのですが、今回は左尾根へ板を脱がずに富士見平へ出ました。
この急登で体力を使いすぎたのか後で効いて来た。

高谷池ヒュッテで一息入れて天狗の庭に行くと、何パーティかは最後の登りに入っているのが見えた。
足の速いWさんもあの中にいるのかと思い先を急ぐと足が・・・
いつもの悪いクセ吊りそうになって来た。
ダマシダマシで雷鳥平先の鞍部で大休憩、すると先に行ってると思っていたWさんが登ってきた、
12曲りで夏道ルートで時間がかかったようです。
あと最後のひとガンバリで頂上なのですが足にきてましてペースが上がりません。

頂上
回りはよーく見えて焼山の後ろに北アもはっきり見えてます。
惣兵衛落谷に降りようか迷ったのですが沢の不安もあり今回は素直に戻り
芭蕉谷を滑る事に。
雪は緩んでイイザラメ、板が走ります。
頂上からあっという間にボトムへ天狗の庭でWさんとお別れ。

高谷池ヒュッテでのんびりとして芭蕉谷へ
登る時に見えていた12曲りの奥にある沢、急峻で白い斜面が良さそう。
上から眺めると急なのですが雪も緩んで快適な斜面でした。

1カ月ぶりの山スキー足が攣ってどうなるかと思ったけど無事帰れて良かった。


訪問者数:355人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/3/13
投稿数: 0
2018/4/26 0:27
 お久しぶりでした。
今年はどこも雪消えが早くて残念です…。
下山時間あたりだと笹ヶ峰からの帰り道
工事の方は終わってました?僕らは遅く
スタートだったので行きで少し手こずりました。
なにも小屋開けの日に工事しなくても…
1.2辺りまた行くつもりですが今度は12曲がり上
まで担がんとダメかもなぁ〜なんとか雪残って
欲しいです。
登録日: 2015/6/9
投稿数: 45
2018/4/26 20:35
 Re: お久しぶりでした。
賞味期限ギリギリでしたね。
一泊で焼北面台地に行ったんですね。一度は行ってみたいルート。
車の回収が・・・

1.2辺りも行くんですか?12曲りを担ぎだとキツイですね。
この前のワレは12曲りで効いたのか?雷鳥平で足がケイレン。
黒沢から上がると楽なんですけどね。
工事は15分位の待ちで助かりました、あの狭い道前から来たらアウトです。信号が欲しい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 急登 山スキー ヒュッテ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ